トリモノ帖

鳥に関するあらゆるコト。あらゆるモノ。

世界中の鳥好きさんに捧ぐ。

世界中でバードウオッチングする日、優勝は誰の手に?

世界中でバードウォッチングする日、なんてのがあるんですねー。
想像するだけで平和ですね!

みんなで鳥を見ようよ!
そしたら、テロも戦争も紛争もなくなると思うんだけどなぁ。。。

170531w_watching-1.jpg170531w_watching-2.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3128751
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ことりファイト!

170530kotori_fight.jpg170530kotori_fight2.jpg見た目のかわいさとは裏腹に結構ブラックなゲームらしいざんす。
このゲームの舞台は、小鳥の楽園「神秘の森」
しかし、天敵のいない神秘の森では、小鳥たちが増えすぎてしまうことに。
縄張り争いの覇権を握るため、今小鳥たちの熱い戦いが始まる!!
プレイヤーは森の精霊となり、お気に入りの小鳥たちを繁栄させるため、裏で手を回すという設定。
パッケージ裏の説明にも
「そこに慈悲はなく、祈る神もいない。あのくちばしを見てごらん、命を刈り奪る形をしているだろう?」
と過激なあおり文句が!!
話題騒然で品切れ中!!小鳥が主役のボードゲーム「小鳥ファイト!」(2017/1/27)
「こっち屋」から販売されている同ゲームは、小鳥たちの楽園である「神秘の森」が舞台。アナログゲームのイベント「ゲームマーケット」の公式サイトに掲載されているストーリーを読んでみると、「小鳥たちはそこで仲良く穏やかに過ごして…いなかった!」といきなり衝撃的な言葉が……。
どうやら、天敵がいない「神秘の森」では小鳥たちが繁殖してしまい、縄張り争いのために種族間の全面抗争に発展してしまったらしい。「他の種を蹴散らし、森の覇権を握るのはいったいどの小鳥になるのか!?」と「ことりファイト!」という名前からは想像もつかない文句でストーリーは締められている。
“他の種を蹴散らして森の覇権を握る”かわいい小鳥が主役! ボードゲーム「小鳥ファイト!」の説明文が怖すぎる(2017/1/27)

20170127-a04.jpg
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%A1%E5%B1%8B-%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B01M32VRMF
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


名古屋コーチンは本当に人懐っこかった

今からもう4年ほど前のことになりますが
2013年のトリエンナーレで、瀬戸内の島旅をしました。
130825IMG_1890.jpg
豊島で民泊というのをしまして。
結構今は浸透してると思いますが、民泊とは一般のお宅に泊まることを言います。
民泊にはもれなく特典が付いてきまして、新鮮な野菜を収穫できるとか、魚釣りに連れて行ってもらえるとか、それぞれ魅力的なのですが、私たちが選んだのは
「名古屋コーチンの採れたて卵で、朝食にたまごかけご飯」
ができるというYさんち。

ちなみに筆者の自宅は名古屋ですが、何か?

ところで、鳥好きの風上にも置けませんが、ニワトリって、もしかして怖いんじゃ。。。
心の中を、かつて愛読していた「動物のお医者さん」の”西根家最強生物・ヒヨちゃん”がよぎる。(ヒヨちゃんは白色レグホン。買ったときヒヨコだったからヒヨちゃん)

思わず名古屋コーチンについて調べてみると、性格は人懐っこく温厚だと言います。
「温厚なニワトリ・・・」
イマイチイメージできませんでしたが、旅も中盤、Yさんちにて、早朝ニワトリさんたちにご対面。驚いたのは、エサがキュウリだったこと。スライサーでシャリシャリと小気味よくスライスしたキュウリをニワトリたちは嬉しそうにつついています。餌に夢中なのもあってか、私には興味なっしん。人懐っこいのか?どうかも微妙。。。

130822nagoya_cochin_torimono2.jpg気になる卵の収穫ですが、実は、早朝と言っても私たちが起きたのは相当遅く、すでにお母さんは卵を収穫してしまったそうで。
ガーン、とショックを隠し切れない寝ぼすけたち。すると人のいいお母さんは
「そろそろまた生んでると思うから、好きなだけ持ってきていいよ」
とニコニコ。

お言葉に甘えて、ボウルを手に再度鶏小屋へ。
トリさんたちが歩き回る奥に、卵の産みつけてある棚のようなところがあり、藁が敷き詰めてあります。近づいてみると、あったあった!ニワトリは固まって卵を産む性質があるそうで、一か所に卵がすでに10個くらい産みつけてあるのですぐにわかりました。

さっきと違い、エサがないので、ニワトリたちは私のそばに寄ってきます。見おぼえない人に興味津々なのか、ちょんちょんつついてきます。といっても、ヒヨちゃんのように血を見るような感じではなく、あくまでも「スキンシップ」という感じです。

130822nagoya_cochin_torimono1.jpg「ちょいと失礼しますよ」
と声をかけて、ドキドキしながら卵を手に取ります。こちとら、なんといっても侵入者。温厚な名古屋コーチンとはいえ、ニワトリたちにとっては大事な卵を奪いに来たと知ったら、急に攻撃に出てくるかもしれません。思わずボウルを抱えて体をホールドし、身構えてしまいます。

ところが、ニワトリたちは、のんびりと棚に近寄ってきて
「何してるの?」
「何かいいものあるの?」
とでもいうように、私の手元をのぞき込むのです。むしろ思い出すのはチョビかスナネズミ!

