トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。

このBlogについて

ようこそいらっしゃいませ☆

このblogは、鳥好きなイラストレーター・陽菜ひよ子が
鳥に関する、ありとあらゆるコトについて綴っています。

ただいま827個の記事が載っています。

鳥好きさんは、のんびり遊んで行って下さいね☆


torimono_bn1.gif このブログのバナー。

 ご感想・執筆のご依頼・新鮮な鳥ネタなどお待ちしております♪



続きを読む>>
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ペンギンみたいな鳥「パフィン」=ニシツノメドリ

170718_250px-Atlantic_Puffin.jpgまるでペンギンみたい!と人気急上昇中のパフィンですが、全く別の種類です。
170718_250px-Atlantic_Puffin2.jpg
どこかおぼつかないよちよち歩きから、ペンギンのように「飛べない鳥」のようですが、このパフィン、飛べるうえに、鳥なのに水深50m以上まで潜ることができるんです。

ニシツノメドリ(西角目鳥)
学名: Fratercula arctica
チドリ目ウミスズメ科
分布:ヨーロッパ北部、フェロー諸島、アイスランド、および北アメリカ北東部など、北極圏からフランス北部、アメリカのメイン州に至る沿岸部で繁殖。
冬季の数か月は、陸から離れた海上ですごす。

体長:約30cm(28-34cm)、ドバトより少し小さい。
翼開長:56cm(50-60cm)
体重:380g
170624_Papageitaucher_Fratercula_arctica.jpg
特徴:太くて派手なくちばし。縦に平たくて数本の溝があり、先から赤、黄、青灰色。
体色:顔、胸から腹および下尾筒:白、それ以外は黒。雌雄同色。
虹彩:青みのある黒色。目の周りに赤い環がある。
足:橙色から赤色。

夏羽(3-8月):くちばしの色が鮮やかになり、顔が白くなる。
冬羽(9-2月):顔が灰色でくちばしもくすんだ色。
寿命:18年(最長33年以上)

卵の大きさ:6.3×4.4cm 卵の重さ:64g
幼鳥:顔は暗色。くちばしは小さく灰色みを帯びる。4-5年で完全に大きくなる。
捕食:おもに魚類(特にイカナゴ、スプラットイワシ、ニシン、カラフトシシャモ)

一見、ペンギンに似ていますが、ちゃあんと飛べるんです。
飛翔時の翼動は速いそうです。
170624_Fratercula_arctica_-Firth_of_Forth,_Scotland_-flying-8.jpg

【その他の特徴】
・水深50m以上まで潜ることができる。
・くちばしの縁は鋭いギザギザで、くわえたイカナゴなどの魚を逃がさない
【求愛と子育て】
・春季に雌雄が求愛行動を行い、互いにくちばしをたたき合う
・5月中旬に1個の卵を産み、雌雄が36-43日間抱卵する
170718_250px-Atlantic_Puffin3.jpg
・雛が孵化すると親鳥は海で採餌し、くちばしに魚を多数ぶらさげて巣に戻る
【人間との関係】
・アイスランドでは狩猟対象。アイスランド料理では肉を使ったジビエ(狩猟料理)がある


ペンギンみたいな鳥「パフィン」が超カワイイ!人気急上昇!
http://athena-minerva.net/doubutu/2258/
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


TOBICHI

170717tobichi1.jpgほぼ日TOBICHI
170717tobichi3.jpg

TOBICHI(とびち)とは、
糸井重里が主宰するウェブサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」が
運営する場所です。
「店舗」であり「ギャラリー」であり
「イベント会場」です。

そして同時にここは
ほぼ日とコラボレーションをする作家や
グループにとっての「飛び地」でもあります。

TOBICHIは、南青山にある2つの建物で構成されています。
2014年8月にオープンした「TOBICHI」と、2015年2月に誕生した「TOBICHI◆廖
TOBICHIには、ほぼ日グッズの常設ショップがあります。
TOBICHI△任蓮展覧会やワークショップなどの様々な催しものを行っていきます。
つまり‥‥

TOBICHIは、ほぼ日の立体化であり、インターネット上のコンテンツのリアル化です。
ここで起こった出来事は、インターネットのほぼ日で取り上げていきます。
リアルとインターネットを行き来することで、コンテンツをどこまでも広く伝えていきます。
170717tobichi2.jpg
170717_3244_n.jpg
京都店。minaと同じレトロビル内で素敵。
170717tobichi4.jpg
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ベーカリー ぴよ*ぱん

