本の備忘録 vol.12 Aug.20〜 Aug.23「頼れるのは自分だけ、というプレッシャー」

2020.08.20 Thursday
8/18に校正・校閲担当者の方から赤の入ったゲラが届いた。
むちゃくちゃ緊張した瞬間だったけど、大きな修正(事実誤認して間違っている、つじつまが合わないなど)はなく
ホッとする。
ざっと確認すると、ほとんどは読みがなや誤字脱字の類。
直すと行が増えてしまう部分だけは自分で手を入れ、残りは赤をそのまま入れていただくことになった。

校正者選びは、担当編集さんが数週間前に悩んでおられた。
この本はそもそもナゴヤ人でないと校正・校閲が難しいのと、内容も幅広いので、適任者がいないというのだ。
結局名古屋出身の元編集者さんを思い出して依頼して一件落着。
文字を見ると恐らく女性。いろいろ細かい点に気づいて下さり、注釈などもつけられてよかった。

その後、担当編集さんより、校正者さんから
『著者さんの視点が面白く、納得いく内容だった』
との言葉をいただいたとのこと。
願ってもない褒め言葉に、祝杯を上げたくなるけど、ガマンガマン。
もう2週間くらい酒を一滴も飲んでいない。

そういえば、おととい(18日)はすごく体調が悪かったのだけど、校正を直すときはシャキッと元気にやれた。
イラストに取り掛かると途端にぐったりするのはなんでだ?


                  


2020.08.21 Friday
宮田に指摘されて初めて気づいたのであるが、私は表をつくるのがすごく好きらしい。
何か調べ物をすると必ず表を作って納得し、それで満足して表の存在も忘れてしまうんだけど(笑)

仕事の進行などもよく表をつくる。
今も台割だけでなく、原稿やイラストの進捗状況なども事細かに表をつくり、終わったものから色を変えて行く。
完了の赤い色で埋められていくのが、何とも快感なのである。もうほぼ真っ赤。ああ萌える(笑)


                  


2020.08.23 Sunday
仕事をしていると、あまりの理不尽さ、悔しさに身が震えることなんて、よくあることだ。
特に守ってくれるもののないフリーランスで何の肩書もない女など
ティッシュくらいの軽さで扱われることなんてしょっちゅう。

それでも、仕事をもらうためと思って耐え忍んできたわけだけど、なんか最近吹っ切れた。
同じ私という人間に対しても、キチンと扱って下さる方もいるのだから、そういう方だけを大事にして行けばいいのだと。
結局コチラを軽く扱う人にどんなに一生懸命になったところで、無駄なのだ。
    
2年ほど前に、あるとても理不尽で悲しいできごとがあって以来、ある職業全般が嫌いになった。
(「ある」ばかりですんまそん)
その職業の方々は知り合いに大勢いるし、悪い人ばかりではないことも知っている。
それでももうその職業を目にするだけで気分が悪くなるくらいのできごとだった。

ところで、自分の立場が変われば相手との関係も変わる。
イラストレーターにとってその職業はクライアントだけど、著者の私はその職業を出版社を通じて雇っている立場に近い。
私のOKがでなければその人の仕事は終わらない。
何かそう考えただけで、少し溜飲が下がった。
以前の私なら雑な仕事をされても我慢したかもしれないけど、もう我慢しないもんね。
(ある職業とは、編集者ではありません)
      

                  


200822-91B1-334101163035.jpg2020.08.23 Sunday
先週火曜日のNHK Eテレ「すイエんサー」。
久しぶりに画面に私のイラストが登場。
土曜日の再放送でようやく視聴。

イラストレーターとしては自信を失うことばかりですが
こうやって自分の絵を画面で見ると元気出ます。
     
少し前に書きましたが、私のイラストを担当していた
3代目デスクの女性プロデューサーが
産休に入られることになりました。

それで、前倒しでイラストを依頼されたのですが
今は難しいと伝えると快諾くださり
バタバタな中お別れとなってしまいました。

9月初めのイラストの依頼が、お盆明けに
新しい担当者の方からあり
「お忙しいとは思いますが、ぜひ陽菜さんにイラストをお願いしたく」
と書かれていて、ちょっと泣きそうになりました。
   
