Chapeaux du Poussin (シャポー・ド・プーサン)

ひよこの帽子屋さん

Copyright(c)2008-2018 Chapeaux du Poussin All right reserved

【ひよこ通信 #64】『オリエンタルドゴール』

hiyoko-3b2-3s.jpg同じ形でも柄の違いでまったく違った印象に。
edit

【ひよこ通信 #63】『和柄ハンチング(ペア)』

hiyoko-3a3-4s.jpgブリム(つば)が小さめで上品な感じ。
edit

【ひよこ通信 #62】『メンズお魚ハンチング』

hiyoko-3a2s.jpgブリム(つば)が大きめでカッチリとメンズライク。
edit

【ひよこ通信 #59】『水色ギンガムと赤水玉の8枚はぎベレー』

handmade-3c2.jpg
edit

【ひよこ通信 #58】『マダムとガーリーな裏表の顔を持つクロッシェ』

handmade-3d1.jpg
2008年8月27日(水)9月2日(火)制作
素材:コットン100%。

この表の布はかれこれ10年ほど前、関東に越して来たばかりの頃
クッションを作ろうと購入したもの。
予想通りマダムな雰囲気になってしまいましたが、裏を思いっきりかわいく
刺繍入りのピンクのギンガムにしたので、ちょっと年齢が下がったかな?
むしろアンバランスでおかしいかしら。

何となく慌てて作ってしまい、細かい部分のあらが目立ちます。
ダーツは表はキレイに曲線を描いて縫ってるけど、裏地は省略しちゃったし
(こういうのてきめんにシルエットに出ますね)

ステッチはきれいにそろってないし、後ろの合わせは前の型のときよりひどいし
何よりブリムの円周を縫ったあと、開きながらアイロンをかけると言う作業が
すっぽり抜け落ちていて、そのせいでステッチをかけた時のブリムのラインが
きれいに出ていないのです。ところどころガタガタしちゃってる。ぐすん。

テクニック的にと言うより、自分自身の雑さで失敗したなと感じる後悔の多い作品。
妙にフェミニンでどんな服にかぶればいいかも悩みどころ。

普通はフェミニンな帽子はかぶりやすいそうなんだけどねぇ。
edit

【ひよこ通信 #57】『2色づかいの8枚はぎベレー』

handmade-3c1.jpg2008年8月20日(水)26日(火)27日(水)制作
素材:コットン100%。

今までにもその作品の二つ目では2色使いをすることもありましたが
一作目でここまではっきりと二枚の布を使ったのは初めて。
それだけにとっても楽しくワクワク作ることができました。

不思議な形をした型紙は、最初どうなっているのか
理解するのに若干時間を要したほど。
まさに立体裁断。できあがって感動、の作品です。
edit

【ひよこ通信 #56】『クレヨン柄のシックなドゴール型キャップ』

handmade-3b1.jpg2008年8月11日(月)19日(火)20日(水)
素材:コットン100%。

キャップは似合わないとわかっているので
あえて似合わない地味色で制作。
どういうわけか大きく出来上がってしまったので
ちょうどすっぽりオット君のモノに。

布はところどころ裏地を使ったりして工夫したけど
あんまりよくわからなくてガックシ。ま、いっか。

バイアスではなく縦地なので、大きくなったのは
型紙より大きく切りすぎたか
縫い代が少なすぎたかのどちらか。

きれいは仕上がったけれど、サイズを正確に作るのも
大事なことなので、気をつけねば。
edit

【ひよこ通信 #55】『小鳥の森とドクロのゴスなハンチング』

handmade-3a1.jpg2008年7月28日(月)29日(火)8月6日(水)11日(月)制作
素材:コットン100%。

待ちに待ったハンチング。
自分で型紙を起こすととっても難しいらしいのですが
切って縫うだけのコレは作りやすかった。
布の評判もよくて、いろんな方から質問されまくった。
完成してからは、お気に入りの帽子に。

しかしブリムが相変わらず苦手で、サイズリボンから
縫い目が落っこちてしまうのに泣かされる。
精進あるのみ。
edit

【ひよこ通信 #54】『バラとブルーのギンガムのクロッシェ』

handmade-1d2.jpg
2008年7月23日(水)24日(木)制作
素材:コットン100%。

この帽子と同じ型で制作。
前の帽子はひとつの布で作ってちょっと地味に感じたので
アレンジを加えたくてこの帽子と同じ生地を使用。
バラの生地はコレもローラアシュレイで、大人っぽくなりがちなバラも
なんとなくかわいらしい。
ラウンドブリムにはなんとなくなれて来た頃。

すごく気に入っているけれど、どんな服に合わせればよいのやら?
edit

【ひよこ通信 #53】『ピンクの優しい色合いのクロッシェ』

handmade-2d1.jpg
2008年7月9日(水)23日(水)24日(木)
素材:コットン100%。

2-Cは冬物と言うことで夏真っ盛りの7月はすっ飛ばすことに。

この布は以前植物画の教室に通っていたときに
家を新築されたと言う方が、カーテン生地に使って余ったと言う
ローラ・アシュレイ。
さすがかわいらしく、素敵な仕上がりに。
今回もボーダーですが、前の失敗に懲りてバイアスで取ったのですが
いい感じに柄も出ているような。

普通のインテリア生地は化繊が入ってるので、夏かぶると暑いらしく
その点この生地はコットン100%のようで涼しいのですが
若干しわになりやすく、また汚れが目立ちやすいのが難点。
保管に気をつけねば。
edit
1/4 >>