物事を公正な目で見るということ

2019.08.07 Wednesday
アトピーの治療法も、対立構造がひどい。私の本では脱ステをしているけれど、私もオットもステロイド=悪と考えている訳ではない。ただどんな治療も、万人に効くものはないのではないか、と考えている。私は何ごとも、そういう幅のある考え方をしたいので、できるだけ双方の意見を読むようにしている。

何ごとも、両方の意見を読んで、本当に自分が正しいのかどうか立ち止まって考える。それができない社会になりつつあるなぁと。何だか絶望的になる。

2019.08.08 Thursday
昨日は、なぜこれにこんなに反応するのか?という内容のものを掲げたツイートに、1000以上のコメントがついてて、絶望的な暗澹たる気持ちになった。でもコメントをよく読むと、3分の1くらいは反論するコメントで、しかも今回の件よりもっと重要なことを指摘している「中立な」意見で、心底ほっとした。


もしかすると、この「中立的な意見」というのが肝で、私はある事象に対して、Aという意見を持っていて、Cという意見の人と敵対構造になった場合、Aの人のあまりに攻撃的で無茶な意見よりは、その中間のBの意見や、むしろ穏やかで理路整然としたCの意見の方に共感できたりする。

物事を判断するときに「これは正しいことだから」と判断するのは危険で、誰もが陥りやすい罠なのだと思う。誰もが自分のことは正しいと思うものだからだ。

そして、正しいことよりももっと大切なのは、感情かな、と思う。
世の中の人があまりに自分の考えこそが正しいとガンガン行くのが恐ろしくて、自分はおかしいのかな?と思っていたら、ある心理テストの診断結果が出た。ちなみにオットも同じだった。


https://www.16personalities.com/ja
190808_16personalities.com_infp00.jpg


私には私の価値観があり、創造的な仕事に向いている。これはうれしい結果だ。
https://www.16personalities.com/ja/infp%E5%9E%8B%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC
190808_16personalities.com_infp01.jpg190808_16personalities.com_infp02.jpg190808_16personalities.com_infp03.jpg190808_16personalities.com_infp04.jpg190808_16personalities.com_infp05.jpg190808_16personalities.com_infp06.jpg190808_16personalities.com_infp07.jpg190808_16personalities.com_infp08.jpg


あいちトリエンナーレの件では、津田さんに頼まれてアドバイザーを務めていた東浩紀さんが報酬を辞退したそうで。
この方の謝罪文の「政治が友と敵を分けるものだとすれば、芸術は友と敵を繋ぐものです。」
「にもかかわらず、今回の事件においては、芸術こそが友と敵を作り出してしまいました。」この言葉が胸に響いた。

津田さんと東さんを知ったのは、まさに震災後のTwitterだった。
特に哲学者である東さんの言葉の紡ぎ方はとても心を打つものだ。
震災の時にとても勇気が出た東さんの日記の一部を転載させていただく。

東浩紀氏が謝罪 あいちトリエンナーレ「企画アドバイザー」、今年度の委嘱料辞退を申し出
東氏のツイート全文
7月末からの休暇が終わり、帰国しました。休暇中に、ぼくが「企画アドバイザー」を務めるあいちトリエンナーレ(以下あいトリ)で、大きな問題が起きました。

このアカウントは、7月の参院選直後に、あいトリの問題とはべつの理由で鍵をかけていたものであり、これからもしばらくは鍵は外しません。しかし、このスレッドについては、転記し紹介していただいて結構です。そのときは、一部を切り取らず全体をご紹介ください。

まずは今回のできごとについて、スタッフのひとりとして、愛知県民の皆さま、出展者の皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をかけたことを、心よりお詫びいたします。

ぼくの肩書きは「企画アドバイザー」となっていますが、実行委員会から委嘱された業務は、芸術監督のいわば相談役です。業務は監督個人との面談やメールのやりとりがおもで、キュレイター会議には数回しか出席しておらず、作家の選定にも関わっていません。

けれども、問題となった「表現の不自由展・その後」については、慰安婦像のモデルとなった作品が展示されること、天皇制を主題とした作品が展示されることについて、ともに事前に知らされており、問題の発生を予想できる立場にいました。相談役として役割を果たすことができず、責任を痛感しています。

僕は7月末より国外に出ており、騒動の起点になった展示を見ていません。今後も見る機会はなくなってしまいましたが、そのうえで、展示について所感を述べておきます。以下はあくまでも僕個人の、報道や間接情報に基づく意見であり、事務局や監督の考えを代弁するものではないことにご留意ください。

まずは慰安婦像について。いま日韓はたいへんな外交的困難を抱えています。けれども、そのようないまだからこそ、焦点のひとつである慰安婦像に、政治的意味とはべつに芸術的価値もあると提示することには、成功すれば、国際美術展として大きな意義があったと思います。

政治はひとを友と敵に分けるものだといわれます。たしかにそのような側面があります。けれども、人間は政治だけで生きているわけではありません。それを気付かせるのも芸術の役割のひとつです。あいトリがそのような場になる可能性はありました。

ただ、その役割が機能するためには、展示が政治的な扇動にたやすく利用されないように、情報公開や会場設計を含め、もっとていねいな準備と説明が必要だったように思います。その点について、十分な予測ができなかったことを、深く反省しています。

