絵日記と漫画家の年齢

170108my365_ns2013-2016b.jpg2012年から描いている絵日記も、無事5度目の新年を迎えられた。
こうしてみると、絵柄にも変化が。

右下が一番古くて、2013年、紺の線に水彩。
下左、翌2014年はオットが倒れて大変な時で、
1月は絵日記なんて描くどころではなく、12月に描いたもの。レインボーな絵。
上段右が2015年で、3か月くらいコラージュに凝っていた頃。
左上の去年は、和で行こうと決めたんだけど、全然続かず。

今年はもう半年以上、細々続いているので、なかなか上出来。
でも、1時間も2時間もかけて描けと言われたら、絶対続かない。
10分で描こうと決めているから、続けていられるんだよね。



                  


170108_IMG_9177.jpg少し前に故・多田かおるさんの「いたずらなKiss」を一気読みして
久々に少女漫画にはまって胸キュンキュンさせてしまった47歳。

実は多田かおるさんは、小学生の頃大ファンで、まだ「愛してナイト」を
連載する前にファンレターを出して、返事を貰ったこともあるのだ!
←それがこの画像。

左は亜月裕さんからの年賀状。
伊賀野カバ丸も大好きだったので、うれしかったなー。

別マは、高校時代には読まなくなってしまい、「いたずらなKiss」が連載開始された1990年には20歳過ぎていたので
全然読んでなかったんだけど、今読んでも本当におもしろい!大人気だったのもうなずける。

出てくる人が悪い人が誰もいなくて、底抜けに明るくて平和なのに、嫌味がなくて、それでいて深い部分もあって。
ホントに多田さんの人柄が出てるんだろうな。いいなこういう漫画が描けるって。

だからこそ、未完なのは本当に残念だし、多田さんの漫画自体が二度と読めないのは本当に寂しい。。。




※ここから先は一般ファンとして書いているので敬称略。

漫画家さんのことをいろいろ見ていたら、WikiのCategory:生年別日本の漫画家一覧が出てきて、、すごく興味深かった。
実績とか知名度とかヒット作を飛ばした時期と年齢は、必ずしも比例はしないものなんだな。

私は日本の三大漫画家と言えば「手塚治虫」「藤子不二雄」「鳥山明」だと思っているのだけど、手塚治虫と藤子不二雄が5歳くらいしか年齢が離れていないとは意外。
それだけ手塚治虫の存在って偉大だったんだな。藤子不二雄が学生のころにはもう売れっ子だったし、生前から「神様」だったんだから。

楳図かずおとさいとうたかをが同じ年とはびっくり。方や永遠の少年で、方や生まれた時から大人だったんじゃないかってくらいの方。
でもどちらも彼らにしか描けない世界があるってことだよね。

男性で驚きなのは、「お笑い漫画道場」で、特に中部地区ではお馴染みの富永一郎先生が手塚治虫先生より年上だってこと!
ライバルの鈴木先生よりも年上で、鈴木先生はすでに鬼籍の人なので、やはり随分長生きされている。

でも長命と言えば、やっぱやなせたかしさんと妖怪・水木しげるさん。
やなせさんは、若いころ食えなかったそうだけど、そんな時期があっても長生きできるのね。
というか、若いころ粗食で年取って豊かなのが長生きの秘訣なんだろうな。戦後の日本はそうだもんね。

しかし、そんなやなせさんは、水木先生より長生きなのに、なぜか妖怪とは言われないのね(笑)

女性陣に目を移すと、花の24年組と呼ばれる1949年生まれ前後は確かに凄いメンツ。

池田理代子(『ベルサイユのばら』)(1947年)
大島弓子(『グーグーだって猫である』)(1947年)
山岸凉子(1947年)

青池保子(1948年)
木原敏江(1948年)
里中満智子(『愛情の設計』)(1948年)
大和和紀(『はいからさんが通る』『菩提樹』)(1948年)

あしべゆうほ(1949年)
一条ゆかり(1949年)
萩尾望都(『11人いる!』)(1949年)
山本鈴美香(『エースをねらえ!』)(1949年)
山田ミネコ(1949年)

いがらしゆみこ(1950年)
庄司陽子(『生徒諸君!』)(1950年)
竹宮惠子(『地球へ…』)(1950年)

亜月裕 (『伊賀野カバ丸』『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』)(1951年)
美内すずえ(1951年)

