「ある男」(平野 啓一郎)


先月の終わりから、今月にかけて「ある小説」にはまっていた。それが「ある男」(平野 啓一郎)である。
平野氏曰く「読み出すと止まらない小説」ではなく「いつまでも読む終わることなく、その世界に浸っていたい小説」を
目指しているとあるけれど、本作においては、少なくとも私には成功していると言える。
最後の部分、何度も読み返して、何度も泣き、そのまま、この世界と自分の世界の境界が曖昧になりそうだった。

平野氏の「人の描き方」のこの丁寧さは何だろう。あまりに巧みで、まるでその場にその人がいるかのようなのに
技巧に走る訳ではなく、あくまでも真摯にどこまでも文学的に格調高く正統派なのだ。

実は主人公にはあまり共感しなかったのだけど、どんな恵まれているように見える人にも、そのバックヤードには
何かしらあるモノだという例えには、ちょうどよい人物なのだと思った。
背景に何かある人(主人公)、家庭に問題がある人(T)、自分の預かり知らぬところで不幸を背負わされている人(X)
この3人が主に登場し、主人公とXには妻が、Tには元恋人がいて、主人公はそのそれぞれの女性ともかかわりを持つ。

幸せって何だろう。
人はいつだって過去との比較で生きている。
その半生を理不尽な不幸で踏みにじられた男が、とある方法で人生をやり直す。
その結果、彼は唯一無二の極上の幸せを手に入れる。

ただ妻が居て子供が居て、そんなありきたりな、他の人にとっては「退屈」と言えるかもしれないその生活が
彼にとってはどれほど素晴らしいものだったか。

田舎の小さな会社で、実直に真面目に働いて、その地域に少しずつ溶け込んで行ったこと。
彼自身はそれまでと同じようにしてきたのに、ようやく静かな生活を手に入れられた、そんな些細なことが
彼にとってはどれほどかけがえないことだったか。

慎ましく慎ましく生きて幸せを手に入れたその姿が、身近な人と重なって、胸を打たれた。
名作だと思う。久しぶりに読んで良かったと思える作品に出会えた。


                  


2018.11.29 Thursday
いつも楽しみにしている「The Walking Dead」のSeason9前半が終わった。
今回の目玉は、実は見ているだけでは気づかなかったんだけど、知らない間に
主人公のリックと、Season2から出演しているメイン中のメインキャラ・マギーが降板していたこと。
(ネットで調べて知った。そうじゃなかったら、再登場を待ち続けただろうなー)

主人公がここでまさかの降板!まぁこの番組の場合、主人公より圧倒的に人気のあるキャラ・ダリルがいるから
こういうこともありえるんだろうけど、それにしてもビックリ。
しかも、終わらせ方が微妙。。。まだ原作では生きている主人公を死なせるのは忍びなかったのかもしれないけど
それにしても、この退場でこのまま出てこないって。。。どーゆーこと?

それにしても、漫画家の好きに描ける原作コミックと違って、人間が演じるドラマは、いろいろ大人の事情があって大変。
英国人であるリック役のアンドリューは、単身赴任で撮影を続けるのが限界だったようだし
マギー役のローレンは他のドラマの主役に抜擢されたのと、ギャラの交渉に失敗したせいだと言われてるそうだ。

事情がオトナな分、マギーの降板は唐突で、7話までは出ていたのに、8話になったら急によその土地に行っていた。
まだ最後の見せ場があって、リックはよかったねー。
しかし、すでに亡くなった仲間がたくさんリックの幻影?に登場したけど、一番肝心のカールが登場しなかったのは
彼の降板もひと悶着遭ったからなんだろう。ひさびさにシェーンが登場して、ジュディスが彼の子なのは
何かもう周知の事実なんだなー。

そして、ひさびさに「ウォーカーが怖い」って思う展開に。思えば農場辺りまではマジでウォーカー怖かったもんね。
3でガバナーが登場したあたりから「いや、人間の方が怖いよね?」ってなってきてたんだよね。

そうそう、ショックなのは、ジーザスが死んだこと。イケメンで身体能力も高くて、自分なりの哲学も持ってて
いうことナシの人で、もっと活躍するかと思ったのに、なんかいつも追跡とかしてるだけで
全然見せ場なかったよね?って思ってたんだよね。ダリルは人気かも知れないけど、ダリル優遇し過ぎじゃね?
その点ジーザス役のトムもずっと不満だったみたい。

最後に鮮やかなアクションシーンだけ残して、なぜかウォーカーに刺されて死んだ。
実はそのウォーカーはウォーカーの皮をかぶった人間だったのよね。想像しただけで気持ち悪いけど。
感染しないのかな?