つぎに天皇の肖像を用いた作品について。ぼくは天皇制に反対する立場ではありません。皇室に敬愛の念を抱く多くの人々の感情は、尊重されるべきだと考えます。天皇制と日本文化の分かち難い関係を思えば、ぼく自身がその文化を継承し仕事をしている以上、それを軽々に否定することはできません。

けれども、同時に、「天皇制を批判し否定する人々」の存在を否定し、彼らから表現の場を奪うことも、してはならないと考えます。人々の考えは多様です。できるだけ幅広い多様性を許容できることが、国家の成熟の証です。市民に多様な声の存在に気づいてもらうことは、公共事業の重要な役割です。

しかし、これについても、報道を見るかぎり、その役割を果たすためには、今回の設営はあまりに説明不足であり、皇室を敬愛する多くの人々の感情に対して配慮を欠いていたと感じています。この点についても、役割を果たせなかったことを悔いています。

政治が友と敵を分けるものだとすれば、芸術は友と敵を繋ぐものです。すぐれた作品は、友と敵の対立などどうでもよいものに変えてしまいます。これはどちらがすぐれているということではなく、それが政治と芸術のそれぞれの役割だと考えます。

にもかかわらず、今回の事件においては、芸術こそが友と敵を作り出してしまいました。そしてその対立は、いま、どんどん細かく、深くなっています。それはたいへん心痛む光景であり、また、私たちの社会をますます弱く貧しくするものです。それは、あいトリがもっともしてはならなかったことです。

僕は今回、アドバイザーとして十分な仕事ができませんでした。辞任を検討しましたが、いまは混乱を深めるだけだと考えなおしました。かわりに個人的なけじめとして、今年度の委嘱料辞退の申し出をさせていただきました。今後も微力ながらあいトリの成功に向けて協力させていただければと考えています。

あらためて、このたびは申し訳ありませんでした。力不足を反省しています。そして最後になりましたが、現在拡散されている4月の芸術監督との対談動画において、多くの方々の感情を害する発言を行ってしまったことを、深くお詫びいたします。

(※8月8日18時:一部追記しました。)

2011-03-22
For a change, Proud to be Japanese : original version

 地震の瞬間、ぼくは同僚とともに東京都心部の四谷にある古い雑居ビルの六階にいた。

     ************* 中略 **************
 
 ぼくは東京で生まれ、そして三九年間東京に住み続けてきた。しかし、この都市がここまで混乱した――というよりもむしろ呆然と立ち尽くしたと言ったほうが正確だろうか――のを見たのは初めてだ。
 しかもそれは、悪夢の始まりでしかなかった。地震から津波へ、そして福島の原発事故へと続くその後の展開は、みなさんもすでにご存知のとおりである。その悪夢は、この原稿を書いているいまも収束の兆しを見せていない。

     ************* 中略 **************

 というわけで、具体的な予測や評価はまだまったくできないが、それでも話を抽象的な側面に絞ってよいのならば、震災後六日目のいまでも言えることがただひとつある。
 それは、この災害を契機として、日本人がいまかつてなく――少なくともこの二、三〇年では経験したことがないほど強く――「国家」の存在を肯定的に意識し始めたということである。
 日本人は、第二次世界大戦に破れて半世紀以上、国家や政府を誇りに感じることがほとんどできなかった不幸な国民である。とりわけこの二〇年、バブルが崩壊し長い不況に入ってからはそうで、首相の顔は驚くほど頻繁に変わり政策は停滞し、日本人のあいだには政治的シニシズムが蔓延している。

     ************* 略 **************
 
 ところが今回は状況が劇的に異なる。むろん非難の声はある。原発事故および首都圏の大規模な停電は、国民生活に深刻な影響を及ぼし続けており、当然のことながら政府と電力会社はマスコミから厳しい追及を受けている。しかし他方、国民のあいだでは彼らを擁護する声がじつに強い。救援活動のスポークスマン、枝野幸夫官房長官はネットで英雄となっているし、自衛隊の救援活動は絶賛されている。ツイッターの投稿は震災一色だ。ぼくはいままで、日本人がここまで「公」のことばかりを考え、話題にし続けた光景を見たことがない。

