世界を変える美しい本 & 怪談えほん原画展

180421_IMG_7754.jpg180421_00052468web.jpg180421_00202683web.jpg2018.04.21 Saturday
本日無事、ミッツさんでの個展でお買い上げいただいたイラストをお渡ししました。初対面なので、ドキドキしましたが、とてもいい方で、なんと、代金以外にお菓子までいただいてしまいました。ライブペイントも楽しみにして下さっていて、ミッツさんに行く回数が増えたそうで、ミッツさんにも貢献できてよかった!また来年も頑張ります!朝早くお会いしたので、ゆったり朝食♡

そしてやって来ました♡
180421_MG_8286.jpg
180421_IMG_7758.jpg
インド・タラブックス、本日初日で、トークイベントがあったのですが、すごい人!こんなに混んでる刈谷市美術館ははじめてです。いつも展示をテーマにした和菓子をいただくのを楽しみにしてるんですが、時間モロかぶりで食べられなくて、残念!

トークイベントはすごくよかった。かなり脱線した部分もあったけれど、でも、著者の皆さんの伝えたいことは、すごくよくわかった。特に編集の野瀬さんの「ただ美しいだけでなく、タラブックスの本を作る姿勢や思想を伝えたかった」という言葉がグッと響いた。

インドではカースト下位や少数民族や女性など、虐げられた人が多く、弱者の問題、社会問題を多く取り上げているのがタラブックスの大きな特徴。出版を決めるのに、マーケでィングが大きな要素を占める日本と違い、社会にとって必要な本かどうか、という点が重要視される。本来本とはそうあるべきなはずなのだが・・・という話。

また、日本の本のほとんどはオフセット印刷での大量生産ですが(日本では基本的に数千冊以上の大きなロットなので)、インドでは、シルクスクリーンで手づくりで本が作られています。それにはひとつの理由として、シルクスクリーンの方が、オフセットより安いからというのがあるんだそう。人件費が日本に比べて圧倒的に安いからなんですね。というのを聞いて、これは、インドが発展していく過程で、やはり失われて行くものなのかもしれないな、と思いました。

アートの後継者としてインターンをすごく大事にしていて、イギリスなどからも受け入れていて、だからタラブックスのフォント?タイポグラフィ?は、イギリス風のものが多いんだそうだ。タラブックスでは、ミスプリントを幾重にも重ねたものを利用して手帳を作っていて、その収益をそういった人たちの育成に役立てているんだそうだ。

タラブックスの隣には印刷会社の社長の家があり、そこはタラブックスの社員の寮になっていて、タラブックス?の屋上は、ジムになっている。ジムが屋上(笑)インドではマッチョになりたい人が多いんだそう。そんな映画スターのポスターの写真なんかも図録に入ってて、笑ってしまった。のどかだなー。

こんな風に世間に知られていないことを広めて、ムーヴメントを起こせる仕事って素晴らしい。そして、丁寧な本づくり、いいなぁ。。。。

180421_BPTP1005.jpg
180421_IMG_7866.jpg今回の本、『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)は愛蔵特装版を限定400冊で作っていて、タラブックスでのミスプリントを使用して手製で仮フランス版で製作したもの。会場で20冊限定で売りだすということで、トークイベント終了後、レジに殺到。一冊として同じものは無いということで、私も必死に選んだのですが、どう見ても、見本のが一番良くて、現品でいいなら・・・と、見本を売っていただきました。そしたら、帰りに刈谷駅で、トークイベントに出演された方々と遭遇(都お目でもすぐに分かりました)。思わず「トークイベントすごくよかったです。本も買いました!」と声をかけると、サインして下さるということに。愛蔵版なので、中に書かないように、カバーにサインして下さいました。ものすごくキャラの立っていた装丁家の矢萩さんは、トークもお上手でしたが、絵もすごくお上手!お魚描いて下さいました♡矢萩さんから「イイの選びましたね。と褒められました。うふ。


                  


180421_00283921web.jpg180421_00295540web.jpgさて、同時開催は、岩崎書店から出た「怪談えほん」シリーズの第一期作品と宇野亜喜良さんの『ぼくはへいたろう』シリーズの3パターンを展示するという贅沢なもので、はっきり言って、もったいないと感じました。
    
タラブックスだけでも「怪談えほん」だけでも十分お客さん呼べる展示なのに、なんで合わせ技にしちゃったんだろう。できれば「怪談えほん」は、シリーズ全作品で一個の展覧会でやって欲しかったなぁ。会場には京極夏彦さんと宮部みゆきさんからのお花が飾られていて、あのお二人からのお花!!それなのに、トークイベントがあったせいか、タラブックスの方ばかり盛り上がっていて、「怪談えほん」のほうは閑散としていて、ホント残念!
    
「怪談えほん」やっぱ原画の力はスゴイ。大畑いくのさんの原画にやられた。ホントこんな絵が描けたらなーって思う。京極さんと宮部さんは以前読んで本も怖かったけど原画はもっと怖い。京極さんの「いるの いないの」は最後がめっちゃ怖いんだけど、途中出てくるネコがかわいくて、でも怖くて。ネコも何かあるんかと思ってしまう。宮部さんの「悪い本」は、吉田尚令さんの海外の絵本のような美しい絵が、この物語の世界にはまって、マジで怖い。かわいいだけに怖い。物語の世界も深くて、すごく考えさせられる。

宇野亜喜良さん作品がめちゃたくさん見られるので、ファンにはうれしい。「マイマイとナイナイ」はまさに宇野ワールドだけど、「へいたろう」は、3つのパターンのうち、見慣れた宇野さんの絵は最後のものだけで、他は、え?こんな絵も描いてらっしゃるの?ってくらい、ちょっとマンガチックで、意外な感じだった。

宇野さんの絵がどどどーんとこれでもかと飾られている会場には、髭の一風変わったおじさまがいて、一生懸命怪談漫画を読んでいて「もうあと30分しかないのに、ボクまだ二階(タラブックス)行ってないんよ」と言いながら、まだ読んでいた(笑)こういうひともいるからいいのかぁ、と思いながら会場をあとにした。

180421_MG_8291.jpg

◇◆◇世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦◇◆◇
◆概要
美しいハンドメイドの本で知られる南インドの出版社・タラブックス。1994年に設立して以来、民俗画家が描いた絵を版画技法で印刷し、それを糸で製本するなど、画家、編集者、デザイナー、印刷職人のチームワークで工芸作品と言えるユニークな本を生み出しています。本、原画、写真、メイキング映像など約300点により、タラブックスの魅力と全容を伝える初の展覧会です。

The Night Life of TREES 表紙
yorunokicover.jpg【会期】平成30年4月21日(土曜)から平成30年6月3日(日曜)
【休館日】月曜日(ただし4月30日は開館)
【会場】2階展示室
【開館時間】午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
【入場料】一般900円(700円)、学生700円(500円)、中学生以下入場無料

「怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展」と入場券は共通。
( )内は前売及び20名以上の団体料金
前売券は、刈谷市美術館、刈谷駅前観光案内所、刈谷市総合文化センター、高浜市やきものの里かわら美術館、チケットぴあ(Pコード:768-878)の取扱いのあるコンビニ等で4月20日(金曜)まで販売 →前売券販売代金徴収事務受託者については、こちらをご覧ください。
身体障害者、精神障害者保健福祉、療育の各手帳所持者及び付き添いの方(1名)は入場無料。入館の際に手帳をご提示ください。
【主催】刈谷市美術館
【後援】インド大使館、公益財団法人 日印協会、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、絵本学会、愛知県教育委員会
【企画協力】Tara Books、ブルーシープ
【協力】刈谷市国際交流協会

『猫が好き』原画
yokubarineko.jpg◆展覧会内容の紹介
南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。1994年に設立され、ギータ・ウォルフとV.ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しています。タラブックスといえば美しいハンドメイドの絵本が知られています。インドの民俗画家による絵を、ふっくらとした風合いの紙に版画の技法で印刷し、職人が糸で製本した、工芸品のような本です。インドには各地に多様な民俗芸術の伝統があり、画家たちは住居の壁や床に描いたり、工芸品を作ったりしています。多くのインド人にとっても馴染みの薄かったこうした民俗芸術を出版に結びつけたのは、とても画期的なことでした。

ハンドメイド本以外にも、タラブックスは多彩な本を刊行しています。画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークから生み出される本は、教育や社会問題をテーマにしたもの、本の形状に特徴があるものなど、とてもユニークです。出版を通してより良い社会をつくりたいという思いのもと、ワークショップなども積極的に開催しています。

『夜の木』(2006年初版)原画
yorunoki.jpgこの展覧会では、タラブックスの本づくりの全容を伝える初の展覧会です。ハンドメイド本を中心に、本や原画、写真やメイキング映像など約300点の資料を通じて、その魅力をたっぷりとご覧いただけます。

◆会期中のイベント
トークイベント 野瀬奈津子さん×松岡宏大さん×矢萩多聞さん
母の日☆インドスペシャル 親子無料デー!
バナナの葉っぱをお皿に!南インドの定食「ミールス」食べ放題!
学芸員によるギャラリー・トーク
イベントの詳細については、こちらをご覧ください。
◇◆◇怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展◇◆◇
◆概要
怪談・怪奇モノの人気作家と実力派の画家がタッグを組んだ「怪談えほん」(岩崎書店発行)シリーズ。2011年に発行され、子どものみならず大人も恐れさせた絵本の原画を紹介します。さらに、江戸時代の「稲生物怪録」を宇野亞喜良が現代に蘇らせた『ぼくはへいたろう』の原画と、古い「怪談絵巻」などを合わせて展示し、「怪談」をめぐる変容と享受のありようを見つめます。

吉田尚令『悪い本』原画 2011年
waruihonn.jpg【会期】平成30年4月21日(土曜)から平成30年6月3日(日曜)
【休館日】月曜日(ただし4月30日は開館)
【会場】全館
【開館時間】午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
【会場】1階展示室
【入場料】一般900円(700円)、学生700円(500円)、中学生以下入場無料

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」と入場券は共通。
( )内は前売及び20名以上の団体料金
前売券は、刈谷市美術館、刈谷駅前観光案内所、刈谷市総合文化センター、高浜市やきものの里かわら美術館、チケットぴあ(Pコード:768-878)の取扱いのあるコンビニ等で4月20日(金曜)まで販売 →前売券販売代金徴収事務受託者については、こちらをご覧ください。
身体障害者、精神障害者保健福祉、療育の各手帳所持者及び付き添いの方(1名)は入場無料。入館の際に手帳をご提示ください。
【主催】刈谷市美術館
【特別協力】岩崎書店
【後援】一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、絵本学会、愛知県教育委員会
絵本をはじめとする書籍やその他グッズも多数販売いたします!
クレジットカードの利用はできませんので予めご了承ください。

◆展覧会内容の紹介
軽部武宏『ちょうつがい きいきい』原画 2012年
choutsugaikiikii.jpg日本を代表する怪談文芸や怪奇幻想文学のプロフェッショナルたちが書き下ろした文章に、当代実力派画家が絵を描きビジュアル化した絵本シリーズ、岩崎書店刊行の「怪談えほん」の原画展を開催します。

人気作家5人と実力派画家5人がタッグを組んだ同シリーズは、子どものみならず、大人たちをも恐怖に陥れました。この展覧会では、第1期にあたる、吉田尚令、宇野亞喜良、町田尚子、大畑いくの、軽部武宏が描いた原画をご紹介します。

宇野亞喜良『ぼくはへいたろう』原画 1994年 刈谷市美術館蔵
bokuhaheitaro1994.jpgまた、同時開催として、刈谷市美術館コレクションの中から宇野亞喜良が3パターンで描き分けた『ぼくはへいたろう』の原画を集中展示します。

江戸時代の《稲生物怪録》から、宇野にインスピレーションを与え、その制作の源となった稲垣足穂の著述等の世界観を比較展示し、ひとつの「怪談」物語をめぐる変容と享受のありようを見つめ、絵本制作の極意に迫ります。

町田尚子『いるの いないの』原画 2012年
irunoinaino2012.jpg◆会期中のイベント
対談 宇野亞喜良さん×澤田精一さん(福音館書店元編集者)「ぼくはへいたろう」をめぐって
母の日スペシャル 親子無料デー!
「えほんのじかん」こわい絵本
ナイト☆ミュージアム
学芸員によるギャラリー・トーク

                  


誕生日前後。
180409_180411_FIEA6831.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
PALETTECLUB特別企画 原田治のイラストレーション展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日) パレットクラブ・スクール
http://www.osamugoods.com/news/180320.html

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html

◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/

おさるのジョージ展
2018年8月4日(土)〜9月2日(日)美術館「えき」KYOTO

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
2018年11月16日(金)〜12月25日(火)美術館「えき」KYOTO


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

卒業と寄席。

180331_IMG_6942.jpg2018.03.31 Saturday
今日は「すイエんサー」今年度最後の放送(再放送)。現MCの三人が3年で卒業となりました。

私が担当になったのは彼らより半年早く、渡辺徹さんがメインMCだった頃。絵柄も最初は今とは違い、もっとシンプルでした。番組リニューアルで今のMCになるに当たって、私の好きなように描いていいと言われ、ハーフっぽい絵でちょうどいいと、今のタッチに変更。それからもう3年!早いものです。

「すイエんサー」といえば、メインはすいガールズなんですけど、私のイラストは彼女たちとは接点がなく、MCの三人と共にあったので、彼らの卒業は寂しいです。

そして、彼らの卒業と一緒に、私のイラストも卒業することになりました。今後は、Webでご覧いただくのがメインになりそう。今まで3年半、ご覧下さったり、応援して下さり、ありがとうございました。寂しいですが、これはきっと、次のステージが待ってるということなのだと思います。
(右下の画像に私を抜擢下さったHさん(プロデューサー)が写り込んでいます。何だか感無量。)