結局「あなただからお願いしたい」そういわれるために人は頑張るのでしょうね。
だからこそ、安く描いてくれるなら誰でもいい、なんて仕事はやってはいけないのだと思います。

でもこの先、どうなっていくんだろう。。。本を書いている間はとても楽しかったけれど、そろそろそれももうオシマイ。
この先のことを本格的に考えて行かなければ。


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆名古屋◆
原田治展 「かわいい」の発見 Osamu Harada : Finding "KAWAII"
2020年7月4日(土)〜8月30日(日)10:00〜19:00 (入館は18:30まで)清須市はるひ美術館
http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2020/haradaosamu/
harada_title.jpg
1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946-2016)。50-60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション――とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。
 没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動する端緒となった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど他分野にわたる作品を中心に、幼少期から20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を越えて愛される、原田治の全貌に迫ります。



  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

世界は美しいモノにあふれてる

200409_9952_n.jpg2020.04.09 Thursday
オットは撮影に出かけ、私は役所へ。まだまだ綺麗な桜にリナリア(ヒメキンギョソウ)にビオラにチューリップ。こんな風に花の美しさが心に染みた春はいつ以来だろう。
    
ウチのマンションの1階には消毒液が置いてあるおかげで、とても助かっている。それだけでなく、ウチの大家さんの気遣いはいつも素晴らしく、そのお礼を付箋に書いたのに、持ってくるの忘れた!と、思いながら手をゴシゴシ。
   
気持ちが通じたのか、大家さんが登場!先日おすそ分けしたお礼にマスクいただいてしまった!かわいい💕ウチにも帽子用に買い漁った布だけはアホほどあるから、マスク作ろうかしら。


海外の記事を読むと、日本だけじゃなくてどの国にも問題あるなーと感じる。買い占めは日本だけじゃないし、イギリスでもすでに解雇されてる人や事業を始めて3年以内の人には補償されないなど、ビックリな話が出てくる。いやだからと言って、日本がマシだとは全然思わないけど。


                  


200408earth1.jpg200406hannya_cat1.jpg2020.04.06 Monday
改めて2月アタマの日記など読み返すと、世の中まだまだ平和だったと思う。1月に上京した際なんて、こんな事全く想像できなかったよなぁ。。。

東京では日々感染者が増えていき、3連休に自粛が緩んだツケだという。そんな話を聞くにつけ、つくづく自分は小心者だと思う。自粛するまでもなく、恐らく日本でもものすごく引きこもっている人の一人に違いないことには自信がある。それでも、感染を恐れて手洗いは欠かさないし、昨夜外に散歩に出たら、あまりの寒さに咳と腹痛が止まらず、まさかコロナ?とドキドキする体たらく。(今はもう元気です)
   
よく考えれば、こんな生活をしている私が感染するようなら、自粛は無駄だと証明するようなものだ。私が感染するとすれば、唯一社会との接点であるオット経由だと思うが、彼も一般の人と比べれば出かけることも人と会うことも少ない方だ。満員電車には乗らないし、現状はイベントの仕事なんて無くて、人の立ち合いがなくても撮影できる仕事が中心になっている。たまに丁寧に立ち合ってくれる人がいると、ありがたいような複雑な気もちになるらしい。
   
でもまぁ、それでも彼が感染すれば、芋づる式に感染することは逃れられないだろう。今まで気にも留めてなかったけど、食事の際に煮物や炒め物はドカッと大皿に盛ってつついて食べる。洗面所にはコップはひとつしかない。朝、自分が水を飲んだついでに「飲む?」と言って同じグラスに水を注いで渡したりする。家族であれば普通の光景である。
   
二人同時に感染したら食事の準備ができなることを想像して恐ろしくなり、とりあえず、コモパンなど日持ちがしてすぐに食べられるものを少しだけ買い込んだ。あとチンするだけで食べられるものも準備しとこう。とりあえず、サッサと確定申告を終わらせなくては。→まだ終わってないんかいっ!!


