Chapeaux du Poussin (シャポー・ド・プーサン)

ひよこの帽子屋さん

Copyright(c)2008-2018 Chapeaux du Poussin All right reserved

【ひよこ通信 #63】『和柄ハンチング(ペア)』

hiyoko-3a3-4s.jpgブリム(つば)が小さめで上品な感じ。
edit

【ひよこ通信 #62】『メンズお魚ハンチング』

hiyoko-3a2s.jpgブリム(つば)が大きめでカッチリとメンズライク。
edit

【ひよこ通信 #59】『水色ギンガムと赤水玉の8枚はぎベレー』

handmade-3c2.jpg
edit

【ひよこ通信 #58】『マダムとガーリーな裏表の顔を持つクロッシェ』

handmade-3d1.jpg
2008年8月27日(水)9月2日(火)制作
素材:コットン100%。

この表の布はかれこれ10年ほど前、関東に越して来たばかりの頃
クッションを作ろうと購入したもの。
予想通りマダムな雰囲気になってしまいましたが、裏を思いっきりかわいく
刺繍入りのピンクのギンガムにしたので、ちょっと年齢が下がったかな?
むしろアンバランスでおかしいかしら。

何となく慌てて作ってしまい、細かい部分のあらが目立ちます。
ダーツは表はキレイに曲線を描いて縫ってるけど、裏地は省略しちゃったし
(こういうのてきめんにシルエットに出ますね)

ステッチはきれいにそろってないし、後ろの合わせは前の型のときよりひどいし
何よりブリムの円周を縫ったあと、開きながらアイロンをかけると言う作業が
すっぽり抜け落ちていて、そのせいでステッチをかけた時のブリムのラインが
きれいに出ていないのです。ところどころガタガタしちゃってる。ぐすん。

テクニック的にと言うより、自分自身の雑さで失敗したなと感じる後悔の多い作品。
妙にフェミニンでどんな服にかぶればいいかも悩みどころ。

普通はフェミニンな帽子はかぶりやすいそうなんだけどねぇ。
edit

【ひよこ通信 #54】『バラとブルーのギンガムのクロッシェ』

handmade-1d2.jpg
2008年7月23日(水)24日(木)制作
素材:コットン100%。

この帽子と同じ型で制作。
前の帽子はひとつの布で作ってちょっと地味に感じたので
アレンジを加えたくてこの帽子と同じ生地を使用。
バラの生地はコレもローラアシュレイで、大人っぽくなりがちなバラも
なんとなくかわいらしい。
ラウンドブリムにはなんとなくなれて来た頃。

すごく気に入っているけれど、どんな服に合わせればよいのやら?
edit

【ひよこ通信 #53】『ピンクの優しい色合いのクロッシェ』

handmade-2d1.jpg
2008年7月9日(水)23日(水)24日(木)
素材:コットン100%。

2-Cは冬物と言うことで夏真っ盛りの7月はすっ飛ばすことに。

この布は以前植物画の教室に通っていたときに
家を新築されたと言う方が、カーテン生地に使って余ったと言う
ローラ・アシュレイ。
さすがかわいらしく、素敵な仕上がりに。
今回もボーダーですが、前の失敗に懲りてバイアスで取ったのですが
いい感じに柄も出ているような。

普通のインテリア生地は化繊が入ってるので、夏かぶると暑いらしく
その点この生地はコットン100%のようで涼しいのですが
若干しわになりやすく、また汚れが目立ちやすいのが難点。
保管に気をつけねば。
edit

【ひよこ通信 #49】『バラ色のターバン』

handmade-1c2.jpg2008年6月18日(水)制作
素材:コットン100%。

ターバンは選ぶ布によって雰囲気が変わるそうで、
この帽子からは想像もつきませんが、フェミニンやドレッシーにも
作ることができるのだそうです。
それを実践したくて作ってみたのがコレ。

当時は夏の真っ盛りで、気に入った布が薄いものが多くて
薄い生地がターバンに向いているというのもあったかもしれません。
とっても縫いにくくてしつけをかけてからミシンをかけたので
かなり手間取りました・・・
edit

【ひよこ通信 #48】『やさしいすみれ色の花柄クロッシェ』

handmade-1d1.jpg2008年6月3日(火)4日(水)10日(火)11日(水)制作
素材:コットン100%。

以前パッチワークをしていたときに、ほとんどは小さな布を買うのですが
時々大きめの布を買っていて、それを利用して作った帽子。
特別好きな布と言うわけでもなかったのですが、出来上がってみると
いい感じの仕上がりに。少し地味なのでレースやお花で飾ろうと思います。

教室の型ではほとんどの帽子をバイアスで裁断するのですが
花柄が大きなボーダーになっているのを生かしたくて縦地で取ったら
他にもいろんな原因があるのでしょうが、小さくなってしまいました。
今までのベレーやキャスケット、ターバンはどれも大きくなっていたので
小さくなったのはショックで、しばらく型にはめて伸ばしました。

しかしバイアスで取る意味を身を以て経験できてよかったと言えるかも。
ちなみに市販の廉価な帽子のほとんどは縦地で取ってあるそうです。
なぜならバイアスで取ると非常にたくさんの布が必要だからです。
edit

【ひよこ通信 #45】『水色チェックとレーシーなキャスケット』

080608mot_collection5.jpg2008年4月22日(火)5月13日(火)20日(火)27日(火)制作
素材:コットン100%。

二つ目の形は、6枚はぎのキャスケットです。
この真ん中をきっちりあわせるのは避難の業で
二つ目にしてはとっても難しいと言われている形です。
まぁまぁのできだとは言っていただきましたが
やはりちょっとずれているので、くるみボタンをつけました。

初めてハーフブリムもつけましたが、コレも難しい。
レーシーな感じで爽やかでかわいくし上がりました。
レースで鳥さんブローチでも作ってつけたいと思いつつ、なかなか・・・

この水色チェックは外国製の枕カバーだったもの。
以前は大きい枕を使っていたのですが
今はサイズが合わなくなってしまってしまい込んでいたもの。
日の目を見てくれてうれしい作品でもあります。
edit

さくらさくらのベレー

0902sakura.jpg

桜の時期にはまだ少し(かなり)早いですが
少し前に、ものすごく桜好きな殿方2名に
お目にかかったのです。

この帽子は、片方の立派な紳士に
お買い上げいただきました。

男性でもこんな風に花に夢中になる方が
いらっしゃるんだと、目からうろこでした。
(お仕事で花を育てたりなさってる方は別ですが)





続きを読む>>
edit
1/2 >>