書く毎日。

170921instagram_os3.jpg2017.10.05 Thursday
先月、豊田市美術館に「奈良美智展」を見に行った時にティールームで食べたアートなケーキ。
     
さっきケンミンShow10周年記念で、取り上げられた回数が、大阪がぶっちぎりの1位ってことで、インタビューに答えた大阪人が「秀吉が大阪城建てる時に、周りにおもろい人ばっか集めたらしい(ウソ)」と話していて、そか、大阪に面白い人持ってかれて、江戸に美人持ってかれて、残ったのが今の名古屋人のルーツってことかぁ。。。。と聞くと(;´д`)トホホですが。。。
    
イロイロ調べてみると、名古屋人もなかなかのものなんですよ。ホンマに。


171005_6396_n.jpg2017.10.05 Thursday
拙著をお読み下さった方はご存じですが、安納芋がなかったら、あの辛い食事制限を耐えられなかっただろうと思うほど、この甘い甘い芋を愛してやまない我が家。
   
特にオットは、「安納芋」の文字を見ると蒸パンでもプリンでも、反射的にかごに入れてしまうほど。
しかしこれおいしい!今度見かけたら3つくらい大人買いしてしまいそう。

最近、ご縁あって、文章を書いたり、編集アシスタント的に、校正のお仕事なんかもしているのですが、私が言うのも何ですが、ここ数日、本当にひどい文章を直していて、編集さんの苦労を思い知りました。たまには違う立場から仕事をするのもいいものですね。
    
「味わい深い味を味わう」とか「熱い熱戦」とか「箸休めに湯豆腐やチーズフォンデュを楽しむ」とか「トンネルを抜けて雪景色を眺めていると、その雪景色の雪が」とか。ああホント、世界中のエディターの皆さま、お疲れ様でございます。

このところ生活がいっぱいいっぱいで、なかなかネットに以前のようにいろいろ書けずにいます。亡き父が生前よく言っていた「お前は退屈ってことを知らん子だ」。そう言う時の父は、ちょっと誇らしげで。そんな父の期待に応えるべく、私は生き急ぐかのように、ガツガツ前を向いて生きていきたいと思うのです。。。。


                  


9月半ばから1ヶ月、今年一番忙しい時期が始まっています。
170920_IMG_7767.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

この秋の過密スケジュール。

170831_IMG_7056.jpg最近SNSでの発信を控えていて、たまにblogの更新情報をTwitterに流す程度。
主な発信はこのblog。そして戦略的に更新してるのがここ

しかし、この2か月ほどはずっと本の構成を練ったりブログをいじったり
ほぼほぼ和文と英文にあけくれていて、絵を仕事以外ではまったく
描いていなかったのに反省して、9月からは真面目にインスタも再開することにした。
(まだ2日しかたってないけど)

それにしても我ながら、本当に体力が落ちたなーと思う。
5月から万歩計をつけているのだが、この猛暑も手伝ってか、1万歩越えると
てきめんに疲れが出る。帰宅後、酔っ払った時みたいにパタッと眠ってしまうのだ。
オット曰く、死んだように静かに寝てて心配になるらしい。

仕事もタイトなんですが、それと同時に、ずっと念願だったワークショップを
主催することになりまして、9月最初の週末に、メンバーで顔合わせして打合せ。
皆さん協力的で、本当によかったよかった。
そっちも本気出してかかりたいので、まぁなんというか、死なないように頑張ろう。

秋カラーのオット。戦闘モードでない時は結構地味。
立たされている訳ではありませぬw


                  


131201_6867.jpg131104hiyoko_dagane2226.jpg今更ながら、アメブロのひよこを3〜4年ぶりくらいに復活してるのですが
最後にオリジナルの漫画を描いたのはいつだっけ?と調べてみたら
オリジナルのイラストを描いたのが「2013年のクリスマス」
131113hiyoko_dagane7871.jpg
最後の「ひとコマ漫画」が『毛フェチ度判定オーディション』(2013/11/13 Tue)
最後のオリジナル4コマ漫画は『名古屋×函館・異文化交流・その5『おとつい〜day before yesterday』』(2013/11/04 Mon)

「毛フェチ」の方は、某名古屋ローカルTV局へオーディションに行った時の話で
「おとつい」の方は、某札幌ローカルTV局の番組『水曜どうでしょう』のお話。
どちらもローカルTV局繋がりってことで、おあとがよろしいようで。

