高岳散歩

190515_IMG_3643.jpg190519_IMG_3671.jpg先日、所用で出かけた際に、高岳で宮田と落ち合い
老舗の喫茶ボンボンでお茶。
ボンボンにはケーキセットなんて無いんだけど、
そもそものケーキがものすごく安い。
手前のミルクレープなんて270円よ。信じられる?
(奥のベリーのチーズケーキも300円くらい)

小ぶりのケーキは優しい甘さで、最近甘いものが
あんまり食べられなくなった私にはちょうどいい。

恥ずかしながら、最近までこの店を知らず
初めてここに来た時は、レディシロウたちと一緒で
ケーキ一個じゃ足りないって、みんな2個ずつ頼んで
6人くらいいて、ずらっとケーキ並べたよなぁ。

まだ私の実家に住んでて、本が出る直前で
懐かしがりつつも、今の仕事の話をする。

宮田はこの近くで物件撮影で、もう一度現場に戻って
暗くなってからの外観を撮りたいというのだが、
18時30分を回っていてもまだまだ明るく
近くの小さなスーパーで買い物して時間をつぶすことに。
これが正解。

めっちゃ安いし、おっちゃんフレンドリーだし。
トマトとパプリカとピーマンとメロンを買ってきた。
パプリカなんて4つくらい入って200円。安っ!!
この辺りは栄から直ぐで都心なんだけど、こんな風に
下町っぽい雰囲気もあるんだなぁ。
よく見ると商店街の名残。ヤバイ。住みたくなった高岳。

宮田はこの日、別件の打合せからの撮影で
忙しいけど、充実した良い顔。
数日後(って今日だけど)には、覚王山スタジオの
新規クラスが始まり、いそいそ出掛けて行った。

私の方は、ちょっとがっくりした出来事が。

3月に、10数年前に描いたイラストの二次使用を求めるメールが届き、請求書を送るだけで数万円だ!やった!!
と喜んでいたら、最近、その業界にとんでもないスキャンダルが起こり、出版自体がペンディングになってしまった。

おそらく割とみんなが知ってる事件で、普通に傍観していたのだけど、まさかこんな風に火の粉がかかるとは。
スキャンダル自体は、本の著者さんには直接関係がないので、出版中止と言う訳ではなく、あくまでも様子見。
早くほとぼりが冷めるとよいなあ。。。。しかし、あぶく銭って身につかないねぇ。


                  


私と宮田は9歳の年の差があるのだけど、ふと「私がもっと年上でも結婚できた?」と聞いてみると
速攻で「もちろん」と返答が返ってきた。

しかし、いろいろ考えてみると、現実はそんなに簡単ではないということを感じる。

38歳の私が29歳の宮田に会ったから、39歳と30歳で結婚できた。これが、38歳と24歳だったら、結婚できただろうか。
宮田はまだ社会人になったばかりで、結婚なんてとても考えられなかっただろう。
私に甲斐性があれば、可能性はなくはなかったかもしれないけどね。

44歳と30歳だったら、もっと相当厳しかったと思う。言うても、彼は大事な一人息子。
もう子供を産める可能性の低い私に、彼の輝かしい未来を奪うことはできないと、さすがに身を引いたと思うわ。
(ううう、なんて可哀想で健気な私(号泣(笑)))

結果として子供は出来なかったけど、まだ可能性のある年齢に結婚するのはやっぱり違うのだ。

やはり物事にはタイミングと言うものがあって、私たちはベストの時期にベストの年齢で出会ったのだと思う。

かといって、子供を産むことありきで、婚活をすることはオススメしない。
矛盾してるようだけど、子供がいなくてもこの人となら一生楽しく過ごせると言う人としか
本当には幸せにはなれないと思うからだ。

#恋愛 #婚活 #結婚


                  


食べたものの記録:5/5(月)〜5/8(木)
GW開けてもまだまだカレー週間。今回は朝食にカレーを食べない日もあったせいか、長持ちしました。
ナン、パスタ、うどんも食べられて満足。
190505_190508_IMG_3470.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

パワースポット・豊川稲荷のキツネの森〜御朱印一考

190512_IMG_3469.JPG2019.05.12 Sunday
長篠をそこそこに、豊川へ向かう。
豊川稲荷の奥に、知る人ぞ知る
パワースポットがあるというのだ。

途中、なでると願いが叶うという大黒様を
呪文を唱えながらナデナデして、
いざ、「霊狐塚」へ。
(こう書くとちょっとおどろおどろしい)

「ひよこさん、こういうの感じる方?」
と聞かれて、どうなんだっけ?と
自分でもよく分からず。

幽霊などを見たことはないのだけど
何か気がこもった場所に行くと
体調が悪くなったりはする、気がする。

東京在住時、友人で元某局ディレクターの
K氏主催・エスパー小林と巡る
「都内パワースポット巡り」では
踏むと感じる人は何かを感じるという石で、何か感じたんだったよね、確か。
と、数年ぶりに読み返すと、エスパー小林ツアーでは体調がよくなったのね。
でもこの日一番の収穫は、やっぱりKさん(文中のリース作家さん)と出会えたこと。
オットのアトピーの治療のはじめの一番辛かった時に、彼女には本当に救われた。

さて、豊川稲荷のパワースポットでは、急に手の節々が痛くなって、ドキリとした。
気のせい?
でも気持ちは何だか涼やかで、新緑が美しいせいもあってか、クリアで澄み切ったような気持ちになった。

狐塚の後は奥の院へ向かい、願い事がかなうという木の間を抜けて、一瞬だけど願い事を唱える。
一瞬すぎて簡単なことしか唱えられなかったけど、結局それさえ叶えばあとはすべてよし的なことなのだ。