長い人生の中には「取り返しのつかないこと」ってあるものです。

2003〜13年ごろまで、ひよこの絵日記や漫画をブログに描いていたのですが
時期によって作風がガラッと変わり
一番初期の2003〜05年ごろに描いていた「ひよこProducts」の頃のお話。

p050630.jpgこの頃は毎日なにも楽しいことがないように感じて
でもじゃあ辛いことがあるかと言えば
そういうわけでもなくて
一通り自分なりの不満はあるものの
それをそのままネットで描いても
「贅沢だ」
で一刀両断されそうな気がして

じゃあ、毎日一個でいいから
楽しいことを探して漫画にしよう、と思って
描き始めたのが「ひよこ日記」でした。
今思うと他愛もないものだったけれど、何かしら人の心に引っかかるものがあったのか
いわゆる「ファン」が付いたというのは、これが初めての経験。

p050620.jpgeteさんもそんな中の一人で
「いつも楽しみに読んできて、ROM専門でしたが
初めてコメントします」
というコメントをいただいたのが
最初だった記憶があります。

その後、何かで悩んで行き詰った私が
愚痴のようなものを書いた時に
「自分はひよこ日記にとても励まされてきました」
と励まして下さったことが、今も忘れられません。

自分の描いたもので、元気になったり、励まされたりしている人がいる
そう思うことがその後、Web上で制作を続けていくうえで、本当に支えになりました。
今もこうしてWeb上にコツコツと何かしらを発表し続けていられるのも
あのとき、受け入れてもらえた、ということが大きいと思います。

そんなeteさんが、あるとき脱サラしてパン屋さんをオープンされました。
eteさん(男性です)はずっとブログに手作りパンのことを載せておられたのですが
それ以上に、趣味の楽器のイメージが強かったので「そっちか!」と驚き
そして、お店の名前にさらにびっくり。

「ベーカリー ぴよ*ぱん」というんです。
pypn3888.jpg
オープン日
2010年8月6日
あなたと鳥と音楽と「パン屋」
You and the Bird and the Music
http://ete.sakura.ne.jp/sb/log/eid152.html

この頃、すでにプロのイラストレーターとしてぽつぽつ仕事をしていた私に
「いつか店が軌道に乗ったら、ぜひ、ひよこの絵を描いて下さい」
と言って下さっていました。

場所は四国ですので、とても行けそうにないところではありました。
でも、いつか行こうと決めていました。

ほんのたまに、私は今でも古いブログ仲間のブログを順番に「巡回」するのですが
eteさんのブログはその後、更新されないままでした。
単純にパン屋さんが忙しいのだろうと思っていましたが
2013年の夏、瀬戸内を旅することになり、お店のことを調べてみると
そこには「閉店」の文字が。

ショックでした。

閉店自体もそうですが、eteさんに何もできなかった自分自身に腹が立ちました。
すぐに応援の記事を書くべきでしたし
取り寄せられるものは取り寄せて、感想を載せるべきでした。

それでも何も変わらなかったかもしれないけれど、何かが変わったかもしれません。
少なくとも、eteさんに勇気を与えられたかもしれません。

あの頃、2011年の初めには東京から名古屋へ引っ越したり
我が家にもいろんなことがありましたが
忙しいなんてのは言い訳でしかない。。。。

長い人生の中には「取り返しのつかないこと」ってあるものですね。。。。


このレビューの上から二番目の文字化けしているのはeteさんが書いて下さったもの。
お忙しかったでしょうに、本当にありがとうございました。
http://member.blogpeople.net/ranking/detail.html?key=0f0d42505a504103
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


鳥型ロボット「レグホーン LEGHORN PV Vol1」

このブログにはメールフォームが付いているので、たまに鳥好きさんや鳥に見識の深い方などからメールをいただきます。
大抵は、こういうのもありますよという既存のキャラなどの紹介か、私のオリジナルのイラストを使わせてほしいというものが多いです。

ちなみに前者に対しては、ありがたくネタにさせていただき、余裕があればお礼のメールを差し上げています。(なかなか余裕がなくてすみません)

後者に関しては、大変申し訳ないのですが、一応プロのイラストレーター・漫画家(エッセイスト)なので(私の経歴等はコチラ)有償でというお申し出以外は、返信を控えています。
以前は「ただで使わせろ」といった失礼な問い合わせにも丁寧にお返事していたのですが、100%返事がないか逆切れされて終わりなので、今は無視することにしております。