その間には、某国営全国放送の番組のお仕事の告知でこんなの載せてますが
実はこれは最近載せたもの。
ページにひよこがないのはアカンってことで急きょ、大昔の4コマをアレンジして作成。
しかしマメよね。ここまでせんでもええのに、と我ながらおもう。。。続きまであるよ。

そんなわけで、2013年11月頃より、本当に約4年ぶりだったことが判明。
140903golfer_pipi.jpg
2014〜2015年にかけては、お仕事でゴルフ漫画を描いていましたが
こちらは世界観が違うので、別物ってことで。


                  


8月末までのご飯。
170831_IMG_7066.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

取材と構成案とトークショーと。

170820IMG_6636.jpg170820_IMG_6660ps1.jpg2017.08.20 Sunday
お盆休み最終日(私には全く関係ないけど(笑))は
丸善名古屋本店さんの丸善ゼミナールへ。
元リッツカールトン日本支社長の高野さんのお話三回目。

当然満員御礼。期待を裏切らないいいお話!
おもてなしとは想像力、というテーマだったのですが
本当におっしゃる通り!
想像力って、何かが足りないくらいの環境の方が鍛えられる。

今の都会の子供は、モノが溢れすぎて
全てに満ち足りているから、想像する余地がない。

これだけしかないと思えるから、人はモノを大事にするのだ。
昔、本が貴重なもので、貸し本屋だったりした時代には
皆もっと本を大事にしたのではなかろうか。

大好きなターシャ・テューダーの言葉を想い出す。
「星空を年に一度しか見られないとしたらどうでしょう。
なんて美しいと思うことでしょう」
またはマザーグース。
「クリスマスは年に一度。だからとっても楽しいの」

実は連日の取材や構成案を仕上げてほぼ徹夜だったりとで
前日土曜日は体調を崩して休んでいたので、やや不安だったけど
何とか行って来られて、元気を頂いて帰ってきた。

栄の街はお祭りで、お神輿が練り歩いていた。
お隣伏見までお神輿と一緒に歩いて、カフェで休憩。
前から気になってたお店は、堂島ロールのお店だった。
手が込んだ感じのケーキは見た目にもおいしかった。

セルフサービスなのだけど、お水のサーバーにレモンとオレンジとライムが入ってて、自由に飲めたり。
ビジネス街で休日だからか、混んでなくてノンビリ。
ああ使の間の夏休み。

戻って休み明けはずっとWebの管理。しばらくお休みしていたことを再開するのに、諸々準備。
昔取った杵柄、またとりに行けるかな。行きますとも!


                  


170818_IMG_6567.jpg170818IMG_6572_1.jpg2017.08.18 Friday
取材。すごく楽しかった。
単純に人と話して楽しかったというよりは、もっと深い。
話すことで今まで知り得なかった理解が深まる感じ。
これだ!という切り口を見つけた時の、コーフン。
これこそ、求めていたモノ。
このために生きてると言っても過言では無いほどのモノ。

珍しく二人で撮った写真。
貴重な丸ポストがこの町にはまだ現役でいくつも残ってるんだって。
昔よく訪れた千葉の佐倉の街を思い出した。いい街だったなー。

保存地区に指定された街並みを撮る。
そこには豊かな文化があった。ただものを作るというだけでなく。
それに触れられて本当によかった。
アテンドしてくれたBさん、本当にありがとう。

170816_IMG_6529.jpg
2017.08.16 Wednesday
打合せ。円頓寺の名店・西アサヒのタマゴサンド。うまし。
いよいよ、形になって行くんだなぁ、という感慨深さと
それをすべて自分でやって行くのだという、身の引き締まる想い。

自分では色々知ってると思っていたことが、本当はまだまだ知らなければいけないことだらけと知る。
けれど、それはそれとして、今まで自分の中で紡いできたものを、どう見せるか、どう切り込んで行くか。
それはそれでとても大切なこと。


                  


170819_memorial2012-2016.jpg170806_IMG_6535.jpg
2017.08.06 Sunday
少し前の話だけど、この春からヤマトの時間帯設定が変わり
お昼の時間帯と夜の細かい時間の設定が出来なくなったのは
周知の事実だけど、伝票も変わったんですねー。
いつもの現物納品のお仕事のときに、セブンのお兄さんに
次回からはこれでお願いしますと言われて知りました。