いやはやすごいですな。

しかし、彼女らよりさらに10歳以上年長で今も現役で描いてらっしゃる細川智栄子ってすごい。これぞ妖怪か?
でも「王家の紋章」ってまだ終わってないんだよね。
未完と言えば、山本鈴美香は「七つの黄金郷」あしべゆうほは「悪魔の花嫁」をちゃんと終わらせてくれるんだろうか。
んで、細川智栄子と同じ年の悪女バイブルの牧美也子は、松本零士の奥さんなんですね。へー。

そして、イメージ的には二世代くらい前の気がする「アタックNo.1]を描いてた浦野千賀子は、池田理代子や山岸涼子と1歳しか違わないのね。


そんな私と同世代の漫画かも錚々たる顔ぶれですが、40代って若手とは言えないけど、まだまだ中堅。
上の方たちがまだまだ頑張ってらっしゃるんだから、まだまだやれる年齢だよねってことで。

伊藤理佐 - 吉田戦車の妻(1969年)
小畑健(『ヒカルの碁』『人形草紙あやつり左近』『DEATH NOTE』『バクマン。』)(1969年)
木多康昭(1969年)
土田世紀(『同じ月を見ている』)(1969年 - 2012年)43歳
二ノ宮知子(『のだめカンタービレ』)(1969年)
ハロルド作石(『BECK』)(1969年)

吉田戦車と言えば、スピリッツ三大ギャグマンガ家は「吉田戦車」「中崎タツヤ」「中川いさみ」だと思うんだけど。

中崎タツヤ(1955年)
中川いさみ(1962年)
吉田戦車 - 伊藤理佐の夫(1963年)

中崎タツヤは結構年上で、鳥山明と同じ年なのね。

そういえば、三大巨匠はみな児童漫画家だけど、今の時代の三大漫画家だったら、浦沢直樹とか絶対はいると思うんだけど
今売れっ子の漫画家は若干年齢が高めのターゲットのような感じだよね。
個人的には松本大洋を入れたい。


では女性三大漫画家って言うと誰なんだろう。
これ難しいよね。一つだけ言えるのは、「少女漫画家」と「女性漫画家」では全然違うってこと。
少女漫画家だったら、萩尾望都は絶対はいると思うけど、残り二人は揉めるだろうな。
私なら山岸涼子と池田理代子を入れたいところだけど。

超個人的な意見では、好きな漫画家は、岩舘真理子・佐々木倫子・槇村さとる(別マ時代)だったり。
全然萩尾望都はいってないやん(笑)マンガってそれぞれに思い入れがあるからねー。

少女漫画家というくくりではなく、女流漫画家ってことになれば、高橋留美子や長谷川町子もはいるよね、と話してたら

女流漫画家のワンタイトルの売上順
1.サザエさん(8600万部)長谷川町子
2.花より団子(6000万部)
3.らんま(5300万部)高橋留美子
4.鋼の錬金術師&ガラスの仮面(5000万部)

サザエさんやガラスの仮面は長いからねってのもあるけど
花より団子と鋼の錬金術師は、この中では新しいし、本が売れなくなってるのに、こんだけ売れてるってのがスゴイよね。


                  


Category:生年別日本の漫画家一覧

やなせたかし(『アンパンマン』)(1919年 - 2013年)94歳

長谷川町子(『サザエさん』『新やじきた道中記』(1920年 - 1992年)72歳
水木しげる(『悪魔くん』『カッパの三平』『ゲゲゲの鬼太郎』)(1922年 - 2015年没)93歳
富永一朗(『ポンコツおやじ』)(1925年)
長新太(1927年 - 2005年)77歳

小島剛夕(『土忍記』『子連れ狼』『忘八武士道』)(1928年 - 2000年)71歳
手塚治虫 (『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』『マグマ大使』『ガラスの脳』『どろろ』『MW』『ぼくのそんごくう』『海のトリトン』『ユニコ』『ジャングル大帝』『メトロポリス』『ブッダ』『ピロンの秘密』『ごめんねママ』『バンパイヤ』『るんは風の中』『ふしぎなメルモ』『カノン』『バイパスの夜[13]』『最上殿始末』『陽だまりの樹』)(1928年 - 1989年没)60歳

わたなべまさこ(1929年)

寺田ヒロオ(1932年 - 1992年)61歳
白土三平(『ワタリ』『カムイ外伝』)(1932年)

針すなお(1933年)

