トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< BIG FUN/TOWA TEI :: main :: インドの国鳥・インドクジャク(世界の国鳥・7) >>

北海道のカントリーサイン・その6『美唄市』

090331bibai_country_sign.gif『水曜どうでしょう』の企画
『北海道212市町村カントリーサインの旅』
を見ていたら、北海道のカントリーサインには
トリモノが多いということに気づいてしまいました。

6つめは美唄市。
日本最大にして最北のマガンの寄留地という
ポイントを生かすべく作られたキャラクター
マガンのマミーちゃんがカントリー・サインにも登場。

『北海道の旅が楽しくなるカントリーサイン』『北海道に行ってみよう!』より
空知支庁管内・美唄市『宮島沼のマガンと桜』
●人口/29,235人  ●面積/277.6 平方km
●日本最大・最北のマガンの寄留地「宮島沼」や芸術文化交流施設
「アルテピアッツァ美唄」など魅力的な地域資源を生かしたまちづくりを
進めている。
<セールスポイント>
マガンのマミーちゃん(キャラクター)、ドラキュラの葡萄(ハスカップ製品)
宮島沼、アルテピアッツァ美唄、東明公園、美唄温泉、ピパの湯ゆ〜りん館
余市町ホームページ:http://www.city.bibai.hokkaido.jp/
090402magan.jpgマガン(真雁)
学名:Anser albifrons
   (亜種マガン A. a. frontalis)
英名:Greater white-fronted
    goose 
カモ目カモ科マガン属。

夏季にロシア北部、カナダ、アラスカ
グリーンランドで繁殖し
冬季に南下し越冬する。
日本には、亜種マガンが冬鳥として、冬季に本州、九州に飛来。
北海道には渡りの途中に飛来(旅鳥)する。

全長72cm。全身は暗褐色の羽毛で覆われる。
湖や池沼、河川、海岸などに生息。
大規模な群れを、アルファベットの「V」字状の編隊を形成し
鳴き交わしながら飛行。警戒心は非常に強い。

食性は植物食で、草、果実、種子などを食べる。

和名のマ(真)は「標準的な」の意。
マガン属に含まれる種は日本に飛来する個体数も多いが
狩猟により本種の生息数は激減。日本では1971年に
種として国の天然記念物に指定されている。

2009/04/02 Thu
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加