ヤマトさんお昼ゆっくりできるようになったのかなぁ。。。

大きな画像は、FBに教えてもらったここ数年の投稿。2014年までは、毎年お盆過ぎくらいに旅に出ていたのだね。
2012年は18きっぷ以外に、20日過ぎに、ホーチミンにも行ったなぁ。
2013年の島旅は、自分の中で良かった旅ベスト3にはいる。
2014年の山形もよかったー。何かもうすごく遠い過去みたいだ。

2015年はようやく原稿が上がって、ホッとして参加したごはん会。この年は夏前に東京や大阪に何度も行った記憶が。
去年だけは、どこへも行けなかったけど、今年は京都に行けてよかった。暑かったけど!


                  


私たちの胃袋は、カレーとスイカで出来てるに違いない。それは確か。
170818_IMG_6566_2.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

a・鳥・家だよりmail版・vol.18

◇◆◇陽菜ひよ子のお仕事状況など。。。a鳥家だよりmail版vol.18◇◆◇

いつもお世話になっております。
イラストレーターの陽菜ひよ子です。

残暑お見舞い申し上げます。
前のお知らせから、早くも半年近くが経ってしまいました。
毎日暑い日が続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

※このメールは、陽菜ひよ子が名刺交換、メールフォームへの
 メッセージなどを通じて知り合った方にお送りしております。

*****************************************************************************

残暑お見舞いのイラストを添付させて頂いております。
170808summer_greetings_web.jpg
環境によっては、添付が送られていないこともある様で、すみません。
コチラからイラストをご覧になれます。
http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/others/eid172.html


【陽菜ひよ子の最近のお仕事】

1.雑誌『大人の名古屋 vol.39』(CCCメディアハウス)

CCCメディアハウスさま発行の名古屋近郊の大人のための上質なお店等を紹介する雑誌
「大人の名古屋」(MH-MOOK)vol.39『おいしい魚が食べたい!』の
特集「魚を食べたくなる小説と映画」のイラストを担当しました。
小説と映画の選者の方々の似顔絵と、映画のイラストです。    
http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid169.html

2.レギュラーのお仕事も頑張っております。

NHK Eテレ「すイエんサー」は、タイトルイラストを担当して
おかげ様でこの秋で3年になります。
この春からはエンディングに名前がクレジットされるようになりました。
角さん(伊吹五郎さん)より前に名前が出て、黄門さま気分を味わいました。
http://hiyoko.tv/a_tori_ie_dayori/log/info/eid168.html

All about「イケアラフォー vs 痛アラフォー」
ヒトコマ漫画の連載です。
そのまんま、イケてるアラフォーと痛いアラフォーの生態を描いております。
毎回描きながら、自分はどっちだろうと考えてしまいます。。。
All aboutでの前回掲載分1・第18回「結婚しないの?と聞かれたら」
https://allabout.co.jp/gm/gc/470217/
今までのイラスト
http://hiyoko.tv/gallery/log/eid134.html


この春夏にコツコツ描いておりました、そのほかのお仕事は
秋以降にまたおしらせできる予定です。

*****************************************************************************

今回のご案内は以上になります。

東京は雨の多い夏だったそうですが、こちら名古屋は毎日暑いです。
魅力に乏しいと言われる名古屋ですが、住みやすさでは抜群。(気候をのぞけば)
地元民として、もっと名古屋の魅力を発信していかねば!と思っております。

このところ、すっかり引きこもっておりましたが
来春には、いろいろなことが動き出す予定です。
来年早々には新しい本も出版されることが決まり、現在執筆中です。
また解禁になりましたら、お知らせさせていただきます。

お忙しい中、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

*****************************************************************************
陽菜ひよ子
Website:http://hiyoko.tv/
Gallery:http://hiyoko.tv/gallery/
イラストレーターズ通信会員:http://illustrators.jp/
*****************************************************************************


a・鳥・家だより(atelier-dayori)・mail版 バックナンバー

陽菜ひよ子と名刺交換させていただいた方、メールフォームよりご連絡くださった方
展示会場にメールアドレスを残して下さった方などに
陽菜ひよ子のお仕事やイベントなどのご案内をメールで送らせていただいています。(1〜2か月に一度程度)

もし、こう言ったご案内が欲しい、という方がおられましたら、お手数ですが
メールフォームよりご連絡くださいませ。大喜びで送らせていただきます。
(※雑誌、書籍などの編集者、デザイナー、アートディレクターの方限定)


最新版
#a・鳥・家だよりmail版(2016年〜)


過去のa・鳥・家だより
#a・鳥・家だよりmail版(2014〜2015年) →続けて読むことが出来ます!


