今年のおみくじ(2018年)

180102_IMG_2768.jpg2018.01.02 Tuesday
元旦は早く起きられず、夕方から雑煮を食べるような体たらく。初詣は2日のやっぱり夕方から行き、少し並んで参拝しておみくじを引いたらもう日が暮れた。(どうやら去年もそうだったらしい)大須観音はソフトバンクに乗っ取られたみたいになってた。単に戌年なだけだけど。

トイレを借りようと某ビルに入ったら、うっかり素敵な帽子を見つけてしまい、二人そろってお買い上げ。年末にも早目のセールで紺色のベレーを買ってしまったのに。いかんわ。

んで小腹がすいて揚げまんぼうを食べようと店に駆け寄るも、まさかの売り切れ!さすが正月だねーと言いつつ、ぽてぽて歩くと見つけたたこ焼きの屋台。何ととなりにイスとストーブが用意されてて、めっちゃ天国でした。今日は結構寒かった。

本日の私のファッションは顔のいっぱい描かれたゴブランのコート。一目ぼれで買ったものの、なかなか強烈で、昨年はほとんど着なかったんだけど、先日クリパに出かけた際に、黒いストールすればそこまで強烈じゃないかも?と思い、試してみた。足もとはやはり年末に衝動買いしたシルバーのスニーカー。なかなかの個性派ぶりw

オットは上半身はごくごく普通なんだけど、下半身がまさかのピンク。しかもなかなかぶっとんで明るい。こんな色なんだけど、素材は明らかに冬物で、そのギャップが激しい。今日派手な帽子を買ったので、これくらいでもよかったかも〜と言うと、その帽子がちょっと高かったので、最後まで彼は渋っていた。

大須の街もいろいろ様変わりしている。前からちょくちょく来ているけど、常連っぽく通う店はないので、変化に気づきにくかったんだけど、シロウさんが通ってたウィッグの店が、11月に行った時に潰れてたんだって。6月にみんなでアホなサングラス買って遊んでた店だよー。嘘みたい。

おみくじ一人200円。過去のおみくじの記事を見ていたら、西葛西時代、初詣は門前仲町でも、基本深川不動尊に行っていたことが分かった。最近悲しいニュースのあった富岡八幡宮はおみくじ200円だけど、深川不動尊は100円だったのね。んでも、深川不動尊で凶引いちゃって、富岡八幡宮でリベンジしたら中吉で、ありがたかったのね。

富岡八幡宮は、骨董市にはよく通っていたなぁ。。。もう市もやらないんだろうか。。。

と、そんな今年のおみくじは低空飛行。もう一度並び直す気もしなかったので、近日中に熱田さんでリベンジを誓う。数年前(2013年?)と同じだ。空いてたら吉以上が出るまで引きなおすわ。


第31番 末吉
鯤鯨未変時(こんげいいまだへんせざるとき)・・・鯤鯨は大魚化して龍に変じるが、未だ時は到らず。
且守碧潭渓(かつへきたんのたにをまもる)・・・青い淵に身を潜め、時の到来を待っている。
風雲興巨浪(ふううんきょろうをおこす)・・・時至らば龍に変じ天に昇り、風雲大波を起こす。
一息過天地(いっそくてんちをすぐ)・・・一息のうちに天地を駆け抜ける。この勢いに匹敵するものはない。

▲この御籤に当たる人は、始め思う事が遂げ難いが、後遂に運勢開く相がある。何事につけ心配は悪く、心静かに時節を待てば、遂に幸いは来るだろう。神仏を念じて良し。▲病人は長引けば悪い。養生せよ。▲喜び事は遅い。▲争い事は慎め。▲転居、普請、春に始めて良し。▲生死は生きる。短気ならば悪い。▲縁談は後ほど良い。▲失せ物は遅く出るだろう。▲旅立ちは良い。▲職は人の目上に立つ事ならば万事良し。▲子に幸せあり。後を頼むべし。▲売買共に十分思案すべし。▲望み事は成就する。


オットは。。。ひっさびさに凶引いたと本人も苦笑い。と言っても全然気にせず持って帰って来ちゃった。彼が凶引いたのって初めて行った浅草寺以来なんではないか?

第46番 凶
雷発震天昏(らいはっしてんにふるってくらし)・・・天がかき曇り、稲妻が光り振動した。世間が騒がしい様なり。
佳人独掩門(かじんひとりもんをおおう)・・・良い人が一人門を閉めて、世間の交わりを避けた。隠者の体なり。
交加文書上(もんじょのうえにこうかす)・・・書を読み徳を隠し、一人慎む。書類に厄介な問題が起こる。
事無也邅迍(ことなくしてまたてんちゅん)・・・隠者は引き篭もっていたので雷にも無事だったが、深い悩みができてしまった。。

▲この御籤に当たる人は、知恵もあり才能もあれど、とかくいろいろの障りがあって立身し難い。自分の才智を出して世に出ようとすれば障害が多いので、ただ分相応に職に励んで良い。▲病気は本復するだろう。但し後に油断するな。▲喜び事はない。▲待ち人来たらず。来ても遅い。▲争い事は慎むのが良い。▲売買は見合わせよ。▲転居・普請などは秋にすべし。▲縁談は近いところならば吉。▲旅立ちはよろしいが道中用心せよ。▲総じて今年は新たにことを起こすのは悪い。▲子どもは後に立身するだろう。▲職は水か紙に縁ある業。▲商売は焼き物、菓子が良い。