申し訳ないのですが、すべてのメールに対応はできかねるということだけ、とりあえずお伝えすることにして。

前置きが長くなりましたが。。。
NAKAYANさんという方から、ご自分の作品を見てほしいというお申し出がありました。
「え?見るっていっても、それでどうすればいいの?」
こういった「自作の作品の紹介」は初めてのパターンです。

できればそんなに広まっていない「世の中に埋もれた愉快なトリモノ」こそ、当ブログでは扱って、世に広めていきたい。。。
紹介したい、けど、もし見てみて、微妙な感じだったらどうしよう。。。
ドキドキしながら動画を見ると。。。

170608torimono-1.jpg
「ホビー二足歩行ロボット「レグホーン」のプロモーションビデオです。ROBO−ONE等のロボットバトル大会に参加しています。」
とありますが、ロボット業界に疎いので、それがすごいのかどうかもよくわかりません。

しかし、、、、さっくり見た結果
170608torimono-2.jpg
結構すごいです、これ。
いやほかのロボット見てないので、何とも言えませんが、プロというわけではなく趣味で作っておられるということなので、それでこのスムーズな動きって、かなりすごいんでね?

そんなわけで、ご紹介することにしました。動画はこちらからご覧になれまする。


そのようなわけで、今回はご紹介に至りましたが、あくまでも私の主観によりますので、必ず載せるとはお約束できませんが、是非このブログに取り上げてほしいという鳥ネタをお持ちの方がいらっしゃったら、ご連絡下さると幸いです。
(てか、そもそもこのブログに取り上げられても全く何のステイタスも何もございませんので、それでもよろしければ)

ただし、イラストの仕事が忙しいと、1〜2週間時間がぶっ飛びますので、反応が全くない時もあるかもしれません。そのまま反応がない可能性もありますが。。。。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


世界中でバードウオッチングする日、優勝は誰の手に?

世界中でバードウォッチングする日、なんてのがあるんですねー。
想像するだけで平和ですね!

みんなで鳥を見ようよ!
そしたら、テロも戦争も紛争もなくなると思うんだけどなぁ。。。

170531w_watching-1.jpg170531w_watching-2.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3128751
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ことりファイト!

170530kotori_fight.jpg170530kotori_fight2.jpg見た目のかわいさとは裏腹に結構ブラックなゲームらしいざんす。
このゲームの舞台は、小鳥の楽園「神秘の森」
しかし、天敵のいない神秘の森では、小鳥たちが増えすぎてしまうことに。
縄張り争いの覇権を握るため、今小鳥たちの熱い戦いが始まる!!
プレイヤーは森の精霊となり、お気に入りの小鳥たちを繁栄させるため、裏で手を回すという設定。
パッケージ裏の説明にも
「そこに慈悲はなく、祈る神もいない。あのくちばしを見てごらん、命を刈り奪る形をしているだろう?」
と過激なあおり文句が!!
話題騒然で品切れ中!!小鳥が主役のボードゲーム「小鳥ファイト!」(2017/1/27)
「こっち屋」から販売されている同ゲームは、小鳥たちの楽園である「神秘の森」が舞台。アナログゲームのイベント「ゲームマーケット」の公式サイトに掲載されているストーリーを読んでみると、「小鳥たちはそこで仲良く穏やかに過ごして…いなかった!」といきなり衝撃的な言葉が……。
どうやら、天敵がいない「神秘の森」では小鳥たちが繁殖してしまい、縄張り争いのために種族間の全面抗争に発展してしまったらしい。「他の種を蹴散らし、森の覇権を握るのはいったいどの小鳥になるのか!?」と「ことりファイト!」という名前からは想像もつかない文句でストーリーは締められている。
“他の種を蹴散らして森の覇権を握る”かわいい小鳥が主役! ボードゲーム「小鳥ファイト!」の説明文が怖すぎる(2017/1/27)

20170127-a04.jpg
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%A1%E5%B1%8B-%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B01M32VRMF
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


名古屋コーチンは本当に人懐っこかった

今からもう4年ほど前のことになりますが
2013年のトリエンナーレで、瀬戸内の島旅をしました。
130825IMG_1890.jpg
豊島で民泊というのをしまして。
結構今は浸透してると思いますが、民泊とは一般のお宅に泊まることを言います。
民泊にはもれなく特典が付いてきまして、新鮮な野菜を収穫できるとか、魚釣りに連れて行ってもらえるとか、それぞれ魅力的なのですが、私たちが選んだのは
「名古屋コーチンの採れたて卵で、朝食にたまごかけご飯」
ができるというYさんち。

ちなみに筆者の自宅は名古屋ですが、何か?