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

引きこもりで盆は暮れてゆく。

世の中には、スケジュールがみっちり詰まってないと落ち着かない人とか
片っ端から予定が埋まってしまうので、とりあえず予定を立てて置こうとする人など
「で?いつにする?」
が口癖みたいな人がいるモノだが、私もオットも、極力先の予定を立てないようにして生きているので
しかもこんなに暑いと、自発的に出かけようという気が起きないので、結局ずっと引きこもって仕事。

でもそれがいちばん楽しいのだから仕方がない。

今年はそこそこ忙しいのだが、7月末までの仕事が終わったところで、お盆までの仕事に着手して、途中
レギュラーも交えながら、今はお盆明けまでの仕事をしつつ、次の本の準備といい感じにバトンタッチして進んでいる。


                


ひとつ、これからが、この夏までと違うのは、全面的にSNSをお休みしようと思っていること。
その分の時間を、次の本の準備に当てたいからだ。
ずっとお休みしていたブログを復活させるべく着々と進めている。

って、これもブログだけど、別のブログの話。もう何年も休業状態だったけど、少し盛り上げておきたい。

本を作るのもイラストの仕事も同じ「かく」仕事だけど、「書く」と「描く」ではやっぱり違って
使う脳の部分が全然違う気がする。
イラストは緊張もするけど、本を書くみたいに前のめりにアグレッシブな感じにはならない。
今はまだ本を書く前夜段階なので、まだゆったりとした気分が残っているけど、これから恐ろしいことになりそう。
わかってたら、ここからアグレッシブになれればいいのだけど、切羽詰まらないとお尻に火はつかないもので
火のついた状態でそんなに走り続けられないので、これくらいのいいのだろう。


                


ずっと見えていなかった9月以降の予定がはっきりしたので、一安心。
むやみにプライベートの予定は入れたくないけど、仕事はある程度はっきりさせておきたいのは
フリーランスあるあるかもなぁ。

お盆が明けたらすぐに打合せや取材が入るので、快適な引きこもりタイムももうあと少し。
夏ももうすぐ終わり。


                


ずーーーっと、ホコモモラのお魚の食器ばかり使っていて
「かわいそうに、この家この食器しかないんだろうなぁ」
と思われていたと思いますし、実際その通りでしたが、ようやく最近、食器が増えてきました。

食器にコダワリがない訳ではなくむしろその逆で、こだわるがゆえに、適当なところで手を打てずに
適当に家にあるもので済ませてきたのであった。。。。
まぁ、去年までは色々めんどくさい人と同居していたので、やっと食器を選ぶ自由も出来たということかな。

やっぱ陶器の食器は手に馴染んでよいなぁ。。。お気に入りの食器で食べると、気分上がるね♡
170811_IMG_6444.jpg
引きこもりなので、結構真面目にご飯だけは作っている。モットーは「手抜きでもいい、家で食べよう」である。
途中パスタが続いて、イモとパスタみたいな変なメニューなのは、米を切らして、暑さのあまり買いに行けずにいたから。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

rice work と life work

先日ある女性と話していたら
「あたしは仕事が楽しくて仕方がないんだけど、そう言うと女友達に叱られるの。趣味を持てって言われちゃうのよ」
とおっしゃるので
「仕事が楽しくて何がいけないの〜。仕事の充足感って趣味なんかじゃ絶対味わえないじゃないですか」
とぷんすか勝手に憤慨。
   
また別の日には
「仕事にはトコトン打ち込めるんだけど、趣味に打ち込むことが出来ない」
という女性と遭遇。同じ同じ!と思わず共感。
    
私は趣味として始めたことって、合わないとさっさと辞めてしまう。逆にこれ!と思うと、トコトンのめり込んで仕事になってしまう。イラストもかつての帽子もそうだった。
そこそこ楽しみながら趣味として続けるってことが出来ないのだ。
   