そんな奴らに囲まれるミショーンとダリル、アーロンと新入りふたり(一人はユミコって名前の日系人)。
いつの間にかカップルになった神父とロジータ。ウォーカーも殺せるようになったユージーン。
その神父がうっかり牢の鍵を閉め忘れて(二回目か?)、ニーガンは逃げ出してしまう。
絶体絶命だわ!
そんなわけで、次は2月かー。待ち遠しい!!


                  


2018.11.26 Monday
最近、大小複数の「ちょっとめんどくさい事態」に巻き込まれていたのだけど、思いがけず、ひとつイイ感じに前進した。
そこそこ長い付き合いでも信頼が裏切られることもあれば、短い付き合いでも何かを察して動いてくれる人もいる。
ひとまず、待つしかない案件もひとつ、いやふたつか。
人生というのは一筋縄ではいかないことだらけだけど、だからこそ面白いのだ、と哲学者のように思うことにする。

追記:さらにひとつふたつと進展して、ますます好転していっていて、何だかあんなに悩んだのがウソみたい。


2018.11.28 Wednesday
久しぶりにコンペ以外の新規の仕事の依頼が来た。私がOKしさえすれば、仕事が決まるというのは、なんてありがたいのだ、と思う。


                  


11/14(水)〜11/17(土)割とジャンクな平日と金曜夜の寿司と、反動でめっちゃ料理した週末。
181114_181116_IMG_7524.JPG181116_181117_IMG_7534.JPG
食べた寿司・・・天然ぶり・さわら・活しまあじ・北陸えび三点盛(がすえび・白えび軍艦・生甘えび)・光物三点盛(あじ・こはだ・真いわし)・天然平目縁側・ぶりとろ・カワハギ(肝つき)・生サーモン・赤いか三点盛(身・耳・ゲソ)・ねぎとろ細まき

活しまあじとカワハギがうまかった。カワハギの肝、フォアグラみたい。そして光物とエビは安定の美味しさ。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜

181120_IMG_8046.JPG181120_IMG_8047.JPG2018.11.20 Tuesday
「MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜」を見てきました。
NHK朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックで使用されたことで一躍有名になった田中氏。ミニチュア作家なのか?と思いきや、そうではなく、「ミニチュア写真家」「見立て作家」だそうで。「見立て」とは、いかに?
誰もが子どもの頃、身近なものを何かに見立てて遊んだ記憶が原点。本を建物に、ミカンをドームやUFOに、ブロッコリーを木に。アイデア次第でどんどん世界は広がります。すんごく楽しかった!カラフルな作品もたくさんありましたが、私は割とシックな作品が好きでした。
     
ネタバレになりますが、一番のお気に入りは、右上の音符をせっせと掘る「隠れた名曲を掘り起こす」と真ん中のプラスキーを葬る「死んでもプラス思考」でした。上の9枚の中では、右下の「リンゴ・スター」だけ、ちょっとカラフル。

最後に「ひよっこ」タイトルバックで使われたセットが展示してあり、穴から覗くと景色にしか見えないのに、実際に並んでいたのはお弁当箱などの雑貨類。「見立て」楽しい!

下の9枚は、会場に写真用のセットとして作られてたブロッコリーと、入り口近くで撮ったオットが何故かミニチュアに見えたり、唯一見立ての世界に入り込んで撮れるスポットで撮ったもの。それと、身近な文房具を見立てたもの。

田中氏の創作のヒミツにも触れていて、アイデアをメモったり、たくさんのミニチュア人形や食品サンプル、ボタンなどの日常品を常備し、それに加工を加えて作品としたりする様子は、ホント、マメだなぁ。。。でも楽しくて仕方がないんだろうなぁ。コレクションやアプローチはドールハウスに似てるけど、ドールハウスのように「そのものの縮小した形を再現」するのではなく、「そのままで他のものに見せる」手法は、ホント鮮やか。

なんか大きな刺激を受けました!二人での創作の世界を模索するきっかけになりそう。今年はそんな展示に出会うことが多かったなぁ。Tupera Tupera展とか。頑張ろう!!