今までのおみくじ
2003年(大吉)2004年(大吉)(船橋大神宮)
2005年・なし(浅草寺)→大吉?
2006年(吉)(船橋大神宮)
2007年(小吉)(浅草寺)
2008年(ひ・大凶→凶→凶→大吉/ゆ・凶→大吉)(1月4日(金)千代保稲荷神社)(1月6日(日)浅草寺)おちょぼさんの大凶
2009年1月4日(日)(ひ・凶→中吉/ゆ・大吉)(深川不動尊)(富岡八幡宮)
2010年(ひ・大吉/ゆ・?)(1月1日(金)函館護国神社)(1月4日(月)深川不動尊・おみくじなし)
2011年1月9日(日)(ひ・大吉)(高尾山薬王院)
2012年1月4日(水)・なし(大須観音)
2013年(ひ・末吉→吉/ゆ・末吉→末小吉→末吉)(1月2日(水)熱田神宮)(1月3日(木)大須観音)
2014年1月1日(水)(ひ・中吉/ゆ・?)(浅間神社)
2014年8月21日(木)(ひ・大吉/ゆ・?)(熊野大社)
2015年・初詣に行っていない→(ひ・大吉?)
2016年1月3日(日)(ひ・中吉/ゆ・大吉)(浅間神社)→2014年とまったく同じ
2017年1月2日(月)(ひ・大吉/ゆ・末吉)(大須観音)
2018年1月2日(火)(ひ・末吉/ゆ・凶)(大須観音)


                  


今年はだいぶ地味ですが、ちょっとお正月っぽく。
お雑煮の餅菜(正月菜=小松菜)が売り切れで焦ったけど、一束残っていてホッ。
舟和の芋羊羹を入手したので、買い置きのチーズケーキと合わせて。最高に美味♡
サングリアも程よく浸かってきましてん。
180103_IMG_3011.jpg
夜は中トロをつまみながら、松阪牛と飛騨牛を食べ比べるという贅沢。やっぱ松阪牛うんまい。飛騨牛の方が脂っこい。
それだけで足りずさらにバッテラをつまむ。


                  


171231_IMG_3013.jpg年末からお笑い番組ばっか見てるので、もはやどの番組で誰が言ったのか混乱気味。大抵はオットが的確にこたえてくれるのだが、最近いちばんウケた、サザエさんの放送内容を予想したフネさんの「ボケちゃった」ネタは誰のだっけ?と考えても分からず、結構毒舌な人、小木か矢作?って言いつつYoutubeで調べると、毒舌大王・有吉だった。やっぱブラックだもんね。そうそう、元日は「NHK「超入門!落語THEMOVIE」」にはまって見てたんだけど、去年も全く同じで、ダメ人間ぶりは健在なのだった。

特にこれ「井戸の茶碗」!面白かった!!お見事!!柳家喬太郎さんのファンになりました!「千鳥」の大悟、こういう江戸の町人役似合うと思ってたら、やっぱぴったり!しかし、歌舞伎俳優からジャニーズ、芸人まで、幅広いなー。

演目 - 「井戸の茶碗」  噺家(落語家) - 柳家喬太郎
くず屋 - 大悟  浪人 - 寺田農  武士 - 溝端淳平  浪人の娘 - 工藤綾乃

途中から見たようで、ここ「幾代餅」から。
文珍さんもよかったなー。去年、いやおととし生で観られてよかったわー。

演目 - 「幾代餅」  噺家(落語家) - 古今亭菊之丞
清蔵 - 山口達也  幾代太夫 - 南沢奈央  藪井竹庵 - 渡辺いっけい

演目 - 「くっしゃみ講釈」  噺家(落語家) - 桂文珍
男 - 波岡一喜  政やん - 柴田英嗣  講釈師 - 深沢敦

演目 - 「六尺棒」  噺家(落語家) - 三遊亭兼好
若旦那 - 中村橋之助  父親 - 中村芝翫

演目 - 権助魚  噺家(落語家) - 古今亭菊之丞
権助 - 諸見里大介  奥様 - 千葉雅子  旦那 - 徳井優

演目 - 「松山鏡」  噺家(落語家) - 柳家一琴
正助 - 原田龍二  女房 - 友近

演目 - 「茶漬間男」  噺家(落語家) - 桂文珍
亭主 - 東幹久  女房 - 虻川美穂子  間男 - 津田寛治

演目 - 「そば清」  噺家(落語家) - 柳家喬太郎
清兵衛 - 浜野謙太  客 - 角田晃広、飯塚悟志  そば屋の親方 - 豊本明長

演目 - 「熊の皮」  噺家(落語家) - 三遊亭遊雀
甚兵衛 - 岩尾望  女房 - 前田愛  先生 - 青山勝  書生 - 長田成哉


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< 年賀状について思う。 戻る a・鳥・家だよりmail版・vol.19 >>