そのときに
「ライスワーク(お金のための仕事)とライフワーク(心のよりどころになる仕事)のバランスって大事よね」
という話になった。
私にも、ライスワークと割り切ってやってる仕事と、これはライフワークと思える仕事が明確にある。
    
でもだからといって、ライスワークだから楽しくなくてもいいというのも嫌なのだ。
理想形は、ライスワークの比重をできるだけ減らして、ライフワークを充実させるべきなのかもしれないけど
ライスワークも楽しければ、いつかライスワークとライフワークが逆転したっていいと思う。
   
いかにしてライスワークも楽しく、将来的に行きたい方向へ近づける仕事をするか。
最終的にどこへ向かっていきたいのか。それを決めるのは自分だから。
   
まぁとにかく、私の周りには仕事の好きな人が集まるのねってことですね。


長くなりそうなので、続きへ続く。


                  


170728_6581_n.jpg2017.07.29 Saturday
今朝、ちょっと落ち込む出来事があったり、仕事でいろいろあり
ちゃぶ台ひっくり返したくなるのをかろうじてこらえたり
いろいろイライラのタネは尽きない。

でも、同時進行で、15年越しの悲願の企画が進行中で
昨日もその件で取材した方といろいろ話すうちに
ものすごく似てることがわかり、女子トーク炸裂で楽しかった♡

今日は別の方とその企画の件で打ち合わせ。円頓寺と四間道デート。
またまた女子トークになるかな?素敵な方と会うのはいつもワクワク。
これだけ楽しいことがあるんだから、多少上手くいかないことがあっても
我慢ガマン、だよね。

いろいろ気がかりもあるけど、楽しいことだけ考えてようっと。


                  


最後のバーニャカウダと一緒に渡り蟹とズワイ蟹のパスタも食べたのに、撮り忘れたので絵に描きます。
こういうとき絵描きって便利。
170728_IMG_6129.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

どこへ向かっているのか。

170727instagram_photo_s.jpg2017.07.27 Thursday
人前で絵日記を描いていると「そんなに小さいんですね」と驚かれるんですが、ネコの方も食べ物の方も、基本同じスケッチブックに描いています。
はがきサイズくらいです。大体10〜15分程度で描いています。食べ物の方が少しだけ時間かけてるかもしれませんが30分はかかってません。
170725 ロールケーキ170724 ケーキ カフェショコラ ショコラオランジュ レアチーズケーキ フルーツロールケーキ


                  


170706ehonsakka1.jpg2017.07.23 Sunday
(画像クリックで実際の記事に飛びます)

この回は、だいぶ前に読んで、最新の回まで読んだのですが、自分にとっては衝撃だったことがあったので、今さらですがシェア。
        
少々ネタバレになりますが、この中に、見ず知らずの編集者に電話して見てもらう持ち込みより、コンペの方が気が楽だというくだりがありますが、そうか、そういうものなんですね!
    
私は、編集者に持ち込むことは割と楽にできるんですが、コンペが怖くてなかなか出せずにいるので、ちょっと驚いてしまいました。
    
持ち込みの場合、目の前の編集者に気に入ってもらえれば仕事が来ますが、コンペは審査員の全員に近い人に気に入ってもらえなければ受賞できませんので、そんなん無理だわーと思っているのかもしれませんが、根拠はありません。
    
でも確かに、一対一で目の前で講評されるより、どこか知らないところで知らない人に見られる方がプレッシャーは少ないはず。なのに、知らないところで「コイツこの程度の作品送ってきてるよ、厚かましい」など、悪口を言われてるんじゃないかと、ドキドキしてしまうんです。やっぱ変なのかなワタシ。。。。
   
そんなわけで、私はそこそこ仕事歴はありますが、受賞歴はまったくなく、受賞歴の多い方に憧れるんです。。。。。


                  


上記のWebsite「ホテル暴風雨」を運営されているのは、絵本・童話作家の風木一人さんとイラストレーターの斎藤雨梟さんご夫妻。風木さんは、東京時代に絵本の勉強をしていたころに、仲間と運営していたワークショップに講師として来ていただいてからのお付き合いで、今も風木さんのことは風木先生とお呼びしている。すでに絵本畑にいない私からそう呼ばれるのは微妙なのか、風木さんからは「先生じゃありませんので」と言われるのですが、習慣って抜けないのよね。

絵本の勉強をしていたころは、ブログをアホみたいに更新していて、ひよこの漫画の書籍化を目指していた。

あの頃考えていたことの細かいところまでは覚えていないが、思考の中心はこんな感じだった。
「〜されすればどうにかなる」「〜さえできればあとは全部うまく行く」って、んなわけがない。
それも今は分かりますが、当時は甘かった。
「ひよこが書籍化さえされれば」「絵本さえ出せれば」って、「〜さえできれば」何だって言うんだろう?