                  


【悲報】毎年6月に新宿で定期開催している絵本の原画展が、会場側の意向で一年延期となりました。次の展示は2021年6月です。20年のえーほんの歴史でこんな事は初めて。
    
一年前は記念冊子制作のために、メルヘンハウスさんやジュンク堂さんに取材に伺っていたというのに。一年後にこんなことになるとは、想像もできませんでした。
   
せっかく昔から温めている絵本のプロットに神からの啓示があって素晴らしいラストが思いついたのに!と悲しんでいても仕方がないので、来年までジックリと時間をかけてダミーを作り上げようと思います。昨年冊子に載せた私の取材記事、よろしければご覧下さい。

※画像クリックで大きなものが見られます。
ehon20_hina_intaview_web.jpg


                  


200407sakura1.jpg2020.04.07 Tuesday
同じ事態になっても、人によって見えているものって違うし、人は自分の見たいものしか見ない。広く見えていると自分では思って発信していても、実際にはフィルターがかかってるのが傍から見えるということもある。
    
現金を特定の層にだけ配布することに対して問われた若い母親が「子供がずっと家にいておもちゃとか買っちゃうんで、補てんして欲しいですよね」と言ってるのを見ると、こんな映像をわざわざ流して怒らせようとしてるのかと一瞬思うけど、いやいや、この声はこの国の多数派なのだと思い直す。共感して見ている人が大勢いるから流すのだ。
    
おもちゃどころではない。日々食べるものが買えなくなって困る人が今後続出するのだ。でもそういったことを想像すらできない人々が、この国の多数派なのだ。
   
同じフリーランスでも、自治体から年単位で契約を取っているような人は安泰だ。でも民間から都度仕事を受けているような人は崖っぷちに立たされている。同じ括りでも、見えている世界は違う。
   
私はと言えば、某国営放送なんて安泰でしょうといわれそうだけど、ロケができないからと、収録の延長の連絡が届いた。テレビ関係者は本当に大変なのだ。どちらにしても、この仕事だけで食べている訳ではないので、他が全滅となればもう死ぬしかない。今はバイトすらできないもんね。でも死にたくないからどうするか真剣に考えるよ。


                  


200401tokyo_newspaper1.jpg


美しい番組だった。。。
200408bottun1.jpg
日時:4月9日(木)22:30〜23:15
「世界はほしいモノにあふれてる」 
https://www4.nhk.or.jp/sekahoshi/


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

◆名古屋◆
不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

今年の花見。

200403_4800_n.jpg2020.04.03 Friday
また来年咲いてね、と花に語りかけながら愛でる桜と春の菓子。
         

2020.04.01 Wednesday
コロナ前とコロナ後とで、生活がほとんど、いやまったく変わっていない。イラストの仕事なんてネットとメールで完結しちゃうから、人と会う必要もないし、普段から引きこもり。オット以外と話す機会がない。
昨日からライターさんとTwitterで話してるんだけど、ライターは取材があるしカメラマンは撮影があるから、圧倒的に引きこもり率高いのがイラストレーターなんだよね。
以前はそんな自分の生活をさすがにヤバイと感じていて、運動しなくちゃとか、もっと人と会わなくちゃとか思ってきた。
けど今は「こんな時期だから仕方がない」とか思って家での運動もサボりつつある。これはよくないよねー。体重うなぎ上りだしねー。
先週負傷したのもだいぶよくなったので、そろそろ踏み台昇降(そのための台があるのだ)やスクワットなどやらねば。人の少ない道を走ろうかなぁ(一応宣言したからやるだろう、たぶん)。


                  


200402memorial_visual_arts.jpg2020.04.02 Thursday
懐かしい。8年前の今日、宮田はヴィジュアルアーツの学生となったのでした。私はギャンブルが嫌いだけど、この日一歩を踏み出したことは、人生かけての最大の博打だった。まだ今はその結果が出たと考えるのは時期尚早かもしれない。1年後笑っていられるよう、踏ん張りどころなのだと思う。
         

