「私のお気に入り展」クロージングパーティー。

2018.12.08 Saturday
もう一週間経つのですねぇ。
一週間前12月8日(土)は、ランドリーグラフィックスさんでの展示のクロージングパーティーで
表参道での野宮真貴さんのライブでした。ライブの様子は、二人のプロカメラマンが撮影し、宮田もその一人。
まだ事務所のチェックが終わっていないので、ライブの様子は載せられませんが、前座・三度飯ジャズトリオの
ベースの早田和音さんが、野宮さんのCDを購入して記念撮影されたお写真をお借りしました。
181208_nomiya_live2web_s.jpg
私は一番最初に受付を担当したのですが、もうすごい人!会場前から待ってる人もいたそうで。
私とツーショットで写っているのは、今回ではなく、春の展示で組んでポスターを作った小口さん。
小口さんとは会期中にすれ違いで会えなかったので、今回お会いできて、うれしかったです。
他のデザイナーさんからも、たくさんおほめいただき、全部ここに書き記したいくらいうれしい夜でした。
憧れのイラストレーターさんから「お名前もイラストも知ってますよ」と言っていただき、ただただ感激♡

昨年からこの春にかけて装画塾でご一緒した宮川さんと話し込むうちにライブが始まり
お隣の青い帽子の女性は、なんと帽子作家さんで、共通の友人もいることが分かって、うれしい偶然。
左下の写真に小さく宮田が写りこんでいます。今回彼は、イスを死守して頑張っておりました。
何だか夢の様な一日で、もうクリスマスやお正月が終わったかのような、今は祭りの後の静けさ、という感じです。

今年は5回のグループ展と個展をして、なんだかすごく忙しい一年でしたが、いつもより展示の後悔が少なく
満足いくものができて良かったなと思います。
ちょっと息切れ感があり、来年は減らそうと思っていたのですが、この日があまりに楽しくて
また来年も頑張ろうと思えました。本当にみなさま、ありがとうございました。


                  


2018.12.12 Wednesday
FBによると、2018年の私のハイライトはこんな感じだったようだ。しかし、一ヶ月に渡って行った個展や
心血注いで頑張った装画塾関連が全く出てこなくて、ランドリーさんのアイドルポスター展が二枚も!
181212_IMG_8838.JPG
FBって勝手にアルゴリズムなんて作って、本人の本当の意志じゃなくて、いいねの数とか相手が見てる数とかいろいろ
本当の「想い出」とは違った要素が入ってきちゃうんだと思うの。
そんなわけで、できる範囲で修正してみたわたしの想い出。編集も出来るんだけど、選べる写真にも限度があって
私なんかイラストばっかりで写真が出てこない(笑)
宮田の方には私のロフトでのライブペイントが出てきて、そっちのほうがいいのに〜〜なんて言いながら。。。
サヴィニャック展もよかったけど、せっかく載せるならTuperaTupera展の方が良かったなぁ。
181214fb2018_2.jpg


                  


2018年12月11日 17時18分 GIGAZINE
「AIが長文を3行ぐらいにギュッとまとめてくれるエンジン「IMAKITA」を使ってみた」
https://gigazine.net/news/20181211-imakita/
長文を3行ぐらいで纏めてくれるエンジン IMAKITAを作ってみました - コンピュータ将棋 Qhapaq
http://qhapaq.hatenablog.com/entry/2018/12/09/234447

2018.12.13 Thursday
「ある男」(平野 啓一郎)
http://hiyoko.tv/journal_2/log/book/eid313.html

先月の終わりから、今月にかけて「ある小説」にはまっていた。それが「ある男」(平野 啓一郎)である。平野氏曰く「読み出すと止まらない小説」ではなく「いつまでも読む終わることなく、その世界に浸っていたい小説」を目指しているとあるけれど、本作においては、少なくとも私には成功していると言える。最後の部分、何度も読み返して、何度も泣き、そのまま、この世界と自分の世界の境界が曖昧になりそうだった。
平野氏の「人の描き方」のこの丁寧さは何だろう。あまりに巧みで、まるでその場にその人がいるかのようなのに、技巧に走る訳ではなく、あくまでも真摯にどこまでも文学的に格調高く正統派なのだ。実は主人公にはあまり共感しなかったのだけど、どんな恵まれているように見える人にも、そのバックヤードには、何かしらあるモノだという例えには、ちょうどよい人物なのだと思った。背景に何かある人(主人公)、家庭に問題がある人(T)、自分の預かり知らぬところで不幸を背負わされている人(X)、この3人が主に登場し、主人公とXには妻が、Tには元恋人がいて、主人公はそのそれぞれの女性ともかかわりを持つ。幸せって何だろう。
人はいつだって過去との比較で生きている。
その半生を理不尽な不幸で踏みにじられた男が、とある方法で人生をやり直す。その結果、彼は唯一無二の極上の幸せを手に入れる。ただ妻が居て子供が居て、そんなありきたりな、他の人にとっては「退屈」と言えるかもしれないその生活が、彼にとってはどれほど素晴らしいものだったか。
田舎の小さな会社で、実直に真面目に働いて、その地域に少しずつ溶け込んで行ったこと。
彼自身はそれまでと同じようにしてきたのに、ようやく静かな生活を手に入れられた、そんな些細なことが、彼にとってはどれほどかけがえないことだったか。