一つくらい何かうまく行ったって、その先がなければどうしようもない。点ではなく線で考えなくては。
点はいつか線になるかもしれないけど、点が一つでは永遠に線にはなりっこない。点はいくつもいくつも幾つも打って初めて線になるのだ。

ようやくそのことに気づいて、点を打ち始めたさ。ポツポツテンテンゴンゴン。

ときには遠回りと思えるようなことも、先を考えるとやっておいた方がいいといろいろチャレンジして行ったら、驚くようなことまで依頼されるようになってきた。
ずっとずっとやりたいと思ってきたことだったので、とってもうれしいけど
「ひよこちゃんは一体どこへ行こうとしているんだろう」
とオットに笑われる。本当にそうだよね。
でも、どこに行きつくかわからないけど、好きなことやって行けばきっと、おかしなことにはならないよ。

だけどそれと同時に思ったこと。
東京に住んでた頃は、絵本も漫画もとにかく当時掻くものはひよこ一辺倒で、周りからは「ひよこ以外も描けばいいのに」と言われていたのだが、私は頑なにひよこを描き続けた。
自分はあんまり軸がなくて、さほど頑固じゃないと思ってきたけど、案外頑固だったのね。
でも、頑固に大きな点を一ヶ所に打ち続けて行けば、きっとそれはもうそれだけで線になるくらいのパワーを秘めている。


                  


170727_IMG_6102.jpg2017.07.27 Thursday
今日は不思議な巡り合わせでの飲み会。メンバーはイケメン社長と美女と青年と私たち夫婦、と言う感じ。久々に「なぜこのイケメン(オット宮田)がわざわざ9歳年上のアナタ(私)と結婚したのか」といじり倒される。10年前から言っておるが、ホンマに大きなお世話じゃ!あとは、若干26歳にして恋をあきらめたという「青年」に、あきらめるのはまだ早い!と昏々と諭したり、美女のラブ活について語ったり、イケメン社長の苦労話を聞いたり。でも多分8割は私がしゃべっていた。あー楽しかった♡

イケメン社長に、私たちの出会いについて話す。
イエローモンキーファンだったと言うと「あ、俺・・・」と話しだすので、「あ、社長もファンなのかな?」と思ったら
「本人にあったことありますよ」ですって。なんですとーーーー!!
カッコ良かったけど、彼(吉井さん)よりメンバーの人の方がカッコよかったって。でもねぇそのイケメン社長はちょっと吉井さんに似てるのだ!
170728_IMG_6115s.jpg


                  


2017.07.26 Wednesday
何度か、メールをしようとしては、無意味なことだと辞めて、でもやっぱり、とメールを書きかけ、途中で辞めるということを繰り返している。短気は損気。損して得取れ。長い長い自分のこの先の人生に必要なことなんだから、今は目をつぶって耐えようと思う。まぁとにかく、怒りたくても怒れない状況ってことね。飲んで寝るしかないね!


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

肉の日に魚。

29日(肉の日)発売。CCCメディアハウスさま発行の名古屋近郊の大人のための上質なお店等を紹介する雑誌「大人の名古屋vol.39『おいしい魚が食べたい!』」の特集「魚を食べたくなる小説と映画」のイラストを担当。
170515hina_otona_all.jpg    
似顔絵は上が映画の選者でシネマスコーレ副支配人・坪井さん。ご本人をよく知る方から「激似ですね」とおほめにあずかりました。下が小説の選者の丸善名古屋本店の書店員・熊谷さん。ご本人から編集さんに「きれいに描いて下さってありがとうございます」とお礼があったそうで、ホッ。実は坪井さんにはちょっと苦労したんですが、熊谷さんは編集さんが「似てます!」と一発でOKを下さったのでした。
     