コロナ騒ぎで変わったことがひとつだけある。世間と自分の生活との間に格差があっても、自分が良ければいいのだと、以前にも増して思えるようになった。先日、普段から引きこもりでオット以外と全く話さないと書いた。以前から問題なのは運動不足の点が一番だけど、もっと人と会った方がいいのではと思っていた。しかし、元々人づきあいが苦手で、よく知らない人と会うと大きなストレスとなる自分は、オットとは24時間一緒でもノンストレスなのだ。これはとてもありがたい。人と会わないと成長できないと言われそうだけど、50にもなれば、もう成長できなくても、退化しなければそれでいい。人と会わないけれど、仕事もして頭も使っているし、メールやSNSでビジネスやプライベートのコミュニケーションを取っているので、退化はしないだろう。そんなわけで、引きこもり万歳。やっぱストレスを溜めず、笑って過ごすことが一番だよねぇ。あ、運動は大事。心も体も健康が大事だもんね。


                  


2020.04.03 Friday
高級食材が値下げしても値下げしても売れないし、お値段据え置きて具材をランクアップしてもお客さんが来ないという。こういうの食べられたらすごいお得なのにねー。コロナが一度かかったら耐性ができるってはっきりしたら、かかって完治した人に「コロナ済み」と書いたたすきがけして、率先して食べに行って欲しいものだ。それすらわかってないから、ワクチンも作れないし、終息のめども立たないのだなぁ。。。


                  


収入が明らかに減ってないとダメってことなのか。去年まで赤字とか生活キツキツだった人が、今年は増収予定だったのに、コロナの影響で今年も去年と同程度の収入だったら?減ったことにはならず、もらえないってことか。世の中は順調に行ってる人だけじゃないし、今まで赤字で新規事業起こして、今年黒字化する予定だった人もいるだろうに。


                  


2020.03.28 Saturday
こんなに政府に対する不満が蔓延してるのに、何でこんなに政治に世論が反映されないんだろう。こんなんだったっけ?以前は世論が騒げば、少しは反映された気がするのだが。気のせい?


                  


こういう仕事してると、華やかに見えるし、イメージもあって生活苦なんて表に出せない。それに、ひとつ大きな仕事しても、それで日々の生活が賄えるほどの収入があるかと言えば疑問。だから、すごく活躍してるように見えても、実際にはそれだけでは食えずに、表に出てる本職以外でコツコツ稼いで生活してるなんてパターンは普通だ。派手にやってるように見えても、ごくフツーの会社員よりビンボーなのがフリーランスのクリエイターなのだ。でも、ここまでくると、開き直ることもできるよね。何かもう、仕事にこだわりなんて無いし、私に出来ることなら何でもするよって思うよ。それならば、絵の才能はあってもそれしかできないより、絵の才能はなくても、他にいろいろ経験してきた自分には有利なはず。せめてそう思うことにしよう。

                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

◆名古屋◆
特別展 やなせたかし生誕100周年記念 やなせたかしとアンパンマン展
2020年1月25日(土)〜3月29日(日) 9時30分〜17時 名古屋市博物館(2月29 日(土)から4月12日(日)休館中)
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191122.html
https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/

竹中大工道具館巡回展「木組」― 分解してみました ー
2020年1月11日(土)〜4月5日(日)9時30分〜17時 トヨタ産業技術記念館(4月6日(月)まで臨時休館)
http://www.tcmit.org/information/news/2019/11/34397

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

イラスト*プチエッセイ・その4「世界は鎖国状態に」

200321instagram_os.jpg
2020.03.21 Saturday
ホットサンドメーカーではパンケーキなども焼けるそうなので、卵液を付けてクロックムッシュを作ってみた。焼き加減は少し練習が必要。それとフランスパンでフレンチトースト。昔は普通に食パンでフレンチトーストを作っていたのだけど、15年ほど前に青山の根津美術館のカフェで食べて感動してから、フランスパンで作るように。このパン、もともとバターがしみ込んでいるので、その塩気もたまらん。

あんまりおもしろかったので。自分用メモ。
200321uyosayo_o.jpg    
100万回くらい吹いた。バカとはオリジナリティが無い人のことというオリジナルな考えが素晴らしい。面白いと思ったら、VOWの編集さんだったのか!FBに書いたら、あの田口ランディさんを育てた編集者さんだそうで、何と東京の句会主催I氏の知人で、句会にもいらっしゃるのだそうだ。ええー行きたい!!