おみくじを引くと、今年一番いい運勢だったので、ますますよいよい。
金色の鯉を見て、何だかありがたい気持ちになり、出口に向かうと、大勢の人が御朱印を受け取っていた。
そこで、まったく御朱印長を持ち歩く習慣がないことに苦笑い。

小腹がすいたので、沿道でお稲荷さんを食す。夕方から用があり、名古屋に戻る。

ここで「御朱印一考」

GW、場所によっては御朱印に10時間の列なんてところもあったそうで(特に令和記念だし)
浅草神社では問題が起きて、三社祭りでの特別御朱印を取りやめたというニュースを帰ってから知り
悲しい気持ちになった。

一億総自慢大会みたいなものなんだろうね。もらった限定御朱印、インスタで自慢するためって人多そう。
メルカリやヤフオクで転売して1万円近くになったり。ホント罰が当たるよ。
事情でどうしても行けない人のために、お土産で描いてきてもらうならアリだけれども
基本的には参拝した記念だから、行ってない人が御朱印だけ入手したってご利益なんてないよ。

それにしても、もう今は、御朱印を並んで集めるような、時間も体力もない。
どう考えても20代の頃の方がたくさん神社仏閣に行っていたのに、惜しいことをしたなと思う。
こんなに流行る前に、集めておけば良かったな、とちょっとだけ後悔。

オットが言うには、敬愛する伊集院氏が御朱印が流行る前に集めてて、もう飽きたので、今は御朱印帳は
スタンプ集め帳になってるそうだ。それもいいよね。ということで、今後スタンプを集めることにした。
ちゃんとノートにしておかないと、チラシとか半券に押すと失くしたり、二度と見なかったりするんだよね。


                  


190508instagram_ns.jpg190509instagram_ns.jpg2019.05.08 Wednesday
GW最大の大事件。って、他に事件ないんかい!
    
結局オットがドライバーでこじ開けて、買ったばかりのフライパンも重宝してる蓋も、この日の夕飯も無事でした。


      


2019.05.09 Thursday
少し前まではひんやりして肌寒かったので、猫が恋しかったですが、
そろそろお互いにあっち行け〜という季節になって参りましたねぇ。


      


人と過ごすときにしみじみ感じるのは、何に重きを置くかということ。
私が一番大切なのは、今日の日を楽しい想い出として残すこと。

大切なのは、会話で相手をやり込めたり、相手より優位に立つ事より、
ただその場を楽しむこと。

本人はマウンティングしてるなんてよもや思ってないけど
結果的にマウンティングしてしまっていることって案外多い。

そして、割とどんな人でも、ついやってしまうもの。(自分自身もね、自戒を込めて)
            
少し前までは、マウンティングって、普段人に褒められたり認められることの少ないような人が、
どうにか認められたくて、自分の知ってることを人に教えたくて、ついやってしまうものだと思ってた。
普段あまり褒められたり、認められたりすることの少ない専業主婦の人って、マウンティングしがちなんだよね。

でもどうやら、そうとばかりも言えないようなのだ。

周りには「先生」と呼ばれる人が多いのだけど、そういう人は自分の専門外のことまで「教えてあげなくては」
と、無駄な使命感に燃えるあまりに、他人の領分にまで踏み込んで「見当違いな助言」をしてしまうことが多々ある。

これすごくタチが悪い。相手は良かれと思って言ってるから、その助言を聞き入れないと怒り出したりする。
いかんせん「見当違い」なのだ。コチラはコチラでその道に精通しているわけで、そういう人間に助言するって、
普通はすごく失礼な話なのだが、「先生」はそのことに気づいていない。

前述の主婦の人みたいに、自分の得意分野について語りたい気持ちはわかるので、それはいいのだよね。
ただ、誰しも専門分野ってあるから、そこに踏み込んではいかんのだと思う。

何がしかの先生であっても、全てをカバーできる訳ではないし、あなたは私の人生の師匠ではない。
むしろ、何かに精通している人ほど、他のことには疎かったりするものなのだ。

最終的には、自分が優位に立って優越感を満たすのが目的、と言うところにマウンティングの罪がある。
何でもかんでも自分が上に立って、相手を言い負かして、それで楽しいか?
そんなことより大事なことってあるはずだよね。


                  


豊川稲荷で引いたおみくじ。
これ私。
このおみくじをひいた人は、自分の必要とする項目をよくお読みください。吉なれば更に幸を増し、たとえ凶なりとも日々努力することによりその身に吉が訪れます。
第三十番 おみくじ 吉

◎運勢 パッと明るく目先が開けて、これから先の見通しが立つ時です。思い残しがないように存分に活躍しましょう。
しかしこういう時は勢いにまかせて行動する傾向が強くでるので、勇み足をしないよう気をつけること。できるだけ柔軟な姿勢をとりましょう。「派手に見えても内容伴わず」とならぬように。

【仕事・交渉・取引】
表面的には好調だが内実はちょっと辛い事情があるのでは。文書、印鑑、契約事のミスのないように。
【愛情・縁談・恋愛】
今は燃え上がってあつい状態だが、「熱しやすく冷めやすい」暗示があるので自戒せよ。見栄をはらぬこと。
【健康・病気・療養】
変化が激しい時なので、いつもの調子を保つよう心がけること。重病の場合は要注意。
【学業・技芸・試験】
一瞬のヒラメキを大切にせよ。肚をすえて当たれば何事も上手く行く。迷うことなく前進すること。