MINIATURE LIFE展〜田中達也 見立ての世界〜
2018年10月5日(金)〜11月25日(日)テレピアホール
http://miniature-calendar.com/exhibition/
クロワッサンが青空に浮かぶ雲に、ブロッコリーが大きな木に、プリンが南の島に…。
ミニチュア写真家・田中達也は、日常のものを題材にして見立てた写真作品を、2011年から一日も休むことなくインターネット上で発表しています。
その作品世界は、思わずくすっと笑ってしまったり、さすが!と唸ってしまうような楽しいものばかり。なんとSNSのフォロワーは海外を含め140万人を超え、さらに増え続けています。(2018年7月現在)
2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当し、
現在もっとも旬なアーティストとして活躍の場を広げています。
展覧会では、代表作品より写真を100点、作品を30点、合わせて約130点を選りすぐり、実物のミニチュア作品も展覧します。

主催:東海テレビ放送、中日新聞社
企画制作:NHKサービスセンター、株式会社CoCo
企画協力:株式会社MINIATURE LIFE
お問合せ:東海テレビ放送 事業部 052-954-1107(平日10:00〜18:00
miniature_life-1.jpgminiature_life-2.jpg


                  


11/11(日)〜11/13(火)もうメロンは終わり(味がほぼほぼ瓜なんだもん)。
今年は柿とリンゴをよく食べる秋なんだけど、ようやく和の梨(南水)が買えた。なんてみずみずしいのだ〜♡
181111_181113_IMG_7442.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

秋が行く。

181120_IMG_7638.JPG2018.11.20 Tuesday
来週から始まる千駄ヶ谷の「ランドリーグラフィックスギャラリー」さんでの展示「私のお気に入り」展に向けて作ったポスターが、デザイナーの宮坂佳枝さんから届きました!ステキな仕上がりにワクワク♡
今回、元ピチカートファイブのボーカルで渋谷系のアイコンとして一世を風靡した野宮真貴さんをお招きしての展示です。最終日のシークレットライブで野宮さんにお会いできるのだけが、今の私の楽しみ!
11/26スタートです!残念ながら私は在廊できませんが、よろしければポスターに会いに来てやってください!
詳細:http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/flyer/eid191.html


                  


181118_IMG_7637.JPG2018.11.19 Monday
名古屋の秋の風物詩「やっとかめ文化祭」フィナーレ。
いろいろお久しぶり!な人に会えて楽しかった。
2012年春に宮田と三人で一緒に市場の冊子を作った森田さんからお酒を買い、スナックマリコで絶品つまみを買い、先日「水曜日のDT」に登場したみっきー(写真撮り損ねた)や未だに私を「帽子作家」と紹介するうーなちゃんや、名工大の伊藤先生、着物姿なのにロックな舞海さんとスペシャルゲストのKeiko Leeさんなどなど。
建築家の伊藤先生のこの日の中日ビルをめぐる寺子屋が気付いたら満席だったと訴えると、早々に埋まったとのこと。でもまだ話したりないので、もう一回やってもいいよ、事務局に言っといて、とおっしゃるので、事務局にも伝えましたが、中日ビルクローズの3月までに、どこかで実現しないかしら〜!?
なんというか、やっとかめが終わると、名古屋の秋が終わる。そんなここ数年。。。。2014年には私もこの黄色い法被で大使をやってたのねん。ああ懐かしい。。。そしてこの3月に閉館する中日ビル屋上に上がれるのもこれが最後!これがテレビ塔をここから見る見納めなのでした。


                  


もうじきに12月。もう一年も終わりかー、と思う。
今年は小さい仕事がガクッと減って、その代わりに今まではとても声のかからなかった
大きな案件のコンペの話がちょくちょくやってきた。
しかしことごとく落ちたので、実績としては、何も残ってない。。。。
これは進歩なのかな。小物から大物になるためには必ず通る過渡期なのか。

個性の強い絵を描くと、仕事自体はガクッと減る気がする。
それでも、パレットの原田先生の個展でスタッフの方と話して、原田先生が願っていたこと
「消費されるだけのイラストレーターにはなって欲しくない」
という想いを考えると、やっぱりこれで正しいのだと思う。