180404_IMG_7128.jpg2018.04.05 Thursday
先日、「すイエんサー」のイラストは卒業になった、と書きましたが、実は正確ではないのでした。卒業になったのは、イラストが「テレビ画面」に映るということだけで、今後もWebには掲載されますし、テレビにほかの方のイラストが登場する、というわけではないのです。

プロデューサーからは、2月くらいに「番組のフォーマットを変更するので、今後はWeb掲載がメインになる」と聞かされており、「フォーマット???」と頭の中はハテナだったのですが、3月中の放送で、右上のようにタレントさんの顔だけはめ込んで声を当てているのを見て(おそらくテスト放送だったのだと思います)、「もしや、スタジオ収録がなくなって、こうなるのか?」と思ったのですが、その通りでした!(ちなみに以前は右下のような感じでした。)

そんなわけで、今も依頼があって、イラストを描いていますが、今後はWeb中心となるそう。しかし、Webですが、変わらずスケッチブックの現物納品というのは、ちょっと不思議。(しかし作業も同じだし、今までも、2回に1回くらいしか放送には使われていなかったので、結局あまり変わってないとも言える。)
イラストは今後もこちらでご覧になれまする。 https://www.nhk.or.jp/suiensaa-blog/


                  


180328_IMG_6783.jpg2018.03.28 Wednesday
大須演芸場にて、時代小説家の奥山景布子さん主催の「寄席品川清洲亭」を楽しんで来ました。奥山さんと師匠の鈴木輝一郎先生と一緒にパチリ。

この寄席のきっかけとなった本も売れ行き好調だそうで、寄席は、満席後、当日券も出るほどの大盛況。講談も噺も素晴らしかったです。

その後は、他の作家さんや書店さんの会に混ぜていただき、楽しい時間。右の料理は「ボケナス(左:味噌煮)とおたんこナス(右:揚げ出し)」。しっかりチェックして注文した店長はやはり関西人。ほんの少しのつもりが、ついつい楽しくて、最後まで居てしまいました。

先日の展示の「ハラペコマン」を皆さんに披露すると「これが装丁でも全然おかしくない」「これは売れそう」と、某大手書店の店長や、直木賞候補になられた作家さんに言っていただき、有頂天になるワタクシ。これからも頑張ろうと思いました。ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました♡


                  


楽しかった個展も終わり、花見も出来て満足な春。
180330_180401_HDVW6185.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
PALETTECLUB特別企画 原田治のイラストレーション展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日) パレットクラブ・スクール
http://www.osamugoods.com/news/180320.html

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html

◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦
怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展
2018年4月21日(土)〜6月3日(日) 刈谷市美術館
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H30tarabooks.html
トークイベント 野瀬奈津子さん×松岡宏大さん×矢萩多聞さん
【日にち】4月21日(土曜)
【時間】午後1時30分から午後3時
【会場】美術館研修室
【定員】80名
【参加費】無料※当日先着順(午後1時開場予定)

驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/

おさるのジョージ展
2018年8月4日(土)〜9月2日(日)美術館「えき」KYOTO

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
2018年11月16日(金)〜12月25日(火)美術館「えき」KYOTO


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

桜色の名古屋と、レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

180407_IUUS8467.jpg180407_DUQD5929.jpg
2018.04.07 Saturday
冷蔵庫のあり合わせでお弁当作って来てみたら、八重桜が満開。寒いけど(笑)。桜を撮影してるおじさんに微笑みかけたら、どうやら中国人らしく、何故か私たちを撮影して、ほら、と見せて、笑顔で去っていった。周りの人に、日本の若いカップルって紹介してくれてるといいなぁ。。。(という発想が、すでに若くない)

八重桜も色々あってどれもカワイイ。真ん中と上のはサトザクラ。あとは不明(笑)


                  


180408_180321_19143422.jpg180408_180321_22111618.jpg180408_180321_19310138.jpg180408_180321_19470887.jpg
180321_MG_9736s.jpg2018.03.21 Wednesday
森美術館に、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」を見に行きました。
気付けば4/1に終了してしまってました。感想が遅くて失礼。(誰も待ってないか(笑))
普通、美術館と言えば、写真撮影不可が多いですが、この展示は写真撮影OKでした。

インスタ映えする写真を求める人たちと、ただ美術展が盛況でありさえすればいいという美術館側の要望がマッチングした、現代らしい展示なのでしょうね。だけど、そこに、エルリッヒ氏の意向を読み取ろうとする人が、どれほどいるのでしょうか。アートとはそれでいいのでしょうか。

この展示がたとえば、東京都現代美術館で行われていたら、まったく違ったものになったのだろうなぁ。そう思うと、残念な気持ちになるのを禁じ得ないのでした。展示内容自体は面白かったですが、私もついつい写真を撮るうちに、思考停止していました。あかんです。
レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。
大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。
本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
会期 2017.11.18(土)〜 2018.4.1(日) 会期中無休
開館時間 10:00〜22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※開館時間延長:3.24(土)、3.25(日)、3.31(土)、4.1(日)は9:00〜22:00
会場 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
料金 一般  1,800円
学生(高校・大学生)1,200円
子供(4歳〜中学生)600円
シニア(65歳以上)1,500円
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催 森美術館
後援 アルゼンチン共和国大使館
協賛 株式会社大林組 トヨタ自動車株式会社 株式会社コーエーテクモホールディングス TRUNK(HOTEL)
制作協力 YKK AP株式会社
協力 シャンパーニュ ポメリー
企画 椿 玲子(森美術館キュレーター)
来場者61万人突破!「レアンドロ・エルリッヒ展」閉幕
2018.4.4(水)

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」は、135日間の入館者数が61万4,411人(※)となり、4月1日(日)、盛況のうちに閉幕しました。
本記録は森美術館開館記念展「ハピネス」に次ぐ歴代2位となります。

本展は全作品撮影をすることができる「インスタ映えする展覧会」として、来場者が展覧会で撮った写真や動画などがSNS上で拡散され話題となりました。さらにテレビなど多くのメディアでも紹介され、若者からファミリー層やシニア層まで、老若男女を問わず幅広い方にご来場いただきました。
ご来館くださった皆様、ありがとうございました。
                  


お会いできないまま、お菓子だけ受け取ると、本当に申し訳ない気持ちになりまする。会期もあと少し。
180324_180326_IMG_7071.JPG180328_180329_IMG_7072.JPG


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
PALETTECLUB特別企画 原田治のイラストレーション展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日) パレットクラブ・スクール
http://www.osamugoods.com/news/180320.html

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html

◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

イエローな東京〜マイク・ケリー展デイ・イズ・ダーン"自由のための見世物小屋"