慎ましく慎ましく生きて幸せを手に入れたその姿が、身近な人と重なって、胸を打たれた。名作だと思う。久しぶりに読んで良かったと思える作品に出会えた。
Number of Summary Sentence : 5
Result
Summary of the Document
先月の終わりから、今月にかけて「ある小説」にはまっていた。
実は主人公にはあまり共感しなかったのだけど、どんな恵まれているように見える人にも、そのバックヤードには、何かしらあるモノだという例えには、ちょうどよい人物なのだと思った。
幸せって何だろう。
人はいつだって過去との比較で生きている。
慎ましく慎ましく生きて幸せを手に入れたその姿が、身近な人と重なって、胸を打たれた。

Buzzword
人 ・ 主人公 ・ 手 ・ 幸せ ・ 世界 ・ 小説 ・ 妻 ・ X ・ 不幸 ・ 自分 ・ 何度
Number of Summary Sentence : 10
Result
Summary of the Document
先月の終わりから、今月にかけて「ある小説」にはまっていた。
平野氏の「人の描き方」のこの丁寧さは何だろう。
あまりに巧みで、まるでその場にその人がいるかのようなのに、技巧に走る訳ではなく、あくまでも真摯にどこまでも文学的に格調高く正統派なのだ。
実は主人公にはあまり共感しなかったのだけど、どんな恵まれているように見える人にも、そのバックヤードには、何かしらあるモノだという例えには、ちょうどよい人物なのだと思った。
背景に何かある人(主人公)、家庭に問題がある人(T)、自分の預かり知らぬところで不幸を背負わされている人(X)、この3人が主に登場し、主人公とXには妻が、Tには元恋人がいて、主人公はそのそれぞれの女性ともかかわりを持つ。
幸せって何だろう。
人はいつだって過去との比較で生きている。
その結果、彼は唯一無二の極上の幸せを手に入れる。
ただ妻が居て子供が居て、そんなありきたりな、他の人にとっては「退屈」と言えるかもしれないその生活が、彼にとってはどれほど素晴らしいものだったか。
慎ましく慎ましく生きて幸せを手に入れたその姿が、身近な人と重なって、胸を打たれた。

Buzzword
人 ・ 主人公 ・ 手 ・ 幸せ ・ 世界 ・ 小説 ・ 妻 ・ X ・ 不幸 ・ 自分 ・ 何度
                  


2018.12.15 Saturday
我々のようにプリンタを酷使する職業のフリーランスにとっては、プリンタのインクの高さって、ホント頭痛い問題だったんだけど、ついに出たエコタンク。

エコタンクインクって具体的にどれくらい安いのかと思ったら、インク代90%カットだって!んでもまだ買って2年のプリンタの場合、どうなんだろう?

お客様の声に応えてっていうけど、絶対ちゃう。これだけ性能のいい純正以外のインクが普通に出回るようになって、純正インクが売れなくなり、インクで儲けるというビジネスモデルが成り立たなくなっただけなんだよね。

そして、最近では紙のポートフォリオを送ることが減り(PDFでOKということが多い)、印刷することも減ってきたので、冷静に考えると、今のままでええんちゃう?ということで落ち着いた。遅いよ!(笑)


                  


12/2(日)〜12/7(金)
12月初めのちょうど一週間。せっせとご飯作っておりましたが、最後に爆弾落とされて、しばらく落ち込むことに。
んでも、毎日いろいろあって、落ち込みも一週間も続かないことに、ホッとする。
いろんなことは、なるようにしかなりません。
181202_181204_IMG_8488.JPG181204_181207_IMG_8847.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

今年の締め・ほぼ忘年会なNSK。

181209_IMG_8777.jpg2018.12.09 Sunday
日曜夜のNSK(名古屋の本に関わる人の会)はやっぱり楽しかった♡
上段右端の作家のN先生(お会いするのは2度目)が、羽生結弦にしか見えない!!
よく言われるそうで、特にオリンピック後は顕著だそう。確かに、前にお会いした時には気づかなかったわ。んでも間違えられはしないのは、N先生、なんと慎重188センチなのだ。身長164センチの私と並んでもこの通り。

今回文庫交換会があり、私は宮田が大ファンな芦辺先生の御本をゲットし、宮田の名前を入れていただいて記念撮影。私が当たったのに!!なんていい嫁!
(以前にも義父の好きな吉田類さんや宮田の好きなスージー甘金さんなどと、いろんな場所で出会っては、宮田家に貢献している私)
IMG_8778.JPG
顔出しNGなO先生とカリスマ書店員Hさんとの貴重な3ショット。
二次会では帽子のキュートなO先生とご一緒できて、楽しかった!
東京時代からのお友達で大先輩の田中ひろみさんとも久々に再会。

さりげなく写り込んだ数字のカードは、今回厳正なくじ引きなのに
なぜか隣同士だった私たち夫婦。。。
それと、サラダに厚揚げって斬新!!な写真。

幹事の皆様、本当にお疲れ様でした!
お会いできたみなさま、ありがとうございました♡


                  


181119last_data.jpgこちらは、先日のランドリーグラフィックスさんでのポスター展出展したイラスト。右がデザイナーさんがデザインしたポスターで、左が私のオリジナル。
181106-10-18-19web.jpg
この冊子をNSKで作家さんに見せてたら、やたら右のオリジナルが好評で、「これが本の表紙でも全然おかしくない」「このイラストから話書けって言われたら書ける〜」などなど数名から言っていただき、う、うれしい!!「名古屋テレビ塔物語」なんていうアンソロジーとか、企画立たないかしらん。