ラブリー!!
名古屋コーチン♡♡♡


若干の罪悪感とともに、私はすっかりコーチン様のとりこに。
いつか飼う!!と心に決めて、後ろ髪引かれつつ、鶏小屋を後にしたのでした。

この日の朝ごはん。自分で収穫したホカホカの卵で卵かけご飯するってだけでも贅沢なのに、名古屋コーチンですよ!卵焼きもお母さんが第一弾に収穫した名古屋コーチン卵で作ったものです!幸せすぎ。
130822nagoya_cochin_torimono3.jpg
野菜も採れたて。朝から焼きなすまで用意して下さって、Yさんのお母さん、本当にありがとうございました!!

ひとことでいうと、島旅、最高でした。
鳥のオブジェもいっぱい、猫もいっぱいで(あんま関係ないか)、癒されました。
皆様もぜひ、Yさんちで名古屋コーチンとの極上体験、味わってくださいませ。
(民泊については、ネットですぐに情報出てきますので、自分で調べてね♡)
(Yさん宅は一般のお宅で、個人情報でもあるので、ここには詳細は載せません)
130825ogijima_1311web.jpg
旅の詳細
http://hiyoko.tv/journal/log/museum/eid818.html
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


街を走るひよこ・その6〜 Piiyo Truck

piiyo5.jpg今まで、5種類のひよこっぽい車をご紹介してきましたが、6台目にして見つけました!
これぞKing of Hiyoko Car

その名も
「Piiyo」トラック!!

販売価格 338,000円 (税込)


残念ながら生産終了!!(涙)

(てか、情報遅すぎだよっっ)

光岡もビックリ! 驚異の1〜3人乗りカー『Piiyo』発見

不況が叫ばれる年だからこそバカ明るく!? 行きたい! というわけで2009東京オートサロン、我がVividcarは、勝手に『幸せ探し』をやってまいりましたっ!!

なんとライバルはタタ!?

いやはや「不況」とか「クルマ離れ」とか嘆いてる場合じゃありません! 世の中、まだまだパワフルな人はいるんだなぁ。それも群馬に!
我がVividcarは、2009オートサロンで偶然発見してしまいました。『REDZONE』さん。こちらは3輪トライクの『REVO』シリーズなど、ユニークなピープルムーバーを開発してるところなんだけど、遂に去年! そのオリジナルな3輪技術を生かして、完全一体型ボディをまとった“自動車”を完成。それが、今回ご紹介する『Piiyo』だ。
デザイン、ネーミングともに社長の小谷野さんが「ひよこをイメージ」して作られたそうで、エンジンは125ccで、完全一人乗りから、後部2人がけの3人乗りまである。
そしてなにより凄いのはお値段で、中国で生産することにより一人乗りは29万8000円からで3人乗りは39万8000円から!! 小谷野さん曰く「ライバルはタタですよ(笑)」というのも肯ける。
結構、地元のご年配から趣味人にまで売れてるそうで、侮れない不思議な魅力を持つ。いやはやまだまだ日本、捨てたモンじゃないね。

詳しくはRED ZONE>まで!
piiyo1.jpgトラックじゃないのもあるでよ!
PIIYO ハッチ型(48cc)、トラック型(48cc)、3人乗りトライク型(125cc)
驚きの「PIIYO」の主要機能