180320_mike_kelley01.jpg2018.03.20 Tuesday
今回の東京滞在では3つの展覧会を見ましたが、その中でダントツに面白かったのがこれ。特に”トレインダンス”という女性三人が列を組んで踊りながら練り歩くという、ただ「それだけ」のダンスに爆笑し、帰宅後もはまりまくって、二人で練り歩いております。(進行形)マイク・ケリーさんにはどうやら中毒性があるようです。

自身の高校時代の作品をモチーフに、365日作品を作り続けるというテーマで作られた”ディ・イズ・ダーン”(日々完了?)これ毎日毎日作ったのか!と考えるとめまいがしそう。すごいです。継続は力なりですね。

一見ナンセンスでバカバカしいのですが、その中にキッチリと体制に対する批判(女性差別、マイノリティに対する差別、宗教など様々)が織り込まれています。むしろ、小難しくなく、バカバカしいため、余計にすっと心に入ってきます。長ったらしいスピーチや教科書で学ぶより、アートで笑って感じる方が、効果的なのかもしれません。
180320_mike_kelley02.jpg180320_mike_kelley03.jpg180320_mike_kelley04.jpg

180320_mike_kelley05.jpg180320_mike_kelley06.jpg180320_mike_kelley07.jpg180320_mike_kelley08.jpg180320_mike_kelley09.jpg180320_mike_kelley10.jpg180320_mike_kelley11.jpg

                  


「実践装画塾NAGOYA修了装丁展」(gallery dazzle・北青山)初日。楽しい刺激的な時間を久しぶりに過ごしました。
素晴らしい方々と「久しぶり」を言い合えるシアワセ。
そして、予想以上に自分の作品への評価が高く、ありがたく。先生のボードも私の装丁もダーンのポスターも黄色。
トークショーとオープニング、二次会の様子は続きで。
180320_IMG_6096.jpg


                  


ミッツさんでテイクアウトしたオレンジクラフィティと地鶏のプリン最高。
ソフトバンクでサーティーワンを味わうのは三回目。
青いのは、お父さん★スペシャル・・・サワードリンク風味シャーベットとバニラアイスに、ちりばめられた赤い星!
もうひとつは、ラブストラックチーズケーキ・・・ストロベリーチーズケーキとチョコレートの美味しい相性!
180305_180309_IMG_6264.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)〜 2018.4.1(日) 会期中無休 10:00〜22:00(最終入館 21:30) 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン 〜自由のための見世物小屋〜
2018年1月8日(月・祝)〜3月31日(土) ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1801mike/index.html 

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日(金)- 6月10日(日)21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html


◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦
怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展
2018年4月21日(土)〜6月3日(日) 刈谷市美術館
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H30tarabooks.html
トークイベント 野瀬奈津子さん×松岡宏大さん×矢萩多聞さん
【日にち】4月21日(土曜)
【時間】午後1時30分から午後3時
【会場】美術館研修室
【定員】80名
【参加費】無料※当日先着順(午後1時開場予定)

驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-


サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jpブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤と黒の東京〜写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−

mainvisual.jpg180324_080406roppongi15pola.jpg21_21 DESIGN SIGHTで「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を見てきた。
最初に映像で、クライン氏の写真を見ることが出来るんだけど、それがすごくイカス、カッコイイ写真ばかりで見せ方の素晴らしさと相まって、ホント刺激的☆
いろんな都市の写真なんだけど、いちばん行っちゃってると思っていたのが、東京だったw

それから場所を移して、現代の他の写真家による都市の写真。
台湾のお祭りに登用する舞台ばかり撮ってる沈昭良さんと、北極や南極の最果ての人の居住地を撮った石川直樹さん+森永泰弘さんのユニット、そして特に「愛着ある大田区の市井の人々」を撮り続ける水島貴大さんが気に入った。

自分の好きな写真は、技巧とかじゃなくて、被写体にこだわってる写真。執念で撮り続けてる、的な写真なのだとつくづく思う。


六本木は桜がちらほら咲いていて、お花見のイベント準備でバタバタと人の姿が。そんな様子を見ていたら、まだオットと結婚前に見た六本木の桜の光景を思い出した。あの頃彼は中野に住み、私は池袋(大塚)に住んでいたのだ。なつかし〜〜〜

忘れもしない2008年の春。
Polaroid a520というポラロイド社のコンデジがトイカメラ風(これも今では懐かしい)に撮れるというので、彼にお誕生日プレゼントにあげたのが、そもそもその後の彼をカメラマンに仕立て上げる私の作戦(?)に繋がっていたのかもしれません(笑)。当時はまだ一眼レフは持っていませんでした。左上は六本木の桜、人が写っているのは銀座、下二枚はディズニーランド。
http://hiyoko.tv/journal/log/study/eid1231.html
http://hiyoko.tv/journal/log/study/eid1290.html
http://hiyoko.tv/journal/log/joy/eid1291.html
http://hiyoko.tv/journal/log/museum/eid1301.html

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を開催します。
展覧会ディレクターには、数々の著書や展覧会の企画で知られる写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎えます。

写真が発明されてまもなく2世紀になろうとしています。この200年近くに生み出された写真は天文学的な数に及び、テクノロジーやネットワークの革新とともに、その表現形式や制作手法、つくり手と受け手の関係にも大きな変化がおこっています。

20世紀を代表する写真家 ウィリアム・クラインは、写真、映画、デザイン、ファッションのジャンルを超えた表現と、ニューヨーク、ローマ、モスクワ、東京、パリなどの世界の都市を捉えた作品で、現代の視覚文化に決定的な影響を与えました。

本展では、クラインの都市ヴィジョンを迫力あるマルチ・プロジェクションで表現するほか、斬新な眼差しで21世紀の都市と人間を見つめ、従来の写真のフレームを大きく飛び越えようとする日本やアジアの写真家たちを紹介します。22世紀をも見据えた未来の写真都市の鼓動を描きだす、ヴィジュアル・コミュニケーションの新しい冒険をご覧ください。

東京。展示以外の部分を切り取ってみたら、なぜかこちらも、赤と黒に彩られていた。
180319_MG_8235web.jpg
数年ぶりに、気心知れた友人と再会。
たった1時間のランチも、至極の時間。笑いっぱなし。

最高のおもてなしは、2010年、まだ東京在住だった時以来。
それにしてもこれで儲けあるのかしらん?と心配になるほどのこだわりのおもてなし。また行きたい。

そういえば、先日会った人たちは皆、名古屋に来たい来たいって。ホントみんな来てよね!絶対よ?(=^ェ^=)


                  


個展の始まった頃。なんかだいぶ前な感じ。
180303_180305_IMG_6263.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)〜 2018.4.1(日) 会期中無休 10:00〜22:00(最終入館 21:30) 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン 〜自由のための見世物小屋〜
2018年1月8日(月・祝)〜3月31日(土) ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1801mike/index.html 