●貝・・・≪良縁成就・夫婦円満≫
貝は気の流れを良くすると言われております。特に二枚貝は他の貝とは合わない事から幸福な結婚の象徴とされております。
こっちが宮田。
第廿四番 おみくじ 吉

◎運勢 ようやく冬が去って春の暖かさと明るさが出てくる運気です。これから徐々に明るい展望が開けてくるでしょう。これまで手控えていた問題はこれから出直してやるとよい。目上の人の助けがあり、全てに新しい可能性がみられます。また一度こわれた話が復活するとか、再挑戦する問題などが出てきそう。

【仕事・交渉・取引】
このあたりで状況は好転してきます。若干時間はかかるが事は有利に運ぶ。短気を起こしては損。
【愛情・縁談・恋愛】
感情が通じ合い良い関係に進展する。以前からあった話が復活したり、昔のよりが戻る場合もある。
【健康・病気・療養】
健康状態は次第に回復していく。病気は治るが逆に古い病が再発する暗示があるので注意すること。
【学業・技芸・試験】
一度つまづいても再挑戦する勇気をもってあたれば希望はかなう。「柳にとびつく蛙」を見習え。

●鳩・・・≪幸福到来・交通安全≫
平和のシンボルとして親しまれております。又、その帰巣本能により無事帰ることから交通安全の御利益があると言われております。
                  


今までのおみくじ
2003年(大吉)2004年(大吉)(船橋大神宮)
2005年・なし(浅草寺)→大吉?
2006年(吉)(船橋大神宮)
2007年(小吉)(浅草寺)
2008年(ひ・大凶→凶→凶→大吉/ゆ・凶→大吉)(1月4日(金)千代保稲荷神社)(1月6日(日)浅草寺)おちょぼさんの大凶
2009年1月4日(日)(ひ・凶→中吉/ゆ・大吉)(深川不動尊)(富岡八幡宮)
2010年(ひ・大吉/ゆ・?)(1月1日(金)函館護国神社)(1月4日(月)深川不動尊・おみくじなし)
2011年1月9日(日)(ひ・大吉)(高尾山薬王院)
2012年1月4日(水)・なし(大須観音)
2013年(ひ・末吉→吉/ゆ・末吉→末小吉→末吉)(1月2日(水)熱田神宮)(1月3日(木)大須観音)
2014年1月1日(水)(ひ・中吉/ゆ・?)(浅間神社)
2014年8月21日(木)(ひ・大吉/ゆ・?)(熊野大社)
2015年・初詣に行っていない→(ひ・大吉?)
2016年1月3日(日)(ひ・中吉/ゆ・大吉)(浅間神社)→2014年とまったく同じ
2017年1月2日(月)(ひ・大吉/ゆ・末吉)(大須観音)
2018年1月2日(火)(ひ・末吉/ゆ・凶)(大須観音)
2018年1月14日(日)(ひ・吉/ゆ・半吉)(熱田神宮)
2019年1月9日(木)(ひ・末吉/ゆ・小吉)(大須観音)
2019年2月16日(土)(ひ・末吉/ゆ・小吉)(浅間神社)
2019年5月12日(日)(ひ&ゆ・吉)(豊川稲荷)


                  


4/30(水)〜5/3(土)
外食はしませんが、令和祝いに、美味しいものを家で食しました。なんか肉っぽいよね。幸せ。
190430_190503_OIWV3915.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

長篠城址

190512_IMG_3468.JPG190512instagram_ns.jpg2019.05.12 Sunday
最近は、文章を書く仕事も増えてきている。
歴史ものを書くことが多くて
とある仕事で、「長篠の合戦」について書いた。

「長篠の合戦」とは、甲斐の虎と恐れられた
カリスマ武将・武田信玄の病死後、
織田・徳川同盟軍に武田勝頼軍が破れ、
信長の天下を決定づけた記念すべき戦い。

何と言っても感動的なのは、
長篠城主・奥平家の家臣であり
合戦最大のヒーロー・鳥居強右衛門の
活躍である。

敗色濃厚な徳川軍のピンチを救うため
強右衛門は織田軍の本拠の清須まで走り、
無事、信長に味方の危機を伝えて、
援軍をよこす約束を取りつけたものの
帰りに武田軍に捕まってしまう。

そこで、勝頼は強右衛門に
「今から徳川軍の前に連れて行くので、織田軍は来ないと言え」
と命じ、強右衛門はうなずく。

張り付けられたまま味方の前に引きだされる強右衛門。
しかし、味方を前に、強右衛門は叫ぶ。
「織田の援軍が来るまで、何とか持ちこたえよ」と。
怒った勝頼軍にその場で刺殺される強右衛門。

しかし、味方の指揮は高まり、武田軍は長篠城を
落とすことはかなわず、敗れるのであった。あああ涙。

そんなわけで、この張りつけになった強右衛門の看板の前で
記念撮影するのが野望だったのだよ。
希望が叶ってうれしや。

長篠城址全体が、新緑が美しく、
スゴイ複雑な根のある神木みたいな木や、碑や鳥居などが点在していて、散歩するだけで楽しかった。
時間が無いので、資料館には入れず。でも満足。

それにしても、強右衛門(すねえもん)って、ドラえもんとスネ夫を足したみたいな名前だよね、ということで。
数日前からまた始めたインスタに投稿。

最近しみじみ思ったのは、ただ絵を描くだけより、何か物語やオチがある方が、やっぱ好きだなってこと。


                  


4/29(火)〜4/30(水)に食べたもの。
いよいよ平成最終日。ビールは日付け変わってから。
190429_190430_JSPZ2489.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

ぬくもりの森

190511_IMG_3466.JPG190511instagram_ns.jpg2019.05.11 Saturday
久しぶりに休日らしい日を過ごす。
昔々、まだ平成のはじめに近い頃には、
私は建築業界の人だった。

