端唄 華房流 華の会 華房真子師籍40周年&創流13周年記念演奏会@大須演芸場。

2017.05.20 Saturday
端唄 華房流 華の会 華房真子師籍40周年&創流13周年記念演奏会。
華房流の現在の家元は小学時代からの幼馴染の小真ちゃん。
宗家でお母様の真子師匠からは、私もはるか昔に三味線の手ほどきを受けたご縁。

真子師匠の師籍40周年と創流13周年を盛大に祝う会。
お二人がここまで来られた軌跡を思うと、本当に感慨深く、うれしい一日でした。
120520_MG_7032.jpg
170519_0885_n.jpg後援には名古屋市、名古屋文化振興事業団、中日新聞社と錚々たる顔ぶれ。パンフレットには河村市長の挨拶文まで!素晴らしい!!
170520_0569_os.jpg
素晴らしい歌や三味線が聴けて、皆さんのお着物が華やかで爽やかで、おしゃべりも楽しくて、素晴らしいひとときでした。
出番が終わって、ホッと一息つかれた皆さん、いい顔されてます。
120520_MG_7024c.jpg
ささやかながら、私たちもお花を出させていただきました。

170520_5635_n.jpgいつも撮るばかりで、帰宅して「雄平の写真が無い!」ということがほとんどなオットとの貴重なツーショット。小真ちゃんと3人、いつも一緒に遊んだ幼馴染のミムちゃん、素敵に撮ってくれてありがとう♪

一時期はたまに洋服を着てると「服着てる!」と驚かれるくらい、着物を着ていたこともあるのですが、最近すっかりご無沙汰で「着物着るんですか」と驚かれたので、久々にこんな写真を載せてみました。
170521_5635_n.jpg
ちなみに、右下の2014年11月以来着ていませんわ。吉田類さんの句会に通っていた2010年頃が、いちばん着物をよく着ていました。まだスカイツリー建設中!


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

Zip-FM「モーニングチャージ・あいちトリエンナーレDay」出演、無事終了!

一昨日お伝えした、写真家の夫・宮田雄平のラジオ出演、無事終了いたしました。

Zip-FMは本日「あいちトリエンナーレDay」ということで、トリエンナーレとスナップ写真をテーマにお話させていただきました。
パーソナリティの小林拓一郎さんと一緒に♡素敵な方でした!
160922_IMG_6324.jpg
宮田が出演したのは、Zip-FM「モーニングチャージ」内のワンコーナー「TOYOTA HYPER CHARGER!」

普段は電話インタビューでのコーナーなのだそうですが、今日はせっかくなのでスタジオで、とのことでした!
打合せで、いろいろ注意事項などを聞いて、ますます引き締まる感じに。その後、緊張の面持ちの宮田。
放送が始まると、私もスタジオに入れていただき、ドキドキしつつ拝聴。
あっという間に終了し、番組中には見切れなかった写真を、小林さんがご覧下さり、にこやかに談笑。
スタジオから出て記念撮影♡
160922morning_chargeIMG_6268.jpg
Zip-FMからは特等席にテレビ塔とセントラルブリッジが見えて、最高の眺めでした。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター →9/22 New!
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

宮田雄平、Zip-FM「あいちトリエンナーレDay」出演

9月22日(木・祝)、夫で写真家の宮田雄平がZip-FMに出演することになりました。
番組は、7月から講師を勤める「モーチャーカメラ部」のご縁で、早朝の「モーニングチャージ」です。

オットの出演日と時間は以下の通り。9月22日(木・祝)朝7時45分からですー。
160922zip_fm_time1.jpg

この日のZip-FMは「あいちトリエンナーレDay」ということで、トリエンナーレと街撮りについてお話させていただきます。
160918_190922zip_fm1.jpg
どうぞよろしくお願い致します。

ラジオをお持ちでない方も、Radikoで聴けますよー
logo_large.png


                  


宮田雄平 Yuhei MIYATA

1978年函館生まれ

1996年〜2011年東京にて、約10年間プログラマ・SEのサラリーマン生活の後、心機一転、名古屋に転居。
2013年 名古屋ヴィジュアルアーツ写真学科(夜間部)卒業。

works1405a.jpg
主なお仕事

2016年
2016年7月〜9月:講座『Zip-FM主催「モーチャーカメラ部」初心者講座』(写真講師)(Zip-FM)
2016年1月:リーフレット『情報誌TRUST』(インタビュー用人物写真)(十六銀行)
2016年1月〜:冊子&Web『ドクターズファイル』(人物・病院内観・外観・機材写真)(ギミック)【レギュラー】