     ************* 中略 **************
 
 日本人はいま、めずらしく、日本人であることを誇りに感じ始めている。自分たちの国家と政府を支えたいと感じている。
 むろん、そのような「キャラ」はナショナリズムに繋がるのでよくない、との意見はありうるだろう。ネットでは早くもその種の懸念が登場しているし、また熱狂はしょせんは一時的なもので長続きしないという見方もある(おそらくそうだろう)。しかし、ぼく自身はそのうえでも、やはりその現象にひとつの希望を見いだしたいと思う。
 震災前の日本は、二〇年近く続く停滞に疲れ果て、未来の衰退に怯えるだけの臆病な国になっていた。国民は国家になにも期待しなくなり、世代間の相互扶助や地域共同体への信頼も崩れ始めていた。
 けれども、もし日本人がこれから、せめてこの災害の経験を活かして、新たな信頼で結ばれた社会をもういちど構築できるとするのならば、震災で失われた人命、土地、そして経済的な損失がもはや埋め合わせようがないのだとしても、日本社会には新たな可能性が見えてくるだろう。もちろん現実には日本人のほとんどは、状況が落ち着けば、またあっけなく元の優柔不断な人々に戻ってしまうにちがいない。しかしたとえそれでも、長いシニシズムのなかで麻痺していた自分たちのなかにもじつはそのような公共的で愛国的で人格が存在していたのだという、その発見の経験だけは決して消えることがないはずだ。
 今回の震災、海外のメディアでは、災害に直面した日本人の冷静さや公徳心が驚きをもって受け止められ、高く評価されていたと伝え聞く。しかしじつはそれは、当事者の日本人にとっても驚きだったのだ。なんだ、おれたちやればできるじゃないか、だめな国民じゃないじゃないか、というのが、おそらくはこの数日間、日本人の多くが多少のくすぐったさとともに味わった感情のはずなのである。
 あとはその感情を、時間的にも社会的にもどこまで引き延ばすことができるのか、その成否に、今回の震災だけではない、その二〇年前から続く長い停滞と絶望からの復興がかかっている。
                  


食べたものの記録:7/11(木)〜7/20(土)
前半は梅雨の名古屋。前半のあとの方は、宮田が池田公園夏祭りのお仕事でお弁当持って行ったり
会場で味噌串カツ(激ウマ)など食べてお祭りを満喫したり。なんかもう夏前に夏を味わった感じ。
190711_190715_IMG_5786.JPG190715_190716_IMG_5789.JPG
後半は翌日からの函館。義母の料理はホント美味しい。お寿司も最高。葬儀のお食事もとっても美味しくて
量が多くて食べきれなかったのが残念。私が食べきれないんだから結構な量だよね。
190716_190718_IMG_5792.JPG190718_190720_IMG_5796.JPG
帰りの飛行機で、前回に続き玉マネギスープを購入。「前も買ってすごく気に入ってるんです」と伝えたら
キャンディをお礼にくださった。やっぱ好きだ、Air Do。クマちゃんかわゆし。
お腹が空いてセントレアで珍しく麺を食す。実は、そんなに期待していなかったんだけど
「三河高原豚使用の八丁味噌タンタンメン」も「知多たまり醤油焼豚ラーメン」もどちらも想像以上においしかった♡


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/

萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

とりあえず、1ヶ月。そしてトリエンナーレ。

190801_1000suki_150follower.jpg190802_1000suki_baggi.jpg1ヶ月noteを書いてみた結果、8月1日にフォロワーが150人になり、1000回の「スキ」をもらえた。
190801_dushboard.jpg


                  


あいちトリエンナーレの問題で書いた8/4のnoteがなかなかの反響で、Twitterでこんな風にシェアされた。
190805twitter1.jpg190805twitter2.jpg

で、記事をUpした翌日(8/5)もアクセスがガンガン増えて、日付変わる頃には、京アニ抜いてしまった。
そのうちダントツ1位の「読まれる文章〜」も抜いちゃうんではなかろうか。
京アニと違うのは、「スキ」が少ない点。共感度が低いのか、外部のアクセスが高いせいなのか。
それにしても、政治が絡むと、本当に人の話を聞かない人が多くて怖いよね。

私は全く政治的な意図は抜きで書いたつもりだけど、それでも「アートに政治が絡むと云々」言ってくる輩はいる。
そもそも「政治や社会に物申す」ために作られるのがアートの一側面なんだってばってこと。
こんだけ説明してもわからないんだねぇ。

こっちの言い分なんて聞く耳もってないし。自分は正しいこと言ってるんだという1点張り。
それでいて、論拠となるものなんて何もないに等しい。
自分は知識があるって言っても、本や新聞なんて読んでないでしょ。
Twitterで斜め読みしただけの浅い知識だから、簡単に論破されてしまう。

「政治のこと言い出す奴にろくな奴はいない」「政治のこといい出す奴は才能ない」って
それならそれが誰のことか、名前だして説明してよ。無理だよね。イメージだけで語ってんだから。
「そーですか。あのピカソは「ゲルニカ」という絵画を描きましたが、ピカソは才能がないとでも?」
と言い返したら黙っちゃった。もしかすると、自称・アーティスト氏は、ピカソのゲルニカを知らないのかも。

まぁ私は「アーティスト」ではないので、この件についてはこのページのみで今後は語らない。

記事内にも載せたけど「日本ペンクラブ」の表明や、女性の人権を守る博物館の館長さんなども
トリエンナーレ側の味方で救われる。
また、大村知事もやるじゃん。あの河村さん相手に
「河村名古屋市長、吉村大阪府知事の要請を憲法21条の検閲にあたる可能性が濃厚である」と言い切ったとは。
同時に「税金を使った行政の文化事業だからこそ内容に口を出してはいけない」と。素晴らしい♡

190805dushboard1s.jpg190805dushboard4s.jpg

全体のアクセスはこんな感じ。8/5更新分はまだまだ下の方。
190805dushboard1.jpg190805dushboard4.jpg
190805dushboard2.jpg190805dushboard5.jpg
190805dushboard3.jpg190805dushboard6.jpg


                  