その頃の知人にこの「ぬくもりの森」の
設計者と縁続きの人がいた。
当時のカントリーブームに乗って、
まあるいシルエットの建物が
よくインテリア雑誌に紹介されていた。

その頃は確か「ぬくもり工房」と言う名前で、
その方の建築を見せるモデルルーム的な
ものだったように思う。

いつか訪れたいと思っていたものの、
きっかけのないまま、25年近くが経っていた。

すっかりアタマの中からその存在すら
消えかかっていたのだけど、
少し前に、友人のTちゃんがFBで紹介していて
設計士の方が亡くなられたことを知った。

確か私と同じくらいの年齢の方が奥様なので、
まだ亡くなるにはお若い方のはずで、
少なからずショックだった。

それでも、気にはなっていても、
この先も行くことはないんだろうと思っていたら、
呼ばれるってこういうことなのだろうか。

偶然、別の友人と出かけたドライブで話が出て、
立ち寄った、たくさんの花に囲まれた場所。
テーマパーク的な場所や、
観光地化された場所には、日頃縁がないのだけど、
自然と融合した空間はすっと心に馴染んだ。

記念に「フクロウのブローチ」を買った。
ここは静岡だけど、愛知県の鳥はコノハズク。
幸運を呼ぶ鳥。


                  


190511_190512_IMG_3467.JPGその足で、友人の新築のお宅に伺った。
建築関係に居たのも長かったし、
今も不動産関係に縁があるので、
家や、インテリアにはかなりうるさい私。
庭やエクステリアにはもっとうるさいけど(笑)

そんな私から見ても、建物もインテリアも、
窓から見える借景まで、
すべてがパーフェクトだった。
ここまでこだわりを持って建てるのは、
楽しいけど大変だったことだろう。

あとは燃え尽き症候群になるのだけが心配とは、
贅沢と言えば贅沢な悩み。
でも「飽くことなく生きる」というのは、
「人が生きること」にとって、
一つのテーマなのかもしれないとも思う。

もしかしたら、
いくつになってもいろんなことに興味を持ち、
目標を持って努力し続けられることが
一番の贅沢なのかもしれない。

私たちにとってのゴールはきっと、物質ではなく、何かの結果を残すことだと思うけれど
これが最終目標だというところに、到着したら、生きる意味を失ってしまいそうで怖い。
(かといって、いつまでも到達できなかったら、それはそれで辛いけどw)

そんなわけで、友人には強く「そば打ち」を始めることを提案しておいた。


                  


4/26(土)〜4/29(火)
普段は大体テキトーに作るわたしの料理だけど、トウモロコシの炊き込みご飯はネットで調べて作った。
パンの耳のフレンチトーストも。アイデア次第で色々楽しめるねぇ。
白バラのフルーツ牛乳はすごくおいしかった。
190426_190429_IMG_2951.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

展示と風邪と仕事と。

190115_9yearsago_yuhei1.jpg190113_IMG_9683.JPG2019.01.15 Tuesday
9年前の宮田センセ。まだバリバリSEだった頃。私もバリバリ帽子作ってた頃。若いのう。Chapeaux de Poussin ってのは、帽子ブランドの名前でシャポードプーサン、ひよこの帽子、という意味。


        


2019.01.13 Sunday
いつものことなんですが、ギリギリまで展示の準備に追われて、何とか送ったら、ホッとしたのか、風邪引いた(´⊙ω⊙`)
IMG_9661.JPG
それはさておき、15日(火)から外苑前DAZZLEさんにて、毎年恒例のカルタ展に出展しております。在廊予定はありませんが、よかったら、見にいらしてくださいませ!

2人して風邪気味ですが、今日は友人の新築祝いに出かける。すごく楽しみにしてたのに、体調万全でなく残念。悪化しませんように。


        


2019.01.14 Monday
一体何時間寝てるんだろう。
結局、昨日は友人からの大事にした方がよいという助言で、新居訪問をあきらめ、2人してひたすら眠り、起きたら夜の9時。そこでかぼちゃ雑炊とアイスを食べて、また夜中に布団に入る。起きたら夕方。

風邪はだいぶよくなりました。発熱してたっぽい宮田も熱は下がった模様。お腹すいた。。。


                


わざわざ住所を聞いて年賀状を出したのに、あて先不明で戻ってしまい、ご本人に確認しても住所あってるし、ということで、郵便局に問い合わせる。

その相手は、今の住所に引っ越したばかりではないかとか、途中どこかに一時的に移転しなかったかとかいろいろ聞かれた。そういうことはないです、と答えると、ひとまずもう一度だしておきますが、さっきお伝えしたような場合は、もう一度戻ってくるかもしれません、と言われた。親切な言い方ではあるが、こっちに非がある前提。

そのまま再度送ったら、今度はあっさり届いた。

先日郵便局の人も「こちらのミスという可能性もありますがね」と言っていたが、そのまんま郵便局のミスだったようだ。。。って、これ、怖くない?今回はたまたま、わざわざ住所聞いた相手だったからおかしいと思って問い合わせたけど、普通にあて先不明で戻って来ちゃったら、ああ引っ越しちゃったのか、で終わりになっちゃいそう。


                  


月曜日から夜更かしでやってた心理テスト。我が家はこんな感じ。右が私で左がオット。あんまり当たってて笑ったわ。
190115_yofukashi_shinri_test.jpg


                  


