トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。

IKEAで買ったバスタオル

080821towel.jpg
タイトル通り、IKEAで買ったバスタオルです。
赤系と青系の2枚をペアで購入。

もうほとんど、うわごとのように
「トリトリトリはないか〜〜〜」
と唱えるようにトリモノを探すワタシ。

目に留まったコレはもう、買うしかない!
確か一枚¥500くらいだったと思います(安っ)
    
   
続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


『風うたいclub』のキャラメルプリン

080820kzeutai_club.jpgいつどこで買って食べたのか
まったく記憶は定かではないのですが、
このひよこがかわいくて
ついついとっておいたのでしょう。

1個378円だったようです。
今となっては、おいしかったのか
どうかも不明。

人気のあったお店のようで、特にこの
キャラメルプリンは
ファンも多かったようなのに
今は閉店してしまった模様。


2008/08/20 Wed
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


神話伝説の鳥図鑑・その17『ジャターユ』

080819jateryu.jpgジャターユ(Jateryu)
インドの叙事詩『ラーマーヤナ』に
登場する、ガルーダの子とされる鳥の王。
老齢の禿鷹で、年齢は六千年以上とされる。
ダンダカの森に棲む。

ラーマ王子の妃・シーターが
ラークシャサの王ラーヴァナに
略奪されたのを見て、勇敢に
ラーヴァナに襲いかかった。

ラーヴァナの背中に傷を負わせ、
10の腕を食いちぎったが、
ラーヴァナの腕はすぐに再生し、
ジャターユは剣で翼を切り裂かれ、
落下して瀕死の重傷を負う。

ジャターユは最後の力を振り絞って
ラーマの元へ飛び、事態を報告して息絶えた。

2008/08/19 Tue
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


トリの親子キーカバー

080818key.jpgゴム製?のトリの親子キーカバー。
いただきもの。
かわいくて、もったいなくて
使えずにいたんですが
開けてみて、どうやら
前の家も今の家のキーも
入らないことが判明(笑)

やっぱり観賞用でいいのだー

2008/08/18 Mon
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


Studio Tord Boontje

080817studio_tord_boontje2b.jpg近頃インテリア雑誌で目が釘付けになり
お値段やらお掃除の手間やら
何やらとで、ため息とともにあきらめて
パタンとカタログや雑誌を閉じるのが
いつものパターンと化しているのが
Studio Tord Boontjeのプロダクツ。

Studio Tord Boontje
http://www.tordboontje.com/

080817studio_tord_boontje1.jpgサイトを覗くと
2008年のコンセプトの
「The Little World Garden Of Love」
まさにそのままの世界が広がっています!

あああ。
こんな風に、お日様に透けて木々や花や
鳥が(コレはもちろん!)お部屋の中に
影を浮かび上がらせてくれたら
どんなに素敵でしょう!
夢のようです。
    
  

続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


神話伝説の鳥図鑑・その16『フギンとムニン』

080818hugin_munin.jpgフギン(古ノルド語:Huginn,
    英語:Hugin)
ムニン(古ノルド語:Muninn,
    英語:Munin)

北欧神話の最高神オーディンに
飼われている一対のワタリガラス。
フギンは「思考」、ムニンは「記憶」を象徴。
フギンとムニンは、夜明けに外に出てゆき、世界中を飛び回って
情報を集めて帰ってくる。そしてオーディンに世界中で起こったこと
すべてを報告するという。

賢いカラスは様々な国の神話で、霊鳥として登場する。
日本神話「八咫烏」
中国「火烏」
北米インディアンの伝承「ガ・ガアー」

2008/08/16 Sat
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


Lamp harajyukuのWebsite

080815lamp_harajyuku1.jpg原宿のセレクトショップ・Lamp harajyukuの
Websiteがツボ、なのです。

Lamp harajyuku
http://lamp-harajuku.com/

サイトではこの鳥さんが鳴くんですよ。
もうたまりませんよ。


Concept:
「女の子の二面性」
映画「ひなぎく」('66 チェコスロバキア)の女の子のように、
少女の持つ「かわいらしさ」と 「残酷さ」
女性の持つ「美しさ」と「したたかさ」を
あわせ持っている女の子をイメージし、
日本のブランドをメインにセレクトしたショップです。

BRAND
suzukitakayuki / sacai / YAB-YUM / les briqu'a* braque /
mina perhonen / mother
続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


Paul Smithのインコジャケット

080814paul_smith.jpgこれはヤフオクで見て、さすがのワタクシめも
「コレは着るの勇気いるかも」
とは思ったものの、破格のお値段だったので
(ベストとセットで¥3000くらい?)
とりあえず入札。
その後少しつり上がったものの、そこそこの
お値段で無事落札。

到着したお品は、写真ではわからないような
ヤケなどがあって、ちょいとショック。
(ベストはきれいだったんだけどね!)

んでも、このまま着ないのも悔しいので
黒いレースで飾ったりブローチつけたりして
パーティー仕様に。
    
続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


神話伝説の鳥図鑑・その15『ガ・ガアー』

080813gaga.jpg英名: Ga-gaah
北アメリカ北東部、イロクォイ族に伝わる
賢いカラス。霊鳥。

伝承ではこの聖なる烏は、イロクォイ族に
太陽の国からトウモロコシを運んできた
と言われている。

そのトウモロコシは、創造神ハーグウェーディユが、
大地の女神の体内に蒔いていたもので、ガ・ガアーは
トウモロコシの種を耳の中に一ついれて持ってきた。

カラスって実際に賢いせいでしょうか。
いろんな神話で「賢い聖なる鳥」として扱われていますね。
日本神話「八咫烏」
中国「火烏」
北欧神話「フギンとムニン」

080813gaga2.jpg
2008/08/13 Wed
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


みつばちひよこ

080812mitsubachi.jpgこのひよこちゃんは
雑貨屋さんで一目惚れして
即購入したものです。
いつもミツバチくんと一緒。

おやおや、お休み中・・・?
    
   
続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


<< 2/4 >>