                  


2020.03.19 Thursday
国民一人当たり20万円の支給案が出たとニュースで見て、ああ、そうしたらカメラのレンズのいいのを買って、パソコン買い換えて、そろそろヤバイエアコンとレンジがいつ壊れても大丈夫!とホッとしたら、某大臣がまったく考えてないって。チェッ。トランプが可愛く見えたよ。宝くじよりはかない妄想でした。
     
さ、仕事しよっ。


                  


イタリアの新型コロナウィルスによる死者が中国を超えた。二つの国の人口が中国10億人に対してイタリア7千万人という比率から、イタリアの自体がどれほど深刻かがわかる。イタリアは日本と同じく長寿国のため、高齢者が亡くなるケースが多いとのことだけれど、それにしてもヨーロッパの重症患者の多さは、日本と比べると、最早異なる病気の話なのではないかと疑いたくなるほどだ。


200321_5968_o.jpgそんな中、ドイツのメルケル首相が声明を出して、国民は速やかに首相の指示に従っているのだそうだ。
メルケル首相、素晴らしい。ドイツはフリーランスやクリエイターを保護することも公言している。同じように大戦で敗北して復興して、なぜこうも違ってしまったのだろう。。。
(全文は長いので、触りだけ転載)
親愛なる国民の皆さん。
現在、コロナウィルスは私たちの生活を著しく変えています。日常生活、公的生活、社会的な人との関わりの真価が問われるという、これまでにない事態に発展しています。

このような状況の中、今日、首相である私と連邦政府のすべての同僚たちが導き出したことをお話ししたいと思います。

オープンな民主主義国家でありますから、私たちの下した政治的決定は透明性を持ち、詳しく説明されなければなりません。決定の理由を明瞭に解説し、話し合うことで実践可能となります。

すべての国民の皆さんが、この課題を自分の任務として理解されたならば、この課題は達成される、私はそう確信しています。

ですから、申し上げます。事態は深刻です。どうかこの状況を理解してください。東西ドイツ統一以来、いいえ、第二次世界大戦以来、我が国においてこれほどまでに一致団結を要する挑戦はなかったのです。

まずこの場を借りて、医師、そして看護施設、病院などで働くすべての方にお礼を申し上げます。あなた方は最前線で戦っています。この感染の深刻な経過を最初に見ています。毎日、新しい感染者に奉仕し、人々のためにそこにいてくれるのです。あなた方の仕事は素晴らしいことであり、心から感謝します。
経済面、特に大企業、中小企業、商店、レストラン、フリーランサーにとっては現在すでに大変厳しい状況です。今後数週間は、さらに厳しい状況になるでしょう。しかし、経済的影響を緩和させるため、そして何よりも皆さんの職場が確保されるよう、連邦政府は出来る限りのことをしていきます。企業と従業員がこの困難な試練を乗り越えるために必要なものを支援していきます。

そして安心していただきたいのは、食糧の供給については心配無用であり、スーパーの棚が一日で空になったとしてもすぐに補充される、ということです。スーパーに向かっている方々に言いたいのです。家にストックがあること、物が足りていることは確かに安心です。しかし、節度を守ってください。買い溜めは不要で無意味であり、全く不健全です。

また、普段、感謝の言葉を述べることのなかった人々に対しても、この場を借りてお礼を申し上げます。スーパーのレジを打つ方々、スーパーの棚に商品を補充される方々は、この時期、大変なお仕事を担われています。私たち国民のためにお店を開けていてくださって、ありがとうございます。

        ---------------------- 略 ----------------------

私からのお願いです。どうか私たちからの公式発表以外の噂を信じないでください。発表は多くの言語にも訳されます。

私たちは民主国家にいます。強制されることなく、知識を共有し、協力しあって生活しています。これは歴史的な課題であり、協力なしでは達成できません。

このような状況は初めてですが、私たちは心から理性を持って行動することで人命が助けられることを示さなければなりません。例外なしに、一人一人が私たちすべてに関わってくるのです。