ポスターは、最後まで迷って、このメリーゴーランドの写真の方が好きだから、という理由でこちらに決めました。
小さな古いメリーゴーランドが、すごく素敵に見えて、私が言うのも何だけど、プロが撮るってすごい!と
改めて思ったのでした。ちなみに私の写真はコチラ
そして、雪の結晶を散らした途端、全く違ったものになり、デザイナーさんってすごい!とも思いました。
ポスターとしては、動きのあるコチラで正解だったと思います。
そんなわけで楽しい制作でした。(デザイン:宮坂佳枝、写真:宮田雄平)
どーでもいいけど、宮坂さんと宮田2人で野宮さんをテーマに作るという、「宮づくし」でしたw


                  


181209_IMG_8733.JPG前日の野宮真貴さんのシークレットライブの
コーフン覚めやらぬ中、今日は浅草へ。

私のひよこキャラのお醤油が置いてあるという
「まるごとにっぽん」に行き、夜は名古屋で書店さんの会に
出るため、早めに帰路に着きました。
今回お会いできた皆さま、本当にありがとうございました!
楽しい時間に感謝です。

醤油を見つけてホッとして、フラフラお店を見ていたら
法被着たお店の人に、宮田が首から下げてるカメラを見て
話しかけられて、それ自体はよくあることなのだけど
なんと、その方は映像関係の仕事をされてて
奥様はエージェントだそうで、なぜか名刺交換することに。

やっぱ東京ってミラクルだわ。


                  


11/30(金)〜12/1(土)
ぶり大根にハンバーグ。けっこうマメに作っとりますな、ワタクシ。
丸亀は、半額だったので、初めて釜揚げうどん食べた。つけ麺ぽくてよいよい。
181130_181201_IMG_8478.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

いろいろ軌道修正。

181208_IMG_8566.JPG2018.12.08 Saturday
週末は、千駄ヶ谷のランドリーグラフィックスギャラリーさんの展示の
クロージングで、今回の展示のテーマ・元ピチカートファイブの
野宮真貴さんの関係者のみのライブのために上京。

野宮さんのライブは宮田が撮影を担当したのですが、野宮さん側の
チェックが入るため、まだこちらには上げられないのですが。。。。
まー大コーフンで、前日は二人ともほとんど眠れず。。。
新幹線で睡眠を取ろうと、取り出したのは。。。。な写真。

お友達のイラストレーター・キクイケ ナオコさんの
じーさん&ひよこさんアイマスクをお供に、新幹線で東へ。
このキュートなアイマスクやいろんなグッズはナオコさんの
「じーさんの店」で買えます♡ https://naopstores.com/


                  


181127_QJGY2198.jpg毎年のことを思うと
11〜12月は精神的に落ち込むことの多い月だ。

11月の前半と後半では、落ち込む理由が違っていて
20日頃までは、あることにあきらめを決めつつ
別のある部分には前向きに行こうと決めていたのだが
そこで、なかなかに衝撃的な出来事があり
ある案件の軌道修正をせざるを得なくなった。

実はこれ昨年、私の方から一旦手を離してしまった案件で
夏に再開し、満を持してイイ感じに進めそうなときには
。。。。という感じ。

だからと言って、昨年一度手放したことに後悔はない。
それがあったからこそ、その件の本質が見えたのだから。

12月は、昨年は急に蕁麻疹が出たりして、ホント驚いた。
こんなんだったのね!ギャー!!
んでも、去年は今年に比べると毎日楽しくて
そんなにストレスがたまっていたとは思えないんだけどね。
ストレスなら、一昨年(2016年)のほうがすごかったはず。
仕事が忙しすぎて、体調おかしかったし。

一見何の問題もなさそうでも、実は心には負荷がかかっているものなのかもしれない。


                  


181207_IMG_8533.JPG2018.12.07 Friday
大好きなイラストレーターであり
恩師でもある原田治さんのイラストの段ボール、いいなぁ。。。
次の引越しは絶対ここだ!

引っ越す予定もないし、今住んでる場所はすごく気に入ってるけど
それでも、全てをリセットして遠くへ行きたくなる。

前日にかなりショックな出来事があったのだけど
結局問題は、自分の中の不安を払しょくできなかったこと
これに尽きると思う。

不安ってのはホントやっかいなシロモノだ。
不安が猜疑心になり、諸々を破壊していく。

でも結局、お互いに不安を感じるような相手とは、相性が悪いということなのだろう。
そして、不安を感じる時点で、自分には手に負えない事なのだろう。


                  


11/27(火)〜11/29(木)
いろいろ悩みつつ、ご飯の支度だけは手を抜かない私。りんごばっか食べてるね。
181127_181129_IMG_8427.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

秋から冬へのはずだけど、めちゃくちゃ温かい。

181127sanpo1.jpg
紅葉が見たいね、という話になり、何か所かの候補の中から選んだ場所は
結局自宅から一番近く。でもこれが正解。
ほとんど人もいなくて、ただ鳥の声だけがして、癒された。。。
(クリックすると動画が再生されます≪音声注意≫)


                  


