「ウォッチメン」と「ダイアナの選択」と残り20冊。

210221amazon01.jpg210207note_osusume1.jpg210220twitter_aruaru1.jpg210220twitter_aruaru2.jpg210221twitter_aruaru1.jpg2021.02.21 Sunday
あまりAmazonでは売れていない我が本であるが、オットが「残り20冊だって」と教えてくれた。
210221amazon02.jpg
最近いろいろ新しい仕事が入って来ていて、なかなか書店巡りもできずにいるのだけど、それでもこうして売れた片鱗が垣間見えるのは嬉しい。

NHKの仕事も晴れて来年度も継続となった上に条件もUPし、アイコン等の追加受注もあってありがたい限りである。
そんな仕事の話をnoteに書いたのだけど、仕事をいただいた経緯などはちょっと内緒にしておきたかったので有料にしたら、なんと購入して上におススメしてくださった方がおられて、感謝感激。

そんな中、4年前2017年に学研プラスさまより発売された『ルーズリーフ参考書中1〜3 5教科・理科(生物・地学) 』が改訂出版されることとなり、イラストが再使用され、見本誌が届いた。
210221_IMG_3590_2.jpg
この写真で見ての通り、あまり楽しいとは言えない絵で(笑)彩色後(完成後)の修正も多く、めちゃくちゃ大変だった。実は会社勤めしながらの仕事だったこともあり、終わってから1ヶ月くらい体調が悪くて、会社も休めなくて、辛かったなぁ。。。。
点数が多かったので、そこそこ使用料をいただけて、なんかやっと辛かった想い出を昇華できたかな、という感じ。このお金が入ったら、おいしいお寿司でも食べに行こうっと。

このところちょっと仕事はのんびりしてて、実は中国のコンテンツを日本で売り出す仕事に関わっているんだけど、データに不備があって取り寄せてもらおうとしたら、春節に入っちゃって無理!という話になり。。。ああ、春節。一年前悪夢のように言われたこの言葉、まさかこんな風に聞くことになろうとは。

しかし今一緒に仕事をしている中国の人は良い人で、東京在住だけど、学生時代大阪に住んでいたので、関西の方が好きなんだって。年に一度は大阪か京都に行くそうで、コロナで今はいけないのが辛いそうだ。日本にいる中国の人って日本大好きな人が多いよね。

最近しみじみ考えたのは、同じこと続けなきゃってホントダメな呪縛だってこと。もう終身雇用の時代じゃないし「なんか違う」と思ったり、「こっちの方がいいかも」と思ったら、深く考えずに新しいことに手を出していいし、またダメだったら次々別のことを試せばいいってこと。

自分に向いてないことなのに、みんながやってるからという理由で自分も同じようにできなくてはいけないというのも、おかしな話。もっと自分を必要としてくれる、自分を大事にしてくれる場所で勝負しよう。なんて考えると、自分の今の選択は間違っていないと思うのだ。

だって私が今までで一番よく褒められたのは、イラストでも裁縫でもなく、文章なんだもんね。今まで、出版社と新聞社の編集者3名に「直すところがない」と言われたもんね。へへん。どーだ。

clubhouse、タイミングが悪く聴き始めると終わることが多い(爆笑)。
同業者の悩み相談や業界話など、ちょこちょこお邪魔。ある芸人さんのマインド話が素晴らしくて。ほんの10分くらいの間なんだけど、マジ聞いてよかった!!と思えた。
実はあんまりやってなかったんだけど、やっぱやろう、clubhouse。


                


71yhOkJaeKL._AC_SY879_.jpg51ETjXt7i4L.jpgwatchmen-poster.jpg2021.02.20 Saturday
映画「ウォッチメン」を見た。よくある「勧善懲悪」なヒーローものかと思ったら、意外とテーマの奥が深かった。

しょっぱなから「ウォーキングデッド」のニーガンことジェフリー・ディーン・モーガンが殺害されて「これニーガンだよね?」と大騒ぎ。
彼=コメディアンは正義の味方ウォッチメンのメンバーなのに極悪人で、どっちかというと自分の暴力を正当化したいためにウォッチメンのメンバーになったような人。メンバーのサリーをレイプしようとしたり、自分の子を身ごもってるベトナム女性を殺したりと本当にひどい奴なのに、なぜか憎めない。

どこまでもチャーミングだからだよなぁ、と思いながらほれぼれ。この役がニーガン役の下敷きにもなっているのではないかとすら思う。モーガンさんは登場してすぐに死んじゃうこの役の脚本をすぐに読むのをやめて断ろうとしたんだけど、エージェントから「いい役だから読め」と言われて呼んだ結果、やる気満々になったそうだ。