カラーのイラストはご紹介してる映画のワンシーンです。
すべて黒の色鉛筆で線を描き、透明水彩で彩色しています。仕事では修正などを考慮して、デジタルで彩色することが多いのですが、今回は事前に丁寧にイメージのすり合わせをしたせいか、修正は全くなしで、一発OKの気持ちいいお仕事で、本当に楽しく描かせていただきました。ありがとうございました。
   
発売日の昨日、見本誌が届きましたが、ものすごく美味しそうで、どのお店も行ってみたくなります〜〜〜♡また、大好きなELLASのオーナーで利き酒師のタナカジュンコさんが登場するページもありますので、是非ご覧くださいね〜
    
制作:2017年5月
画材:透明水彩、色鉛筆、Photostop(似顔絵:サインペン、Photoshop)


                  


170629kazeki_bofuu-1.jpg作家を育てるのが本当の編集者(ホテル暴風雨)

本当にいいお話。編集さんって本当にいろんな方がいるし、どんな優秀な方でも相性というものもある。
   
そんな中で、自分を認めてくれて、自分の良さを引き出してくれるような編集さんと出会えたら、その関係は宝物だと思う。作家と編集者とのかかわりはもちろん、イラストレーターと編集者の短いかかわりの中でも、それは十分ありうることなんじゃないかと思うのだ。


                  


最近、名刺交換すると「僕もアトピーなんですよ」という方が多く、中には「僕これ持ってます」というビックリな方もいらしたりして、そのせいか、とんとん拍子にお仕事につながったりしてありがたや。それだけ、同志として親近感持って下さってるんだなぁ。そしてこれだけよく遭遇するってことは、アトピーで苦しんでる人ってやっぱり多いってこと。匿名で監修をしてくださった夫の主治医のY先生も、いい本だと思いますとおっしゃって、いまだに学会などで皮膚科の先生に薦めて下さってるそうで、本当にただただありがたいのです。


                  


170629miyata-1.jpgハンコを作ると絶滅危惧種の保存に貢献できるというプロジェクト。
陽菜は「稀少」だそうで、作れませんでしたわ。
170629hanko-1.jpg
このハンコも欲しいかも・・・
んでもって、オットが宮田さんなので、私も当然宮田さんです。超かわいいやんか!!

NO.071 チーター
Acinonyx jubatus

ネコ科チーター属の肉食動物。ネコ科の動物にしては珍しく、爪をひっこめることができない。時速100kmを超える速度で走れるが、体が細くて軽いため、牙や顎が小さく、狩りの成功率は低い。アフリカ大陸のほか、西アジアのごく一部にも生息。生息環境の破壊や、家畜を襲う害獣としての駆除などが原因で減少している。
REDLIST 絶滅危惧レベル・・・危険/VU


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

絵のない絵描きの日記。

最近、疲れてしまって、仕事以外では絵を描きたくない、PCを触りたくない、という症状に陥っている。。。
仕事以外でコツコツ絵を描きためて個展とかやってる人ってそんけーするー。
絵描くの好きなはずなのに実はそんなに好きじゃないんかな。大きい仕事一つすると確実に燃え尽きる。
この疲れは精神的というよりは、単に肉体的なものかもとも思う。やっぱチョコラBBとか飲むしかないか。

そんなわけで今日は珍しく画像のない日記。


                  


先日
「陽菜さんって、文章面白いですよね。長文で改行もないのに気にならないのが不思議なんです」
と褒められて、( ゚д゚)ハッ!とした。
    
前々から薄々気づいていたのだが
私絵描きなのに、FB限定ではあるが、絵より長文の方がいいねの数とかコメとか多いんだよね。
   
これはどうしたことか。しかし、これで気をよくして、文章を仕事に!とか野心を起こすと墓穴を掘る、絶対に。
今は本業ではないフィールドだから気楽に書いてるし、みんなも期待せずに読んでるからいいんだ、絶対に!!!
  
と言っても、肩書には一応エッセイストとかコラムニストとか入れてるんだけどさ。てへへ。(*´ω`)

自己分析してみると、関西に住んでるときに、話にオチを付けるよう鍛えられ他のが大きかった気がする。
今も、オチをまず考えて、そのオチを最大限に生かすにはどういう順番で書けばいいか?というのは一応考える。
たぶんライターの方たちは、たとえSNSでも長文書くときはエディタとか使うと思うけど
私もメモ帳開いてあちこち組み立て直したりしながら書く。
思ったままをたらたら書いてるわけではないからなのかも?