そして、今日ある何人かの人と話して感じたのは、いつか一緒に仕事したいとのんびり構えていて
それが通じる場合もあれば、通じない場合もあるってこと。
状況は刻一刻と変わっていく。気持ちだけではどうしようもないこともあるのだ。

それともう一つ。
落ちたコンペの結果を今日たまたま人がFBに上げてて知ったんだけど、なんかモロ
「クールJapan=マンガ」という図式で作られてて、まぁこういう流れなのかな、と思った。
デザインだけなら、絶対こっちの方が良かったと思う。

悔しいけど、正統派のイラストレーションは、もう過去のものになりつつあるんだろーか。
いやそんなはずはない。
私は漫画家だけど、イラストレーターとしての立ち位置は「絵師」ではなく「イラストレーター」でありたい。

#仕事の流儀 #イラストレーターの仕事


                  


11/10(土)〜11/11(日)金山からの円頓寺パリ祭、お家でワタリガニパスタ。
181110_181111_IMG_7406.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

ファッションイラスト?

181016_23140536_IMG_4157_23183319_IMG_8189_web_w2.jpg2018.11.13 Tuesday
年末の展示のテーマが「野宮真貴」さんなので
10月はそのイメージでガシガシイラストを描いていた。
どういう評価を受けるかは分からないけど
ちょっとしばらく、この感じで描いていこうかと思う。
思うところあって、しばらくはイラストを売り込む
とかは考えず、ひたすら無心で描いていこうかと。
ただ絵が好きで描いていた頃に戻りたい。
その頃描いてた絵って、こういう女の子の絵だった。
181114_after1.jpg181114_before1.jpg

2014年に、幼なじみの華房流家元・華房小真ちゃんに再会したんだけど
会うたびに彼女は「昔から絵うまかったもんね。私今でも描いた絵持ってるよ」と言うのだけど
一体どんな絵〜??見たいような見たくないような。。。ドキドキものなのだった。


                  


今年も残すところ1ヶ月半。いやはやあっという間の一年だった。
今年一番感慨深いのは、年頭と夏の初めと秋の初めに、とある職業の方に結構理不尽な扱いを受けたこと。
なんかもうその職業の人全員嫌いになりそうなくらいのダメージで。
そりゃ三回だもんね。キライにもなりますさ。

んでも、今年最後に、その職業の人の温かな気づかいややさしさで救われた。
何とか、嫌いにならずに済みそう。

まぁそれでも、いろいろ考えるきっかけになったのはよかった。
私は果たして、その職業の人たちと関わらなければならないような仕事をしたいのかと考えたら
そういうわけでもないとわかったからだ。
残された時間はそんなに長くはないと思えば、好きな仕事しかしたくないよね、と思うのだった。


                  


181113_IMG_7407.JPG2018.11.13 Tuesday
相変わらず食べることばかり考えている私。先日つくったワタリガニのパスタが美味し過ぎて、写真見ただけで、よだれが。。。ワタリガニってだしだけで、食べるとこないっていうけど、これはすごく身がトロリと甘くて、無言で食べてました。実はまだ二杯分冷凍してあるんだもんね。楽しみ楽しみ♡

2018.11.12 Monday
テレビで林先生が言ってたんだけど、現代において人付き合いのやり方は、二種類あって「ルフィ型」と「ケンシロウ型」。前者は「とにかく仲間になる」後者は「とにかく一人で行く」なんだそう。私はどー考えても「ルフィ型」ではないので、「ケンシロウ型」で行こうと思った。一人で自分として立って頑張っていれば、自然と人が寄ってくるというもの。それと同時に、先日あるとても信頼している方から「もっと旦那さんの代わりに営業した方がいい」と言われたののもあり、今後は自分自身より、宮田のサポートやマネージメントに力を入れて行きたいと思っています。正確に言えば、「とにかく二人で行く」というのが私たちの場合正しい。ひとりではいかんともしがたくても、二人口なら何とか食べて行けるでしょう。



                  


11/5(月)〜11/9(金)
おいしい柿やパイナップルもたくさん買い込んで、サングリアに漬け込んでみた。
本当は一晩漬け込むものだけど、明らかにワインが目減りするのがもったいなく(ああ貧乏性。。。)
2〜3時間ほどで取り出してみたけど、結構漬かってる。それにワインの浸みたフルーツがめちゃ美味しい!
今年は柿の当たり年で、どれもめちゃくちゃおいしいし、柿ジャムまで買い込んで、なんかリッチ。
181105_181107_IMG_7151.JPG181107_181109_IMG_7326.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