それと比較すると、バットマン風の衣装に変身するナイトオウル役の人は、ただただ優しい感じで、魅力をあまり感じない。ローリーが彼と恋に落ちるのは唐突に感じたけど、どこかのあらすじにも「成り行きで恋に落ちた」と書かれてて、う〜ん、と思う。そもそもあの青いマンハッタンと恋に落ちたり、性行為をするというのも謎。

そのナイトオウルは、89年の企画時、ケヴィン・コスナー、その後ホアキン・フェニックスがキャスティングされていたそうだ。なんて長いプロジェクト!89年って「ダンスウィズウルブス」などコスナー絶頂期だもんね。
マンハッタンはシュワちゃんやキアヌ、ローリーはヒラリー・スワンクやナタリー・ポートマン、イケメンのオジマンディアス役はジュード・ロウって、大物ばっか!

結構面白かったので、興行成績が良くないのが残念。まぁキャスティングがかなり格下げになっちゃった感は否めないけど。

          
ウォッチメン Watchmen

「300」のザック・スナイダー監督が同名グラフィックノベルを映画化。世界を揺るがした数々の事件に関わりをもってきた者が次々と暗殺されていく中、歴史に隠された真実を暴く。出演は「リトル・チルドレン」のジャッキー・アール・ヘイリー、「オペラ座の怪人」のパトリック・ウィルソン、「M:i:III」のビリー・クラダップなど。

             

ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、かつて世界で起きた数々の事件の陰で“ウォッチメン”と呼ばれる監視者たちがいた。彼らは人々を見守り続けてきたはずであったが、1977年、政府によりその活動を禁止され、ある者は姿を消し、ある者は密かに活動を続けていた…。1985年。ニクソン大統領が任期を引き延ばし、いまだに政権を握っている時代。

アメリカとソ連は一触即発の緊張関係が続き、漠然とした不安感が社会を包んでいた。ニューヨーク。10月のある夜、高層マンションの一室から、一人の男が落とされ殺された。死体のそばには、血の付いたスマイルバッジがあった。男の名はエドワード・ブレイク(ジェフリー・ディーン・モーガン)。かつて“ウォッチメン”と呼ばれていた男の一人であり、スマイルバッジは彼が胸に着けていたトレードマークだった。

しばらくして事件現場に、薄汚いトレンチコートにフェドーラ帽を被ったロールシャッハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)と呼ばれる男が現れる。彼は白黒模様の顔を常に変化させながら、血のスマイルバッジを手に取り見つめていた…。事件を不審に思った“顔のない男”は独自に捜査を開始、ダン・ドライバーグ(パトリック・ウィルソン)、エイドリアン・ヴェイド(マシュー・グード)といった、かつて“ウォッチメン”と呼ばれた者たちの周辺を嗅ぎまわる。

しかし、事件の捜査を進めれば進めるほど“ウォッチメン”たちが無残にも消されていく。やがて、世界を揺るがした歴史的事件に関わってきた彼らの真実が明らかになるにつれて、想像を絶する巨大な陰謀が動き出すのであった……。

監督       ザック・スナイダー
脚本       デヴィッド・ヘイター、アレックス・ツェー
原作       デイヴ・ギボンズ、アラン・ムーア(クレジット無し)
製作       ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン、デボラ・スナイダー
製作総指揮    ハーブ・ゲインズ、トーマス・タル
出演者      マリン・アッカーマン・・・ローリー・ジュピター / シルク・スペクター
         ビリー・クラダップ・・・ジョン・オスターマン / Dr.マンハッタン
         マシュー・グッド・・・エイドリアン・ヴェイト / オジマンディアス
         ジャッキー・アール・ヘイリー・・・ウォルター・コバックス / ロールシャッハ
         ジェフリー・ディーン・モーガン・・・エドワード・ブレイク / コメディアン
         パトリック・ウィルソン・・・ダニエル・ドライバーグ / ナイトオウル鏡
音楽       タイラー・ベイツ
撮影       ラリー・フォン
編集       ウィリアム・ホイ
製作会社     ワーナー・ブラザース、パラマウント映画、レジェンダリー・ピクチャーズ
         DCコミックス、ローレンス・ゴードン・プロダクションズ
配給       アメリカ合衆国 ワーナー・ブラザース
         日本 パラマウント
公開       アメリカ合衆国 2009年3月6日
         日本 2009年3月28日
上映時間     163分(劇場公開版)
         186分(ディレクターズ・カット版)
         215分(アルティメット・カット版)
製作国      アメリカ合衆国
言語       英語
製作費      $130,000,000
興行収入     アメリカ合衆国 カナダ $107,509,799
         世界 $185,258,983
                