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日(金)- 6月10日(日)21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

アール・デコ・リヴァイヴァル!鹿島茂コレクション フランス絵本の世界
2018年3月21日(水)〜6月12日(火) 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/180321-0612_frenchpicturebooks.html


◆名古屋◆
クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展
2018年3月17日(土)〜6月10日(日) 三重県立美術館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000211092.htm

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦
怪談えほん原画展+稲生モノノケ録『ぼくはへいたろう』の世界展
2018年4月21日(土)〜6月3日(日) 刈谷市美術館
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H30tarabooks.html
トークイベント 野瀬奈津子さん×松岡宏大さん×矢萩多聞さん
【日にち】4月21日(土曜)
【時間】午後1時30分から午後3時
【会場】美術館研修室
【定員】80名
【参加費】無料※当日先着順(午後1時開場予定)

驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-


サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/


◆大阪◆
ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jpブクレコ 続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

『シャガール展 三次元の世界』

180212chagall_01.jpg180212chagall_02.jpg071115alice3.jpg2018.02.12 Monday
10月くらいにチケット買ってあったのに、気づいたらギリギリ。。。
初めて2人で行った展覧会と同じシャガール。
2007年11月の上野の森以来、10年ぶり。若かったよねー(しみじみ)
あ、あのとき買ったシャガールの鳥のブローチ、してくるの忘れた!(涙)
IMG_3954.JPG
実は昔はそんなに好きじゃなかったシャガール。
ニワトリのモチーフがかわいいのに気づいてから好きになったとは
我ながら単純。
ロシアの生家では、動物をたくさん飼っていて、だからニワトリや
ロバなどが身近だったそうで。牛や馬なら結構描いてる人いるけど
こんなにニワトリやロバを描いてる人って少ないよね。
そしてすごくかわいい。

私にとって良い展覧会とは「自分が絵を描きたくなる展覧会」
そういう意味では、今回は間違いなく「いい展覧会」だ。
シャガールの自由さは、観る人も描こうとする人も自由にしてくれる。

どちらが上かわからない絵に、サインすら、本当の位置ではなく
上部にさかさまに書いたりして。そんなのどーでもいいじゃないってこと?
真っ赤とか真緑とか真っ青とか激しい色なのに、何で見ていると
穏やかな気持ちになるんだろう?

セザンヌの静物画みたいに見えるモノから、もう五月女ケイコにしか
見えないものまで、ホント堪能。ますますシャガールの素晴らしさを
実感したのでした。

9月に見た奈良さんの展覧会もそうだけど、今回も色いっぱいの絵を
すごく描きたくなった。最近赤と黒ばっかで描いてるから反動かな。
3月のグループ展の準備が終わったら、アクリル出してこようかな。
木箱に入った立派なのがあるのに、描くまでが遠い道のりなのだ。

アクリルでベタベターーーって思いっきり描きたい。
でも、何もしなくていい日が一週間くらい続かないとムリ。
だから、一人暮らしの頃はよくアクリルで描いていたもんね。
左のティーセットはその頃の「アリス」をテーマにした展示に出した絵。
ちょうどその頃だ。シャガールの版画を見に行ったのは。

友達がベラルーシにあるシャガールの生家に行ったんだって。
すごくオシャレでカッコ良くて奥さんと仲良しで素敵。一途な愛って心打たれるね。
会期  2017年12月14日(木曜日)から2018年2月18日(日曜日)まで休館日  月曜日(1月8日、2月12日は除く)
12月29日(金曜日)から1月3日(水曜日)まで、9日(火曜日)、2月13日(火曜日)
開館時間  午前9時30分から午後5時まで、金曜日は午後8時まで(入場は閉館30分前まで)
主催  名古屋市美術館、中日新聞社
後援  在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会
特別協賛  理研産業補聴器センター
協賛  アイシン・エィ・ダブリュ
特別協力  メレット・メイヤー、国立マルク・シャガール美術館
協力  日本航空、名古屋市交通局、JR東海、近畿日本鉄道企画協力キュレイターズ
観覧料
区分      当日      前売・団体
一般     1,400円      1,200円
高大生    1,000円       800円
中学生以下   無料       無料

展覧会公式サイト http://www.chunichi.co.jp/event/chagall

見どころ
 シャガールが初めて陶器を手がけたのは1949年、戦火を逃れて亡命していたアメリカからフランスに戻った翌年のことでした。この頃から彼の活動の場所はパリではなく、地中海の光あふれる南フランスの小さな村々へと移っていきます。環境の変化は創作にも大きな影響を与えます。陶器を手がけた2年後の1951年には最初の彫刻作品が誕生します。この頃シャガールはすでに60代半ばの円熟期にさしかかっていましたが、新しい表現手段を手にした彼は、まるで子どものように喜々としながら新たな創作意欲をみなぎらせます。そして生み出された陶器や彫刻の数々。それは画家の余技をはるかに超えた、独自性と創造の喜びにあふれています。

 <シャガール:三次元の世界>と題された本展は、この作家のあまり知られていない彫刻と陶器などの立体作品を、まとめてご紹介する日本で初めての試みです。約170点の出品作品のうち、3分の1が彫刻と陶器、それ以外は馴染みの深い絵画や素描、版画といった構成です。シャガールが立体作品に取り組むのは晩年ですが、三次元への意識はごく初期の作品にも見られます。絵画と彫刻、平面と立体が、この作家の中でどのように意識され、作品化されていったのか。その創作の秘密に本展は迫ります。初めてのシャガールとお馴染みのシャガール。2つのシャガールの世界をどうぞお楽しみください。

2018.02.13 Tuesday
本日のNHK Eテレ『すイエんサー』、初めて動画撮ってみた♡3年半経っても自分の絵を画面で見るとうれしい。



                  


お誕生日週だからいいじゃんってことで、また食べに行っちゃったお寿司。
お値段お安めにしてみたけど、それでもどれもおいしかった〜〜〜
180206-180209_IMG_3934.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)〜 2018.4.1(日) 会期中無休 10:00〜22:00(最終入館 21:30) 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
2018年2月23日(金)- 6月10日(日)21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」東京展
2018年3月1日(木)−3月19日(月) 松屋銀座 →JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム
2018年4月7日(土)- 2018年5月20日(日)岡崎市美術博物館
http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p022419.html

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ─ 文字を装う絵の世界 ─ Léonard Foujita Private on Works
2018年4月14日(土)〜6月10日(日)目黒区美術館
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

「猫都(ニャンと)の国宝展 〜猫の都の国宝アート〜」
2018年3月29日(木) - 5月13日(日) 目黒雅叙園・東京都指定有形文化財「百段階段」
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/nyanto

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展
2018年4月7日(土)〜5月20日(日)伊丹市立美術館
http://artmuseum-itami.jp/jp/wp-content/uploads/2018/02/2018slitami_press.pdf