181204takanawa_gateway1.jpg2018.12.04 Tuesday
品川と田町の間の駅名が決まり
公募は圧倒的1位が「高輪」で、第2位は「芝浦」、第3位は「芝浜」。
JR東日本によると「高輪ゲートウェイ」は36人が応募し、130位だそうで
公募の意味ないじゃん、という声が高まっている。

→こんなTweetが話題になり、爆笑。

そしてそんな12/4、観測史上の12月の気温を更新したそう。
しかし、週末は寒くなるのね。東京も寒いのかなー。

暑すぎる12月の夏日、気象庁「暖冬傾向続く」
日本列島の南から暖気が流れ込んだ影響で、全国各地は4日、季節はずれの暖かさとなった。43都道府県337地点で12月の過去最高気温を更新し、東京や福岡、徳島など66地点で25度以上の夏日になった。

気象庁によると、4日の最高気温は各地で、平年より10度前後上昇。沖縄県宮古島市29・8度、福岡市26・4度、大阪府八尾市で26・1度を観測するなど、各地で汗ばむ陽気となった。東京都練馬区でも25・0度を観測し、関東の島部以外では14年ぶりとなる12月の夏日となった。

平年を10〜15度上回る暖気が、九州から北海道の上空1500メートル付近を広く覆ったことが気温上昇の要因で、気象庁は「暖冬傾向は来春まで続くだろう」としている。

一方、今週末から来週にかけては一時的に冬型の気圧配置となり、全国的に冷え込む見通しという。
2018年12月04日 23時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


                  


2018.12.03 Monday
私の普段のラフ(確認用の下絵)はとってもラフなので定評(?)がある。
以前にあるイラストレーターさんから、本番と間違えてラフが誌面に掲載されてしまったという話を聞いて
信じられない想いだったのだが、ラフの段階でがっつり色を入れて細かく仕上げる人もいるのだと知る。
最近の仕事で「最初の依頼なので、ラフ段階で簡単に着色したものを見せて欲しい」と言われ
ラフにデジタルでざっくり色を入れて、レイアウトにあてがってみると、意外と良くて
「これ、間違えて載るかもしれん」と思ったし、このラフ以上の本番が描けるのか、逆に心配になってきた。。。

#イラストレーターの仕事


                  


11/24(土)〜11/27(火)
久しぶりに吉井和哉beautifulの世界。
♪公園で散歩もいいじゃないか 簡単な格好でいいじゃないか
 コンビニの菓子パンでいいじゃないか 
 永遠の太陽で照らされた きみの横顔がbeautiful

それ以外は真面目に作りました。ワタリガニパスタ第二弾はやっぱ最高♡
181124_181127_IMG_8346.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

久々画面に登場。

ほぼ一か月前に、地元愛知県春日井市での公開収録にお邪魔した「すイエんサーin愛知」がいよいよ来週4日火曜日に放送。客席との記念撮影の写真では、私たち夫婦もどこかに写りこんでおります♡
181204suiensaa-1.jpgまた、今年度から演出の変更で画面には登場しなくなっていた私のイラストが、久しぶりにテレビ画面に登場します!
12月23日(日)16:30〜イレギュラーな日時ですイエんサーが放送されるため、冒頭にMCふたりがすイエんサーが始まるよ〜、と言っている映像がプラスされました。
その際、二人が私のスケッチブックを持っております。「美文字」(9/11放送の再放送)の回のものです。
180911_bimoji_600.jpg
ちなみに、12月18日(火)放送の次回予告でもスケッチブックを持った二人が登場。楽しみです♡


                  


2018.11.22 Thursday
181122_IMG_8077.jpg
ゴーンとビーンは名前も似てる!こういうやり取りは平和でいいね。H先生に感謝。


                  


181130_IMG_8434.jpg2018.11.30 Friday
仕事で送られたファイルを外出時に確認したくても、ガラケー時代はjpgなどの画像ファイルしか見られなかったけど、それがスマホになり、pdfからついにはOfficeまで見られるようになり、便利だわーと感動したものでした。しかし、たったひとつ、zipファイルだけはお手上げだったのが、ついについに、zipまで見られるように♡

下の方の「内容をプレビュー」をクリックすると、中身が見られるのですわよ。拡大も出来るんですよ、ちょっとすごいよこれは!もはや無敵ですな。フリーランス、ノマドワーカー万歳。

2018.11.29 Thursday
♪チビタのおでん チビタのおでん チビタのおでんはサークルK!も明日で終わり。
たかがコンビニされどコンビニ。地場のお店が無くなるのは寂しいなぁ。


                  


11/22(木)〜11/24(土)カレー曜日まっ最中。
普通カレーからスクランブルエッグ、目玉のせ、トンカツ(初・熟成豚肉)、そして〆はカレーうどん。
なぜかイベントでもカレーを振舞われる。さすがお店の味!
181122_181124_IMG_8181.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

雑記。11/21〜24あたり。世間はさつき氏の写真問題からゴーン逮捕へ。

181124_IMG_8145.JPGしばらく日記を書いていなかったので、結構色々たまっている。
しかし最近、いろいろあってFBも書いていないので
このままいくとホント何してたかわかんなくなるので
やっぱメモ代わりにFBはつけとけ!と思う。

2018.11.24 Saturday
三ツ川マルシェ。宮田センセが撮影班として、活躍!

ですが、何故か休憩中だけ撮り、あとは自分の買い物に夢中で
撮影する姿撮り損ねたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

