憧れの人の死。

170211yahoo_harada1.jpg母校パレットクラブの校長にして30年来の憧れの人・原田治さんが亡くなった。
昨年の個展に伺えなかったのが死ぬほど悔やまれる。
安西水丸さんもそうだったのを思い出す。

でも救いは、2015年5月にパレットクラブで開かれた水丸さん回顧展で
原田先生とお会いできて、今度本が出ますとお伝え出来たこと。
そして、本をお送りして、読んでいただけたこと。
もうそれだけで十分だ、とも思う。

2015年5月の話↓
『憧れの人』
http://hiyoko.tv/journal/log/study/eid697.html



                  


(毎日新聞 2/10(金) 14:00配信)
ミスタードーナツ、カルビーのポテトチップスなどのキャラクターデザインで知られる
イラストレーターの原田治(はらだ・おさむ)さんが亡くなったことが10日、分かった。70歳。

 170211binout.jpg170211_00045.jpg
右のトランプは、記念すべき原田さんのミスド初登場のグッズ。
なんと33年前のものですが、ワタクシ未だに持っています。
食器類やお弁当箱類は、結婚で実家に置いて家を出たため、その後母親に捨てられたらしい。。。(無念)

「ジグソートランプ(1984年12月21日〜1984年12月31日)
キュートなカードの、裏を返せばジグソーパズルができるという、一石二鳥のアイデア・グッズ。
クリスマスやお正月の家族の団らんには欠かせない逸品!?」


                  


Welcome_Basket_Truck_20160729.jpgB5X.jpg先日、ある会社に伺った時に、片隅にあった段ボールに目が止まった。
何で原田さんのイラストがここにあるの?

という疑問をオットに伝えると、もしかしたら引っ越し屋さんかも。
そう聞いて調べたらウェルカム・バスケットという引っ越し屋さんが
原田治さんのイラストを使用しているという。

ウェルカム・バスケットは、名古屋市に本社を置くタクシー業者・
つばめグループに属する引越専業のトラック運送会社だそう。
本社は愛知県日進市。地元の会社なのですねー。

何だか色んな意味で嬉しい出来事でした!
この段ボール箱欲しさに、次はここを利用しそうです。
たぶん、2年以内には引っ越す予定なので。

次はどんな街に住むのかな。
いつも新しいことにはワクワクします♪


                  


1月の終わりからオット誕生日まで。
170207_IMG_0170.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター →9/22 New!
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< ZIP-FM モーチャーカメラ部第4回写真展・宮田雄平へのメッセージおまとめ。 戻る 映画「ワールド・ウォーZ」と”縁” >>