■Piiyoトラック

□排気量48cc
□ミニカー登録
□新開発軽量FRP車体
□新開発50ccOHCエンジン
□セミオートマチック前進4速〔クラッチレスでどなたでも楽々ドライブ〕 
□バックギア装備
□デファレンシャルギア装備
□シャフトドライブ方式
□車体サイズ
・全長 2430mm
・全幅 1100mm
・全高 1590mm
・ホイルベース 1650mm
・荷台スペース 750mmx1040mmx400mm
□燃費 28km/L
□最高速度 65km/h ※弊社敷地テストコースで実施
■主要装備
・ミニカー対象車輌では世界初の強化ガラス製 サンルーフ装備〔後部チルトアップ式〕
・運転席は左右にレギュレター開閉式ウインドウ装備
・ルームランプ
・前席左側1ドア
・ガソリン計
・スピードメーター
・ギアポジションインジーケーター
・ワイパー
・フロントウインドーウオッシャー
・ホワイトホイール
・フロントタイヤサイズ 3.50−10
・リアタイヤサイズ  4.00−12×2本
・後部荷台は大きな荷物も積載可能です。
・リアはフットブレーキ
・室内にキックスターター完備で万が一のバッテリー上がりでも安心です。
・10Lガソリンタンク
・キー付きガソリンキャップ
・リアLEDストップランプ
・オーデイオ AM.FMラジオ&カセット
□標準カラー(白)336,000円〔税込み、セットアップ料は別途〕
□オプションカラー Piiyoイエロー・レッド・ホワイト・シルバー(別途20,000円)
□オールディーズピンク・オールディーズブルー(別途40,000円)
piiyo3.jpgpiiyo4.jpg
画像お借りしました。
http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/1192cafa25b.woa/wa/read/11efc21ca32/
http://poli7.jugem.jp/?eid=476
http://20000volt.blog12.fc2.com/blog-entry-76.html

こんな方も!
左)コレかと思いますた。。。    右)これはピヨというよりペンギンだねw
piiyo2.jpgpiiyo6.jpg

50ccのミニカーってなんだかどれもひよこっぽい♡
hiyoko1.jpghiyoko2.jpghiyoko3.jpg
左)タケオカ自動車工芸【T-10G】 最高時速は60km/hでます!
中)CQモータース【キューノ】 人が乗って公道を走れる「実車版チョロQ」。電気ミニカー。新車価格はびっくりの100万円超え。
右)タケオカ自動車工芸【ミリューR】 電気自動車。第一種原動機付き自転車。。。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


鳥キャラ図鑑・その58『ユトリン』

170521_470ba.jpgエサキホームの公認キャラクター『ユトリン』です。

ゆとりある家に住む習性があり
エサキホームの家に住んでいることから
公認キャラとなった。
「よりよい暮らしのためには、
ゆとりが何よりも大切」
という持論を持っており
家のことになると熱が入りすぎてしまうこともある。
口ぐせは『とことん、広さと収納だ!』

これ以上の公式プロフィールはないみたいです。
結構前からあるみたいなのにねぇ。

しかし見た目は超かわいいので、グッズほしい〜
家建てないともらえないんだよね。ハードル高すぎる!
170521_ad897.jpg170521_43dc.jpg170521_003.jpg
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


FC2マスコットキャラクター兼宣伝部長PIYOちゃん

170517-twitter4.jpgたまたまFC2でレンタルしている
メールフォームをいじっていて
ふと横に目をやると
「なに?PIYOちゃん??」
170517-twitter2.jpg
どうやらTwitterのようです。

言葉もひよこ語でかわいいっぴ。
https://twitter.com/fc2info
170517-twitter3.jpg
んでもさ。。。
170517-twitter1.jpg
これって、アヒルじゃね??

。。。まいっか。。。

インフォメーションのどこを見ても、プロフらしきものもないし
テキトーなんですね、きっと。

ちなみに、鳥キャラ図鑑とシンボルマークの境界線もテキトーなんですが
キャラが立ってるか、が一番大きいのです。
てことで、これはシンボルマークですな。
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


鳥キャラ図鑑・その57『バヒル』

先日私のinstagramにこんな投稿をしたのです。

MITTS COFFEE STAND
店主のこだわりが隅々までにあふれた居心地良いお店。
コーヒーの味はもちろん、オリジナルカップの可愛さにやられます。
名古屋市中区錦2丁目8-15 錦三輪ビル1F
https://www.facebook.com/MittsCoffeeStand/
これですよ、オリジナルカップ!
170508 MITTS COFFEE STAND 名古屋 丸の内 長者町 伏見 コーヒースタンド カフェ
鳥ですよ。アヒルですよ!!

これ本物はこんな感じ。 MITTS COFFEE STAND
170513bahiru_170104_MG_4003.jpg

インスタをTwitterで流したところ、この方にリツィートされまして
170513twitter_bahiru1.jpg
おお!!まさか。。。

なんとこのバナナアヒル、「バヒル」って名前の
愛知在住の福島一真さん作のキャラクターなんですね。

現在、#つくしのブックカバー展として
三省堂書店名古屋本店さんでこのバヒルのブックカバーが販売されているそうです。

C_YhOITXsAALFyL.jpg
5/17まで期間延長になりました!
48種類もある中で、バヒルのブックカバーを選んでいただけるのは本当にうれしいです!!!ありがとうございます!

名駅に行ったついでに時間があればぜひ三省堂書店名古屋本店へ足を運んでみてください*
いいなぁ、バヒル!
何だか人気者になりそうな予感。。。


コーヒーショップのMITTSさんもよろしくね。
http://www.mitts-coffee.com/
edit

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


1/1