516ssd4XFgL.jpg149589_01.jpg2021.02.21 Sunday
映画「ダイアナの選択」を観た。
観終わった瞬間にこんなに頭の中に「?」「?」「?」が浮かんだ作品は珍しい。すごく面白く、手に汗握る展開なだけに、結末が「あれ?」と肩透かしな感じなのだ。
こう終わらせるならもうちょっと描き方があるでしょ、とか、伏線欲しいと思うけれど、実は見終わってから再度見ると、実に細やかな伏線が張り巡らされているらしい。

映画の内容は、とある高校で問題児のダイアナと優等生のモーリーンがトイレでおしゃべりしていると、校内で銃乱射事件が起こる。彼女らのところに現れた犯人は「どちらかを殺すから自分たちで選べ」と、親友同士の彼女たちに究極の選択を迫る。
15年後、30代となったダイアナは、大学教授と結婚し、美術講師をしながら可愛い娘を育てている。絵に描いたような幸福な生活。しかしダイアナは過去の「選択」によって良心の呵責にさいなまれ、毎晩お酒がないと眠れない夜を過ごしていた。


ネタバレすると、これはフラッシュフォワードという技法で作られた映画なのだそうだ。フラッシュフォワードとはフラッシュバックの反対語。
フラッシュフォワード(flashforward、flash-forward)
文学、映画などで用いられる物語技法で、未来のことについて語る。prolepsis(先説法、予期的叙述法)とも呼ばれる。将来起こることが予想される出来事を表すために使用される場合が多い。過去について語るフラッシュバック(後説法、回想シーン)の反対。
途中伏線として、高校時代のダイアナとモーリーンが子供が生まれたら何て名前にするかを話してダイアナはエマと名付けると話すシーンがある。ここでは観客は「だから自分の娘にエマとつけたのね」とほほえましく見つめるが、さらに彼氏との子を中絶した後、お墓でエマの墓を見つけたところで「おや?」と思うのではないか。

私はここで「もしやこれはすべてダイアナの妄想?」と思った。けれど、あくまでも「生き残ったダイアナ」が「良心の呵責のあまり精神的におかしくなった」結果、のことだと思ったのだけど、この話はそういう結末ではない。

そもそもこの映画の原題は「The Life Before Her Eyes(彼女の目の前の人生)」で、この映画の本質を言い表している。それを「ダイアナの選択」としたところに「ひっかけ」感満載。あくまでも「ダイアナが選択した結果」がこの映画の内容であるという壮大な「だまし」なのである。

ダイアナが選択した結果である15年後がこの映画の主な時間軸で、それにフラッシュバックとして挿入されるのが高校時代である、と見せかけて、実はこの映画の主軸は高校時代。高校生のまま死んだダイアナの目に見える未来予想図であり、ダイアナに用意された未来をフラッシュフォワードとして挿入しているのが、この映画なのだ。

この映画を二回見たという人の、高校時代にはダイアナとモーリーンが仲良くなってから事件の1年後という表記があるが、舞台が15年後に切り替わる際には「15年後」というテロップは出ない。観客は会話やラジオの音声からユマがダイアナの15年後であることを知る。なぜテロップが出ないかと言えば、それは単なる不親切ではなく、15年後ではないから、という言葉で腑に落ちた。

また、15年後の冒頭で15年のメモリアルが行われているのに、ラストでもまたメモリアルの日となっており、時間軸がおかしい。そこで受付の人に「生存者の方ですか?」と聞かれたユマが「ノー」と答えるのも象徴的だ。

二人がトイレで犯人に「どちらを殺すか」と問われて、モーリーンが「私を殺して」と答え、その後ダイアナがどう答えたかは描かれないまま、映画は進む。だから観客はダイアナは自分が生き残ることを「選択」したのだと解釈するのだが、実際にはダイアナも「自分を撃って」と答え、その通りに撃たれた。おそらく「自分を助けて」と言ってもこの少年はダイアナを撃っただろうから、彼女には「選択の余地」はなかったのだ。だからこのタイトルはミスリードに他ならない。

ユマの娘役のガブリエル・ブレナンちゃんがとにかくかわいい。
gabrielle_brennan13.jpg
それとモーリーン役のエヴァ・アムリはスーザン・サランドンの娘だそうで、めっちゃ似てる!