ご自愛ください。そしてあなたの愛する人を守ってください。ありがとうございます。

                  


信じられないことだけど、Aの支持率が上がっているらしく、特に若者の支持が高いらしい。彼らの感覚では、スローガンだけは立派で耳障りのいい言葉を喋っていれば「立派な正しい人」となるのだそうだ。ある人の例えでは「人殺しはやめろ!」はダメだけど「殺させていただかなくてはいけません」と言えばOKだそうで。

彼らにとっては、勝者についてれば間違いないという安定を求めた結果。体制に逆らっても仕方がない。揉めるだけ無駄。大人げない、という反応。忖度だらけの世の中なのだ。それは彼らにしてみれば致し方なかろう。だって不安だもん。こんな世の中にした大人が悪いとも言える。しかし、この国に未来はないなぁ。


                  


200320instagram_o1s.jpg
2020.03.20 Friday

人が生きるということは、意外と進歩しているものなのだなぁ。20歳過ぎまで料理なんてなんも出来なくても、人生の半分主婦やってれば、目つぶってても30分で3品くらい作れてしまう。そして、50の自分のいちばん大きな進歩は、納豆を食べられるようになったことかも。

あっ、とここで気づいたけど、ご飯とみそ汁の位置が逆だった。。。。ていうか、これ、二人のちょうど真ん中で撮った写真を元に描いております(笑)


森◯問題で亡くなられた職員の方の件、本当に悔しい。桜の問題といい、文書改ざんなんて当たり前。やりたい放題だ。これはもはや殺人である。企業であればトップは辞任している。なのに政治家は誰も責任取らない。本当はもっと国民が怒らなくてはいけないのに、支持率上がってるとは。何かもう終わってるよね。。。

(全文は長いので、触りだけ転載)
森◯ 文書改ざん “指示もと 佐◯元局長と思う”自殺職員 手記 NHKニュース 2020年3月18日 19時42分
財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ、自殺した近◯財務局の男性職員が、改ざんの経緯などを書き残していた「手記」などを、遺族が弁護士を通じて公表しました。国会での追及をかわすため、財務省の本省が主導して、抵抗した現場の職員に不正な行為を押しつけていた内情が克明に記されています。

(1)改ざんの指示
手記には決裁文書の改ざんについて「すべて、佐◯理財局長の指示です」としたうえで、佐◯氏の指示を受けた財務省理◯局幹部が過剰に修正箇所を決め、3年前の2月26日から近◯財務局で改ざんが始まったなどと記されています。

(2)近◯財務局の反発
手記には「その後の3月7日頃にも修正作業の指示が複数回あり、現場として私はこれに相当抵抗した」と記されています。これについて財務省の調査報告書でも近◯財務局の職員が本省理財局からのたび重なる改ざん指示に強く反発したことが記されています。

(3)会計検査院への虚偽回答
手記には3年前の平成29年4月と6月に会計検査院の検査を受けた際の対応について「応接記録を始め法律相談の記録等の内部検討資料は一切示さず、検査院には『文書として保存していない』と説明するよう事前に本省から指示があった」と記されています。

(4)法律相談記録では食い違いも
一方、財務省がおととし2月に公表した国有地売却に関する法律相談の文書をめぐっては手記と財務省の調査報告書の内容が食い違っています。
                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
2019年11月19日(火)〜 2020年3月29日(日)会期中無休 10:00〜22:00 森美術館
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢
2020年1月11日(土) - 3月22日(日)10:00 - 18:00 水曜休 パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年1月21日(火)〜3月26日(木)9:30〜17:30 東京都美術館
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_hammershoi.html

◎その他
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

◆名古屋◆
特別展 やなせたかし生誕100周年記念 やなせたかしとアンパンマン展
2020年1月25日(土)〜3月29日(日) 9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191122.html
https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/

竹中大工道具館巡回展「木組」― 分解してみました ー
2020年1月11日(土)〜4月5日(日)9時30分〜17時 トヨタ産業技術記念館
http://www.tcmit.org/information/news/2019/11/34397