2015年
2015年8月:イベント『ディナーショー・ゲスト梅沢登美男』(イベント撮影)(メルパルク名古屋)
2015年7月〜:Website『ブランチアベニュー』(不動産写真・ライティング)(ブランチアベニュー)【レギュラー】

2014年
2014年12月:Website『転職サイト』(インタビュー用人物写真)(アイキュー)
2014年11月:イベント『佐久島上陸作戦(サバイバルゲームイベント)』(イベント撮影)(西尾市)

2013年
2013年11月:Website『就職支援サイト』(椙山女学園大学)

2012年
2012年6月:リーフレット『市場へ行こう』(商品・人物写真)(名古屋綜合市場)


その他 飲食店メニュー、WebShop商品撮影など多数撮影。(クライアントによって非公開の案件もあります)


tenji1405b.jpg

2016年
2016年1月:『Zine展』(ランドリーグラフィックスギャラリー・千駄ヶ谷)

2015年
2015年12月:『My Favorite Things 私のお気に入り展』(ランドリーグラフィックスギャラリー・千駄ヶ谷)
2015年4〜7月:『12人が描く 新美南吉の世界』(新美南吉記念館・愛知県半田市)

2014年
2014年6〜8月:『14人が描く浜田広介と童話の絵』(浜田広介記念館・山形県高畠町)
2014年1月:『Portfolio × Portfolio 3』(やさしい予感・目黒)

2013年
2013年12月:『宮沢賢治展』(Orange Gallery・池袋)
2013年5月:『フォトレーション展』(Gallery DAZZLE・北青山)
2013年4〜5月:『多屋光孫・宮田雄平二人展「Life」』(Gallery DAZZLE・北青山)

2010年
2010年9月:『バートック写真部展』(Bartok Gallery・銀座)


media.gif

2016年9月:Zip-FM「モーニングチャージ”あいちトリエンナールDay”」出演
2016年4月:MID-FM「編集長&HIROの『よかよかnight』」出演
2016年1月:CBCラジオ「土曜ワイド 広瀬隆のラジオで行こう!」出演
2015年12月:中日新聞・名古屋市民版に掲載「アトピーの夫との日常描く」
2015年11月:サカエ経済新聞掲載「名古屋出身イラストレーターがコミックエッセー」

2013年5月:Gallery DAZZLE「フォトレーション展」にケーブルテレビの取材
2009年6月:『FRaU』7月号(講談社)特集『結婚なんて、するもんだ』実例「「年の差婚について」インタビュー掲載


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

喜久盛酒造「タクシードライバー」利き酒の会

160705_IMG_2709.jpg160705_IMG_2710.jpg090404gyoen04.jpg2016.07.05 Tuesday
仕事でバタバタしておりまして、すっかりご報告が遅くなりましたが
先日、知多繁さんで開かれた「喜久盛酒造」利き酒の会に行ってきました。

運命に導かれて出会ったというとカッコよすぎですし
どんな出会いもある意味、運命であり宿命なのかもしれませんが
喜久盛酒造の社長の藤村さんとは、まさに運命的な出会いをしたのです。

2009年2月のことなので、もう7年半も前のことですが
作家の大泉りかちゃん主催の着物イベント(@渋谷「青い部屋」)
帽子を売る私の横で日本酒を売っていたのが藤村さんでした。

私とオットは、とあるクリエイター集団であり
ちょっとおかしい人たち(褒め言葉)の集まりで出会ったのですが
友人のSAPPEちゃんが、この着物イベントに来てくれて
その集団とコラボするイベントのチラシをくれたのです。

それをオットと二人で見ていたら、それまでものすごく寡黙で
私たちにまったく無関心に見えた藤村さんが
「ちょっとそれ見せて下さい」

なんと、藤村さんは私やオットが参加するずっと前に、その集まりに参加していたというのです。
せ、世間が狭すぎや。

まぁ、大泉りかちゃんやその周辺の友人も、青い部屋も、その集団とは無関係だけど
同じ匂い(かなりおかしい)がプンプンしていますから。

ちなみにその二か月後に参加したその集まりでの花見の写真がコチラ
着物イベントで買ったお酒持参で参加しておりまする。

藤村さんとはその後お会いすることはなく、でもD社Tさんの会(2011年7月・青山)で
タクシードライバーの写真を上げて、藤村さんから「どこで飲みました?」と聞かれたり