2019.01.12 Saturday
ポケベルって直接文字入れられないんだ!とか、文字は電話から数字で入れてたなんてこともはじめて知る平成最後の年。#平成ネット史

当時は便利だったのだろうけど、今となってはそんな不便なもの、まだサービスがあること自体がビックリ。


                  


年末。年末は私たちにしてはたくさん忘年会にも出て、散財しちゃったので、お正月は大人し目に。
忘年会も全体的に楽しかった。だから、よしとしよう。元気でいればいろいろ何とかなる。
いただき物だけで結構豪華に済んじゃった感のあるお正月はまた次回。
181228_181229_IMG_9406.JPG181229_181231_IMG_9407.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

忘年会はしめやかに。

181229_IMG_9293.JPG2018.12.29 Saturday
今年最後に某研究室忘年会に侵入。楽しい夜でした。お会いした皆さま、ありがとうございました。二次会で八海山飲みまくりの幸せな夜。
181229_7680_ns.jpg
今年も、自分より少し年上の男性のお誘いで飲む事が多かったのですが、その男性は皆揃って宮田の事がすごく好きという。。。昨夜も自分が女性なら結婚したいと言われてビックリ。

彼の常に年上男性に愛されるところは、今年も健在でした。東京にいた頃なんて、某編集長から「なんだ、旦那来ないの?陽菜さんいいからさ、旦那呼んでよ」(→ひどい(笑))と言われるくらいだったのだ。当時は彼は超多忙な会社員で、業界違いの人だったし、今ほど一緒にはいなかったんですけどね。


                  


181227_IMG_9201.JPG181226_IMG_9127.JPG2018.12.27 Thursday
昨日と今日と、まさに「一緒に飲んで楽しい大人な方」とご一緒しました。ひとりだけ、うんとお若い方がいて「いつも僕、最年少なんです」とおっしゃるので「私も30代の頃はいつも一番下だったけど、心配しなくてもいつか否応なしに自分が最年長ばかりになる日が来ますよ」と笑ったのですが、そこにこんなタイムリーなコラムが。

181228_hayashi_colamn.jpg

自分は一緒に飲みたいと思われる大人になれたのかなぁ。そもそも飲み会自体に参加することが少なく、いつも決まった人のお誘いで、年に数回しか飲まないので、飲み会スキル(があるとすれば)が全然上がってないような気のする今日この頃。

素敵な人の仲間はやっぱり素敵、そして、波長の合う人の仲間もやはり波長が合う、という事実は変わらないと確信した夜でもありました。


                  


181226_IMG_9113sss.jpgそして、物事は「なるようにしかならない」し「きっとどうにかなるもの」だし
「大抵上手くいくように出来ている」ものだということも実感。

いろいろ残念だったり、なかなかうまく行かないと
悩んだことが全て帳消しになるくらい
一気に解決した言葉が飛び出した、そんなミラクルな夜。

それは26日、世界一美味しいフォカッチャを食べつつ
サングリアと白ワインを飲みながら。

来年は良い年になりそう!


                  


12/14(金)〜17(月)基本的には手抜き料理なんだけど、味噌汁があると「キチンと感」が出るなーと思う。
181214_181217_IMG_8975.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

秋から冬へのはずだけど、めちゃくちゃ温かい。

181127sanpo1.jpg
紅葉が見たいね、という話になり、何か所かの候補の中から選んだ場所は
結局自宅から一番近く。でもこれが正解。
ほとんど人もいなくて、ただ鳥の声だけがして、癒された。。。
(クリックすると動画が再生されます≪音声注意≫)


                  


181204takanawa_gateway1.jpg2018.12.04 Tuesday
品川と田町の間の駅名が決まり
公募は圧倒的1位が「高輪」で、第2位は「芝浦」、第3位は「芝浜」。
JR東日本によると「高輪ゲートウェイ」は36人が応募し、130位だそうで
公募の意味ないじゃん、という声が高まっている。

→こんなTweetが話題になり、爆笑。

そしてそんな12/4、観測史上の12月の気温を更新したそう。
しかし、週末は寒くなるのね。東京も寒いのかなー。

暑すぎる12月の夏日、気象庁「暖冬傾向続く」
日本列島の南から暖気が流れ込んだ影響で、全国各地は4日、季節はずれの暖かさとなった。43都道府県337地点で12月の過去最高気温を更新し、東京や福岡、徳島など66地点で25度以上の夏日になった。

気象庁によると、4日の最高気温は各地で、平年より10度前後上昇。沖縄県宮古島市29・8度、福岡市26・4度、大阪府八尾市で26・1度を観測するなど、各地で汗ばむ陽気となった。東京都練馬区でも25・0度を観測し、関東の島部以外では14年ぶりとなる12月の夏日となった。

平年を10〜15度上回る暖気が、九州から北海道の上空1500メートル付近を広く覆ったことが気温上昇の要因で、気象庁は「暖冬傾向は来春まで続くだろう」としている。

一方、今週末から来週にかけては一時的に冬型の気圧配置となり、全国的に冷え込む見通しという。
2018年12月04日 23時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


                  


2018.12.03 Monday
私の普段のラフ(確認用の下絵)はとってもラフなので定評(?)がある。
以前にあるイラストレーターさんから、本番と間違えてラフが誌面に掲載されてしまったという話を聞いて
信じられない想いだったのだが、ラフの段階でがっつり色を入れて細かく仕上げる人もいるのだと知る。
最近の仕事で「最初の依頼なので、ラフ段階で簡単に着色したものを見せて欲しい」と言われ
ラフにデジタルでざっくり色を入れて、レイアウトにあてがってみると、意外と良くて
「これ、間違えて載るかもしれん」と思ったし、このラフ以上の本番が描けるのか、逆に心配になってきた。。。