兵庫県政150周年記念事業/開館5周年記念展 横尾忠則の冥土旅行
2018年2月24日(土)-5月6日(日)横尾忠則現代美術館
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2018/02/nextworld.html

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢 KYOTO DREAMS of KAGAI
2018.4.14 SAT 〜5.13 SUN 美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1805.html

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
2018年5月18日(金)〜2018年6月3日(日) 美術館「えき」KYOTO
https://www.walkerplus.com/event/ar0726e217515/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

第5回モーチャーカメラ部写真展 「message」

180212_DJTI2738.jpg2018.02.12 Monday
オット宮田が講師を務めたモーチャーカメラ部
(Zip-FM「モーニングチャージ」主催)
写真展message無事終了。
ありがとうございました♡

日程:平成30年2月6日(火)〜12日(月)
時間:10時〜19時(※最終日は17時まで)
場所:名古屋市民ギャラリー矢田 4階第1展示室
タイトル:message(メッセージ)
180205_IMG_3830.jpg
2018.02.07 Wednesday
本日7日はオットのお誕生日なので、ちょいと前倒しでやっぱり寿司!これは北陸の寿司だが、来週函館に帰省する予定で、昨日義母から電話で根室の寿司屋が開店したので行こうと言われたそうだ。北の果ての寿司やね!ああ寿司三昧のシアワセ♡♡♡

                  


オットついに40歳のバースデー。前哨戦のサバービアンランチとイチゴ狩り・初名古屋IKEAなど盛りだくさんの後のシースーwうちで食べたものまったくなっしん。あ、パンだけか(笑)
180203_180204_IMG_3932.jpg180204_180205_IMG_3933.jpg
天然平目縁側・さわら・北陸五点盛(がすえび・のど黒・白えび軍艦・ほたるいか苦黒造・梅貝)・活しまあじ・天然ぶり・生甘えび・赤いか三点盛・ぶり三点盛(ぶり・ぶりてん・ぶりたたき)・小柱・光物三点盛(あじ・こはだ・真いわし)・とろ鉄火巻・おすすめ三点盛(かさご・ふくらぎ・真はた)・もりもり寿し特製玉子
私は20〜22個くらい(おすすめと光物の三点盛は食べてない)、オットは25個くらい。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「主人公は僕だった」

2018.01.11 Thursday
ネバーランド (2004年)、ワールド・ウォーZ (2013年)に続く3作目のマーク・フォースター監督作品でした。
「主人公は僕だった」(Stranger Than Fiction)(2006・英)マーク・フォースター監督。
内国歳入庁に勤め、規則正しく単調な生活を送るさえない会計検査官ハロルド・クリックはある日、自分の行動を描写する女性の声を聞く。

女性の声は時折聞こえてくる程度だったが、その声が自分の死をほのめかすようになり、ハロルドは死の運命から逃れるため、ヒルバート教授に相談を持ち掛ける。

ヒルバートは「死の運命から逃れるためには喜劇の人生を生きることだ」と助言され、恋人を探すように勧められる。ハロルドは税金を滞納している菓子店のアナ・パスカルの元を訪れ、帳簿調査を通じて彼女との交流を重ね、恋人同士となった。

それまでの単調な生活から一変した日々を楽しみ出したハロルドはヒルバートに報告に行くが、そこでハロルドは再び女性の声を聞く。研究室のテレビから聞こえてきた声の主は悲劇作家カレン・アイフルであり、ヒルバートから「彼女の小説では主人公は必ず死ぬ」と告げられる。」
(ネタバレあり)

なかなか面白かった。
少し時間が経っちゃったので、あまり新鮮な感じで感想が書けないっ
てか、もう一か月経つなんて、はやっ。その後長引く風邪や仕事でバタバタ。

まずこの映画はアイデアに脱帽!
普通は映画や小説などでナレーションが入っても、主人公本人はそんなこと知らずに暮らしているものだけど
それが本人に聞こえたら。。。というのが本作品の設定。

フツーに生活していたら、自分の人生にナレーションが入るなんて、そりゃ「気が狂ったか」と思うよね。
しかも、「死ぬ」かもしれないって!!!
んでも、それを真面目に聞いてくれるヒルバート教授素敵。ダスティンホフマン良い味だしてます。

最初の方の主人公は、ホント棒人間みたいに、ヌボーっと生きてるんだけど、この怪事件を機に、教授の助言で
生き生きと暮らすようになるんだから、結果的にはよかったのだが。

個人的には作家と秘書の関係がすごく好きだった。
あと、主人公が恋に落ちるアナも素敵。


ネタバレすると、実は主人公はある作家の書いている小説の主人公になっていたという話。
で、その作家の作品では、主人公は大抵死ぬというのが定説で、実際にそういう物語を作っていたのだけど。。。

アイデア勝負の映画と言われてますが、一応監督が言いたいのは、人生を変えるのって実は結構簡単で
そして、変えようって思うことが大事とか、なんかそんなメッセージ性は感じた。


途中までは結構よかったんです。んでも、やっぱ最後がねー
他の人のレビューも読んだけど、私も中途半端さは感じてしまった。
2時間の映画に詰め込むには内容が多すぎたのかな。ちょっと消化不良な感じです。

やっぱりこの監督の映画で一番好きなのは、変わらず「ネバーランド」だなぁ。


                  


ついに風邪が悪化して、毎日毎日雑炊みたいなん食べてました。しんどかったなー。
180121-180127_IMG_3568.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「エグザム」

2018.01.10 Wednesday
意外と前に見たのね。ホント毎日過ぎるのが早すぎるっっ
「エグザム」(Exam)(2009・英)スチュアート・ヘイゼルダイン監督・脚本・製作。(ネタバレあり)
「採用者は生涯毎年1億円の報酬を約束する」という条件を提示したある企業の就職試験の最終選考に8人の男女が残った。試験会場には窓も無く、拳銃を持った警備員が出入り口に立っているだけだった。やがて試験監督の男が説明を始める。

『質問は一つだけ。制限時間内に答えること。ただし、以下3つのルールを守ること。

試験監督及び警備員と会話を交わしてはならない。
試験用紙を如何なる理由であれ破損してはならない。
いかなる理由があろうと、試験会場から退出してはならない。
以上を破った場合には、その場で失格。』

試験監督が退出し、制限時間80分を刻むタイマーのカウントが始まる。受験者たちは早速とりかかろうと試験用紙をめくるのだが、それはまっさらな白紙だった。やがて受験者たちは試験をクリアーするため協力し合うが、お互いライバルでもある彼らは心の内で相手を出し抜くことを考えているのだった。
pollyanna-mcintosh-jadis.jpgキャストの顔が順番に出てくるんだけど、その時にオットと私の間に衝撃がっっ
あれ、ゴミための女ボスじゃん。(ウォーキングデッドの話)
そうそう、ポリアンナ・マッキントッシュっていうんですね。名前は可憐だわね。
「絶対この人モデル出身だわー」と思ったのは私だけではないと思うけど、
やっぱりそうでしたね。
ミラ・ジョヴォヴィッチに似てるとか「しょぼヴィッチ」とかなんとか
TWDファンの間では言われてるらしい。。。

