トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< 街を走るひよこ・その4〜BMWミニ :: main :: お仕事報告・『ピヨゴルファー・ぴぴ』始まりました! >>

上出長右衛門窯 Jaime Hayon × KUTANI CHOEMON 醤油さし

jaime20hayon.jpg
仕事(イラスト)で醤油さしについてググっていたら、たまたま見つけたこの商品!

九谷焼のお店のモノでしたー
美術工藝・割烹食器 上出長右衛門窯 オンラインショップ
http://www.choemonshop.com/

8FDD96FB82B382B581i8EF38EM95t81j92B98C60_89J82BE82EA.jpg
超かわいい!んですが、お値段は少々(いやだいぶ)かわいくなくて
この「雨だれ」で¥25000。

8FDD96FB82B382B581i8EF38EM95t81j92B98C60_89D4.jpg
こちら「花」にいたっては、何と30000円!!

それもそのはず、この醤油さしは、スペイン出身のアーティスト
ハイメ・アジョン氏がデザインを手がけたもの。
さすが、美術工芸品のオンラインショップだけありまするー。
もともと、九谷焼は高級ですしね!

http://www.choemonshop.com/jaime/kc23.html
醤油さし/soy pot BIRD
食卓にあるだけで毎日が楽しくなる醤油さしです。絵柄は三種類で受け皿とセット。
インテリアとしてもかわいらしく、贈り物に最適です。
幾度も試行錯誤を繰り返し出来上がった製品です。絵柄は3種類。
65×50×H115mm

※くちばし部分から醤油が出ますので、上部まで醤油を入れすぎないように
ご注意ください。
※本製品はデザイナーが作り出した造形の実現にこだわって
製作販売いたしております。よって醤油差しとしての機能性において
他製品と比較すると「裏漏れ」や「液詰まり」「安定性」の面で十分では
ございません。
ご購入者様には以上をご理解頂けますようお願い申し上げます。

醤油さし(受皿付)鳥形 花
品番:KC-23
¥30,000(税抜)


こちら、この二種類のほかに、縞々の「太縞」20000円と無地に金10000円の
全4種類。

01050e01055e-01057e.jpg
全種類揃うと圧巻!おおー揃えてみたい〜!!

2014/07/29 Tue


→ハイメ・アジョンとは

ハイメ・アジョンとは
アーティスト・デザイナーとして活躍するハイメ・アジョンは
1974年にマドリッドで生まれました。

10代の頃は、スケートボートやグラフィティ・アートに熱中し
彼独特の大胆で個性的なスタイルを確立しました。

その後、工業デザインをマドリッドとパリで学び、1997年に
「ベネトン」のコミュニケーション・リサーチ・センターである
「ファブリカ」に参画。ベネトンの広告でも有名な写真家であり
イメージメーカーでもあるオリビエーロ・トスカーニ氏らと共に
働きました。すぐに、生徒からデザイン部門を統括するトップに
抜擢され、店舗からレストラン、展覧会やグラフィックなど
多岐に渡るプロジェクトの指揮を執りました。

8年後、デザイナーズトイや陶磁器、家具のコレクションの展覧会を
ロンドンのデヴィット・ギル・ギャラリーで開催し、サーカスの
影響を受けたような彼の世界観や、「地中海のデジタル・バロック」
と呼ばれる創造性が大きく開花しました。また、この展覧会は
フランクフルト、バルセロナ、パリ、クアラルンプールでも開催され
好評を博しました。これらのコレクションをきっかけに、アート、
デザイン、工芸など、様々な分野においてボーダーレスに活躍する
クリエイターとして、ハイメ・アジョンの名前は広く知られることに
なりました。

その後、「アート・キテクト社」からバスルームコレクションを、
「エスタブリッシュド&サンズ」、「BD バルセロナ・デザイン」、
「モーイ」 から家具を、「メタルアルテ」、「スワロフスキー」から
照明を、「バーンハート・デザイン」からテキスタイルを、
「ハイパー・エドシック」 からシャンパンバスケットを、
「ガイア&ジーノ」 からは花瓶を、「ボーザ・チェラミケ」 からは
オブジェを、「ビザッツァ」からはタイル等を発表しています。

代表的なプロジェクトとしては、「バカラ」から壺や照明を発表し
有名なクリスタルブランドに陶器やプラスティックの素材を
ミックスするという画期的な試みを行いました。また、2006年から現在も
スペインの磁器ブランド、「リヤドロ」のアートアドバイザーを務めており
自身のコレクション「ザ・ファンタジー」を発表すると共に、ブランドの
アートディレクターとして活動しています。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加