藤子・F・不二雄(『オバケのQ太郎』『未来の想い出』『ドラえもん』『21エモン』『パーマン』『エスパー魔美』)『チンプイ』など)(1933年 - 1996)62歳
藤子不二雄Ⓐ(『少年時代』『怪物くん』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』『ウルトラB』など)(1934年)
横山光輝(1934年 - 2004年)69歳

赤塚不二夫(『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』)『天才バカボン』『もーれつア太郎』)(1935年 - 2008年)72歳
細川智栄子(1935年)
牧美也子 - 松本零士の妻(1935年)

楳図かずお(『漂流教室』『猫目小僧』『神の左手悪魔の右手』『赤んぼ少女』『おろち』『まことちゃん』)(1936年)
梶原一騎(『巨人の星』『あしたのジョー』『愛と誠』『空手バカ一代』『タイガーマスク』)(1936年 - 1987年)50歳
さいとう・たかを(『ゴルゴ13』『影狩り』)(1936年)
つのだじろう(1936年)

赤瀬川原平(1937年 - 2014年)77歳
東海林さだお(1937年)
つげ義春(『無能の人』『ねじ式』『リアリズムの宿』ほか多数)(1937年)
モンキー・パンチ(『ルパン三世』)(1937年)
山藤章二(1937年)

石ノ森章太郎(『海底3万マイル』『サイボーグ009』『ゆうれい船』『仮面ライダーシリーズ』『化粧師』『人造人間キカイダー』)(1938年 - 1998年)60歳
松本零士 - 牧美也子の夫(『銀河鉄道999』『新竹取物語 1000年女王』『元祖大四畳半大物語』、実写・アニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』)(1938年)

ちばてつや(『あしたのジョー』『あしたのジョー2』) (1939年)
水島新司(『野球狂の詩』『ドカベン』)(1939年)
水野英子(1939年)
矢口高雄(『釣りキチ三平』)(1939年)

川崎のぼる (『アニマル1』『巨人の星』『いなかっぺ大将』『荒野の少年イサム』『てんとう虫の歌』『スカイヤーズ5』)(1941年)
斎藤ゆずる(『柔道一直線』)(1941年)
みつはしちかこ(1941年)
宮崎駿(1941年)

ジョージ秋山(『銭ゲバ』『恋子の毎日』『ピンクのカーテン』『うれしはずかし物語』『捨てがたき人々』『浮浪雲』)(1943年)
ちばあきお(『キャプテン』)(1943年 - 1984年)
西谷祥子(1943年)
はらたいら(1943年 - 2006年)63歳

青木雄二(『ナニワ金融道』『ナニワ銭道』)(1945年 - 2003年)58歳
黒鉄ヒロシ(1945年)
永井豪(『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『デビルマン』『キューティーハニー』)(1945年)

浦野千賀子 (『アタックNo.1』)(1946年)

池田理代子(『ベルサイユのばら』)(1947年)
植田まさし(『フリテンくん』)(1947年)
蛭子能収(1947年)
大島弓子(『グーグーだって猫である』)(1947年)
谷口ジロー(1947年)
西岸良平(『三丁目の夕日』『鎌倉ものがたり』)(1947年)
花輪和一(『刑務所の中』)(1947年)
弘兼憲史(『黄昏流星群』)(1947年)
本宮ひろ志(『俺の空』『サラリーマン金太郎』)(1947年)
山岸凉子(1947年)
山上たつひこ(『羊の木』)(1947年)

青池保子(1948年)
木原敏江(1948年)
かわぐちかいじ(『あずみ』)(1948年)
小山ゆう(1948年)
里中満智子(『愛情の設計』)(1948年)
柳沢きみお(『翔んだカップル』『市民ポリス69』)(1948年)
大和和紀(『はいからさんが通る』『菩提樹』)(1948年)

あしべゆうほ(1949年)
一条ゆかり(1949年)
柴田昌弘(1949年)
萩尾望都(『11人いる!』)(1949年)
聖悠紀(1949年)
山田ミネコ(1949年)
諸星大二郎(『海竜祭の夜 -妖怪ハンター-』『生命の木』『壁男』)(1949年)
山本鈴美香(『エースをねらえ!』)(1949年)
弓月光(『みんなあげちゃう』)(1949年)

吾妻ひでお(1950年)
いがらしゆみこ(1950年)
河あきら(1950年)
庄司陽子(『生徒諸君!』)(1950年)
竹宮惠子(『地球へ…』)(1950年)
和田慎二(『スケバン刑事』)(1950年 - 2011年)61歳

