トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< 2021年2月22日「 ジトカラ・サ生誕 145 周年」のGoogle :: main :: 鳥キャラ図鑑・その75『カスタードとシロップとホイップ(ポムポムプリンの仲間)』 >>

ネパールの国鳥・ニジキジ(世界の国鳥・14)

240_F_310451237_o9yw7aQ2aQJauQw1Hredc0pp345I1Rhg.jpgMonal_I_IMG_4002.jpg240_F_53157981_MVpebOOI9VfzVxb6IGIG0fKz0mO0Ygcl.jpg240_F_214330713_VzccqB76JDSbezzNk82hsVgGU6gsesDz.jpg240_F_390979084_VW9PqmeC8A3g7G3m8EQzQD8TClTANlfj.jpgこのトリモノ帖、2007年7月よりスタートし、コツコツ記事を積み上げて苦節14年(長っ)
ついに1000記事目となりました!
1000キジ目だからというわけではありませんが、キジ目キジ科の鳥をご紹介します。

日本の国鳥であるキジは、とっくの昔にご紹介しているので、ネパールの国鳥でキジの中でも特に美しいといわれるニジキジです。

キジの仲間(キジ科)には親しみのある鳥がたくさん含まれているんですね。キジ、ウズラ、クジャク、コジュケイ、ニワトリ、ライチョウ、シチメンチョウなど。確かに似てる!

ニジキジ(虹雉)
学名:Lophophorus impejanus
英名:Himalayan Monal
キジ目キジ科

分布:アフガニスタン東部からインド、ネパール、ブータン、チベットにかけてのヒマラヤ山脈沿いの標高2100〜4500mほどの高山に生息。

姿が美しいため狩猟の対象とされ、野生の生息数が減少しています。
希少種(レッドリスト):絶滅危惧種>軽度懸念(LC)

全長:オス70cm、メス63cm
体重:オス1.98〜2.38kg、メス1.80〜2.15kg
がっしりとした大型のキジ。

生態:高山地帯にはあまり餌がないため、単独かつがい、3〜4羽ほどの小さな群れで生活します。
子育ては雌が行ない、雄は巣や雛を守ります。

食物:草の種子や根、昆虫など。

雌雄異型。
オスは艶のあるメタリック調のビロードのような豪華な羽毛を持ち、背面が虹色に輝いてとても美しい。先が房状となり直立する冠羽を持ちます。
メスはすごく地味。同じ種とは思えません。

←↓これがメス
niji-kiji_mesu.jpg

雄のディスプレイ(求愛行動)はクジャクに似ています。(立てるのは尾羽)(クジャクが広げるのは尾羽ではなく上尾筒という飾り羽)七面鳥にも似てる?
3858e66d3588178cad177db8cbaf328f.jpg

日本には飼鳥として輸入され,動物園などで飼われています。

日本の国鳥・キジ(世界の国鳥・1)
https://hiyoko.tv/torimono/country/eid439.html
インドの国鳥・インドクジャク(世界の国鳥・7)
https://hiyoko.tv/torimono/country/eid490.html
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加