そのポリアンナさん以外にも、見た顔は全然ない地味なキャストですが、「エグザム」面白かったです。


ちなみにキャストで唯一日本語Wikiがあるのは試験管のコリン・サーモンさんですが
この方、バイオハザードで本家ジョヴォヴィッチと共演してるんですね。オットが
「賽の目にカットされた人だ」
と言う言葉で、ぞぞぞぞぞぞぞぞぞ。思いだしてしまった。
バイオハザードもゾンビ映画ですが、アレは怖い。犬までゾンビになって襲ってくるし。

と、脱線しまくりですが、「エグザム」ちょっと残念だった点もあり。


(ネタバレアリ)




1番の人、いかにも絶対企業側の人だろという感じで怪しすぎ。
もう少しなんか役割がないと、あれだけだと、最後のビックリ感がないかも。

話の流れとしては、この会社がある奇病の特効薬を作っている製薬会社だということがわかり
それを知っていて応募した、パートナーが感染者だというのがポリアンナで
それ以外には、製薬会社の社員だという女性や、元軍隊にいたという男性
そして感染者も登場。

最初は助け合ってどうにかしようとするものの、人の足を引っ張る者や
暴力で脅す者などが表れて、最後は警備員の持っていた銃で脅す者が現れ
何人かは諦めて出て行き、一人は撃たれてしまう。

そして最後は、1番の人がさりげなく(?)落として行ったメガネからヒントを得て
出て行った振りして足でドアを止めていた金髪のおねーさんが謎を解きます。

一番身勝手だった白人男性は、残ったかと思いきや
1番が時計を細工して、少し進ませてあったことに気づかず、モニタに向かって話しかけてしまい
「試験監督及び警備員と会話を交わしてはならない。」を破って退場。

彼が殺したと思われていた黒人男性は、実は撃たれたことで持病が治っていた。
逆に撃たれていたのが身勝手な白人だったら、彼の病は直っていたのだ。皮肉ですなぁ。。。


                  


風邪の引き始めだけど、まだフツーの食事が出来ていた。
180121fb_cover01.jpg180121web_cover01.jpg
2018.01.21 Sunday
TOP画像を両方変えたので、前のを記念に。
今回珍しく、FBのcoverを写真にしてみたのだけど、どれくらいの人が気づいていたのかな。


                  


180114_180118_IMG_3564.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「インセプション」「プレステージ」「アイデンティティ」

『インセプション』(原題: Inception)2010年・米(SFアクション)クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作。(ネタバレあり)
先日クリスマスパーティーをしたのですが、主題は映画を観る会で、私たち夫婦が映画を選ぶ担当になり、なかなか見られずにいたノーラン監督の「インセプション」にした。「ノーラン監督」といえば、「メメント」で話題をさらってから(私はリアルタイムでは知らないけど)、凝りに凝った作品世界を見せてくれ、今では押しも押されぬヒットメイカー。

ken_watanabe.jpg本作は何と言っても渡辺謙とディカプリオの競演ってことで、日本でも話題になった。「インセプション」とは「植え付ける」と言う意味で、普段は標的の夢の中から情報を引きだす産業スパイのディカプリオに、日本人の企業家のサイトー(渡辺謙)から、競争相手のアタマにある考えをインセプションしてほしいという依頼から始まる。

ディカプリオは、特殊任務のために身につけた夢に入り込む技術で、普段から奥さんのモル(マリオン・コティヤール)と遊んで夢に入り浸るうちに、奥さんは夢と現実の区別がつかなくなって自殺してしまう。しかし、ディカプリオが殺害したとして、彼はそれ以来追われる身に。

joseph_-gordon-levitt.jpg脇を固める俳優陣もみんな役に合ってて、特にディカプリオの相棒役のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、存在感があった。あ、「LOOPER」(2012年米)の俳優さんだな、とすぐにわかったのだけど、「LOOPER」ではブルース・ウィリスの若いころと言う役柄で(子供の頃ではないというのがややこしく、無理があるよね)、顔を特殊メイクでブルースに寄せていたので、何か無駄に格好良かった。(この映画、私はかなり気に入っている)

彼の素顔を見て、軽くがっかりしていたのだが(超失礼)、この「インセプション」、彼めちゃカッコよかった。割とわかりやすく、熱いコブ(ディカプリオ)とクールなアーサー(レヴィット)という構図で、終盤でひとり危機を切り抜けようと冷静にいろいろ対処するのだが、本人はいたって無表情でクールに淡々とこなしているのに、何故か笑えるという。。。

夢の中を設計するという建築家の学生の女の子アリアドネ(エレン・ペイジ)とアーサーがキスするシーンが、この映画唯一の萌えシーン(笑)

なかなかスリリングで、後作の「インターステラー」と同じく、≪時間軸の違い≫を利用したストーリー構成が素晴らしく、車、いつまで川に落ちんのや!と突っ込みつつ、エレベーターの上に吊られた人々に笑い、雪の中での銃撃戦にハラハラし、最下層では何が起こるかドキドキする。。。と言う展開。

雪山で大活躍する「なりすまし人」イームス演じるトム・ハーディも魅力的だけど、ディカプリオとこの人は2015年の映画「レヴェナント」では、対立する役を演じているのね。(「レヴェナント」は、仕事で絵を描いたので知ってるけど、実は時間が無くて、映画は見ていないのだ)そしてもちろん、謙さん演じるサイトーもよかった!

冒頭の老人は誰なのか?ディカプリオとの関係は?なぜ彼は老人で、ディカプリオは若いのか?と言うすべてが、終盤で明かされる。そして物語の鍵を握る「コマ」。夢と現の区別がつかなくなった時の判断にするコマ。

最後はこのコマのアップで終わる。意味シン!
皆でそう言い合えるのも、映画会のよいところね。



『プレステージ』(原題: The Prestige)2006年・米(サスペンス)クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作。(ちょいネタバレあり)
映画界のために数本選んだうちの一本。映画界の会場は、宮田のボスの事務所でスクリーンがあるのと、ボスがamazonプライムに入っているので、そこから選ぼうと思ったら、私たちの見たい映画がピンポイントになく、DVDを持参するために、近所のTSUTAYAの会員になった。

一緒にクレジットカードを作ると翌年以降の年会費が無料になるというのだが、私たちは二人ともフリーランスなので、クレジットカード作るのさえ非常にムズカシイのだ。(ホント会社員時代には思いもしなかったけど、月々固定収入がない人間に世の中って厳しいのね。結果的に会社員より多く稼いでいても、予定が立たないとダメなのね)それで、お断りしたら、データを読み込んでいたお姉さんから「お客様、他にTポイントカードお持ちですか?」と尋ねられ、それがソフトバンクのクレジット機能付きのカードだったので、カードを作らなくても良くなったという、なんだかラッキーなようなそうでもないような。

