THE YELLOW MONKEY「30th Anniversary DOME TOUR」@ナゴヤドーム

191228_7168_n.jpg昨夜は初ナゴヤドームでイエローモンキーライブ。1989年12月28日にこの名古屋で結成したバンドは、名古屋で30周年を迎え、2月に大阪の京セラドーム、4月に東京ドーム2daysを回る。
    
今の吉井さんからは想像できないが、ギターのエマちゃんが「吉井の歌が下手で華がない」という理由でなかなか正式に加入してくれなかったというのは、ファンの間では有名な話。そのエマちゃんが加入の決意を固めたのが30年前にツアーで訪れたこの名古屋だったらしい。
    
吉井さんの歌が下手だった(過去形)と言っているのは、エマちゃんだけではない。彼らの人気に火がついたライブハウス、ラ・ママのオーナーも「吉井くんはホント下手で、売れないと思ってた」と取材で答えていた。
私の高校時代の友人でラフィン・ノーズの追っかけをしてたNからも当時のイエローモンキーについて「すごい下手で色もんで、絶対売れないと思った。イエモンって言うよりイロモンだわ」と言われ、ふん、ラフィンのファンに言われたかねーよ、と思っていたのだが。。。
   
昨夜のライブで幕間に当時のデモが流れて、彼らの言う意味がわかった。へ、下手すぎる。。。下手っていうか、歌唱法がクネクネしててキモいのだ。この歌い方辞めてよかったよ。そんな歴史もあっての30年、おめでとうございます。
    
   
私の初東京ドームは2001年1月のイエローモンキー活動休止ライブだった。あれから19年。ドームツアーができるなんて夢のようだ、ホントに。


THE YELLOW MONKEY 結成30周年の祝祭感に満ちたキャリア初のドームツアーが開幕。

THE YELLOW MONKEYがバンド結成30周年を記念した初の東名阪ドームツアー『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』をナゴヤドームからスタートさせた。

キャリア最大規模となる全4公演のドームツアーの幕開けを飾ったこの日は、かつてイエローモンキーが1989年12月28日に現メンバーで初めてライブをおこなった記念すべき日でもある。これまで12月28日には、企画ライブ『メカラ ウロコ』を不定期で開催してきたが、昨年でファイナルを迎えたということもあり、吉井和哉(Vo,Gt)は、この公演に「蘇るメカラ ウロコ スペシャル」という裏タイトルを掲げているとコメント。通常のツアーとは一線を画す『メカラ ウロコ』のコンセプトも受け継いだこの日は、ツアーの初日限りのスペシャルな演出が用意されたほか、イエローモンキーの歴史を彩ってきた名曲が数多く披露され、30年間の集大成と呼ぶにふさわしい一夜になった。

ステージサイドまでお客さんで埋め尽くされた満員のナゴヤドーム。(中略)メンバーの演奏に呼応して、赤い閃光が激しくほとばしるスクリーン映像でも魅了した「球根」など、新旧楽曲を織り交ぜながらライブは進んだ。

中盤はメンバー全員がセンターステージへと移動。よりお客さんに近い距離で演奏できる喜びを伝えた吉井は、「名古屋と言えば、ドラゴン」ということで、「メカラ ウロコ」にかけて、「今日は勝手に“ドラゴンの逆鱗”というタイトルをつけてます(笑)」と、会場の笑いをさそった。さらに、現メンバーで初めてライブをおこなったのは1989年12月28日だったが、実はエマが正式メンバーになったのは、初ツアーで訪れた名古屋だったというエピソードを明かすと、「そんなエマが、最初にイエローモンキーに書き下ろした曲を」と紹介をして、インディーズ時代の楽曲「This Is For You」を披露。

センターステージの演奏を終えたメンバーが客席のあいだを縫って後方から退場すると、会場にはイエローモンキーの最初のデモ音源に収録されていたという未発表の音源「PENITENT」が流れ、これまでイエローモンキーが開催してきたライブの全公演リストがスクリーンに映し出された。そして、再びメンバーがステージに戻ると、総勢30人のチンドン屋さんを迎えたスペシャル編成で30周年記念ソング「DANDAN」を披露。

ラスト1曲を残したところで、「ドームツアーなんて夢のようです」と伝えた吉井は、THE YELLOW MONKEYというバンド名について、「本来、欧米からやってきたロックというものを、日本人の心意気でやってみようじゃないかという気持ちで、このバンド名をつけました」と改めて説明。「当時は、周りの人にバカにされてたけど、自分はこのバンド名を誇りに思って活動してきました」と熱く語った。

さらに、イエローモンキーの音楽について、「僕は、現実と、目に見えない何かを結ぶ懸け橋の部分を歌うのがロックだと思ってやってきた」と想いを語り、戦争や、浮かばれない想いを抱えた女性のことを歌ってきたというバンドの表現の在り方にも触れると、そんなバンドの神髄が詰まった2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE (未公開のエクスペリエンス・ムービー)』の収録曲「シルクスカーフに帽子のマダム」で、ライブ本編を締めくくった。(中略)

3時間を超えるライブを締めくくったのは、「悲しきASIAN BOY」。ステージにバンド名をかたどった電飾が現れ、4万人の大歓声がナゴヤドームを埋め尽くすと、「よいお年を! 来年もよろしく!」と言って、メンバーはステージをあとにした。