2014年にもFBにこんな画像上げたり(西新宿)。
141019_3836_n.jpg141019_5096_n.jpg
こんな感じで、細くゆるく繋がっていたのですが、その藤村さんが名古屋にいらっしゃるというので
久しぶりに会いたいねと、参加することにしたのでした。

160705_MG_3476.jpgと、前置きが長くなりましたが、ここからがようやく当日の話。

オットが仕事でちょいと遅れて最初は一人で参加して
藤村さん私の顔、覚えてないだろうなぁと思っていたのですが
利き酒が始まって、みんなが自由に飲み始めると、近くに来て下さり
「まさか来て頂けるとは思わなくて、お名前見てビックリしました」
と声をかけて下さって、私の方もビックリ。

んでこの会、タクシードライバーの飲み比べってことで
ワインにも年毎に味わいが違ったりヴィンテージが付くように
日本酒もその仕込み毎に味わいが違うのを飲み比べようということで
ずらっと並んだ27年度の一号から七号までのタクシードライバー。
(知多繁さんには近日八号と九号も入荷予定)

おいしい!元々日本酒は好きなので、止まらない。
ごくごく行っちゃう。。。けど、六号までが精一杯。
でもその後だして下さった「おりがらみ(滓絡み)」が美味しくて
思わずお替りした時点で「あ、酔っ払ったな」と自覚。

「おりがらみ(滓絡み)」は、緑の瓶に入っていて、すっごく貴重な品なんだそう。
飲めて本当にラッキー!
タクシードライバーも、一号や二号など、フツーは飲めないそうで。
気楽に参加したけど、実はすごい会だったのだと知る。うーん、やっぱ私って色々引きが強いわ!(笑)

藤村さんのお酒に対する想いや、会社のモットーなどお聞きすると
思っていたより真面目な方だったんだなぁと言う印象(失礼)。
日本酒の曖昧な感じで通っている製造年を、キッチリ本当に作った年を記載するなど
消費者に対して誠実であろうとする姿勢が素敵だと感じました。

そこまではやや堅い感じで進んだ試飲会でしたが
今まで100万回くらい聞かれて答えてきたであろう「タクシードライバー」と言う名前の由来について語りだすと
まさに本来の藤村さんの顔が飛び出した感で、場内は爆笑の渦に包まれました。

由来の詳細については、またどこかの試飲会で実際に聴いていただく事にして、ここでは割愛しますが
ホント楽しくて、周りはALL初対面でしたが、めっちゃ盛り上がって

上の藤村さんの写真からは、宮田の撮影なのですが、左の写真、みんなの目線が違う。。。。と思うと
160705_MG_3504.jpg
彼が撮影中。日本料理屋さんを経営されておられるそうです。
160705_MG_3500.jpg

160705_MG_3516.jpg160705_MG_3540.jpg
藤村さんがニコニコと
「あの集まり(私とオットが知り合い、かつて藤村さんも参加していた例の集まり)の子で名古屋に住んでる子も来てくれました」
と紹介して下さり、名古屋支部発足するか?と盛り上がり。

知多繁さんは、普段から試飲会をやってるそうで
店舗の前にこんな立派なイベントスペースを作ってしまったそうです。
160705_MG_3551.jpg

御器所駅まで歩きながら、藤村さんと真面目に語らう。
160705_MG_3554.jpg160705_MG_3560.jpg
震災のこととか、いろいろ。。。
久しぶりに東の人と会い、震災について共有できた気持ちに。
東京は震度5でしかなかったけれど、それでも、あの震災で受けたダメージは大きかった。
でも、やっぱり東北でのそれとは比べものにならないんだろうなぁ。もちろん。

私相当酔っ払いで、このときも話しながら、藤村さんにゴンゴンぶつかってました。
それで、二次会は断念して帰宅。
でも本当に楽しい会でした。藤村さん、知多繁さん、参加者の皆さん、ありがとうございましたっ♡


◆後日談◆
160705_IMG_2819.jpg相当酔っ払っていたようで、日傘を忘れてしまい二日後、取りに伺いました。
このときはじめてお店の方に入ったのですが、今回のイベントのチラシが
まだ貼ってあり、吉田類さんの「酒場放浪記」でべた褒めされたと
書かれていて、テンションダダ上がり!