#イラストレーターの仕事


                  


11/24(土)〜11/27(火)
久しぶりに吉井和哉beautifulの世界。
♪公園で散歩もいいじゃないか 簡単な格好でいいじゃないか
 コンビニの菓子パンでいいじゃないか 
 永遠の太陽で照らされた きみの横顔がbeautiful

それ以外は真面目に作りました。ワタリガニパスタ第二弾はやっぱ最高♡
181124_181127_IMG_8346.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

神泡で癒される

180924_IMG_5410.JPG2018.09.24 Monday
東京時代からのお友達・エリコさんが、オレンジ色のプレモルをFBに
UPしていて、それからずっと探していたんだけど、全然見つからず
あきらめかけた頃に、フツーのと水色のとプリングルス付きで
3缶パックで売ってるのを見つける。隣には、神泡サーバー付の
フツーのプレモル6缶パックもあって、そんなにビールいらんけど
と思いつつ、神泡の誘惑に負けて、一気に9缶買ってしまった。

早速オレンジので神泡サーバー試してみた。実はこのグラスも
数年前にプレモル6缶セットを2セット買ってゲットしたもの。
このグラスに注ぐだけで、十分泡立ちはよかったんだけど。。。
そんなに飲めない我々は、350mlを二人で分けるので、注ぐ量の
バランスを間違ったようで、ちょい失敗。。。

せっかくの期間限定オレンジプレモルだったのに。。。と思ってたら、翌日、イオンの酒屋さんであっけなく
オレンジプレモル発見。しかも1缶ずつ買えるがな!!そんなわけで再度ゲット。

んで、本日フツーのプレモルで再度神泡サーバーを試したのが上の画像。メッチャ美しいしうまい!これいいわー!!


                  


180923_IMG_5378.JPG2018.09.23 Sunday
所用でお隣北名古屋市にお出かけ。
ブラブラお散歩したら、いろいろ楽しいものを見っけ。
「焼き鳥なのにうしや?」と思ったら、『らくや』だとか(笑)

先日テレビで「北名古屋めしが熱い!」とやってて
「マジか」と思ったんですが、実際に「北名古屋めし押し」の
店を見つけて、思わず撮影(笑)頑張れ北名古屋市!
北名古屋市は2006年に西春日井郡西春町と師勝町が合併して出来た市。
西春日井郡生まれの私としては、とても親近感のある町なのだ。

インタビューで、北名古屋市の人は「早く名古屋市に合併されてほしい」
と思ってるそうだけど、名古屋市の歴史を調べてみると
最後に動きがあった1995年(平成7年)に日進市と境界変更してから、すでに23年。
千種区・昭和区→名東区、昭和区→天白区となった1975年(昭和50年)からも43年。
これはどちらも市内での変更。

最後に新しく周りの市町村を合併したのは1964年(昭和39年)。
知多郡大高町・有松町→緑区の一部
もう54年前だね。私が生まれたからは、名古屋市の境界はほぼ変わっていない。

その緑区ができたのが、前年の1963年(昭和38年)。
守山市→守山区、愛知郡鳴海町→緑区

その前は1955年(昭和30年)。
愛知郡猪高村→千種区の一部、天白村→昭和区の一部
海部郡南陽町→港区の一部、海部郡富田町→中川区の一部
西春日井郡山田村→西区の一部、西春日井郡楠村→北区の一部
50年前は立て続けに合併していたのだよね。半世紀ぶりの合併、なるか!

私は北名古屋市ではなく、同じ西春日井郡でも、今は清須市となったお隣生まれ。
清須市は、2005年に西春日井郡西枇杷島町、清洲町、新川町が合併、2009年に春日町が加わった。
私はその西春日井郡西枇杷島町で生まれ、3歳で庄内川を挟んで東側の西区枇杷島(東枇杷島)に引っ越した。

枇杷島は、古く平安時代には「白菊の琵琶の伝説※1」が残り、美濃路が通り、古くから交通の要所として
歴史的にも重要な場所なのだ(今はとてもそうは思えない微妙な住宅街だけど)。

清須市は、信長の最初の居城である「清須城」のネームバリューがあるし
「ブラタモリ」でも取り上げられたけど、名古屋ができる前の中心地だったわけなので
「名古屋市に合併?とんでもない!清須は清須で行きます!」てなもんなんだろう。

ところで、不思議なのは、西春日井郡時代は「清洲町」だったのに、今は「清須市」で、漢字が変わっている。
これはなんでなんだろう?
織田信長の青年時代の根拠地清須(清洲)、徳川家康による清洲越しで城下町がまるごと名古屋に移転するまで
尾張の首府。江戸時代以後は、美濃街道の宿場町「清須宿」、同街道の市場「枇杷島市」が存在。
とあるから、どっちも使われていたのね。
尾張の首府だった頃は「清洲」で、城も基本は清州城で。江戸時代の宿場町としては「清須」。
それまでは、「清洲」が使われていたから、バランス取って「清須」にしましょうという感じなのかな。(違うか)


※1 平安時代末期の公卿で琵琶の名手・藤原師長が、尾張国井戸田に流罪に処された際に関係をもった女性に
   帰京の際に白菊の琵琶を渡す。女性は悲しみのあまり、庄内川に身を投げたという悲恋伝説。

私の母校・枇杷島小学校には、白菊の琵琶(レプリカ?)があったし、今は区画整理でなくなったけど
子供の頃は、白菊町(現・枇杷島2丁目)、琵琶里町(現・枇杷島5丁目)という地名があった。
全部枇杷島になって、かえってややこしくなったし、風情も無くなったと、地元民は文句ブーブー。
行政がザックリ大きく見た場合には、わかりやすいんだろうけど。