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

イラスト*プチエッセイ・その2「コロナな世の中と夢の途中」

200303instagram_os.jpg
2020.03.03 Tuesday

20年くらい前、千葉に住んでいた頃に毎年夏に行っていたお寿司屋さん。3〜4回行ったはずなのに、店名すら忘れていた。下駄に乗っていたことだけは覚えていて、「房総 下駄」なんてキーワードだけで一発で出てくるってホント凄いねネットって。当時はいつも車で行っていたのだけど、調べてみたら意外と電車でも便利な場所のようで、いつかまた行ってみたい。

なんかすごくお腹いっぱいになった記憶があるのだけど、大きかったからなんだねー。オプションでアワビを焼いてもらったけど、安くておいしかった。

ところで、このイラストはめちゃくちゃ評判が良い。恐らく私は欲望に忠実なのだね。もう食べ物だけ描いて生きて行きたい。


                  


200304instagram_os.jpg
2020.03.05 Thursday
先日自作したパンケーキ。パンケーキ自体は焼くの簡単だけど、絵に描くのは結構ムズイ。くだものが細かすぎるとくだものに見え辛いのが原因だろうか。

居住区内にあるモールで新型コロナ患者が出て、そのフロア全体が休むことになるかも?というようなニュースが駆け巡る。何だか一気に不安が募る。自分自身はまだ重症化するような年齢ではない(と思う)けれど、もし感染者となった場合に、自分の足取りが報道されて、行きつけの場所がさらされると思うと、おちおち応援もできやしないではないか。

また、やり取りしている仕事先の方から、コロナに気を付けてと言われると、そうだ、自分は重症化しないからかかってもいいなんて言ってる場合ではない。代わりの利かない仕事である以上、倒れたら迷惑をかける相手が確実にいるのだ。だからもうかからない努力をするしかないよね。


                  


200306instagram_os.jpg
2020.03.07 Saturday
2017年から不定期に続けている食べ物日記。食べ物の絵って、みんな笑顔になってくれるからいい。たこ焼きがいつでも食べられるように、冷凍庫に常備したいんだけど、意外と場所取るよね。

できるだけ描いたことない物を描こうと思うんだけど、すでにいろいろ描き尽していて。なんだか華のない絵に。粉モンは要練習だね。

店頭からはマスクだけでなくトイレットペーパーもなくなり、どれだけデマだとメーカーが訴えても、バカ買いする人が後を絶たない。ありとあらゆるイベントが中止となり、街からは人が消えた。子どもの学校も一斉休校となって、昼間は繁華街に子供だらけという本末転倒な事態に。

政府は、簡単に中止だ休校だというだけで、他人ごとのようにそこに何の痛みも感じていないのが腹立たしい。自分たちの議員や大臣報酬を一部返上して、さらに予算を組んで痛手を負った多くの産業に補てんするくらいしても罰は当たらんだろ、と思う。

少し前までは桜の話題で持ちきりだったが、さすがに収まった。政府はしめしめと思っていることだろう。世間では「桜のことなんかいいからコロナを」と言う声もあるようだけど、私は桜のことも大事だと思う(時間を割く限度はあるが)。だって、これはただ行事を好きに行ったというだけのことではない。書類の隠ぺいがフツーに行われ、それが許されるという前例を作ってしまったら、日本は終わり(いやもう、終わってるのかもしれないけれど。。。)だと思うから。


                  


200308instagram_o2s.jpg
2020.03.09 Monday
世の中コロナで大変な事態で、我が家も先のことは全く不透明な状態だけれど、私は今、この世界に飛び込んだときに目標だった夢が、ようやく形になろうとしていて、ちょっとハイになっている。苦節15年、よくもあきらめずにここまで来られたものだ。私の辞書には「あきらめる」と言う言葉がない。たった一つしかない才能が「あきらめない」ということだから。私のカワイイカワイイキャラクターたちを世に生み出すために、長い長い闘いはまだ始まったばかりだ。

その一環として、またnoteを復活した。noteは色んな使い方をしてる人がいると思うけど、私の体感的には、割と「自分語り」をしても許される感じ。んでもさすがに「自分語り」に課金するのは厳しいとも感じるのだが、そういう勇者もちょいちょいいて、ちょっとおもしろい。