ソフトバンクのカードはチャージしないと使えないクレジットカードで、特典で5000円分プラスしますよ―とか言ってるからお得な感じがするだけで、本来後払いなはずのクレジットが何故か先払いと言う本末転倒のおかしなものなんだけどね。(だから私たちでも作れるんだが)

話がそれましたが、「プレステージ」。よくできた映画。「インセプション」よりわかりやすいという点で、大勢で見るにはこっちの方が向いていたかも?と言う気もするほど。あと「インセプション」より女性向きかな。

冒頭で映るたくさんの帽子が、実は大きなヒントになっている。でも途中で再度この帽子が登場しても、すぐにはトリックがわかんなかった私。

bowie-tesla_sarony.jpgデヴィッド・ボウイ演じる(いつもながら本人に寄せてきた風貌と言い、あっぱれ。最初ボウイに似てるよね?とは思ったけど、まさかとも思ったもん)実在の科学者・ニコラ・テスラ(エジソンのライバル)の発明した装置は、テスラ曰く「自身を破滅させるもの」だという。それは、この装置を使用すると、ある現象が起きるから。

話の発端は、主人公のアンジャー(ヒュー・ジャックマン)の妻がステージ上で死んだのは、ボーデン(クリスチャン・ベール)のせいだというところから、二人はお互いのステージを邪魔し合ったりして、そのあたりの攻防戦が、結構私は萎えた。途中から「消えた人間が一瞬後に別の場所から現れる」と言うマジックを双方が披露し、相手の謎を解こうと探り合うところから、グイグイ面白い展開に。

この映画は二重の謎解きとどんでん返しになっていて、ひとつめはこの「たくさんの帽子」や、ステージの地下の見張りが盲目の男だということ、アンジャーがかなり上流階級の出身だということ、などが伏線になっている。

もうひとつは、ボーデンの妻サラ(レベッカ・ホール)がたびたび口にする「今日のあなたは本気」と言う言葉と、ボーデン自身が妻に「今日の僕はきみを愛していない」、愛人のオリヴィア(スカーレット・ヨハンソン)に「僕の半分はきみを愛している」などと告げること。これが本当に大きな伏線なのだ。

オットが途中で「もしかして、○○なのかな?」と言いだし、なるほど!と思った時には、死んだはずの男が二人、向かい合っていた。

c9e84ed5f5ad0f70f559af8beac77824.jpgc9e84ed5f5ad0f70f559af8beac77825.jpg
う、うらやましい・・・でもこの映画自体は、萩尾望都の漫画みたいだって思った。そういえば、荒木センセの最近の絵と萩尾センセの描かれるお顔は、ちょっと同じ系統だと思う。ネコ科の動物っぽい顔。

日本での宣伝大使にはMr.マリックが抜擢された。主な宣伝文句は「私も騙されました」。また、日本では公開時に「全ての謎を解き明かす荒木飛呂彦さん書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布された。

『“アイデンティティー”』(原題:Identity)2003年・米(サスペンス)ジェームズ・マンゴールド監督。(ネタバレあり)
この映画をネタバレなしで解説するのはすごく難しい。なので、今ここを読んでいて、まだ見てない人は、すぐに回れ右して帰って欲しい。この先を読んで「なんで知らせてくれた」と恨まれても困るし。ちなみに、本作のWikipediaにはあらすじが最後までキッチリ描かれちゃってるので注意!誰だか知らんけど、デリカシーのない奴!!

精神外科医のマリック医師(アルフレッド・モリーナ)が登場し、多重人格者で死刑囚のマルコム・リバースの語っているテープを聞いてはメモを取っているシーンから始まる。マルコムは、娼婦の母親からモーテルに置き去りにされたと語る。これが大きな伏線になっている。

場面は一転して、大雨のモーテル。ん?置き去りにされたモーテルかな?と思うが、どうやらそうではないらしいことがすぐにわかる。そこに以下の人々が大雨で足止めを食らって集まってくる。

・車から細いヒールの靴を落とした娼婦パリス(アマンダ・ピート)
・その靴のせいでパンクし、修理していたところを妻が車に引かれてしまう両親ジョージ(ジョン・C・マッギンリー)&アリス(レイラ・ケンズル)と幼い息子ティミー(ブレット・ローア)の3人家族
・アリスを引いた運転手エド(ジョン・キューザック)と、彼を雇っている売れない女優カロライン(レベッカ・デモーネイ)。
・新婚旅行中の若い夫婦、ルー(ウィリアム・リー・スロット)とジニ―(クレア・デュヴァル)
・囚人を護送中の警官ロード(レイ・リオッタ)と囚人ロバート(ジェイク・ビジー)

この10人と、いかにもうさんくさいモーテルの主人・ラリー(ジョン・ホークス)の11人が揃ったところから、惨劇が始まる。ここまで読んだところで、カンの良い人ならオチまでわかってしまうのだろうけど、私は全然分かんなかったので、楽しめた。これも2段オチになってるのだけど、どっちも、全然(≧▽≦)

この人たちが一人一人殺されていくんだけど、嵐で立ち往生と言うことや、古いモーテルの不気味な感じなど、期待感があってなかなかいい感じ。それで一人一人殺されて行き、殺された人が必ずルームキーを持ってるんだけど、なぜか事故で死んだ人まで持っていたり、急に死体が消えたり、逃げたはずの囚人が戻って来たりと、もしかして心霊現象?などと思わせるけど、そうではないのだ。

これ、見終わってからだと、確かに伏線多いし、多重人格で人が集まって、だったら、このモーテルが、死刑囚マルコムのアタマの中で、人格同士が殺し合ってるって気付いてもおかしくないよねーって思う。ただこの映画のよくできたところは、そういう点から目をそらすミスリードもたくさん用意されているということ。

それにしても、怖かったのは、犯人がわかってから殺人シーンが再度映し出され、その度に映る犯人の残忍な表情。。。。あ、犯人は子供のティミーなんですけど、子供なのに、怖すぎる!!
i3.jpg
動画で見ると、もっと全然怖かった。。。。

DSAX092430.jpgティミー役のブレット・ローア(Bret Loehr) くんは1993年生まれで、この当時9〜10歳。現在は24歳でテレビドラマを中心に活躍中のよう。なかなか迫真の演技だったので、頑張って欲しいものだにゃ。

それにしても、エド役のジョン・キューザックは、不思議な魅力がありますね。イケメンじゃないのに惹かれる。。。だからこそ、主演できるのでしょうが。日本の昔の俳優さんに、こういうかの人いたようないないような。。。。

最近映画を観るたびに、この人見たことあると思うのに、出演作を見ると全然見てないということが多々あり、なんだか不思議な世界に入り込んだように思う。。。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/6 >>