新刊発売と久しぶりのAmazonレビュー

9月12日に5年ぶりの新刊が発売になりました。
「ナゴヤ愛 地元民も知らないスゴイ魅力」(陽菜ひよ子 + 宮田雄平)(秀和システム)



アトピー本ではなくて申し訳ないですが、表紙にも背表紙にもあるように
オット宮田雄平との共著です。
5年前には闘病からようやく抜け出せたかな?と言った感じのオットでしたが
今はカメラマンとしてバリバリ仕事が出来るようになりました。

とはいえ、もちろん、アトピーは完治はしていませんけどね。

最近すっかり見なくなっていたAmazonを「ナゴヤ愛」のチェックのために見るようになって
久しぶりに見つけました、「アトピーの夫と暮らしています」の新しいレビュー。

Amazon カスタマー
★★★★★5つ星のうち5.0 夫に対して小言…
2020年2月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
妻は年上女房でしっかりもしている。それでかはわからないが夫は妻に対しての甘えが多少あると思う。精神論になるが強くならなければ乗り越えられない(又はコントロール出来ない)病である。あと…結婚をする前に相手にはこの病は隠さず打ち明けるべきである。回りを、特に家族の生活を巻き込む病でもあるからだ。でも奥さんは悲観せず勉強もし大した人だと思う。夫も奥さんの実家で義母と暮らし肩身の良い暮らしではないだろうが頑張って欲しい。その決意は敬服する。……色々記したが私自身もこの病を持っている上での意見である事を了承願いたい。この病はなった本人でなければ辛さはわからない。日常生活の様々な場面で支障をきたす。大袈裟な表現でなく障害者認定が欲しいくらいだ。家族も大変で親の立場で子供がなったとしたら…考えたくもない。今後、特に先進国ではこの患者数がどんどん増えていくらしいが医学の進歩で「完治」する事を切に望む。
Amazon カスタマーさま
素敵なレビューありがとうございます。うれしいです。
でもでも、褒められすぎてこそばゆいです。テレテレ。
こんな立派じゃないんですよ。ホントに。
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< 「アトピーの夫と暮らしています」のご感想など。26 戻る