カレーもコーヒーも美味しく、無農薬で新鮮な野菜と
手作りオリーブ石鹸と、それから、一目惚れしてスカート二枚
買っちゃったけど、それはナイショ。ふふふ。


       


181025_nagoya_urban_institute02s.jpg2018.11.23 Friday
【奈良少年刑務所・改装前最後の一般公開】
重要文化財指定されている奈良少年刑務所は、レンガ造りの重厚な建物で、
監獄ホテルとして生まれ変わることになり
刑務所の形のままの姿を見られるのは、この週末が最後だそうです。
この三連休、よろしければ、足を運んでみて下さい♡
(私は行けず残念です)

先日宮田の写真を展示していただいた「名古屋都市センター」の冊子に
宮田が行った夏のジオラマワークショップの様子が掲載されましたが
その隣に、奈良少年刑務所が舞台となった「写真集 美しい刑務所」
(寮美千子/上條道夫・西日本出版社)が紹介されていて、
うれしくなりました。
著者であり作家の寮美千子さんは、詩の創作を通じて受刑者と交流する活動をされています。
写真撮影は宮田も尊敬する森山大道氏に師事された上條道夫さん。


                  


2018.11.24 Saturday
ペンネームを使って生きていると特に、本名の自分との間に乖離を感じるものだ。
本当の自分は地味で、非社交的で、ネガティブで、人から興味なんて持たれない、つまんないやつだって思う。
しかし、最近、イラストの仕事のことを何も知らない人から「すごくオシャレですよね。
ファッション関係のお仕事されてるんですか?」と尋ねられた。
帽子もかぶらず、すごく地味にしてたんだけど!久々にうれしかった(単純)。
      
そういえば、東京にいた頃はもっと尖がったファッションだったせいか、帽子の学校で「芸能人ですか?」と
聞かれたことがあって、それは驚いた。
「芸能人?芸人の間違いじゃなくて?」と思わずツッコミを入れたけど、今でも覚えてるんだから、うれしかったのねー。
にゃはは。
(しかし、よくよく考えると、「芸能人ですか?」と聞かれる時点で「売れてない」ってことだよね、という自己ツッコミも入れてみたり。)


                  


2018.11.21 Wednesday
ひとりで電車に乗ると大抵本を読むのだけど、思わず車内にどれくらい本を読んでる人がいるか、見まわしてしまう。
今日は隣に座ったおじいさまも読書中。その隣の少年は残念ながらゲームに夢中、
だけどそのまた隣の少年は活字の本を読んでる!向かいで読書する人もおじいさま。
車内で本を読むのは、おじいかおばば(私)か小学生だけ。頑張れ、少年よ、20代になっても本を読み続けておくれ。


                  


11/18(日)〜11/22(木)
あとで振り帰ってみると、この辺りから、なんか疲れが取れなくなって
少し前みたいに食事の支度を頑張れなくなってきていた。
ちょっとイロイロと重なって、ストレスがたまっていたのだと思う。
本文にもあるけど、そのほとんどは、今では解決済み。
最後の方は夫のつくったカレーで、しばらくカレー週間が続く。
181118_181119_IMG_8050.JPG181120_181122_IMG_8180.JPG
ふと気づくと、こんなことを鍵付きでつぶやいている自分が居た。もう今はこんな風に思わないけどね。
「最近、周り中に気を遣いまくりながら行きているような気がして、いろいろめんどくさくなって冬眠したくなる。
自分が20代ならこんなこと感じないんだろうけど、この歳になっても社会的なヒエラルキーの最下層にいて
よほどの逆転ホームランを打たない限り、それは打開できそうにないと思うと、山で穴掘りたくなるのだ。」
「当たり前のことを言うという当たり前のことをすると関係性が悪くなるというのか当たり前
という面倒な出来事が山盛りで疲れた。冬眠したい。」
ああしかし、いいかも冬眠。起きる頃には痩せていそうだし(そっちか!)。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

「ある男」(平野 啓一郎)


先月の終わりから、今月にかけて「ある小説」にはまっていた。それが「ある男」(平野 啓一郎)である。
平野氏曰く「読み出すと止まらない小説」ではなく「いつまでも読む終わることなく、その世界に浸っていたい小説」を
目指しているとあるけれど、本作においては、少なくとも私には成功していると言える。
最後の部分、何度も読み返して、何度も泣き、そのまま、この世界と自分の世界の境界が曖昧になりそうだった。

平野氏の「人の描き方」のこの丁寧さは何だろう。あまりに巧みで、まるでその場にその人がいるかのようなのに
技巧に走る訳ではなく、あくまでも真摯にどこまでも文学的に格調高く正統派なのだ。

実は主人公にはあまり共感しなかったのだけど、どんな恵まれているように見える人にも、そのバックヤードには
何かしらあるモノだという例えには、ちょうどよい人物なのだと思った。
背景に何かある人(主人公)、家庭に問題がある人(T)、自分の預かり知らぬところで不幸を背負わされている人(X)
この3人が主に登場し、主人公とXには妻が、Tには元恋人がいて、主人公はそのそれぞれの女性ともかかわりを持つ。

幸せって何だろう。
人はいつだって過去との比較で生きている。
その半生を理不尽な不幸で踏みにじられた男が、とある方法で人生をやり直す。
その結果、彼は唯一無二の極上の幸せを手に入れる。