食べたものの記録:6/30(日)〜7/11(木)
ようやく7月。毎日note更新しながらひたすらホットサンド。そしてカレー週間。
グズグズ梅雨も嫌だったけど、今暑い上に今年は湿度も高くて、マジ死にそうで
梅雨が早くも懐かしい。。。。
190630_190701_IMG_5774.JPG190702_190705_IMG_5777.JPG190705_190708_IMG_5780.JPG190708_190711_IMG_5783.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/

萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

a・鳥・家だよりmail版・vol.23

◇◆◇暑中お見舞い申し上げます!陽菜ひよ子。。。a鳥家だよりmail版vol.23◇◆◇

いつもお世話になっております。
イラストレーターの陽菜ひよ子です。

2019年2通目のa鳥家(アトリエ)だよりです。
今年は梅雨が長引きましたが、ついに暑い夏がやってきました。
昨年ほどの猛暑ではない様ですが、例年よりは暑くなるとのこと。
何卒皆さまご自愛くださいますように。

190801_summer_greeting1s.jpg

※このメールは、陽菜ひよ子が名刺交換、メールフォームへの
 メッセージなどを通じて知り合った方にお送りしております。

*****************************************************************************

【陽菜ひよ子の最近のお仕事】

1.【お仕事】『リビング新聞20周年企画・ぬり絵コンテスト〜20年後の名古屋』(名古屋リビング新聞社)
https://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid197.html

リビング名古屋3/9号の1面にイラスト描かせていただきました。
リビング新聞20周年記念のラストを飾るイベントとして開催されたぬり絵コンテスト用のぬり絵を担当。
審査員もさせていただきました。楽しかったです。


2.【お仕事】不動院さまのご朱印用イラスト(神瀧山清龍寺不動院)
https://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid200.html

13年前に出版した『やさしい写仏ぬり絵帖』に載せた「不動明王」のイラストを
御朱印のゴム印にしたいと言うお申し出があり、無事御朱印になりました。
和光市にある神瀧山清龍寺不動院さまは、徳川家康に縁のある由緒ある寺院です。


3.【お仕事】雑誌『PHPくらしラク〜る2019年5月号』特集ページイラスト(PHP研究所)
https://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid199.html

4.【お仕事】教材『全科まとめて1年・2年』(文理)イラスト
https://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid189.html


【陽菜ひよ子の最近の展示】

【展示】第26回 え〜ほん絵本原画展(スペース・ゼロ)
https://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/flyer/eid202.html

今年、活動20周年を迎えた絵本の自主活動のグループ展です。
20周年記念の冊子づくりでこの春はバタバタでした。

冊子に取材記事と漫画を描きました。
取材記事「NAGOYA発 書店さんに聞く!これから求められる絵本」
https://hiyoko.tv/gallery/exhibition/eid179.html
4コマ漫画「え〜ほんあるある」(絵本作家あるある)
https://hiyoko.tv/gallery/exhibition/eid237.html



以下は、カメラマンで夫の宮田雄平のお知らせとなります。


【宮田雄平の最近のお仕事】

1.【お仕事】写真提供・フィールドワークのお仕事
コトノハなごや(公益財団法人名古屋市文化振興事業団)
https://hiyoko.tv/journal_2/log/work/eid378.html

「コトノハなごや」とは、名古屋市主催の文芸イベント。
イベントには「作品応募」と「体験参加プログラム」の二種類があります。
宮田は作品応募のための写真提供と、参加プログラムのフィールドワークを担当。
「作品応募」は豪華審査委員(中村航さん、吉川トリコさん、武田俊さん)が審査します。
コトノハなごや https://kotonohanagoya.jp/

2.【お仕事】豊通ファッションプレスさまのWebsite用写真撮影
https://toyotsufashionexpress.com/
トヨタグループのファッション専門商社である
豊通ファッションプレスさまの会社案内用写真を撮影いたしました。
社長挨拶 https://toyotsufashionexpress.com/company/message/
採用情報 https://toyotsufashionexpress.com/recruit/

3.【お仕事】池田公園イルミネーションフェスティバル2018撮影&50周年夏祭り撮影(栄東まちづくり協議会)
http://www.sakaehigashi-mky.jp/
名古屋の都心・栄にある池田公園の冊子用の撮影を担当。
2018年11月〜2019年2月開催のイルミネーションフェスティバル2018
2019年7月開催の池田公園夏祭・50周年記念

*****************************************************************************

今回のご案内は以上になります。
前回のお知らせは年賀状でした。次も年賀状になるかもしれません。

ところで、陽菜は7月から、宮田は8月からnoteをはじめました。
好きなことを書き散らかしております。よろしければご覧下さいませ。
陽菜ひよ子 https://note.mu/hina_hiyoko
宮田雄平  https://note.mu/miyatayuhei

お忙しい中、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*****************************************************************************
陽菜ひよ子
Website:http://hiyoko.tv/
Gallery:http://hiyoko.tv/gallery/
note:https://note.mu/hina_hiyoko
イラストレーターズ通信会員:http://illustrators.jp/
*****************************************************************************


a・鳥・家だより(atelier-dayori)・mail版 バックナンバー

陽菜ひよ子と名刺交換させていただいた方、メールフォームよりご連絡くださった方
展示会場にメールアドレスを残して下さった方などに
陽菜ひよ子のお仕事やイベントなどのご案内をメールで送らせていただいています。(3〜6か月に一度程度)

もし、こう言ったご案内が欲しい、という方がおられましたら、お手数ですが
メールフォームよりご連絡くださいませ。大喜びで送らせていただきます。
(※雑誌、書籍などの編集者、デザイナー、アートディレクターの方限定)


最新版
#a・鳥・家だよりmail版(2016年〜)


過去のa・鳥・家だより
#a・鳥・家だよりmail版(2014〜2015年) →続けて読むことが出来ます!