                  


180329_MG_1466.jpgようやく3月の個展のライブペイントの
まとめが終わった。ふぅ。
ライブペイント・2018年3月。
http://hiyoko.tv/gallery/log/eid213.html
180331_MG_1603.jpg


                  


9/15(土)〜9/17(月)
コバタクツアー後半。トマトソフトは確かにトマトなのにうまい!美河フランク(三河=美河豚)ジューシー!
SAでトラの穴のパンを購入。夜のおやつのメロンパンと、翌朝の五平餅パン、おにぎりパン。めちゃかわいい。
180915_180917_IMG_5159.JPG
行きつけのセプン店員さんオススメの焼まろん。聞き覚えある名前だと思ったら、前に池袋駅で買って食べてたわ
京やきぐりの比沙家 https://kyo-yakiguri.com/
IMG_3309.JPGIMG_3307.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

プロフェッショナルなクリエイター。

180915_IMG_5104_2.jpg2018.09.15 Saturday
Zip-FMの人気ナビゲーター・コバタクこと小林拓一郎さんと
一緒に行くバスツアー。宮田がコバタクさんの番組・
モーニングチャージ主催のモーチャーカメラ部の講師を
していたご縁で参加。7/7の予定が台風で流れて、代替日も
雨かと思いきや、ひどい降りにはならず、高原の一日を満喫。
五平餅づくりやタイルクラフト、新城紅茶の利き茶、散策など
盛りだくさんでした。楽しかった♡カレーもトマトソフトも
フランクも美味しかったー。

このツアーは、コバタクさんの愛する米国ポートランドツアーの
スピンオフ企画。年に数回、地元農家さんの作物を販売する
「ポートランドリビング」というマルシェを
名古屋市内でも開催してるんだけど、そのマルシェに出店してる
農家の生田さんを訪ねて行くというもの!

生田さん、パワフルで、地元愛がいっぱいの女性。
男前で、気遣いも素晴らしくて、すごく素敵な方でした。ちょうどこのあたりは長篠の合戦があった歴史的な場所。
実は歴女な私、めちゃその話で盛り上がり、コバタクさんに話すと、思わぬ話に発展して
もしかしたら次は歴史ツアーになるかも?!めちゃ楽しみ!


                  


作家さんのインタビュー記事を読んでいたら、魅力的な人物を描くためには、欠落が必要と出てきたけど
これって、実際のつき合いの中でも言えるよね。
欠点があるからこそ安心できるというのもあるし、親しみもわく。
肝心なのはそのバランス。

面白い物語は、A+B+C=Dになっている。まったく違う別の要素を足すことで、次の別の要素が生まれる。
こうして物語が発展。

同じような内容の中でぐるぐる回ってるだけじゃだめだってこと。うーむ、勉強になるなぁ。


                  


180914_IMG_4917.jpg2018.09.14 Friday
最近は引きこもりを返上して、名古屋駅や栄などに出没中。
今日は区内のモールへ。本日リニューアルopenで、ハンズや
アクタスなど入って、ますます便利に♡ハンズは
混んでたので、文具屋さんで来年の手帳を買う。イノシシが
わたし。宮田は外壁みたいな柄。いい一年になりますように。

     

180912_tekiseikensa_s.jpg180912_tekiseikensa_ehon.jpg2018.09.12 Wednesday
ひょんなことから、適性検査を受けてみた。
質問内容は「いつも明るい方だ」とか「人は所詮自分のことしか
考えていないものだ」なんていうごくフツーのもので、直感で
YesNoで一分半くらいに150問くらいどんどん答えていくもの。
180912_tekiseikensa_s1.jpg180912_tekiseikensa_s2.jpg
まったくクリエイティブな質問はされなかったけど
こんな結果になって、気分上がった。

それと、6月に出した絵本の展示の時に、仲良しの和代ちゃん
「編集さんがひよこさんの絵褒めてたよ」と教えてくれたんだけど
送られてきたアンケート結果にこんなのがあって、うれしい!!

「力がある」ってのは、自信もって描けてるってことだよね。
そか、もっと、ガシガシ描いてっていいんだな。
それはもうしょっちゅう落ち込むので、こんな風に気分を
上げてくれる出来事をかき集めて、どうにか生きてるものなんです、
クリエイターなんて。

これで一か月くらいは元気でいられるかな。
来月半ばくらいにはこの麻薬が切れてるかもなので、もしお会いしたら、褒めてやってください(切実)(笑)


                  


9/4(火)〜9/6(木) 外で食べたのはソフトクリームだけ!この日を最後に「引きこもり」返上するのであった。
180904_180906_IMG_4677.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

遊ぶように仕事する〜真面目にやってても間の悪いことはある

180730_IMG_3357s.jpg2018.07.30 Monday
不思議なご縁で集った男女。真ん中は宮田のボス。
イケメンの役パリッパリのギョーザは本当に美味♡

8/5 OPEN!
名古屋市北区大曽根4丁目16−5
餃子酒場「板屋」

なんかすごく幸せな気分で帰宅した。
世の中にはいろんな考えの人がいて
人それぞれなのが当たり前。

表向きはみんな、お互いの考えを尊重しようとか
認め合おうというくせに
実際には、同じ考えの人だけで集まってしまった結果
その考えだけが正しい!となってしまい、他の考えは
間違ってる、排除しよう!となってしまいがちなのだ
残念ながら。

本当は正しいとか正しくないわけではなくて、それぞれに大事なものがあり、考え方があるというだけ。
でも、自分とは違う人を敵とみなして、勝手に怒りをぶつけてくるような人が、残念ながらいるのだ。