ブロガーのイケハヤさんとかは、ダダーーーっと書いて、あんま推敲とかもしないらしいので、それはすごいと思う。


                  


2017.06.21 Wednesday
帽子を作っていたころは、毎日のように縫物をしていたのだが
最近トンとご無沙汰で
日傘が壊れたので、久々に針と糸を出してきた。
    
穴に糸が通るか、ドキドキ。。。。。。
     
一瞬にしてすっと通り、
なんだか物凄い勝利感でいっぱいになった。
これすごい踏み絵かもw
まだまだやれるわ、私w
   
そしてまだまだ使えるわ、傘!


                  


2017.06.22 Thursday
どこかに吐き出したいけど、吐き出す場所がないとき
FBに鍵かけてとりあえず呟く。
    
誰にも読まれずにすむし、自分では、無機質な画面の上で
自分のどうしようもない想いを俯瞰できて、ちょっと落ち着く。
おススメの方法です。(って、みんなやってるかな?(笑))    
      
書いた投稿は、そのうち消すこともあれば、そのままにしておくこともある。
どうせ埋もれるし誰にも読まれないし。
   
すっかり忘れたころ、一年後二年後に「過去のこの日」で鍵付きの投稿が出てきて
こんなことで悩んでたのかーって言えるといいな。
そんな風に思いながら。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

宮田のボスに逢う週末。

170609_0114_n.jpg2017.06.09 Friday
宮田のボス・武田さんが新栄に新事務所を開かれた
内々お祝いパーティーに行ってきました!
めちゃオシャレでカッコイイオフィスに感動!

皆さん個性的で楽しい方ばかりで、気付けば5時間経っていてビックリ!
ご一緒した皆さま、楽しい時間をありがとうございました!!
   
名古屋近郊でオシャレな賃貸物件をお探しの方は是非ご覧下さい!
宮田の写真とライティングも必見です〜 
ブランチアベニュー http://branch-avenue.com/


                  


170610_0280_o.jpg2017.06.10 Saturday
たった二日連続で出かけて、本日お昼ご飯とオヤツ準備したら
くらくらしてきて使い物にならなくなったヘタレ。

でも寝てはおられず
この週末は某国営放送番組の絵(2回分)を描かねば、なのだ。

明日は一日出かけるので、今日描かなくちゃ!
夕ご飯つくるのムリーってことで、外食に決定。

出かけようとして、そだ、今日はブラタモリ名古屋の日じゃん!
ってことで、NHKを見ながらNHK用の絵を描き、その後外ごはん。
あと15分だ!!

それにしても、体力つけなくちゃな、と本気でおもう。。。


                  


170611_2431_o.jpg2017.06.11 Sunday
丸善名古屋本店さんでの丸ゼミ
元リッツカールトン日本支社長の高野登さんのお話第二回。
またまたイイお話!!

高野さんには、第一回のあと、ファンレターを送ったら
ご多忙中、お返事を下さったのだが
今回かぶりつきで聞いていたら
わたしがメールでお伝えしたことを、ちゃんと覚えていてくださって
夫がいきなり話を振られて、ドキドキ。
本当に素晴らしい方で
この方の記憶に留めていただいただけで感動してしまう。


丸ゼミの後は、歩いて矢場町へ。
宮田が講師を務めたモーチャーカメラ部のボス・秦先生のギャラリー・Focus Rock Studio & galleryにて。
やっぱりとってもおしゃれでスタイリッシュ。

そこでイスラム国に拉致された少女たちの写真を観る。
同じ地上で起きているとは思えぬ光景にしばし言葉を飲む。
    
途中で彼の母校ヴィジュアルアーツの前を通りかかる。
窓枠の造形が素敵だねと言うと、今まで気づかなかったという。

そりゃそうだ、夜間部だったもんね。
毎晩浅間町の自宅から自転車で通ったのも懐かしい想い出。

秦先生から
「二人はおそろいのものは何も着ていないのに、何となくペアルックみたいだよね」
と言っていただき、最上級の誉め言葉と受け取る。


いい一日だった。
シーボルト展→ 丸善 → Focus Rock Galleryと、たくさん歩いて、万歩計設定以来最高を記録。
ビールが美味しかった( ´Д`)y━・~~


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/6 >>