Chapeaux du Poussin (シャポー・ド・プーサン)

ひよこの帽子屋さん

Copyright(c)2008-2018 Chapeaux du Poussin All right reserved

縞々和柄のハンチング。

100520_4020_n.jpg制作:2010年5月
素材:コットン100%。

ハンチング。

2010年5月
府中美術館にて撮影。
edit

どくろアップリケのニットハンチングベレー。

120523_IMG_2673.JPG制作:2012年2月
素材:ニット

わかりにくいですが、どくろは自分でデザインして
カットして、チクチクと縫っております。
120212_IMG_0632.JPG
しかし、ホコリが付きやすいのが難点。

edit

モスグリーンの和柄のターバン。

120817hakodate46_n.jpg制作:2011年
素材:コットン

2012年8月
富山〜名古屋。青春18きっぷの旅。
120817hakodate41_n.jpg
edit

フランスの小粋なフラワープリント×デニムのキャスケット。

120303kimono2_n.jpg制作:2008年
素材:コットン100%。

2012年3月。
大ナゴヤ大学・着物授業。
edit

オリエンタルなドラゴン柄ベレー。

090412edo8855p.jpg制作:2008年
素材:コットン

このドゴールと同じ布。
090412edo8877p.jpg
2009年4月。清澄庭園にて。
edit

紫フェルトの冬の中折れ帽。

091020_0484_n.jpg制作:2009年10月
素材:冬帽体・ウール(羊毛100%)

中折れ帽子。
2010年1月
自宅にて撮影。

#中折れ帽 #ボルサリーノ
edit

豹とグリーンでサバンナ風のハンチング。

091120_0265_n.jpg制作:2009年11月
素材:化繊。

この写真だとこのベレー
ほぼ同じに見えますが
これはハンチングで
頭頂部分は深いグリーンの
ベッチンの様な生地で
できております。

ハンチング。
2009年12月・函館駅にて撮影。
edit

ヒョウ柄ベレーで動物園へ。

091020_3292_n.jpg制作:2009年10月
素材:化繊。
ベレー。

2009年10月
上野動物園にて撮影。
たまには私が借りることも。。。
130326_2608_n.jpg
edit

メンズお魚ハンチング

hiyoko-3a2s.jpg制作:2008年
素材:コットン

ブリム(つば)が大きめで
カッチリとメンズライク。
edit

オリエンタルドゴール

hiyoko-3b2-3s.jpg101016uekusa_san3705.jpg制作:2008年12月
素材:コットン

同じ形でも柄の違いでまったく違った印象に。
後ろ半分は、裏地を使って変化を付けています。

090415_0998_n.jpg
2009年4月・清澄庭園にて。

左・2009年10月。
  大磯でアオバトを見る。
edit

和柄ハンチング(ペア)

hiyoko-3a3-4s.jpg制作:2008年12月
素材:コットン

ブリム(つば)が小さめで上品な感じ。
090503_3209_n.jpg
2009年5月・上野の東京国立博物館にて。
edit

小鳥の森とドクロのゴスなハンチング

080923_IMGP4836.jpg2008年7月28日(月)29日(火)8月6日(水)11日(月)制作
素材:コットン100%。
handmade-3a1.jpg
待ちに待ったハンチング。
自分で型紙を起こすととっても難しいらしいのですが、切って縫うだけのコレは作りやすかった。
布の評判もよくて、いろんな方から質問されまくった。
完成してからは、お気に入りの帽子に。

しかしブリムが相変わらず苦手で、サイズリボンから縫い目が落っこちてしまうのに泣かされる。
精進あるのみ。
edit

和調トランプ柄のターバン

handmade-1c1.jpg2008年5月27日(火)28日(水)6月3日(火)制作
素材:コットン100%。

ニット生地を探していたら、ワゴンで面白い布を発見。
裏地がないので、割とスムーズにさくさく制作。
と言いつつ3回かかってますけど(^e^;

素敵なのができたと好評。
ワタシよりオットの方が似合うので、悔しいけど彼が愛用中。

カメラマン御用達 & Men's版・着物でお帽子
090906IMG_0176s.jpg091123IMG_0305.jpg
左・2009年9月・函館(大沼公園)にて撮影。
右・2009年11月・川越にて撮影。
「水曜どうでしょう・対決列島」に登場したふ菓子を手に。
edit

ボタン模様のペア帽子・メンズハンチング

IMG_8257.JPG2011年10月製作。
素材:コットンと麻の混紡。

右のメンズのハンチング。

わかりにくいですが
サイドとブリムは無地の布を使ってます。
その無地の生地も合わせてペアになってます。
edit

夏の女優帽。

140818_0630_n.jpg制作:2011年7月
素材:夏帽体(シゾール=麻100%)

萬田久子さんがかぶりそうな帽子ね
とみんなに言われた帽子。

女優帽=つばの広い帽子==萬田久子
という図式が出来上がったのは
一体いつからなんでしょうか?

いくつ年を重ねられても美しく
素敵な方なので、あやかりたいです。

(画像は2014年8月撮影。
こんな帽子なのにアウトドアなリュックで、なんだかちょっと。。。な感じ(笑))
edit

夏の中折れ帽は黒一色で。

110620_8172_n.jpg制作:2011年6月
素材:夏帽体・シゾール(麻100%)

黒一色で作った中折れで
リボンもつけていません。
かぶる人が顔が派手なので
できるだけシンプルに。

「顔に合わせる」というのは
大きさや形だけでなく
色や飾りなど含めたトータルで
見なくてはいけないのですね☆

2011年9月
名古屋栄・アネックスビルにて撮影。

120812hakodate04_n.jpg
2012年8月・函館にて。ソンブレロではない。メキシコでもない。

#中折れ帽 #ボルサリーノ
edit

グリーンの小粋なカンカン帽(キャノチエ)。

110520_0990_n.jpg制作:2011年5月
素材:夏帽体・シゾール(麻100%)

キャノチェ(カンカン帽)。
被る部分もブリムも真っ直ぐ真っ直ぐ
並行に作るのがキャノチエの特徴。

だから、実はすごく難しいし
使用時にキレイな形を保つのも一苦労。

おしゃれな帽子をおしゃれに作るのも
被るのも、修行が必要。


2011年9月
名古屋栄・Oasis21にて撮影。
edit

楽生さんのボルサリーノはこれと同じ形。

110531komachi4.jpg100501_3792_n.jpg楽生さんが作った帽子は、この帽子と同じ型です☆

制作:2010年
素材:シゾール(麻)

今週も金・土と体験講座があります。
早見優が習いに来たらどうしよう〜〜〜ww

実はGWにも、「ぶらり途中下車の旅」の収録が
入ったのですが、たまたまその日の会合には
所用で出られなかったのです。

帽子まつりに続いての取材続きで
先生はとっても大変だったようです。
しかし、「帽子、来てるな〜☆」という感じで
うれしい限りなのでした☆

吉田類さんの句会にて。
この写真は北海道新聞に載りました

#中折れ帽 #ボルサリーノ
edit

ワインレッドに鮮やかなリボンの中折れ帽子

101120wine_red_nakaore.jpg制作:2010年10月〜11月
素材:フェルト帽体
(ラビットファーベロア)

オーダー品。
SOLD OUT

#中折れ帽
#ボルサリーノ
edit

レース模様のモノトーンハンチング

100906black-white1.jpg

制作:2010年8月
素材:コットン

SOLD OUT

100906black-white2.jpg
edit
1/1