でもここにいると、そういうの、どーでもよくなる。
「楽しくやろうよ」
というボスの言葉で、私たちはどれだけ救われているだろう。


                  


180802_mailforam_text1.jpg2018.08.02 Thursday
その悪夢は、2014年初頭に始まった。
2012年秋に、それまで二つ管理していた
ドメインのうち、sweets-roses.comをやめて
hiyoko.tvに一本化した。
ブログなどはキチンと新しいサーバに移築し
モロモロ準備満タンなはず、だった。

しかし、肝心なことを忘れていたのだ。
2014年1月、ある方の紹介で仕事が来た。

その方が、電話番号だけ聞いたとのことで、メールフォームからメールを下さるようお願いしたのだが
待てども待てども、メールが届かない。
それもそのはず。。。。
仕事用のメールフォームに、古いメアドを、一年以上、そのまま放置していたのだった。
ログを見ると、顔がサーーーーッと青ざめた。

仕事の依頼が、月一くらいで来ていたんである。
中には、個人からの小さな依頼もあったが、ほとんどは、今考えてもやりたかったと歯ぎしりするような仕事ばかり。
何より、2013年1年間、仕事が来ない来ないと嘆いていたのだが、ちゃんと来ていたという事実に、打ちのめされた。

メールフォームには、その後もなかなかにたたられ、色々あったのだが【以下略】
それは全部自己責任ということで、仕方がないと思っている。
しかし、今回は違う。5月までは、普通にメールが届いていたのだ。
その後、何も変えてないのに、またメールが届いていないという事実が判明。

まぁそれだけなら、ログを見ればいいか、ログインしてみると、どういうわけか、私の利用しているサービスから
メールフォームがなくなっている。。。。なんで?
ログインしている管理画面の登録メアドも、メールフォームのメールが届いて居たのも、同じメアド。
それなのに、突然メールが届かなくなり、ログさえ見られなくなったのだ。なんで?

なんかもう、何も信用できなくなったので、今後は、こちらからメールいただけると幸いです。
http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/sb.cgi?pid=0

2ヶ月間、仕事の依頼がありませんように。。。。
こういうとき、むしろ、メールが送れなければいいのに。
送った方には、メールが完了したというメッセージが届くので、単に「ただの失礼な人」なのだ、わたしってば。

まぁ、まだメールフォーム側の不備と限った話ではなく、最近メアドも若干不調なので、そのせいかもしれないけど。
なんだか、こんなことのせいで、仕事の機会をなくすって、ホント虚しいのだわ。

2018.08.03 Friday
と、メールフォームのリンクを、上のページに置き変える作業をコツコツやってたら
一件、仕事の依頼が来た。電話で(笑)
ちょっとホッとしたが、その方はメアドもご存知の方だったので、やっぱ検索でこのサイトに来たら
フツーはフォームから送るよね。。。
まぁ、しゃあない。サポートからは、今日も連絡なし。フォームに関しては、無料なので文句も言えないよね。

でも、無料って有料のお試し版でもあるんだから、こういうことが起きたら、間違っても有料使おうなんて思わないよね。


                  


マジで暑すぎます。この頃から、さすがの私も食欲が落ちてきました。。。(7/20前後)
180718_80722_XNSL1590.jpg


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ
2018.5.12(土)〜2018.8.5(日)東京都写真美術館
http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3050.html

巨匠たちのクレパス画展
2018年7月14日(土)〜9月9日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/program/expect/5380.html

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる
2018年7月7日(土)〜9月2日(日)埼玉県立近代美術館
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=383

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく
2018年7月14日(土)〜9月9日(日)高崎市美術館
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2018042600025/

マルセル・デュシャンと日本美術
10月2日(火)〜12月9日(日)東京国立博物館

(仮)集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展
9月29日(土)〜12月24日(月・祝)弥生美術館

アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代
10月10日(水)〜12月24日(月・祝)東京国立近代美術館

ブラティスラヴァ世界絵本原画展
2019年1月20日(日)〜3月3日(日)千葉市美術館

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ(役に立たない機械をつくった男)
2018年11月17日(土)〜2019年1月27日(土) 世田谷美術館

◆名古屋◆
サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018年6月30日(土)〜2018年9月2日(日) 三重県立美術館

増田セバスチャン×クロード・モネ "Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-"
ルドンひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ
2018年7月22日(日)〜 12月2日(日)会期中無休 ポーラ美術館
http://polamuseum.or.jp/point-rhythm-world/
http://www.polamuseum.or.jp/sp/odilon_redon/

開館25周年記念 特別展 2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
2018年9月29日(土)〜10月28 日(日)四日市市立博物館

元永定正展 おどりだすいろんないろとかたちたち
2018年7月14日(土)〜9月30日(日)清須市はるひ美術館
http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2018/motonagasadamasa/index.html

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」
2018年8月15日(水)〜8月27日(月) JRタカシマヤ
https://sn-fantaration.snoopy.co.jp/

長くつ下のピッピの世界展 〜リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち〜
2019年4月27日(土)〜6月16日(日)松坂屋美術館

◆大阪◆
おさるのジョージ展
2018年8月4日(土)〜9月2日(日)美術館「えき」KYOTO

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
2018年11月16日(金)〜12月25日(火)美術館「えき」KYOTO

特別展「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」
10月6日(土)〜12月2日(日)奈良県立美術館

MOE40th Anniversary 島田ゆか・酒井駒子・ヒグチユウコ・ヨシタケシンスケ・なかやみわ5人展
2018年12月19日(水)〜2019年1月7日(月)[予定]阪急うめだ本店


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/3 >>