地元愛。

181110_IMG_7323.JPG181110_IMG_7321.jpg2018.11.10 Saturday
名古屋都市センターさまでの宮田のお仕事、夏から
「ジオラマ撮影」「ワークショップ」「展示」と行い
ついに11日には展示最終日を迎えました。
普段のスナップとはまた違った「資料写真」ですが
改めてジオラマ写真で見る名古屋の街は、不思議に
楽しかったです。

そして、都市センターの入っているこのビルは25年前に
私がゼネコンでCADオペをしていたころ設計に携わって
いたので、20年前に完成して、ボストン美術館が入って
先月ついに閉館して。もうそんな月日が流れたのかと
感慨深い気持ちに。

ささじまライブを中心に再開発の真っ只中にある名古屋は
まだまだこれからも変化し続けて行きます。
そんな名古屋の今の一瞬を切り取った、そんな写真を
よろしければご覧下さいませ。
10月6日(火)〜11日(日)10:00〜18:00
(土日祝 10:00〜17:00)


都市センター近くのMARI CAFEさんに
お友達で絵本作家の林よしえさんのイラストが
展示中とのことで行ってきました♡

3点のイラスト、ドガ・クリムト・フェルメールを
よしえさん風にアレンジ。とっても素敵です。
ほうじ茶ラテとマンゴーミルクティも美味しかった♡
今度はランチも食べてみたいです〜


                  


181110_IMG_7324_2.jpg2018.11.10 Saturday
円頓寺パリ祭、なんとオスカルさまが!(感動)
地元民としては、こうして円頓寺がどんどん
盛り上がるのはホントうれしい!
「ひよ子さん!」と声をかけられて振り返ると
伏見「神戸館」の尾藤さんが、「なごのや」の
人としてコーヒーを振舞っておられました。
貴重なショット。その尾藤さんの新しいお店が
四間道に来春からOPENし、狭い路地にも
いろんなお店が増えて、ますます円頓寺界隈が
楽しくなりそうです。
181111_2912_n.jpg
2018.11.11 Sunday
東海テレビ・スタイルプラスで円頓寺の特集。今日は昨日よりすごい人!内藤剛志さん来てる。残念。

※円頓寺商店街はパリ最古の「パッサージュ・デ・パノラマ」(屋根付き商店街)と
2015年に姉妹商店街提携を結びました。
https://www.nagoya-info.jp/event/center/enpari.html


                  


10/31(水)〜11/4(日)
函館から、お隣の七能(ななえ)町のりんご「レッドゴールド」やジャガイモやタマネギが届く。
りんごは小さくてすごく食べやすい。何より剥きやすい!
最近は皮を剥かないと食べられない果物(りんご、ナシ、カキなど)が不人気だそうで、私もずっと苦手だったけど
最近は美味しいものを食べるための労を惜しまなくなってきた。
しかし、リンゴが大きすぎるのと固すぎるのは、剥くのも食べるのも大変なので、この「レッドゴールド」がピッタリ。
そしてバナナやオレンジ、パイナップルなどもたくさん買い込んで、サングリアに漬け込んでみた。
181031_181103_IMG_6872.JPG181103_181104_IMG_7119.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

展示とライブとトークイベントと。

181104_IMG_7161.jpg181104_DNVF1564.jpg2018.11.04 Sunday
夏にジオラマ撮影のワークショップを行った
名古屋都市センター11階にて、現在宮田の写真が展示中。
日曜に別件の撮影で金山に行った際には
フライングだったのですが、気づけば既に火曜日から
始まっておりました。
名古屋都市センターは、先日惜しまれつつ幕を閉じた
名古屋ボストン美術館と同じビルに入っております。
同じフロアのカフェは眺めもよくて、オススメ。
お近くにお越しの際は是非足を運んで下さいませ。
11日日曜日まで!(10〜18時・土日祝10〜17時)
   
#ひこにゃん見た #前の家がどこかに写ってる
#私もジオラマワークショップやってみた 
#サラダは別の店だけどてんこ盛りだったので載せてみた

宮田の撮影に同行。ジャズライブの準備から本番へ。
緊張感が走る時間。客席は超満員。
181104_IMG_7156.jpg


                  


