Chapeaux du Poussin (シャポー・ド・プーサン)

ひよこの帽子屋さん

Copyright(c)2008-2018 Chapeaux du Poussin All right reserved

【ひよこ通信 #66】『古き良き時代のボンネット』

090128bonnet.jpg2009/01/27

フード(ボンネット)。
帽子にもホントいろんな種類がある。
古き良き時代(?)西部劇(?)に出て来る女性がかぶっていそう。

そう言う帽子がこの世にあるのは知っていたけど、まさか自分が作るとは思わなかった。
ソニオも 「世の中にはいろんな帽子があるもんですなぁ。 いやはや帽子は奥が深い」 とまるでじいさんのように感心。

これオーガンジーで作ってるのだけど、どうにもイメージがわかずワタシにしては珍しく、無難な黒でまとめてみた。

かぶってみると「黒ずきんちゃん」 あるいはハロウィンの魔女っぽい。

最近和のお帽子作りに余念がないワタシ。生地を工夫すれば和物っぽくいけるし、レトロな着物にも似合いそうな気がする。
edit

【ひよこ通信 #64】『オリエンタルドゴール』

hiyoko-3b2-3s.jpg同じ形でも柄の違いでまったく違った印象に。
edit

【ひよこ通信 #63】『和柄ハンチング(ペア)』

hiyoko-3a3-4s.jpgブリム(つば)が小さめで上品な感じ。
edit

【ひよこ通信 #56】『クレヨン柄のシックなドゴール型キャップ』

handmade-3b1.jpg2008年8月11日(月)19日(火)20日(水)
素材:コットン100%。

キャップは似合わないとわかっているので
あえて似合わない地味色で制作。
どういうわけか大きく出来上がってしまったので
ちょうどすっぽりオット君のモノに。

布はところどころ裏地を使ったりして工夫したけど
あんまりよくわからなくてガックシ。ま、いっか。

バイアスではなく縦地なので、大きくなったのは
型紙より大きく切りすぎたか
縫い代が少なすぎたかのどちらか。

きれいは仕上がったけれど、サイズを正確に作るのも
大事なことなので、気をつけねば。
edit

【ひよこ通信 #55】『小鳥の森とドクロのゴスなハンチング』

handmade-3a1.jpg2008年7月28日(月)29日(火)8月6日(水)11日(月)制作
素材:コットン100%。

待ちに待ったハンチング。
自分で型紙を起こすととっても難しいらしいのですが
切って縫うだけのコレは作りやすかった。
布の評判もよくて、いろんな方から質問されまくった。
完成してからは、お気に入りの帽子に。

しかしブリムが相変わらず苦手で、サイズリボンから
縫い目が落っこちてしまうのに泣かされる。
精進あるのみ。
edit

【ひよこ通信 #51】『ヒョウ柄のリボン付きベレー』

handmade-2a1.jpg2008年6月17日(火)18日(水)7月2日(水)制作
形はシンプルで作りやすいベレーなのですが、布が縫いにくくて
入念にしつけをかけました。裏がテロテロ。
んでもこれ、布の値段、聞いてビックリの250円だったんです。
それなのにこんなにゴージャスな帽子に仕上がって大満足。
冬場に大活躍してくれそう。

この帽子の課題としては、ビーズやリボンなどの飾りをつけると言うもので
この柄にビーズはヘンだろうと思い、リボンをつけました。

きちんと型紙を取ってあてがって布を切ってからも、すぐには縫い付けず
さらにおかしくないかチェックしてからリボンを作ったり
当たり前だけど、ひとつの帽子を作るのにも慎重さと入念さが必要なのだと
おおざっぱなワタシは感心したりするのでした。
edit

【ひよこ通信 #50】『黒のレース生地のターバン』

080625ehon_opening2-6.jpg2008年6月25日(水)制作
素材:コットン100%。

試しに制作したこの帽子で味を占めてパーティー用に制作した
これと同じ型の帽子です。

記事選びに苦労しました。
綿の素朴なレースじゃつまらないし、かといってシフォンは縫いにくそうだし。
ちょっと値は張りましたが、化繊の混じったこのレース生地は光沢もあって
なかなか理想通り。

ただしかなり縫いにくく、ミシンがすべるすべる・・・
しかし時間がなかったので、根性でしつけなしで縫い上げました。
一応何とか形にはなったかな?
edit

【ひよこ通信 #46】『和調トランプ柄のターバン』

handmade-1c1.jpg2008年5月27日(火)28日(水)6月3日(火)制作
素材:コットン100%。

ニット生地を探していたら、ワゴンで面白い布を発見。
裏地がないので、割とスムーズにさくさく制作。
と言いつつ3回かかってますけど(^e^;

素敵なのができたと好評。
ワタシよりオットの方が似合うので、悔しいけど彼が愛用中。
edit

【ひよこ通信 #42】『TDRにて』

100411_4867_n.jpg2009年7月製作。素材:コットン100%。
オリジナルのシルクハット。
紙芝居を演じる時のコスプレ用に制作。






090818oni1ame.jpg
右・2008年8月製作。素材:コットン100%。
ローラアシュレイの生地でベレー。
edit

【ひよこ通信 #41】リバーシブル2・その2 & ペアの帽子。

IMG_8257.JPG2011年10月製作。
素材:コットンと麻の混紡。

先日、リバーシブルの片面を載せましたが
その片面です。(左のベレー)
それと、メンズのハンチング。

メンズのハンチングが先で、それに
合わせてベレーの片面を作り、裏に
先日のを組み合わせた、という順番。


ハンチングはこの写真だとよくわかりませんが
サイドとブリムは無地の布を使ってます。
その無地の生地も合わせてペアになってます。

ボタン柄と無地の生地を組み合わせて。
無地部分が浮くのを防ぐために
ところどころ、柄から切り取ったボタンを
散らしてみました。
色は派手ではないのですが、ポップな仕上がりに。

いろんな方(初対面)から「あら、ペアなんですね、ステキ♪」と
声をかけていただきました。
うふふ。結構気恥しいものですね。
edit
1/2 >>