「アトピーの夫と暮らしています」のご感想など。26

久しぶりに新しいレビューを見つけました。まずは、昨年末のレビュー。
タナアイルさんのブログ・探検塾です。
https://ameblo.jp/tanah-air/entry-12339128817.html
171225tankenjyuku-3.jpg

ご本人もアトピーで、オットと同じように苦しんで来られたとのこと。
ものすごくわかりやすく、本書について要約されています。
概ね共感をもって読んでいただけたようで、よかったです。

最後のほうは、ちょっと笑ってしまいました。
171225tankenjyuku-2.jpg
この画像を選ぶセンス、素晴らしい!!タナアイルさん、ありがとうございました!!
祈って下さるお気持ちがうれしいです。私たちも、タナアイルさんの治癒を祈っております。

よろしければ是非、以下のリンクから全文をお読みくださいませ。
探検塾
https://ameblo.jp/tanah-air/entry-12339128817.html

リンク切れ等で読めない時は、こちらをご覧下さい。171225tankenjyuku-1.jpg


                  


次は、まだ先月書かれたホヤホヤのレビュー。
実際にはもっと前に購入されて、再読されてのレビューのようです。

naomiさんのnote。
https://note.mu/nao319mi/n/n77f56c04099d
noteって初めてかも。。。時代ですね。
181013note_atopi2.jpg

やはりアトピー患者であるnaomiさん、一番の関心は、家族に理解してもらう事のようです。
印象的だったのはこの部分。
181013note_atopi3.jpg

思うのですが、どんなに想像してみても、当事者と同じ感覚を持つことは、残念ながら不可能です。
けれど、「想像すること」「理解しようとすること」そのものが大事なのだと思うのです。

縁あって家族になったのですから、アトピーじゃなくたって、相手を理解することはとても大切なことです。
アトピー患者は、見た目ではっきりと分かる容貌の変化と、見た目ではわかりづらいしんどさを抱えて生きています。
女性であれば、見た目が変わってしまうのは耐え難い苦しみですし、男性は男性で、仕事が継続できず
家族を養っていけないという苦しみがあります。

家族の側からは「どうして部屋を汚すの?」「どうして仕事してくれないの?」
患者の側からは「どうしてわかってくれないの?」という不満が出ることもあるでしょう。

でも、お互いに、努力してもどうしようもないのだと理解しようとすること
わかってくれようと思ってくれてるだけでもありがたいということ
そう思って過ごすことが大切なのだと思います。

naomiさんは、拙著をご主人にも読んでもらい、理解を深められたとのことで
まさにそれが、私が拙著を出版した理由のひとつでもあるので、とてもうれしいです。

naomiさんのnote。
https://note.mu/nao319mi/n/n77f56c04099d

リンク切れ等で読めない時は、こちらをご覧下さい。181013note_atopi1.jpg


                  


少し前にサイトに設置していたメールフォームに不備があり
(恐らくレンタルフォーム側の問題かと思われますが、無料ですので文句は言えません)
私のもとにメールが届いていないことが判明しました。
ここ数か月の間にメールをくださった方には大変申し訳ないのですが、届いていない可能性があります。
少しご面倒ですが、以下のページに記載の通りにお送りくださいますようお願いします。


また、非常にお問い合わせが多く、なかなか全部のメールに返答しきれず申し訳ございません。
お問い合わせの多い事項につきましては、こちらのブログで返答していけたらと思っております。
絵の仕事の傍らにしておりますので、更新もカメの歩みですが、たまに覗いていただけましたら幸いです。


                  


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
honto

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< この夏の夕ごはん。 戻る