ところで、鳥好きの風上にも置けませんが、ニワトリって、もしかして怖いんじゃ。。。
心の中を、かつて愛読していた「動物のお医者さん」の”西根家最強生物・ヒヨちゃん”がよぎる。(ヒヨちゃんは白色レグホン。買ったときヒヨコだったからヒヨちゃん)

思わず名古屋コーチンについて調べてみると、性格は人懐っこく温厚だと言います。
「温厚なニワトリ・・・」
イマイチイメージできませんでしたが、旅も中盤、Yさんちにて、早朝ニワトリさんたちにご対面。驚いたのは、エサがキュウリだったこと。スライサーでシャリシャリと小気味よくスライスしたキュウリをニワトリたちは嬉しそうにつついています。餌に夢中なのもあってか、私には興味なっしん。人懐っこいのか?どうかも微妙。。。

130822nagoya_cochin_torimono2.jpg気になる卵の収穫ですが、実は、早朝と言っても私たちが起きたのは相当遅く、すでにお母さんは卵を収穫してしまったそうで。
ガーン、とショックを隠し切れない寝ぼすけたち。すると人のいいお母さんは
「そろそろまた生んでると思うから、好きなだけ持ってきていいよ」
とニコニコ。

お言葉に甘えて、ボウルを手に再度鶏小屋へ。
トリさんたちが歩き回る奥に、卵の産みつけてある棚のようなところがあり、藁が敷き詰めてあります。近づいてみると、あったあった!ニワトリは固まって卵を産む性質があるそうで、一か所に卵がすでに10個くらい産みつけてあるのですぐにわかりました。

さっきと違い、エサがないので、ニワトリたちは私のそばに寄ってきます。見おぼえない人に興味津々なのか、ちょんちょんつついてきます。といっても、ヒヨちゃんのように血を見るような感じではなく、あくまでも「スキンシップ」という感じです。

130822nagoya_cochin_torimono1.jpg「ちょいと失礼しますよ」
と声をかけて、ドキドキしながら卵を手に取ります。こちとら、なんといっても侵入者。温厚な名古屋コーチンとはいえ、ニワトリたちにとっては大事な卵を奪いに来たと知ったら、急に攻撃に出てくるかもしれません。思わずボウルを抱えて体をホールドし、身構えてしまいます。

ところが、ニワトリたちは、のんびりと棚に近寄ってきて
「何してるの?」
「何かいいものあるの?」
とでもいうように、私の手元をのぞき込むのです。むしろ思い出すのはチョビかスナネズミ!

ラブリー!!
名古屋コーチン♡♡♡


若干の罪悪感とともに、私はすっかりコーチン様のとりこに。
いつか飼う!!と心に決めて、後ろ髪引かれつつ、鶏小屋を後にしたのでした。

この日の朝ごはん。自分で収穫したホカホカの卵で卵かけご飯するってだけでも贅沢なのに、名古屋コーチンですよ!卵焼きもお母さんが第一弾に収穫した名古屋コーチン卵で作ったものです!幸せすぎ。
130822nagoya_cochin_torimono3.jpg
野菜も採れたて。朝から焼きなすまで用意して下さって、Yさんのお母さん、本当にありがとうございました!!

ひとことでいうと、島旅、最高でした。
鳥のオブジェもいっぱい、猫もいっぱいで(あんま関係ないか)、癒されました。
皆様もぜひ、Yさんちで名古屋コーチンとの極上体験、味わってくださいませ。
(民泊については、ネットですぐに情報出てきますので、自分で調べてね♡)
(Yさん宅は一般のお宅で、個人情報でもあるので、ここには詳細は載せません)
130825ogijima_1311web.jpg
旅の詳細
http://hiyoko.tv/journal/log/museum/eid818.html
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


街を走るひよこ・その6〜 Piiyo Truck

piiyo5.jpg今まで、5種類のひよこっぽい車をご紹介してきましたが、6台目にして見つけました!
これぞKing of Hiyoko Car

その名も
「Piiyo」トラック!!

販売価格 338,000円 (税込)


残念ながら生産終了!!(涙)

(てか、情報遅すぎだよっっ)

光岡もビックリ! 驚異の1〜3人乗りカー『Piiyo』発見

不況が叫ばれる年だからこそバカ明るく!? 行きたい! というわけで2009東京オートサロン、我がVividcarは、勝手に『幸せ探し』をやってまいりましたっ!!

なんとライバルはタタ!?

