トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。
<< 北海道のカントリーサイン・その17『羅臼町』 :: main :: 北海道のカントリーサイン・その18『江差町』 >>

神話伝説の鳥図鑑・その20『鴆(ちん(Zhen))』

090414hooded_pitohui.jpg中国の古文献などに出てくる鳥で
猛毒をもつと言われているそうです。
かつては、毒をもつ鳥などいないと
思われていたので、すっかり架空の
鳥という扱いを受けていました。

それが毒鳥・ビトフーイの存在が
明らかになったことで、この鳥の
存在がたちまちクローズアップ。

もしやビトフーイがこの鳥のモデル?

ただこの鳥は、緑色の体に赤銅色の
クチバシを持つ鷲ほどの大型の鳥だとされているので
写真のビトフーイとは似ていない模様。

ただビトフーイの存在が、鴆(ちん(Zhen))の研究に
大きな光を投げかけたことは確かです。

猛毒の元は、この鳥が食べる毒蛇が元になっているそうで
ビトフーイの毒の元が餌の中の甲虫だというのと似ています。

ビトフーイの存在が世に知られたのは、1990年代になってからのこと。
まだまだこれから、この鳥に似たさらなる毒鳥の存在が明らかに
なる日も来るのかもしれません。

2009/05/01 Fri
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加