「アトピーの夫と暮らしています」のご感想など。20

151010atopi_cover0924sss.jpg
私の本「アトピーの夫と暮らしています」へのレビュー、ありがとうございます!

気付いたら、Amazonに未だレビューが増えていて驚きました。

特に最新のこのレビュー。
昨年も書きましたが、4/11は私の誕生日なんですが、まるでプレゼントをいただいたようにうれしかったです。
180411amazon1.jpg

本というものは、書いている間は著者のものですが
手を離れて発売されたら、そこからはもう読み手に委ねるもので
どう読んで欲しいと注文を付けることは出来ないのですが
それだけに、自分の言わんとするところがきちんと伝わったと感じると
格別にうれしいものなんです。


コチラは何と、オットの誕生日の前日についたレビュー。
180206amazon1.jpg

私が最近思うのは、治療法より何より、精神面でどれだけ支えになれるかどうか
どうやって、自分自身を支えて行けるかどうか、ということ。

人は弱いものですから、それでなくとも、ちょっとしたことで不安定になったりします。
アトピーの人は、この先、自分がきちんと一人の人間として自立して生きていけるのか
という不安にさいなまれています。

それに対して、どう接するのがいいのかは、人それぞれです。
配偶者や家族が、全ての生活の面倒を見るのが正解とは限りません。
それをすることで、相手の自尊心を丸ごと奪ってしまうことにもなりかねないからです。

特に男性が、家族を養えないでいる、というのは、かなりプライドが傷つくものなんです。
(よほどヒモ気質な人だったら平気かもしれませんけど)

男性の中にはまだまだ、「家族を養ってナンボ」みたいな気質が残っています。
奥さんにも働いて欲しい、という人は増えたでしょうが、奥さんに養って欲しいという男性は
まだまだ少数派なはず。

そこを上手く理解して、自分の不安やしんどさと戦いながらサポートする、家族も大変です。
患者さん自身も、自分の辛さだけでなく、家族のそんな想いを知って、お互い理解し合えたらいいですね。


              


↓↓批判もあって当然で、それも納得できるなら甘んじて受けますが
こういうレビューに関しては、心外だなぁという気持ちにはなります。

171118amazon1.jpg

この本は、無知で何も知らずに、手探りで脱ステを始めてしまったことも
こういうのはよくないよと警告を込めて、あえて赤裸々に書き

先生についていなかったのは、最初の2か月程度で、その後数年間はきちんと
医師の指導のもとに脱ステを行い、この本自身も、お名前こそ出していませんが
Y先生と言う主治医の監修も受けているのです。(読まれた方は当然ご存じですが)

最後まできちんと読んで下さってるのかなぁ?と疑問になりますね。
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< HAO!OJIKA PASTE 〜理想のピーナッツバター 戻る