ただ妻が居て子供が居て、そんなありきたりな、他の人にとっては「退屈」と言えるかもしれないその生活が
彼にとってはどれほど素晴らしいものだったか。

田舎の小さな会社で、実直に真面目に働いて、その地域に少しずつ溶け込んで行ったこと。
彼自身はそれまでと同じようにしてきたのに、ようやく静かな生活を手に入れられた、そんな些細なことが
彼にとってはどれほどかけがえないことだったか。

慎ましく慎ましく生きて幸せを手に入れたその姿が、身近な人と重なって、胸を打たれた。
名作だと思う。久しぶりに読んで良かったと思える作品に出会えた。


                  


2018.11.29 Thursday
いつも楽しみにしている「The Walking Dead」のSeason9前半が終わった。
今回の目玉は、実は見ているだけでは気づかなかったんだけど、知らない間に
主人公のリックと、Season2から出演しているメイン中のメインキャラ・マギーが降板していたこと。
(ネットで調べて知った。そうじゃなかったら、再登場を待ち続けただろうなー)

主人公がここでまさかの降板!まぁこの番組の場合、主人公より圧倒的に人気のあるキャラ・ダリルがいるから
こういうこともありえるんだろうけど、それにしてもビックリ。
しかも、終わらせ方が微妙。。。まだ原作では生きている主人公を死なせるのは忍びなかったのかもしれないけど
それにしても、この退場でこのまま出てこないって。。。どーゆーこと?

それにしても、漫画家の好きに描ける原作コミックと違って、人間が演じるドラマは、いろいろ大人の事情があって大変。
英国人であるリック役のアンドリューは、単身赴任で撮影を続けるのが限界だったようだし
マギー役のローレンは他のドラマの主役に抜擢されたのと、ギャラの交渉に失敗したせいだと言われてるそうだ。

事情がオトナな分、マギーの降板は唐突で、7話までは出ていたのに、8話になったら急によその土地に行っていた。
まだ最後の見せ場があって、リックはよかったねー。
しかし、すでに亡くなった仲間がたくさんリックの幻影?に登場したけど、一番肝心のカールが登場しなかったのは
彼の降板もひと悶着遭ったからなんだろう。ひさびさにシェーンが登場して、ジュディスが彼の子なのは
何かもう周知の事実なんだなー。

そして、ひさびさに「ウォーカーが怖い」って思う展開に。思えば農場辺りまではマジでウォーカー怖かったもんね。
3でガバナーが登場したあたりから「いや、人間の方が怖いよね?」ってなってきてたんだよね。

そうそう、ショックなのは、ジーザスが死んだこと。イケメンで身体能力も高くて、自分なりの哲学も持ってて
いうことナシの人で、もっと活躍するかと思ったのに、なんかいつも追跡とかしてるだけで
全然見せ場なかったよね?って思ってたんだよね。ダリルは人気かも知れないけど、ダリル優遇し過ぎじゃね?
その点ジーザス役のトムもずっと不満だったみたい。

最後に鮮やかなアクションシーンだけ残して、なぜかウォーカーに刺されて死んだ。
実はそのウォーカーはウォーカーの皮をかぶった人間だったのよね。想像しただけで気持ち悪いけど。
感染しないのかな?

そんな奴らに囲まれるミショーンとダリル、アーロンと新入りふたり(一人はユミコって名前の日系人)。
いつの間にかカップルになった神父とロジータ。ウォーカーも殺せるようになったユージーン。
その神父がうっかり牢の鍵を閉め忘れて(二回目か?)、ニーガンは逃げ出してしまう。
絶体絶命だわ!
そんなわけで、次は2月かー。待ち遠しい!!


                  


2018.11.26 Monday
最近、大小複数の「ちょっとめんどくさい事態」に巻き込まれていたのだけど、思いがけず、ひとつイイ感じに前進した。
そこそこ長い付き合いでも信頼が裏切られることもあれば、短い付き合いでも何かを察して動いてくれる人もいる。
ひとまず、待つしかない案件もひとつ、いやふたつか。
人生というのは一筋縄ではいかないことだらけだけど、だからこそ面白いのだ、と哲学者のように思うことにする。

追記:さらにひとつふたつと進展して、ますます好転していっていて、何だかあんなに悩んだのがウソみたい。


2018.11.28 Wednesday
久しぶりにコンペ以外の新規の仕事の依頼が来た。私がOKしさえすれば、仕事が決まるというのは、なんてありがたいのだ、と思う。


                  


11/14(水)〜11/17(土)割とジャンクな平日と金曜夜の寿司と、反動でめっちゃ料理した週末。
181114_181116_IMG_7524.JPG181116_181117_IMG_7534.JPG
食べた寿司・・・天然ぶり・さわら・活しまあじ・北陸えび三点盛(がすえび・白えび軍艦・生甘えび)・光物三点盛(あじ・こはだ・真いわし)・天然平目縁側・ぶりとろ・カワハギ(肝つき)・生サーモン・赤いか三点盛(身・耳・ゲソ)・ねぎとろ細まき

活しまあじとカワハギがうまかった。カワハギの肝、フォアグラみたい。そして光物とエビは安定の美味しさ。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜

181120_IMG_8046.JPG181120_IMG_8047.JPG2018.11.20 Tuesday
「MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜」を見てきました。
NHK朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックで使用されたことで一躍有名になった田中氏。ミニチュア作家なのか?と思いきや、そうではなく、「ミニチュア写真家」「見立て作家」だそうで。「見立て」とは、いかに?
誰もが子どもの頃、身近なものを何かに見立てて遊んだ記憶が原点。本を建物に、ミカンをドームやUFOに、ブロッコリーを木に。アイデア次第でどんどん世界は広がります。すんごく楽しかった!カラフルな作品もたくさんありましたが、私は割とシックな作品が好きでした。
     
ネタバレになりますが、一番のお気に入りは、右上の音符をせっせと掘る「隠れた名曲を掘り起こす」と真ん中のプラスキーを葬る「死んでもプラス思考」でした。上の9枚の中では、右下の「リンゴ・スター」だけ、ちょっとカラフル。

最後に「ひよっこ」タイトルバックで使われたセットが展示してあり、穴から覗くと景色にしか見えないのに、実際に並んでいたのはお弁当箱などの雑貨類。「見立て」楽しい!

下の9枚は、会場に写真用のセットとして作られてたブロッコリーと、入り口近くで撮ったオットが何故かミニチュアに見えたり、唯一見立ての世界に入り込んで撮れるスポットで撮ったもの。それと、身近な文房具を見立てたもの。

田中氏の創作のヒミツにも触れていて、アイデアをメモったり、たくさんのミニチュア人形や食品サンプル、ボタンなどの日常品を常備し、それに加工を加えて作品としたりする様子は、ホント、マメだなぁ。。。でも楽しくて仕方がないんだろうなぁ。コレクションやアプローチはドールハウスに似てるけど、ドールハウスのように「そのものの縮小した形を再現」するのではなく、「そのままで他のものに見せる」手法は、ホント鮮やか。

なんか大きな刺激を受けました!二人での創作の世界を模索するきっかけになりそう。今年はそんな展示に出会うことが多かったなぁ。Tupera Tupera展とか。頑張ろう!!

MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜
2018年10月5日(金)〜11月25日(日)テレピアホール
http://miniature-calendar.com/exhibition/
クロワッサンが青空に浮かぶ雲に、ブロッコリーが大きな木に、プリンが南の島に…。
ミニチュア写真家・田中達也は、日常のものを題材にして見立てた写真作品を、2011年から一日も休むことなくインターネット上で発表しています。
その作品世界は、思わずくすっと笑ってしまったり、さすが!と唸ってしまうような楽しいものばかり。なんとSNSのフォロワーは海外を含め140万人を超え、さらに増え続けています。(2018年7月現在)
2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当し、
現在もっとも旬なアーティストとして活躍の場を広げています。
展覧会では、代表作品より写真を100点、作品を30点、合わせて約130点を選りすぐり、実物のミニチュア作品も展覧します。

主催:東海テレビ放送、中日新聞社
企画制作:NHKサービスセンター、株式会社CoCo
企画協力:株式会社MINIATURE LIFE
お問合せ:東海テレビ放送 事業部 052-954-1107(平日10:00〜18:00
miniature_life-1.jpgminiature_life-2.jpg


                  


11/11(日)〜11/13(火)もうメロンは終わり(味がほぼほぼ瓜なんだもん)。
今年は柿とリンゴをよく食べる秋なんだけど、ようやく和の梨(南水)が買えた。なんてみずみずしいのだ〜♡
181111_181113_IMG_7442.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

秋が行く。

181120_IMG_7638.JPG2018.11.20 Tuesday
来週から始まる千駄ヶ谷の「ランドリーグラフィックスギャラリー」さんでの展示「私のお気に入り」展に向けて作ったポスターが、デザイナーの宮坂佳枝さんから届きました!ステキな仕上がりにワクワク♡
今回、元ピチカートファイブのボーカルで渋谷系のアイコンとして一世を風靡した野宮真貴さんをお招きしての展示です。最終日のシークレットライブで野宮さんにお会いできるのだけが、今の私の楽しみ!
11/26スタートです!残念ながら私は在廊できませんが、よろしければポスターに会いに来てやってください!
詳細:http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/flyer/eid191.html


                  


181118_IMG_7637.JPG2018.11.19 Monday
名古屋の秋の風物詩「やっとかめ文化祭」フィナーレ。
いろいろお久しぶり!な人に会えて楽しかった。
2012年春に宮田と三人で一緒に市場の冊子を作った森田さんからお酒を買い、スナックマリコで絶品つまみを買い、先日「水曜日のDT」に登場したみっきー(写真撮り損ねた)や未だに私を「帽子作家」と紹介するうーなちゃんや、名工大の伊藤先生、着物姿なのにロックな舞海さんとスペシャルゲストのKeiko Leeさんなどなど。
建築家の伊藤先生のこの日の中日ビルをめぐる寺子屋が気付いたら満席だったと訴えると、早々に埋まったとのこと。でもまだ話したりないので、もう一回やってもいいよ、事務局に言っといて、とおっしゃるので、事務局にも伝えましたが、中日ビルクローズの3月までに、どこかで実現しないかしら〜!?
なんというか、やっとかめが終わると、名古屋の秋が終わる。そんなここ数年。。。。2014年には私もこの黄色い法被で大使をやってたのねん。ああ懐かしい。。。そしてこの3月に閉館する中日ビル屋上に上がれるのもこれが最後!これがテレビ塔をここから見る見納めなのでした。


