「実践装画塾NAGOYA修了装丁展」総括

180320_MG_9046web_s.jpg180321_MG_9884.jpg
2018.03.27 Tuesday にFBのイベントページに投稿したもの
日曜日に終了した「実践装画塾NAGOYA修了装丁展」、お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。「実践装画塾NAGOYA」の発起人で、イラストレーターで漫画家の陽菜ひよ子と申します。コミックエッセイ「アトピーの夫と暮らしています」(PHP研究所)の出版や、NHKEテレ「すイエんサー」のタイトルイラスト等、幅広く活動させていただいています。
   
そんな私の装丁作品は、入り口から順番に見て行くと最後の作品となる「ハラペコマン」です。一見正義の味方っぽいのですが、実はただの「ハラペコな人」で、全く役に立ちません。椎名さんがワニに襲われてピンチでも、助けずに、その場にあった食糧を食べて、さっさと飛んで行ってしまいます。(という漫画も展示させていただきました)
   
さて、そのハラペコマン、および今回の展示について、ウレシイ感想をいただいたので、許可を頂きまして、ここに転載したいと思います。書いてくださった方は、お仕事上、普段から、たくさんの本に触れ、よく本をご覧になられている方です。
     
「入口から左側の壁に沿って順番に見ていきました。先にある作品は見ないようにして、順番に。次々に現れる作品に驚きながら意識の片隅には(ひよ子さんのはいつ出てくるだろうか)と考えていました。
     
お題が椎名さんの本ということでぐっときました。椎名さん、中学時代にドハマリして、片っ端から読んでいたのです。僕が多少なりとも活字に親しんでいるのは十代の始めの幼い頃に「とにかく面白い本」に出会い溺れていたのが大きな原因です。椎名さんはその主要なひとりでした。確実に僕にとっての「アイドル」でした。だからなんとも懐かしさも込み上げました。
       
閑話休題。やがて最後の展示に。
    
ハラペコマーーン!!!
    
昨夜のメッセージである程度は「はずしにかかってくるだろう」とは思っていましたが、もう物凄い想定外で笑いました。なんか嬉しくなっちゃいましたねえ。いまあらためて思うのですが「物凄い個性」ですよね。そして同時にこれをひよ子さんに描かせた宮川氏にもいま、凄く参っています。
       
この展示にひよ子さんのあの装丁があるのと無いのとでは、まるで違いますよね。展示全体がひとつの流れ、あるいはストーリーになっているし、これは意図したことではないと思いますが、ひよ子さんの作品は「その他の作品に対しての批評」にもなっているように、僕がひよ子さんを知っているからひよ子さん寄りの見方をしているからでもあるのでしょうが、そんなふうに思えます。
    
同時にすべての作品が「その他の作品に対する批評」にもなりえているのだなとも思えました。おそらく宮川氏というプロデューサー、統括者がいるからそうなった(と僕が感じているだけなのでしょうが)のだと思います。ちがうかな? いまは思うことをどんどん書いています。
    
ひよ子さんのファイル、作品ができるまでも2回ほど読みました。漫画の「ひよ子さん」はあらためてかわいいですね。キャラにしましょうと言われ、私の絵には魅力がないのかしらと涙しているのを猫がなぐさめている絵が、実際は大変だったのでしょうがかわいくておかしくて好きです。」
    
Iさん、ありがとうございます。
9か月かけて、装画塾を開催し、展示を企画してここまでやってきて、こんな風に思っていただける展示ができて、本当にうれしいです。
    
宮川先生、DAZZLE村松さん、講義の会場をお借りしたCHOJAMACHIBAのみなさん、装画塾NAGOYAのメンバーの皆さん、お越し下さった皆さん、いろいろ励まして下さった皆さん、本当にありがとうございました。
    
この展示と同時に名古屋で個展を開いているのですが、二つの展示が連動して、頭の中にこれから自分が描いていきたい世界がどんどん広がって来ています。ハラペコマンのように、ハラペコでふらふらしながらも、高い空目指して、描き続けていきたいと思います。

180320_MG_9197s.jpg


                  


180320_MG_8967.jpg2018.03.24 Saturday
外苑前DAZZLEさんでの展示「実践装画塾NAGOYA修了装丁展」
入り口から入ると、最初にこんな展示物が。
これは今回の講師で装丁家の宮川和夫さんのお言葉。
ワタクシが大々的に褒められております。

せっかく褒めていただいているのになんですが
ワタクシはそんな大層な人間ではございません。
今回実践装画塾NAGOYAのメンバーは、絵の才能と人柄は
素晴らしいのですが、無邪気に自覚がない人が多く
何度も何度も
「講義も展示も仕事と同じだと思ってください」
と口うるさくいろいろ伝えて、叱り付け
ホント―にうるさいヒトだったと思います。

特に展示は私以外全員未経験!でしたので、最後まで
気が抜けませんでした。

ありがたいことに、オープニングには宮川先生の御人脈で
素晴らしい方々が集まって下さり大盛況。
パーティー終了後、展示メンバーがキラキラした目で
「陽菜さん、こんな素晴らしい場を設けて下さって
ありがとうございます!全部陽菜さんのおかげです!」
と駆け寄って来てくれました。
なんて良い人たちなんでしょう。ワタクシだったら
こんな小うるさい人に、感謝の言葉なんて言えません。

しかし、そうなのです、第一線で活躍する方々と触れるというのは、本当に変えがたい経験なのです。
そこで恥ずかしくない展示ができて、本当によかったです。

でもそれは宮川先生はもちろん、実践装画塾を続けて下さっているDAZZLE村松さんのおかげですし
本当に色んな人たちのおかげで、私たちはこの場に居られるんですよね。

この実践装画塾NAGOYAを契機に、関西や九州でも開催して欲しいという声が高まっているそうで。
ワタクシのしたことが、装画の世界において、小さな礎になることが出来たなら、やった甲斐があったと言うものです。

そして装画塾NAGOYAのメンバーの皆さんは、いつかご自分も後ろを歩く人を引き上げてあげて下さい。
そんな風に順番にうしろへ繋げて、この世界を盛り上げて行くことが、回り回って自分自身を助けてくれることになると
ワタクシは信じています。


                  


180309_180311_IMG_6265.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)〜 2018.4.1(日) 会期中無休 10:00〜22:00(最終入館 21:30) 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン 〜自由のための見世物小屋〜
2018年1月8日(月・祝)〜3月31日(土) ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1801mike/index.html 

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日(金)- 6月10日(日)21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html


◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦
怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展
2018年4月21日(土)〜6月3日(日) 刈谷市美術館
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H30tarabooks.html
トークイベント 野瀬奈津子さん×松岡宏大さん×矢萩多聞さん
【日にち】4月21日(土曜)
【時間】午後1時30分から午後3時
【会場】美術館研修室
【定員】80名
【参加費】無料※当日先着順(午後1時開場予定)

驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-


サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jpブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< イエローな東京〜マイク・ケリー展デイ・イズ・ダーン"自由のための見世物小屋" 戻る 個展20〜26日目(ラスト)・その後。 >>