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

直木賞に京アニ事件に吉本

2019.07.17 Wednesday 宮田伯父の葬儀で函館へ。
母方の従姉妹とは、普段から交流があり、何度も会っているのだが、父方の従兄姉とは全員始初めて。
190718_IMG_5322.jpg
結婚11年でやっと年賀状の人たちの名前と顔が一致した。
宮田のカメラに興味津々の従姉妹たちと、従姉の孫(超絶かわいい)、義母の朝ごはんなど。
190719_IMG_5396.jpg
回転すしでもうまい。銀鱈の握りって初めて食べた。最高♡

函館滞在中のことは、noteに詳しく書いた。


                  


190719oshima_san1.jpg2019.07.19 Friday
大島さん、直木賞受賞、おめでとうございます!!
私も地元作家として、この本文中にあるNSKに参加している。
おこがましくも、大島さんとも仲良くお話させていただいているのだ。
――大島さんの地元である名古屋の書店さんも盛り上がっていたようですね。
大島 そうそう、大盛り上がり。NSKって呼んでいる集まりがあるんですよ。名古屋書店員懇親会っていって、作家の人たちもたくさん参加していて。そこにも一瞬だけ電話して話せました。
12月のNSKで「今度の新作、なんかすごいの書けちゃったの」とおっしゃってた大島さん。やっぱり、ホントにすごいの書いちゃったんですね♡

                  


noteは相変わらず励ましてくれる。
ついにフォロワーが100人越え。そして、函館滞在中に更新した記事に多くのスキが付いた。ありがたや。
190720_100folower.jpg190722_tug_no1_suki01.jpg
それにしても、本当にいろいろな事件が起こる。
京アニの事件は痛ましすぎる。思わずこんな記事を書いた。
吉本の闇営業の件、社長と副社長の会見はひどく、もう「笑ってはいけない」を見ても笑えない。


                  


190720creator_expo1.jpgコメントが90近くついて、いいねより、コメントの数の方が断然多い!懐かしのクリEXPO。

来て下さった方ほぼ全員の似顔絵を描いて描いて描きまくったのだ。
しかし、残念ながら、ここに描いた方々のほとんどとは未だお仕事に結びついてはいない。。。(笑)もちろんそれがすべてではないけれど、営業というものについて、改めて考えてみる。

ホント私頑張ってたよね。そろそろ、もうこういう頑張り方は、辞めてもいいかな、と思う。
やっぱり作品を描く(書く)ことが営業。もうそういう方向に行っていいころだと思う。


                  


食べたものの記録:6/28(金)〜6/29(土)
すっかり毎日ホットサンドで、久しぶりにフレンチトースト作った。
ゆで卵のホットサンドのド迫力を見よ!
190628_190629_IMG_4928.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/

萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

栄・池田公園で夏祭り満喫。

190716_IMG_5193.JPG2019_Summer_fesival_page001.jpg2019.07.11 Thursday
栄東まちづくり協議会主催の「池田公園夏まつり」今年は50周年とのことで、記念撮影を宮田が担当することに。
http://www.sakaehigashi-mky.jp/

2019.07.15 Monday
宮田身内(父方の伯父)に不幸があり、急きょ函館に帰省することになった。夏の間に帰るつもりだったので、それが少々早まった感じ。

宮田は今日明日とイベント撮影なのだが、お通夜は明後日で問題ナシでホッとする。週末は覚王山のワークショップなので土曜には戻る。

函館は夜は寒くて暖房入れてるそうだ。長袖持って行かないと。
そんなわけで、バタバタしており、お祭りの会場にはちょっと顔を出す程度になりそう。残念。

急に帰省することになって、仕事を前倒しでやらねばならんのだけど、やる気が出なくて困っている。それと、昨日一個丸ごと買ったレタスの消費方法について困っている。生だと厳しいので、やっぱ炒めるか。

そして、ラフを描かねば。。。ああもう逃げたい。。。(いつものこと)

2019.07.16 Tuesday
名古屋の都心・栄にある池田公園の第50回目の夏まつり、盛り上がってます。宮田は昨日今日と撮影班で活躍。

今日は朝から洗濯して、喪服用の小物や手土産諸々買い物に行き、キャリーバッグまで衝動買い。家に置きに帰り、ようやく来られたら、H先生(写真家ではなく建築家)とニアミスで会えず、餅まきも終わっていたけど、Oさんには会えた。賑わっていて、楽しい!


