トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< 鳥型ロボット「レグホーン LEGHORN PV Vol1」 :: main :: TOBICHI >>

ベーカリー ぴよ*ぱん

長い人生の中には「取り返しのつかないこと」ってあるものです。

2003〜13年ごろまで、ひよこの絵日記や漫画をブログに描いていたのですが
時期によって作風がガラッと変わり
一番初期の2003〜05年ごろに描いていた「ひよこProducts」の頃のお話。

p050630.jpgこの頃は毎日なにも楽しいことがないように感じて
でもじゃあ辛いことがあるかと言えば
そういうわけでもなくて
一通り自分なりの不満はあるものの
それをそのままネットで描いても
「贅沢だ」
で一刀両断されそうな気がして

じゃあ、毎日一個でいいから
楽しいことを探して漫画にしよう、と思って
描き始めたのが「ひよこ日記」でした。
今思うと他愛もないものだったけれど、何かしら人の心に引っかかるものがあったのか
いわゆる「ファン」が付いたというのは、これが初めての経験。

p050620.jpgeteさんもそんな中の一人で
「いつも楽しみに読んできて、ROM専門でしたが
初めてコメントします」
というコメントをいただいたのが
最初だった記憶があります。

その後、何かで悩んで行き詰った私が
愚痴のようなものを書いた時に
「自分はひよこ日記にとても励まされてきました」
と励まして下さったことが、今も忘れられません。

自分の描いたもので、元気になったり、励まされたりしている人がいる
そう思うことがその後、Web上で制作を続けていくうえで、本当に支えになりました。
今もこうしてWeb上にコツコツと何かしらを発表し続けていられるのも
あのとき、受け入れてもらえた、ということが大きいと思います。

そんなeteさんが、あるとき脱サラしてパン屋さんをオープンされました。
eteさん(男性です)はずっとブログに手作りパンのことを載せておられたのですが
それ以上に、趣味の楽器のイメージが強かったので「そっちか!」と驚き
そして、お店の名前にさらにびっくり。

「ベーカリー ぴよ*ぱん」というんです。
pypn3888.jpg
オープン日
2010年8月6日
あなたと鳥と音楽と「パン屋」
You and the Bird and the Music
http://ete.sakura.ne.jp/sb/log/eid152.html

この頃、すでにプロのイラストレーターとしてぽつぽつ仕事をしていた私に
「いつか店が軌道に乗ったら、ぜひ、ひよこの絵を描いて下さい」
と言って下さっていました。

場所は四国ですので、とても行けそうにないところではありました。
でも、いつか行こうと決めていました。

ほんのたまに、私は今でも古いブログ仲間のブログを順番に「巡回」するのですが
eteさんのブログはその後、更新されないままでした。
単純にパン屋さんが忙しいのだろうと思っていましたが
2013年の夏、瀬戸内を旅することになり、お店のことを調べてみると
そこには「閉店」の文字が。

ショックでした。

閉店自体もそうですが、eteさんに何もできなかった自分自身に腹が立ちました。
すぐに応援の記事を書くべきでしたし
取り寄せられるものは取り寄せて、感想を載せるべきでした。

それでも何も変わらなかったかもしれないけれど、何かが変わったかもしれません。
少なくとも、eteさんに勇気を与えられたかもしれません。

あの頃、2011年の初めには東京から名古屋へ引っ越したり
我が家にもいろんなことがありましたが
忙しいなんてのは言い訳でしかない。。。。

長い人生の中には「取り返しのつかないこと」ってあるものですね。。。。


このレビューの上から二番目の文字化けしているのはeteさんが書いて下さったもの。
お忙しかったでしょうに、本当にありがとうございました。
http://member.blogpeople.net/ranking/detail.html?key=0f0d42505a504103
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加