ちょうど、藤村さんと初めてお会いした一年後に、ある会
私は吉田類さんにナンパされ(笑)類さんの句会に参加していたのでした。
1005_73792_n.jpg
類さんと言えば、先日私の通っていた帽子の学校が「酒場放浪記」に登場したばかり。
ハンチングがトレードマークの類さんが帽子を作ったのでした!
ステキな人はモノは、こうやって結びつくんだなぁと、うれしくなったできごとでした。

とにかくそんな素敵な「タクシードライバー」、名古屋では知多繁さんでしか買えませんので
何卒宜しくお願い致します!
http://item.rakuten.co.jp/auc-chitashige/28011002/


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL -ARE YOU A BELIEVER?-

16018tym_super.jpg160629_IMG_0394.jpg待ちに待ったこの日!
もう、4人が出てきた瞬間、涙が出ちゃったよー。

いきなり最初から「プライマル」
ファンならだれもが感慨深いイエローモンキー最後のシングル。
妙な明るさが妙に切ない曲。最後から始まる復活の日。

そして「ROCK STAR」から「A HENな飴玉」への流れは
初期のとがってたイエローモンキーのまさに「踏み絵」的な曲たち。
ここ好きになれるかどうかって、本気でファンやれるかどうかって試されてる感じの曲たち。

吉井さんはいつもの吉井さんのようでいて、やっぱりそうじゃない
リラックスしてるなって感じ。
ヒーセは、きっとうれしくてうれしくて仕方ないのに
押さえてるような、そんな無表情。
エマちゃんが笑顔だと最高にうれしい。やっぱあの可愛さは破壊力あり過ぎる。
唯一、アニーがすごい顔でドラム叩いていて、ここまで激しくドラム叩く人って
見たことなくて、ホント死んじゃうんじゃないかって心配になるくらい!
さすが仕分けで伝説残しただけある!
そんなアニーが最後に「最高だったよ!みんな、わかるだろ?」って言って去って行くとは。
そう言って笑うアニーは全然変わってなくて。ホントホッとした!(笑)


超個人的な話だけど、私たち夫婦は、イエローモンキーがきっかけでつき合うようになったようなものなので。
吉井和哉と言う人がこの世にいなかったら、私たちは結婚することは無かったよねって断言できる。

2001年1月8日東京ドームの「メカラウロコ・8」(活動休止ライブ)に、私は行っていた。
当時は千葉に住んでいた。前の結婚相手と一緒に。
まったくロックなんか聴かない人だったし、そもそも音楽に興味のない人だったので
私は当時の同僚と一緒に最初で最後のドームに出かけたのだった。
あれから16年。

吉井さんが「みんないろんなことがありました」って言ったけど、本当にそうだよね。
そして「キミたちは本当にセンスがいいよ!イエローモンキーを愛してくれてるんだから」と何度も何度も繰り返した吉井さん。

本当にそうだなーと思う。そして気付いた。
イエローモンキーとの出会いは、ただ音楽を好きとかそういう次元を超えた「本当の自分」を教えてくれるものだったんだってことを。

今でも覚えている。
「Love Love Show」が琴線に触れたと感じた20代のある日。
その当時の自分の立場に、それはふさわしくないと、その思いを封印した。

だけど、息苦しさからそこを逃げ出した10年後、本当の自分でいようと決めたら
同じようにイエローモンキーを愛する人が目の前に現れた。

先日、本当の人生なんてありはしないと書いたけど
自分を偽った自分が選んだ人生は、どこかうそ臭く感じられるものになるんだろうな。

本当の自分が選んだ人生は、やっぱり本当の人生なんだね。


吉井さんはメンバー紹介の時に毎回「出会えてよかった」と言っていたけど、本当に、出会えてよかった!
吉井さん、ヒーセ、エマちゃん、アニ―、本当にありがとう!!


                  


2016.6.29 日本ガイシホール セットリスト

01.プライマル。
02.楽園
03.ROCK STAR
04.Chelsea Girl
05.A HENな飴玉
06.Tactics
07.LOVERS ON BACKSTREET
08.FINE FINE FINE
09.球根
10.カナリヤ
11.HOTEL宇宙船
12.花吹雪
13.空の青と本当の気持ち
14.ALRIGHT
15.SPARK
16.見てないようで見てる
17.SUCK OF LIFE
18.バラ色の日々
19.悲しきASIAN BOY
アンコール
20.Romantist Taste
21.LOVE LOVE SHOW
22.BRILLIANT WORLD
23.WELCOME TO MY DOGHOUSE
24.JAM


                  


そんなわけで、最近のご飯。真ん中列右はじのはオットの初料理。めでたい!
160630_IMG_2205.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター →6/27 New!
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/1