                  


7月7日に7,777ツイート。めでたい!2009年9月から約10年でってことは、1日平均2ツイート。
これって多いの?少ないの?
190707_twitter1s.jpg190630twtter_nagoyanjya-1s.jpg
コトノハなごやさんがまさかのナゴヤンジャーをリツィートしてくれた!きゃはっ(照)


                  


noteは相変わらず励ましてくれて、ガシガシ書ける。
お題をタグ付けした記事にスキがたくさんついたって!めっちゃうれしい。
190715_tug_no1_suki01.jpg190716_400times_suki.jpg


                  


食べたものの記録:6/25(火)〜6/27(木)
デザート多め?(笑)あ、スガキヤでソフトクリーム食べたのを撮り忘れた!
190625_190627_IMG_4927.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

12年ぶりのうさうさ。

ひよこもうさうさ?(2007.07.26 Thursday)
https://hiyoko.tv/journal/log/think/eid1114.html

このときは、私は「さう女」=「世話好きな、みんなの姉御」で当たってるような当たってないような?だったのですが
今回改めて見て見ると(これ、手を組んだ時の親指と、腕を組んだ時の腕がそれぞれ下になる方で見る)
前回は腕は右が下だったのに、今回は左が下。私はインプット(親指)、アウトプット(腕)のどちらも左脳を主体的に使うらしい。

私は「ささ女」=「才艶なりーダータイプ」
インプットもアプトプットも左脳で行う「ささ」のあなたは、女性の中でも最も男らしいタイプ。ものごとを理論的に筋道立ててとらえたトークの連続に、相手はぐぅの音も出ないことでしょう。あなたが相手をバッサバッサと斬って行く姿に、周囲は敬意さえ覚えます。反面「鉄の女」と呼ばれることも・・・。プライドが高く正義感も人一倍。おまけに、ぐいぐいと論破する力は誰にも負けないので、味方につけると最高の頼もしいタイプであり、敵に回すとこんなに厄介なタイプはいません。
クレームをつけさせたら天下一品です。まじめであるがゆえに愛想笑いが苦手なので、つねにクールな印象を人に与えることでしょう。しかし、立場を計算して女性的な面を見せた方がトクだといったん判断したら、うってかわってかわいい面を押し出して行くという器用な一面もあります。何ごともカンペキ主義なので服装もいつも完璧、その質にもこだわります。ただ、完璧を求めすぎてストレスがたまりやすいタイプなので、たまにはリラックスした気持ちになることも大事です。
宮田は真逆の「うう男」=「いつもポジティブなナルシスト」
インプットもアウトプットも右脳で行う「うう」は、直感的なひらめきやイメージのまま行動します。素直で無邪気、裏表がない正直者。そのストレートさから、好感を持たれることも多いでしょう。常にポジティブで、たとえ失敗しても本人はそれを失敗だと気付かないことも多く、くよくよと引きずらない。切り替えが早いのが強みです。直感で行動をするとはいえ、男性の「うう」は左脳の論理的思考も時に顔をのぞかせるので、それにちゃんとした理由があるように理論武装もします。
ただ、もともと理論ありきの都合のいい理屈なので、思いつきで言っているのが見破られやすいのが難点。趣味は一貫していて、好きなことにはとことん突き進み、いつのまにかその道の第一人者になっていることも。趣味を語り始めたらノンストプでヒートアップ。その反面、興味のないことには全然関心がないという分かりやすいタイプ。波に乗っているときには盛り上げ役とひて最高のムードメーカーになり、そうでないときはカラ回りしてまわりをドン引きさせることも。
うん、結構当たってるわ。。。


                  


noteをはじめて、もうじき2週間。こうやってちょいちょい褒めてくれるので、やる気出る。
すごいな、note。もっとはやくはじめればよかったねー。でもま、始めた時が最適なタイミング。
190713_13days.jpg190713_250times_suki.jpg


                  


食べたものの記録:6/23(日)〜6/25(火)
なんか結構手抜きっぽくなってきてるなぁ。。。あかんあかん。
190623_190625_IMG_4926.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

言い切る勇気

最近、物事をはっきりと主張する訓練をしている。
こんな出来事に後押しをされて。

先日調べ物をしていて、過去のブログを読み返していたら
どうも何度も同じことを言われ続けているらしい。
特に東京時代には今よりずっとよく出かけて、いろんな人に会っていて
「何かが見える人」に同じことを言われたようだ。

要約するとこうだ。
「あなたは人に悪く思われることを恐れるあまり
前に出るのを抑えようとしているけど、もっと前に出ていいのだ」

これを言われたのは30代後半から40代初めの頃。
その頃からすると、だいぶ図々しくなったので、多少出て行けるようにはなったと思う。

けれど、割と最近の2年ほど前に、とある方から
「ひよ子は、何でも言いたいこと言い切っちゃっても許されるキャラだから」
と言われて
「ええっ!そんなことないないない!!全然許されないっ!」
と思ったりしたのは、まだまだ私にはそんな呪縛があるからなんだな。

それにしても、そんなことを言う人は皆東京の人たち。
名古屋では「もっと前に出ろ」なんて言われたことがない(笑)

それは結局、名古屋では結構前に前に出ている感じの私も
東京ではまだまだ控えめすぎるってことなのか。

では東京でもOKなくらい出てしまったら、名古屋ではやっぱり打たれる運命なのね(笑)
でもいいのだ。どうせ売れたら嫌われるんだから(笑)

