トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< 鳥キャラ図鑑・その58『ユトリン』 :: main :: 2017年5月29日「美空ひばり生誕 80 周年」のGoogle >>

街を走るひよこ・その6〜 Piiyo Truck

piiyo5.jpg今まで、5種類のひよこっぽい車をご紹介してきましたが、6台目にして見つけました!
これぞKing of Hiyoko Car

その名も
「Piiyo」トラック!!

販売価格 338,000円 (税込)


残念ながら生産終了!!(涙)

(てか、情報遅すぎだよっっ)

光岡もビックリ! 驚異の1〜3人乗りカー『Piiyo』発見

不況が叫ばれる年だからこそバカ明るく!? 行きたい! というわけで2009東京オートサロン、我がVividcarは、勝手に『幸せ探し』をやってまいりましたっ!!

なんとライバルはタタ!?

いやはや「不況」とか「クルマ離れ」とか嘆いてる場合じゃありません! 世の中、まだまだパワフルな人はいるんだなぁ。それも群馬に!
我がVividcarは、2009オートサロンで偶然発見してしまいました。『REDZONE』さん。こちらは3輪トライクの『REVO』シリーズなど、ユニークなピープルムーバーを開発してるところなんだけど、遂に去年! そのオリジナルな3輪技術を生かして、完全一体型ボディをまとった“自動車”を完成。それが、今回ご紹介する『Piiyo』だ。
デザイン、ネーミングともに社長の小谷野さんが「ひよこをイメージ」して作られたそうで、エンジンは125ccで、完全一人乗りから、後部2人がけの3人乗りまである。
そしてなにより凄いのはお値段で、中国で生産することにより一人乗りは29万8000円からで3人乗りは39万8000円から!! 小谷野さん曰く「ライバルはタタですよ(笑)」というのも肯ける。
結構、地元のご年配から趣味人にまで売れてるそうで、侮れない不思議な魅力を持つ。いやはやまだまだ日本、捨てたモンじゃないね。

詳しくはRED ZONE>まで!
piiyo1.jpgトラックじゃないのもあるでよ!
PIIYO ハッチ型(48cc)、トラック型(48cc)、3人乗りトライク型(125cc)
驚きの「PIIYO」の主要機能

■Piiyoトラック

□排気量48cc
□ミニカー登録
□新開発軽量FRP車体
□新開発50ccOHCエンジン
□セミオートマチック前進4速〔クラッチレスでどなたでも楽々ドライブ〕 
□バックギア装備
□デファレンシャルギア装備
□シャフトドライブ方式
□車体サイズ
・全長 2430mm
・全幅 1100mm
・全高 1590mm
・ホイルベース 1650mm
・荷台スペース 750mmx1040mmx400mm
□燃費 28km/L
□最高速度 65km/h ※弊社敷地テストコースで実施
■主要装備
・ミニカー対象車輌では世界初の強化ガラス製 サンルーフ装備〔後部チルトアップ式〕
・運転席は左右にレギュレター開閉式ウインドウ装備
・ルームランプ
・前席左側1ドア
・ガソリン計
・スピードメーター
・ギアポジションインジーケーター
・ワイパー
・フロントウインドーウオッシャー
・ホワイトホイール
・フロントタイヤサイズ 3.50−10
・リアタイヤサイズ  4.00−12×2本
・後部荷台は大きな荷物も積載可能です。
・リアはフットブレーキ
・室内にキックスターター完備で万が一のバッテリー上がりでも安心です。
・10Lガソリンタンク
・キー付きガソリンキャップ
・リアLEDストップランプ
・オーデイオ AM.FMラジオ&カセット
□標準カラー(白)336,000円〔税込み、セットアップ料は別途〕
□オプションカラー Piiyoイエロー・レッド・ホワイト・シルバー(別途20,000円)
□オールディーズピンク・オールディーズブルー(別途40,000円)
piiyo3.jpgpiiyo4.jpg
画像お借りしました。
http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/1192cafa25b.woa/wa/read/11efc21ca32/
http://poli7.jugem.jp/?eid=476
http://20000volt.blog12.fc2.com/blog-entry-76.html

こんな方も!
左)コレかと思いますた。。。    右)これはピヨというよりペンギンだねw
piiyo2.jpgpiiyo6.jpg

50ccのミニカーってなんだかどれもひよこっぽい♡
hiyoko1.jpghiyoko2.jpghiyoko3.jpg
左)タケオカ自動車工芸【T-10G】 最高時速は60km/hでます!
中)CQモータース【キューノ】 人が乗って公道を走れる「実車版チョロQ」。電気ミニカー。新車価格はびっくりの100万円超え。
右)タケオカ自動車工芸【ミリューR】 電気自動車。第一種原動機付き自転車。。。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加