181104_ITSZ5934_2.jpg2018.11.04 Sunday
朝から時代小説作家の西山ガラシャさんと
南山大学名誉教授の安田文吉先生のトークショーへ。
題して「名古屋人も知らない名古屋城誕生秘話」

名古屋の作家繋がりでお知り合いになったガラシャさんは
いつもながら小顔でお美しく、キリリと司会進行されて
ステキでした。
今日のお話にもちょっとだけ関わる新作も構想されて
おられるそうで、楽しみです♡
安田先生も、すごく楽しい方で、自由っぷりが愉快。

しかし、ガラシャさんと記念撮影した写真を見て愕然。
次は3歩くらい後ろに下がって撮らなくちゃ!
南山大学は学祭真っ最中で、賑わっておりました。
このあと金山へ移動し、都市センターに立ち寄って
オットの仕事(撮影)に同行してライブ会場へ。
(上の写真へ続く)


                  


10/25(木)〜10/31(水)
サーティーワンは「モンブラン」と「ミッドナイトアップル」。右はその名の通り、こんな真っ黒だけどリンゴ味!
しかもシャーベットなの〜不思議!!モンブランが甘いので、サッパリして、ちょうどよかった。
これで今回はオシマイ★
181025_181027_IMG_6769_2.jpg181028_181031_IMG_6815.JPG
下から二段目、ピッツァとプレモルの間のお菓子は、セブンのくじで当たったもの。
(本当は外れたんだけど、おねーさんがオマケで引かせてくれた♡行きつけ気分満喫)


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

「すイエんサー」の公開録画@愛知県春日井市とオシャレイラストレーターと呼ばれること。

121014_MG_9373web.jpg181030kokoro1.jpg
私はプライベートでは「オシャレな人」と言っていただくことが多いのだけど、残念ながら、絵の仕事では、あまりオシャレなものとは無縁で、だからこそ、「オシャレイラスト」に強い憧れがある。最近はそんな「オシャレイラスト」と格闘していた。自分でもまだまだだと思う部分が多くて、もっともっと描かなきゃな、と反省。気付きをくださったイベント主催者やデザイナーのMさんに感謝。


                  


181028_IMG_6756.jpg181028_IMG_6738.jpg2018.10.28 Sunday
本日、イラストを担当しているNHK Eテレ「すイエんサー」の公開録画が、地元愛知県春日井市で行われました♡
何と抽選20倍という高倍率で、会場はもちろん満席。MCのいとうあさこさんのノリのいいアドリブや、だいすけお兄さんの素晴らしい歌声、楽しい謎解きなどを堪能。お土産もたくさん♡(写真:宮田雄平)

せっかくなので、こんなイラストを描いて行ったら、ホールに番組内でMCが座ってるベンチが設置されていて、お客さんが去った後にコッソリ撮影。MC気分満喫(笑)
終了後はこの春から新担当となったチーフプロデューサーとイラスト担当の主任プロデューサーのお二人とご挨拶。お二人とも初対面とは思えぬ程打ち解けてお話でき、短いけど楽しい時間でした。
    
会場は、映画「人生フルーツ」の舞台となった高蔵寺ニュータウン内にあり、JR高蔵寺駅から徒歩40分ということでしたが、気候もいいので歩いて行ったらこれがえらいことで、ほぼほぼ坂道!
明日は筋肉痛で死んでるかもしれません。でも心地いい疲れでした。
楽しい時間をありがとうございました♡放送は12月の予定です♡

家の前で万歩計を見たら、何と月ベストの一歩手前。
181028_IMG_6572.jpg
その後もう少し進んで、なんと2017年5月からのベスト5位に入ってしまった。
つい二日前のも10位に入っているし、月ベストの14日も6位に。
もう15000歩越えないとベスト10には入れないのね。結構歩いてるなー。

やっぱ記録つけるっていいね。モチベーション上がるね。こくほの方も頑張ろうっと。
しかし、1位の18000歩越えは、越えられそうにないし、越えると数日体に方が来そう(笑)


                  


10/22(月)〜10/25(木)
イベリコ豚の豚丼的なお弁当とその朝のご飯はトン汁定食で豚尽くし。(夜はトン汁と寿司)
グッと涼しくなってきて、トン汁や温かいものがうれしい季節になってきました。
181022_181025_IMG_6766.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/1