これだけ「言い切っていい」「もっと前へ出ろ」と言われ続けているのだから
せっかく言って下さった方への敬意も込めて、言うことを聞いてみようと思う。

そんなわけで、最近そんな鍛錬をしていて、とっても疲れている。
noteには、今までの自分にはなく言い切るようにしているのだ。
まだ「こんな私がこんなこと偉そうに言っちゃっていいのかな」と思うことも多い。
これも鍛錬だ!と思って頑張るのだ。


                  


2007.07.15 Sunday BASQUIAT(バスキア)
「絵は高く売れ」
「きれいな服を着ろ」
「売れている人間とつき合え」
「同じことを続けろ」
「売れればどうせ嫌われるんだから、嫌われることを恐れるな」

2007.07.30 Monday Wonderfulな休日
美女Mさんからは
「あなたは前に出よう出ようとしている自分を、嫌われたくなくて、過去の自分が引っぱってる、そんな感じ」
と分析されたワタクシ。当たってる・・・すごい。
でもKちゃん曰く(ワタシは普段は彼をKちゃんとは呼ばないのだが)
「ひよこさんのそういうとこは、オレでも感じる」
と言われました。わかりやすいからな、ワタシ・・・

過去からの呪縛から解かれるのはいつなのかな。
もしかしたらそれが、本当にイラストレーターとして独り立ちできた時なのかも。

軽く酔って
「誰でもが知ってるようなイラストレーターになりたい」
とのたまったワタシ。すかさず美女Mさんがそれを聞きつけて
「それは口に出したほうがいいのよ」
とおっしゃった。

なので大きく息を吸って言う。
「日本中の誰もが(いや、半分くらいでいいや(笑))知ってるようなイラストレーターになるんだ!!」
と、ココに宣言いたします。

2011.01.24 Monday 私のパワースポット。
話してる途中で、ドライリース作家の人が突然私の手相を見だして、イロイロ
アドバイスしてくれた。

それがすごいの。
私は運命線も太陽線もあるのだけど、全体的に手相が薄い。
それは自己主張が足りないから。もっともっと前に出ていいんだって。
右手の、私が運命線だと思っていた、生命線から出てる線はすごくいい線で
やりたいと思ってることがちゃんとかなう線なのだそうだ。
あと、金星環のことだと思うけど、お色気線ともいうらしく、男性からも
女性からも好かれるんだって。財運線は、入ってきても使っちゃう、とんとんって感じ。

イロイロ気にしすぎ。あなたが思うほど、周りはあなたを変だと思ってないし
こんなこと言ったら悪く思われるんじゃないかとか、気にしちゃってる感じ。
あと、イロイロ強く出てやっていくには、今はちょっと体が健康でない
など・・・当たってる・・・
手相だけでこれだけわかるの?それともその前の数十分の私の言動も加味して??

とにかく、その場にいる誰も、彼女が手相見だと知らなかったんだって。
なんで私のを見る気になったのか不思議。それからしばらく、手相見大会になってしまった。


                  


食べたものの記録:6/20(木)〜6/22(土)
全部東京。今回は滞在中タイトで、スケジュールキツキツ。
今度出す本などの打ち合わせや、展示のお当番の隙間に、何とか食事。
あとで、上京してたなら会いたかった、と何人かに言われ、うれしいものの
お仕事がらみでいっぱいいっぱいで、なかなか友達とゆっくり、というのは難しい。
展示に来てもらうしか確実に会う方法はないなぁ。
190620_190622_IMG_4726.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

11回目の結婚記念日

190706_6dayssss.jpg結婚して11年経った。

11年というのは一見中途半端なのだが、私にとっては大きな意味を持つ。というのも、前の夫との結婚生活がほぼ11年だったからだ。元夫とは、11年2か月経った頃に、約4か月の話し合いを経て離婚した。つまり11年経つ頃にはすでに離婚話が出ていたのだ。

現状、離婚したいという話は、私からも今のオットからも出ていない。なので恐らく2か月後に離婚することはなさそうだ。つまり私は、いや私とオットは勝ったのだ、以前の結婚生活に。こう書くとひどく無意味なことに勝ち負けを持ち込んでいるように見えるかもしれない。

でも私は特にこの数年は呪いのようにつぶやいていた。あと○年、あと○ヶ月で過去に勝てる、と。今のオットとどれだけ仲良しでも、元夫と過ごした年月の長さにかなわないのが悔しかったけれど、これで大手を振って生きていけるのだ。

今月からnoteをはじめて、いろいろ赤裸々に書いている。数字を知らせてくれるのが結構励みになる。
今までいろいろ綴ってきたこのブログは、今後出来事だけを書く備忘録になると思う。


                  


食べたものの記録:6/18(火)〜6/20(木)
最後の一枚だけ東京。
その前の写真なんてしばらく留守にするのに、生野菜が余ってしまったのでこんなことに(笑)。
190618_190620_IMG_4725.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
特別展 宮内省御用達 川島織物と明治宮殿
2019年4月20日(土)〜2019年6月25日(火)
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