                
ダイアナの選択 The Life Before Her Eyes
多感な高校時代に銃乱射事件に遭遇し、犯人に自分の命か親友の命かという過酷な選択を迫られたヒロインのその後の人生を見つめる衝撃のヒューマン・ミステリー。「砂と霧の家」のヴァディム・パールマン監督がローラ・カジシュキーの『春に葬られた光』を映画化。ヒロイン、ダイアナ役には「キル・ビル」のユマ・サーマンと「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のエヴァン・レイチェル・ウッド。共演に「セイブド!」のエヴァ・アムリ。
郊外ののどかな町に暮らす高校生のダイアナ。退屈な毎日に不満を募らせ、反抗的な態度で周囲も手を焼く不良少女。そんな彼女はひょんなことから内気でまじめな少女モーリーンと仲良くなる。まるで対照的な2人だったが、いつしか深い友情で結ばれていく。そんなある日、学校の女子トイレにいた2人は銃乱射事件に巻き込まれる。2人の前に現われた犯人は銃口を向けながら“どちらかひとりを殺す、選べ”と残酷な選択を迫る──。それから15年。ダイアナは優しい夫とかわいい娘に囲まれ、幸せな家庭を築いていた。しかし、事件のトラウマは今もなおダイアナの心に深く暗い影を落としていたのだったが…。

監督      ヴァディム・パールマン
脚本      エミール・スターン
原作      ローラ・カジシュキー『春に葬られた光』
製作      ヴァディム・パールマン、エイメ・ペロンネ、アンソニー・カタガス
製作総指揮   トッド・ワグナー、マーク・キューバン、マーク・バタン
出演者     ユマ・サーマン・・・ダイアナ・マクフィー(30代)
        エヴァン・レイチェル・ウッド・・・ダイアナ(高校時代)
        エヴァ・アムリ・・・モーリーン:ダイアナの親友
        オスカー・アイザック・・・マーカス:ダイアナの年上の恋人
        ブレット・カレン・・・ポール・マクフィー:ダイアナの夫。
        ガブリエル・ブレナン・・・エマ・マクフィー:ダイアナの娘。
音楽      ジェームズ・ホーナー
撮影      パヴェル・エデルマン
編集      デヴィッド・バクスター
製作会社    2929プロダクションズ
配給      アメリカ合衆国 マグノリア・ピクチャーズ
        日本 デスペラード
公開      アメリカ合衆国 2008年4月18日
        日本 2009年3月14日
上映時間    90分
製作国     アメリカ合衆国
言語      英語
製作費     $13,000,000
興行収入    アメリカ合衆国 カナダ $303,439
        世界 $7,248,490
                



2020年9月発売の新刊です。
どうぞよろしくお願い致します♡



                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
佐藤可士和展
2021年2月3日(水)〜5月10日(月)10:00〜18:00 国立新美術館 企画展示室1E
https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kashiwasato2020/
https://kashiwasato2020.com/

トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう
2020年10月16日(金) - 2021年3月7日(日) 11:00〜17:30 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
http://www.2121designsight.jp/program/translations/

20世紀のポスター[図像と文字の風景]――ビジュアルコミュニケーションは可能か?
2021年1月30日(土)−4月11日(日) 10:00〜18:00 東京都庭園美術館(本館+新館)
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/210130-0411_ConstructivePostersOfThe20th.html


◆名古屋◆
ショック・オブ・ダリ ― サルバドール・ダリと日本の前衛
2021年1月9日(土)―3月28日(日) 9:30〜17:00 三重県立美術館
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000244842.htm

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? GENKYO YOKOO TADANORI
2021年1月15日(金)〜4月11日(日) 10:00〜18:00 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/000273.html
https://genkyo-tadanoriyokoo.exhibit.jp/

バンクシー展 天才か反逆者か
2021年2月3日(水)〜5月31日(月)10:00〜20:00 旧名古屋ボストン美術館(金山南ビル)
https://banksyexhibition.jp/

「写真の都」物語 ―名古屋写真運動史:1911-1972―
2021年2月6日(土)〜3月28日(日) 9:30〜17:00 名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/photography

トライアローグ
2021年4月23日(金)〜 6月27日(日)※予定 10:00〜18:00 愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

岩合光昭写真展 どうぶつ家族/ねこ科
2021年4月3日(土)〜5月16日(日)(予定)10:00〜17:00 岡崎市美術博物館
https://www.city.okazaki.lg.jp/museum/exhibition/openexhibition/p026571.html


◆大阪◆
時間〜TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展
2021年4月3日(土)〜5月5日(水・祝)※会期中無休 10:00〜19:30 
美術館「えき」KYOTO
https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2104.html

ミケル・バルセロ展
2021年3月20日(土・祝)−5月30日(日)10:00〜17:00 国立国際美術館
https://www.nmao.go.jp/exhibition/2021/post_miquel.html



  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< ステージが変わるゲート 戻る 2月ももう終わり〜Twitter研究に余念のない私 >>