あだち充(『ナイン』『みゆき』『タッチ』『ラフ』『陽あたり良好!』『H2』『クロスゲーム』)(1951年)
亜月裕 (『伊賀野カバ丸』『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』)(1951年)
いしいひさいち(『がんばれ!!タブチくん!!』『となりの山田くん』)(1951年)
いしかわじゅん(1951年)
新谷かおる - 佐伯かよのの夫(1951年)
美内すずえ(1951年)

秋本治(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)(1952年)
佐伯かよの - 新谷かおるの妻(1952年)
津雲むつみ(『おれは男だ!』)(1952年)
三原順(1952 - 1995年)42歳

内田善美(1953年)
車田正美(『聖闘士星矢』)(1953年)
小林よしのり(1953年)
坂田靖子(1953年)
魔夜峰央(『パタリロ! スターダスト計画』)(1953年)

えびはら武司 (『まいっちんぐマチコ先生』)(1954年)
大友克洋(1954年)
田渕由美子(1954年)
陸奥A子(1954年)
吉田まゆみ(『アイドルを探せ』)(1954年)

いがらしみきお(『ぼのぼの』『ぼのぼの クモモの木のこと』)(1955年)
くらもちふさこ(『天然コケッコー』)(1955年)
寺沢武一(1955年)
鳥山明(『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』)(1955年)
中崎タツヤ(1955年)
平松伸二(1955年)
室山真弓(まゆみ)(『あさりちゃん』)(1955年)

江口寿史 (『ストップ!! ひばりくん!』)(1956年)
小椋冬美(1956年)
花咲アキラ(1956年)
槇村さとる(1956年)
松苗あけみ(1956年)
丸尾末広(『少女椿』)(1956年)
吉田秋生(『海街diary』)(1956年)

赤星たみこ(『恋はいつもアマンドピンク』)(1957年)
岩館真理子(1957年)
柴門ふみ(『新・同棲時代』)(1957年)
高口里純(『花のあすか組!』『ロンタイBABY』『汚い奴』)(1957年)
水樹和佳子(1957年)
宮下あきら(1957年)
室山真理子(まゆみ)(『あさりちゃん』)(1957年)
高橋留美子(『めぞん一刻』『うる星やつら』『らんま1/2』『犬夜叉』)(1957年)
ゆうきまさみ(1957年)

尼子騒兵衛(『忍たま乱太郎』)(1958年)
犬丸りん(1958年 - 2006年)48歳
臼井儀人(『クレヨンしんちゃん』)(1958年 - 2009年)51歳
小林まこと(1958年)
しげの秀一(『頭文字D』『バリバリ伝説』)(1958年)
しりあがり寿(実写『真夜中の弥次さん喜多さん』)(1958年)
新沢基栄(1958年)
杉浦日向子(『合葬』)(1958年 - 2005年)46歳
福本伸行(1958年)
みうらじゅん(『アイデン&ティティ』)(1958年)

池野恋(1959年)
内田春菊(1959年)
片山まさゆき(1959年)
玖保キリコ(1959年)
惣領冬実(実写『MARS』)(1959年)
藤原カムイ(1959年)
北条司(『CITY HUNTER』『キャッツ・アイ』)(1959年)
細野不二彦(1959年)
寺沢大介(1959年)
やくみつる(1959年)
山田貴敏(1959年)
山下和美(1959年)
吉野朔実(1959年 - 2016年)57歳

荒木飛呂彦(『JOJOの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』『JOJOの奇妙な冒険第一部・ファントムブラッド』)(1960年)
岩明均(『寄生獣』)(1960年)
浦沢直樹(『YAWARA!』『20世紀少年』『MASTERキートン』『MONSTER』)(1960年)
岡野玲子(1960年)
御茶漬海苔(『姫』『惨劇館』)(1960年)
川原泉(『笑う大天使』)(1960年)
嶋田隆司(ゆでたまご)(『キン肉マン』『闘将!!拉麵男』 東映まんがまつりの一本として映画化)(1960年)
鈴木由美子(『白鳥麗子でございます!』『カンナさん大成功です!』)(1960年)
高橋陽一(1960年)
多田かおる(『イタズラなKiss』)(1960年 - 1999年)38歳
成田美名子(1960年)

江川達也(『BE FREE!』『まじかる☆タルるートくん』)(1961年)
佐々木倫子 (『動物のお医者さん』)(1961年)
士郎正宗(1961年)
中井義則(ゆでたまご)(『キン肉マン』『闘将!!拉麵男』 東映まんがまつりの一本として映画化)(1961年)
西森博之(1961年)
原哲夫(『北斗の拳』)(1961年)
蛭田達也(『コータローまかりとおる!』)(1961年)