うれしかったこと〜コトノハサミット と SNS

kotonoha_sumitt_twitter01.jpg190629_ehon_fb2.jpg2019.06.27 Thursday
今月アタマの丸ゼミ(太田先生と大竹さんのトークショー)のあとに、太田先生と「猫と長靴」でお茶をするお約束をしていたのですが、その数日前に、太田先生と宮田が、コトノハでご一緒することが決まり、「コトノハサミット(K2)」の様相に(笑)
そんなことをSNSで呟いたら、コトノハの中の人とも仲良くなり(笑)K5サミットにファーストレーディーとして呼んでいただけるそうだ。やったー!w

しかも、私が上げた「ナゴヤンジャー」のイラストまでリツィートしてくださった。キャーありがたい!!
190630twtter_nagoyanjya-1s.jpg
ここ数年、名古屋に住むことがだんだん楽しくなってきてはいたのだけど、ホント今は、名古屋に住んで良かったと心から思える。

太田先生とのお茶は、本当に楽しい時間だった。先日の丸ゼミに、先生の熱狂的なファンの女性がいらしてて、先生のとある作品について、続編は書かれないのかと問うたのだ。その際に太田先生は、茶目っ気たっぷりに「ユトリロのように、一冊限りのつもりでいても、売れて続編を頼まれることもあれば、最初から連続もので書く気満々でも、売れ行きがイマイチで書かせてもらえないこともあるんですよ」とおっしゃった。

実はそういう問い合わせってよくあるのだそうだ。今は特にSNSで著者に直接気持ちを伝えられる時代だものね。だから、太田先生は、たとえ売れてなくても、ちゃんと届く人のところには届いてるんだから、それでいいんだとおっしゃって。私の本もちゃんと届いてると言い切って下さったので、本当にうれしかった。

そんな話から、先日の冊子に載せたメルヘンハウスさんのお話でも盛り上がる。本当に本を愛する人って、やっぱりどこか似ているものだ、と思う。


   


2019.06.29 Saturday
すると今度はFBに、児童書界の重鎮・古内ヨシ先生から、ビックリするようなコメントをいただいた。
「え〜ほん展の中で一番好きな絵でした。」
えええええっっっっ!!!

うれしくてうれしくて、スキップして転げ回りたいくらいの気もちになった。最近、文章の方が評価が高くて、なんかもうイラストダメかもなぁと思ったりしていたので、余計にうれしかった。
ちょうどそんな折に、とある気になるものが発表されて、ちょっと頑張ってみようと思うのだった。

太田先生、ヨシ先生、コトノハさん、ありがとうございました。


                  


食べたものの記録:6/15(土)〜6/18(火)
東京に行く直前になってきて、それはそれでまたバタバタしており、手抜きしてパスタ多め。でも作るだけ偉いよね!
190615_190618_IMG_4454.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

コトノハなごや

2019年6月25日(火)
ついに解禁となりました。「コトノハなごや」2019
オット・宮田雄平のお仕事です。
kotonoha_top01.jpg

「コトノハなごや」とは、名古屋市主催の文芸イベント。
市内に在住・在学・在勤の方ならだれでも参加できるイベントなのです。

イベントには「作品応募」と「体験参加プログラム」の二種類があります。
宮田は作品応募のための写真提供と、参加プログラムのフィールドワークを担当します。

「作品応募」は名古屋市内で撮影された写真をもとに
日常での体験や人との交流、風景との出会い、ものへの思いなどを綴る
「なごやとわたしの物語」をつづって応募するというもの。

審査員が豪華!!
名古屋近郊出身の作家・中村航さん、吉川トリコさんと名古屋市出身の編集者・武田俊さん。
この方たちに自分の書いたものを読んでもらえるというだけで、ドキドキしますよね。
kotonoha_02.jpg

「体験参加プログラム」には、「写真撮影のフィールドワーク」と「文芸のワークショップ」があります。
このワークショップ担当者は今年度より顔ぶれが一新されました。

今回2019年より「写真撮影のフィールドワーク」と「作品応募」のための写真提供を行うのが、オット宮田雄平。
そして、「文芸ワークショップ」は今年度より太田忠司さんが担当。
宮田、長年ファンだった太田先生と並んでプロフが掲載されて(しかも前に!!)大コーフンです。
(どーでもいいですが、宮田のプロフ写真はGWに私が撮りましたw)
kotonoha_03b.jpg

宮田のワークショップ募集概要
kotonoha_06.jpg

作品募集。こちらの5枚の写真は宮田撮影です。
一番上がワークショップの舞台にもなる「有松」
↓一番上から、TOP掲載の武田さんのテーマ「東山動物園」、「シートレインランド」「名古屋テレビ塔」「基幹バス」
kotonoha_04.jpg

詳しい応募要項はコチラから。→「コトノハなごや」2019https://kotonohanagoya.jp/


我が家の4月は、名古屋市内の撮影に追われておりました。
とはいえ、半分は以前に撮ったものも選ばれており
今回撮り下ろしたものも、他とのバランスなどからボツになったものもあります。

kotonoha_top02.jpg
kotonoha_top03.jpg
kotonoha_top04.jpg
kotonoha_top05.jpg


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/39 >>