                  


もうじきに12月。もう一年も終わりかー、と思う。
今年は小さい仕事がガクッと減って、その代わりに今まではとても声のかからなかった
大きな案件のコンペの話がちょくちょくやってきた。
しかしことごとく落ちたので、実績としては、何も残ってない。。。。
これは進歩なのかな。小物から大物になるためには必ず通る過渡期なのか。

個性の強い絵を描くと、仕事自体はガクッと減る気がする。
それでも、パレットの原田先生の個展でスタッフの方と話して、原田先生が願っていたこと
「消費されるだけのイラストレーターにはなって欲しくない」
という想いを考えると、やっぱりこれで正しいのだと思う。

そして、今日ある何人かの人と話して感じたのは、いつか一緒に仕事したいとのんびり構えていて
それが通じる場合もあれば、通じない場合もあるってこと。
状況は刻一刻と変わっていく。気持ちだけではどうしようもないこともあるのだ。

それともう一つ。
落ちたコンペの結果を今日たまたま人がFBに上げてて知ったんだけど、なんかモロ
「クールJapan=マンガ」という図式で作られてて、まぁこういう流れなのかな、と思った。
デザインだけなら、絶対こっちの方が良かったと思う。

悔しいけど、正統派のイラストレーションは、もう過去のものになりつつあるんだろーか。
いやそんなはずはない。
私は漫画家だけど、イラストレーターとしての立ち位置は「絵師」ではなく「イラストレーター」でありたい。

#仕事の流儀 #イラストレーターの仕事


                  


11/10(土)〜11/11(日)金山からの円頓寺パリ祭、お家でワタリガニパスタ。
181110_181111_IMG_7406.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

ファッションイラスト?

181016_23140536_IMG_4157_23183319_IMG_8189_web_w2.jpg2018.11.13 Tuesday
年末の展示のテーマが「野宮真貴」さんなので
10月はそのイメージでガシガシイラストを描いていた。
どういう評価を受けるかは分からないけど
ちょっとしばらく、この感じで描いていこうかと思う。
思うところあって、しばらくはイラストを売り込む
とかは考えず、ひたすら無心で描いていこうかと。
ただ絵が好きで描いていた頃に戻りたい。
その頃描いてた絵って、こういう女の子の絵だった。
181114_after1.jpg181114_before1.jpg

2014年に、幼なじみの華房流家元・華房小真ちゃんに再会したんだけど
会うたびに彼女は「昔から絵うまかったもんね。私今でも描いた絵持ってるよ」と言うのだけど
一体どんな絵〜??見たいような見たくないような。。。ドキドキものなのだった。


                  


今年も残すところ1ヶ月半。いやはやあっという間の一年だった。
今年一番感慨深いのは、年頭と夏の初めと秋の初めに、とある職業の方に結構理不尽な扱いを受けたこと。
なんかもうその職業の人全員嫌いになりそうなくらいのダメージで。
そりゃ三回だもんね。キライにもなりますさ。

んでも、今年最後に、その職業の人の温かな気づかいややさしさで救われた。
何とか、嫌いにならずに済みそう。

まぁそれでも、いろいろ考えるきっかけになったのはよかった。
私は果たして、その職業の人たちと関わらなければならないような仕事をしたいのかと考えたら
そういうわけでもないとわかったからだ。
残された時間はそんなに長くはないと思えば、好きな仕事しかしたくないよね、と思うのだった。


                  


181113_IMG_7407.JPG2018.11.13 Tuesday
相変わらず食べることばかり考えている私。先日つくったワタリガニのパスタが美味し過ぎて、写真見ただけで、よだれが。。。ワタリガニってだしだけで、食べるとこないっていうけど、これはすごく身がトロリと甘くて、無言で食べてました。実はまだ二杯分冷凍してあるんだもんね。楽しみ楽しみ♡

2018.11.12 Monday
テレビで林先生が言ってたんだけど、現代において人付き合いのやり方は、二種類あって「ルフィ型」と「ケンシロウ型」。前者は「とにかく仲間になる」後者は「とにかく一人で行く」なんだそう。私はどー考えても「ルフィ型」ではないので、「ケンシロウ型」で行こうと思った。一人で自分として立って頑張っていれば、自然と人が寄ってくるというもの。それと同時に、先日あるとても信頼している方から「もっと旦那さんの代わりに営業した方がいい」と言われたののもあり、今後は自分自身より、宮田のサポートやマネージメントに力を入れて行きたいと思っています。正確に言えば、「とにかく二人で行く」というのが私たちの場合正しい。ひとりではいかんともしがたくても、二人口なら何とか食べて行けるでしょう。



                  


11/5(月)〜11/9(金)
おいしい柿やパイナップルもたくさん買い込んで、サングリアに漬け込んでみた。
本当は一晩漬け込むものだけど、明らかにワインが目減りするのがもったいなく(ああ貧乏性。。。)
2〜3時間ほどで取り出してみたけど、結構漬かってる。それにワインの浸みたフルーツがめちゃ美味しい!
今年は柿の当たり年で、どれもめちゃくちゃおいしいし、柿ジャムまで買い込んで、なんかリッチ。
181105_181107_IMG_7151.JPG181107_181109_IMG_7326.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/32 >>