なお、『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』は、このあと、年明け2月11日京セラドーム大阪、4月4日、5日東京ドームの2デイズでファイナルを迎える。今回のツアーは、今年開催されたアリーナツアーと同じく、全公演まったく異なるセットリストでおこなわれる。残り3公演では、初日とはまた違うイエローモンキーを見せてくれるはずだ。
(取材・文/秦理絵、撮影/横山マサト)

セットリスト

1.SECOND CRY
2.ROCK STAR
3.SPARK
4.Balloon Balloon
5.A HENな飴玉
6.追憶のマーメイド
7.球根

8.This Is For You
9.LOVERS ON BACKSTREET
10.Foxy Blue Love
11.SLEEPLESS IMAGINATION
12.I don’t know

13.BURN
14.LOVE LOVE SHOW
15.JAM
16.DANDAN
17.パンチドランカー
18.天道虫
19.”I”
20.SUCK OF LIFE

21.Horizon
22.Father
23.シルクスカーフに帽子のマダム

アンコール

24.おそそブギウギ
25.アバンギャルドで行こうよ
26.バラ色の日々
27.ALRIGHT
28.悲しきASIAN BOY



https://youtu.be/oj1y0x3CiVk


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)10:00−18:00 東京都現代美術館
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/minagawa-akira-tsuzuku/
https://mina-tsuzuku.jp/

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
2020年1月9日(木)〜3月8日(日)10:00−18:00 Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saulleiter/

奈良原一高のスペイン――約束の旅
2019年11月23日(土・祝)〜2020年1月26日(日)10:00〜18:00 世田谷美術館
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00196

◎六本木
㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画
2019年11月22日(金)- 2020年3月8日(日)10:00 - 19:00 21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
2019年11月19日(火)〜 2020年3月29日(日)会期中無休 10:00〜22:00 森美術館
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

特別展 天空ノ鉄道物語
2019年12月3日(火)〜 2020年3月22日(日)10:00〜20:00 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/tentetsuten/index.html
https://tentetsuten.com/

◎恵比寿
中野正貴写真展「東京」
2019.11.23(土・祝)—2020.1.26(日)B1F http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3612.html
山沢栄子 私の現代
2019.11.12(火)—2020.1.26(日)3F http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3445.html
至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16
2019.11.30(土)—2020.1.26(日)2F http://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3447.html
10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで) 東京都写真美術館

◎東京駅・銀座
坂田一男 捲土重来(けんどちょうらい)
2019年12月7日(土)−2020年1月26日(日)10:00 - 18:00 東京ステーションギャラリー
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201912_sakata.html

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢
2020年1月11日(土) - 3月22日(日)10:00 - 18:00 水曜休 パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/

窓展:窓をめぐるアートと建築の旅
2019年11月1日(金)〜2020年2月2日(日)10:00-17:00 東京国立近代美術館
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/windows/

◎上野
内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」
2019年10月19日(土)〜2020年1月26日(日)9:30〜17:30 国立西洋美術館 版画素描展示室
https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019gothic_manuscripts.html

企画展「絵本でめぐる生命の旅」
2019年12月17日(火)〜2020年3月1日(日)9:00〜17:00 国立科学博物館 日本館1階 企画展示室
https://www.kahaku.go.jp/event/2019/12picturebook/index.html

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年1月21日(火)〜3月26日(木)9:30〜17:30 東京都美術館
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_hammershoi.html

◎その他
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

千田泰広 ―イメージからの解放―
2020年1月11日(土)〜2020年2月23日(日)10:00〜19:30 吉祥寺美術館
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/exhibitioninfo/index.html

小さなデザイン 駒形克己展
2019年11月23日(土・祝)〜2020年1月13日(月・祝)9:30〜17:00 板橋区立美術館
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex191123/
■巡回情報(いずれも予定)
三菱地所アルティアム(福岡)2020年3月14日〜5月10日
岩手県立美術館 2020年9月5日〜11月3日
足利市立美術館 2020年11月14日〜2021年1月10日

◆名古屋◆
日本フィンランド外交関係樹立100周年記念 ムーミン展 THE ART AND THE STORY
2019年12月7日(土)→2020年1月19日(日) 10:00〜19:30 松坂屋美術館
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/exhibition/2019_moomin-art/
https://www.moomin.co.jp/news/event/59073

特別展 チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達
2019年11月30日(土)〜2020年2月16日(日) 9時30分〜17時 名古屋市科学館
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/special_exhibition/post_69.html
https://futurepark.teamlab.art/places/ncsm

特別展 やなせたかし生誕100周年記念 やなせたかしとアンパンマン展
2020年1月25日(土)〜3月29日(日) 9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191122.html
https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/

竹中大工道具館巡回展「木組」― 分解してみました ー
2020年1月11日(土)〜4月5日(日)9時30分〜17時 トヨタ産業技術記念館
http://www.tcmit.org/information/news/2019/11/34397

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
婦人画報創刊115周年記念特別展 婦人画報と京都 つなぎ、つたえる「人」と「家」
2020.1.2 THU−20 MON http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2001.html
アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展
2020.2.7 FRI−3.2 MON http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2003.html
午前10時〜午後8時 美術館「えき」KYOTO

特別展 生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン
2020年1月25日(土)〜3月15日(日)午前9時〜午後5時 奈良県立美術館
http://www.pref.nara.jp/52796.htm



  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

<< 黒デ・ニーロと白デ・ニーロを見る「ジョーカー」と「マイ・インターン」 戻る 売れっ子か売れてないかという実にクダラナイ無駄な考察 >>