好きなことより人と出会え!絶望してる場合じゃないのだ。

160430_IMG_1349.jpgCakesに連載中の
『 働く君に伝えたい「お金」の教養』の著者・出口治明さんと津田大介氏の対談
「これからの日本って、本当に暗いの?」を読んでいて
目からウロコが落ちました。

出口さんが言うには、これからの若者はものすごくラッキーなんだそうで。

ええっ!!
ラッキーって???どういうこと?
少子高齢化がどんどん進む日本では、これから労働人口が減って、若者たちは
とんでもない比率で老人たちを支えていかなくてはいけないのに?って思いますよね。

でもそれって、逆を言えば、職にあぶれることは無いってことだそうで。
なるほど。

まぁ、しかし、どんどん科学が進んで、人の仕事を機会が奪っていく速度に負けなければ、と言う気も致しますが。。。


それで先日、うちのオットが言っていたことを思い出しました。
「今後、年金受給年齢がどんどん引き上げられて、しかもそんなにもらえなくなれば
定年後に働かなくては食べていけない層が増えて、みんな老後もアルバイトするしかないようになるよ」

なるほど、不安定なフリーの私たちだけでなく、安定した職(今どきこれって死語なの?とも思いますが)に就いていても
老後は不安定になっちゃうのかぁって。

実はこのところずっと、私は時々漠然とした不安に襲われていたのです。
こうしてフリーランスで働いていて、今はまだ元気で働けるし、お金を稼ぐことも出来るけど
このまま年をとって、働けなくなったら、一体どうなってしまうんだろうと。

でもどうせみんな同じじゃん、なんて思ったら、なんだか悩むのがバカらしくなってきました。
だって私もまだまだ若いんだから(笑)ラッキーなわけだし(笑)きっと大丈夫だよね。

先の安定が望めないなら、リスクを回避る方法を自分で探すしかないということ。
複数の収益を得る方法を探すとか、オーソドックスに貯金するとかね。


それと、とても共感したのが、出口治明さんと津田大介氏の対談の最終回・好きなことを探すより、出会いを信じるです。

結局人との出会いだって言うの、これ本当にそうです。

先日、リビング新聞社の中島編集長にお呼びいただいて、ラジオ出演したら
本が劇的に売り上げを伸ばし、なんとAmazonで売り切れてしまいました!

今はすでに在庫は戻っていますが(一瞬やった(笑))、あんまりうれしかったので、記念に取ってあります〜
(クリックすると大きな画像がご覧になれます)
160507amazon_nokori1.jpg160508amazon_zaiko0.jpg

この日の打ち上げでも、中島さんとの出会いについて思い出していたのですが
元々、私の4コマ漫画のブログ「ひよこだがね」の読者さんのぺさんという方が
広告制作会社の社長さんで、私が名古屋に戻ってから、実際にお会いするようになり
リビング新聞社さんをご紹介くださったと言う訳なのです。

4コマ漫画を描いてる時は、まさかそんな出会いがあるとは思っていませんでしたし
中島さんとお会いしてからも、イラストのお仕事の依頼はあるかもしれませんが
(実際に二度お仕事させていただきました!【エコメンド】【リビング新聞】
まさかこんな風にラジオに呼んでいただけるなんて、想像もしていませんでした。

どこでどんなご縁がつながるってわかりませんねぇ。。。

160428yokayoka0596_o.jpg160428yokayoka0597_o.jpg
(撮影:むらぴょんさん)

そもそも、私がこうして絵を描き続けているのも、偶然や縁がつながった結果という気がします。
子供の頃から絵を描くのは大好きでしたが、就職して、20代半ばで(最初の)結婚するまでの数年間は
まったく絵を描いていなかったんです。

絵を再開したのには、明らかなきっかけがありました。
結婚してから派遣で働いていた建設コンサルティングの会社で出会った友人に、チャイナペイントの教室に連れて行かれてはまり
私の絵とクラフト人生が幕を開けたのです。

その建設コンサルティングの会社に行かなければ、今も絵を描かないままだったかもしれません。
いえ、きっとどこかで結局こうなっていたのかもしれませんが。。。
きっかけは、やっぱり人との出会いだってこと、ですね。
絵が好きでガツガツ絵だけに意識を集中させなくても、人とのご縁があればこうして好きな仕事に付けるもんなんだってこと。

それに、好きな仕事に就けなくったって、興味深い仕事とご縁が繋がり、結果満足度の高い人生を送れればそれでいいわけで。
(それが、出口さんのパターンですよね)
好きな仕事に就くことだけが正解と言う訳ではないと思うのです。

元はと言えば、なぜ、世間的に馴染のない建設コンサルティングの会社に行ったかと言えば
私が以前にゼネコンでCADオペをしていた経験があったから。
クリエイティブな仕事がしたくて、派遣会社でCADを希望したら、運が良いことに
全くの未経験でも一から教えてもらえるという会社に行くことが出来たのです。

こういうのも全部出会いなんですよねぇ。
今日もとても楽しい出会いがあって、すごく気分が上がっています。
ワクワク。
またステキなことが待っていそうな気がします。。。。


                  


現在在庫5冊!(5/9現在)
2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。


#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター 
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< 自信はつくものじゃなくてつけるもの。って、たぶん前にも付けたタイトル。 戻る iPhoneで通話が出来なくなった時の対処法。 >>