いやはや「不況」とか「クルマ離れ」とか嘆いてる場合じゃありません! 世の中、まだまだパワフルな人はいるんだなぁ。それも群馬に!
我がVividcarは、2009オートサロンで偶然発見してしまいました。『REDZONE』さん。こちらは3輪トライクの『REVO』シリーズなど、ユニークなピープルムーバーを開発してるところなんだけど、遂に去年! そのオリジナルな3輪技術を生かして、完全一体型ボディをまとった“自動車”を完成。それが、今回ご紹介する『Piiyo』だ。
デザイン、ネーミングともに社長の小谷野さんが「ひよこをイメージ」して作られたそうで、エンジンは125ccで、完全一人乗りから、後部2人がけの3人乗りまである。
そしてなにより凄いのはお値段で、中国で生産することにより一人乗りは29万8000円からで3人乗りは39万8000円から!! 小谷野さん曰く「ライバルはタタですよ(笑)」というのも肯ける。
結構、地元のご年配から趣味人にまで売れてるそうで、侮れない不思議な魅力を持つ。いやはやまだまだ日本、捨てたモンじゃないね。

詳しくはRED ZONE>まで!
piiyo1.jpgトラックじゃないのもあるでよ!
PIIYO ハッチ型(48cc)、トラック型(48cc)、3人乗りトライク型(125cc)
驚きの「PIIYO」の主要機能

■Piiyoトラック

□排気量48cc
□ミニカー登録
□新開発軽量FRP車体
□新開発50ccOHCエンジン
□セミオートマチック前進4速〔クラッチレスでどなたでも楽々ドライブ〕 
□バックギア装備
□デファレンシャルギア装備
□シャフトドライブ方式
□車体サイズ
・全長 2430mm
・全幅 1100mm
・全高 1590mm
・ホイルベース 1650mm
・荷台スペース 750mmx1040mmx400mm
□燃費 28km/L
□最高速度 65km/h ※弊社敷地テストコースで実施
■主要装備
・ミニカー対象車輌では世界初の強化ガラス製 サンルーフ装備〔後部チルトアップ式〕
・運転席は左右にレギュレター開閉式ウインドウ装備
・ルームランプ
・前席左側1ドア
・ガソリン計
・スピードメーター
・ギアポジションインジーケーター
・ワイパー
・フロントウインドーウオッシャー
・ホワイトホイール
・フロントタイヤサイズ 3.50−10
・リアタイヤサイズ  4.00−12×2本
・後部荷台は大きな荷物も積載可能です。
・リアはフットブレーキ
・室内にキックスターター完備で万が一のバッテリー上がりでも安心です。
・10Lガソリンタンク
・キー付きガソリンキャップ
・リアLEDストップランプ
・オーデイオ AM.FMラジオ&カセット
□標準カラー(白)336,000円〔税込み、セットアップ料は別途〕
□オプションカラー Piiyoイエロー・レッド・ホワイト・シルバー(別途20,000円)
□オールディーズピンク・オールディーズブルー(別途40,000円)
piiyo3.jpgpiiyo4.jpg
画像お借りしました。
http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/1192cafa25b.woa/wa/read/11efc21ca32/
http://poli7.jugem.jp/?eid=476
http://20000volt.blog12.fc2.com/blog-entry-76.html

こんな方も!
左)コレかと思いますた。。。    右)これはピヨというよりペンギンだねw
piiyo2.jpgpiiyo6.jpg

50ccのミニカーってなんだかどれもひよこっぽい♡
hiyoko1.jpghiyoko2.jpghiyoko3.jpg
左)タケオカ自動車工芸【T-10G】 最高時速は60km/hでます!
中)CQモータース【キューノ】 人が乗って公道を走れる「実車版チョロQ」。電気ミニカー。新車価格はびっくりの100万円超え。
右)タケオカ自動車工芸【ミリューR】 電気自動車。第一種原動機付き自転車。。。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


鳥キャラ図鑑・その58『ユトリン』

170521_470ba.jpgエサキホームの公認キャラクター『ユトリン』です。

ゆとりある家に住む習性があり
エサキホームの家に住んでいることから
公認キャラとなった。
「よりよい暮らしのためには、
ゆとりが何よりも大切」
という持論を持っており
家のことになると熱が入りすぎてしまうこともある。
口ぐせは『とことん、広さと収納だ!』

これ以上の公式プロフィールはないみたいです。
結構前からあるみたいなのにねぇ。

しかし見た目は超かわいいので、グッズほしい〜
家建てないともらえないんだよね。ハードル高すぎる!
170521_ad897.jpg170521_43dc.jpg170521_003.jpg
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


1/83 >>