ガモウひろし (『とっても!ラッキーマン』)(1962年)
桂正和(1962年)
けらえいこ(『あたしンち』)(1962年)
中尊寺ゆつこ(1962年 - 2005年)42歳
中川いさみ(1962年)
森下裕美(『大阪ハムレット』)(1962年)

相原コージ(『Z 〜ゼット〜』)(1963年)
青山剛昌(『名探偵コナン』)(1963年)
伊藤潤二(『うずまき』『富江』『押切』『死びとの恋わずらい』『首吊り気球』『屋根裏の長い髪』『悪魔の理論』『案山子』『うめく排水管』)(1963年)
岡崎京子(『ヘルタースケルター』)(1963年)
桜沢エリカ(『天使』)(1963年)
鈴木みそ(1963年)
西森博之(1963年)
萩原一至(1963年)
吉田戦車 - 伊藤理佐の夫(1963年)

いくえみ綾(『潔く柔く』)(1964年)
加瀬あつし(1964年)
紡木たく(『ホットロード』)(1964年)
西原理恵子(『パーマネント野ばら』『毎日かあさん』『上京ものがたり』)(1964年)
にわのまこと(1964年)
藤田和日郎(1964年)
皆川亮二(1964年)
望月峯太郎(1964年)

さくらももこ(1965年)
さとうふみや(1965年)
椎名高志(1965年)
高橋ヒロシ(1965年)

神尾葉子(『花より男子』)(1966年)
武内直子 - 冨樫義博の妻(1966年)
田島昭宇(1966年)
タナカカツキ(1966年)
冨樫義博 - 武内直子の夫(『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』)(1966年)
森川ジョージ(1966年)
森田まさのり(1966年)
八神ひろき(1966年)
山口貴由(1966年)

井上雄彦(『SLAM DUNK』)(1967年)
奥浩哉(1967年)
寺田亨 - 岡田がるの夫(1967年)
花くまゆうさく(『東京ゾンビ』)(1967年)
藤沢とおる(『GTO』『仮面ティーチャー』)(1967年)
松本大洋 - 井上三太の従兄(『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『青い春』)(1967年)
矢沢あい(『ご近所物語』『下弦の月』『NANA』『Paradise Kiss』)(1967年)
ヤマザキマリ(『テルマエ・ロマエ』)(1967年)

井上三太 - 松本大洋の従弟(『隣人13号』『TOKYO TRIBE2』)(1968年)
岡田がる - 寺田亨の妻(1968年)
古屋兎丸(1968年)
八木教広(1968年)
山本英夫(1968年)

伊藤理佐 - 吉田戦車の妻(1969年)
小畑健(『ヒカルの碁』『人形草紙あやつり左近』『DEATH NOTE』『バクマン。』)(1969年)
木多康昭(1969年)
土田世紀(『同じ月を見ている』)(1969年 - 2012年)43歳
二ノ宮知子(『のだめカンタービレ』)(1969年)
ハロルド作石(『BECK』)(1969年)

大島司(『シュート!』)(1970年)
つの丸(1970年)
和月伸宏(『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』、アニメ『武装錬金』)(1970年)

安野モヨコ (『さくらん』『ハッピーマニア』『働きマン』)(1971年)
倉田真由美(1971年)
吉崎観音(『ケロロ軍曹』)(1971年)
よしながふみ(『大奥』)(1971年)

古谷実(1972年)

荒川弘(1973年)
佐藤秀峰(『海猿』)(1973年)

漆原友紀(1974年)
岸本斉史(『NARUTO -ナルト-』)(1974年)
花沢健吾(『アイアムアヒーロー』)(1974年)
松本光司(1974年)

尾田栄一郎(『ONE PIECE』)(1975年)
久保ミツロウ(1975年)
若杉公徳(『デトロイト・メタル・シティ』『みんな!エスパーだよ!』)(1975年)

瀧波ユカリ(1980年)

藤巻忠俊(『黒子のバスケ』)(1982年)

中村光(1984年)

諫山創(『進撃の巨人』)(1986年)


羽海野チカ(『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』)
真鍋昌平(『闇金ウシジマくん』)
漫☆画太郎(『地獄甲子園』『珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-』)


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< 続けるチカラ。数のチカラ。 戻る 年賀状に思う。 >>