                  


2020.03.01 Sunday
CBCの山内彩加アナが最高に面白い。コスプレしてドラマの宣伝するアナウンサーってはじめて見た(笑)→テセウスの博士帽?とか恋は続くよどこまでものナース服とか。

彼女は食レポも何気に面白く、HTB制作で佐々木倫子漫画原作の「チャンネルはそのまま!」ではまり役だった芳根京子を思い出すのだ。山内彩加はリアル雪丸花子(役名)じゃないかと思う(あんなに鈍臭くはないだろうけど)。これを見られるのは中京圏だけだと思うとうれしい。逸材だけど、横浜出身だし、人気出過ぎたらフリーになっちゃうのかなぁ。。。

↓Creaの星占い見たら気分が上がった(笑)

牡羊座 3月21日〜4月19日生まれ
3月1日(日)〜14日(土)の全体運
3月前半の牡羊座さんは、落ち着きつつも、次へのステップを見据えて行くと良いとき。
がむしゃらに頑張ってきたことで、気づいたらひとつの目標を達成しているかもしれません。
いったん立ち止まって自分を振り返ってみると、想像していたよりも多くのことを
やってきたと気づけるでしょう。

自分がやってきたことを客観視することで、「もっとできる、もっとやれる」と思えますが、それはその通り。
決して間違いや勘違いではありません。あなたはもっとできるのです。
必要なのは、自分で自分を信じる力。周囲の誰がなんと言おうと、あなたが自分を信じてあげたら、
できることはもっと増えるでしょう。
牡羊座・基本性質
さっぱりとしていて裏表がなく、いつも明るい印象の牡羊座さん。
基本的にポジティブシンキングで、はためには悪いことでも、吉報の暗示と捉えてワクワクできる、
光り輝くオーラの持ち主です。

その超前向きな思想や姿勢には裏表がないため、男女問わず、人から好かれ、お友達が増えていきます。

牡羊座さんの性格を語るとき、もっとも言われるワードは「リーダーシップ」ですが、
なかにはしっくりきていない人もいるのではないでしょうか。
それもそのはず。牡羊座さんは、自らリーダーになりたいと思っているのではなく、
一度決めたらとことんやり抜く責任感の強さと、困った人を放ってはおけない性格が手伝って、
自然とリーダー的な役割になってしまうんです。

これはもう逃れられない、牡羊座に生まれた人だけが持てる長所ですので、ぜひ活用してください。
生まれ持ったリーダーシップですから、フリーランスでの活動や起業も向いています。

恋愛にもポジティブで、無駄に悩んだりしません。
そのため、相手の反応を待つよりも、自分から相手に積極的にアプローチしていきます。
好きになったらとことん攻めますが、ダメな場合はすぐに諦め、次の恋へと気持ちを切り替えることが
できますので、いつまでも悲しみを引きずったり、ストーカーになったりはしにくいタイプです。
牡羊座・2020年の全体運
2019年の牡羊座さんは、自分らしく過ごせる良い星回りだったので、頑張ったことの成果が
出やすい時期だったことでしょう。
それに伴い、自分を取り巻く環境がかなり変わった人も多かったかもしれませんね?
そんな牡羊座さんの2020年は、2019年の経験を生かしてさらに道を切り開いていく運気となっています。

失敗を恐れず突き進む勇気を持っているのが牡羊座さんの長所。
直感力もパワーアップしていくようですので、思った通りに進めてみても大丈夫でしょう。
ただ、いつもは短期決戦が得意な牡羊座さんですが、2020年は半年とか一年のスパンでみた
計画的な進め方が良いようです。
特に、2月〜3月はチャンスへのきっかけが訪れやすい時期ですので、毎日の小さな出来事も
見逃さないようにしておきましょう。

仕事では、転職や独立を考えている人は、全く新しい仕事よりも経験を生かした仕事で
レベルアップしていくことができそうです。
チームワークを大切にすると、難しい仕事も良い成果が出せそうですよ。
恋愛では、出会いを求めている人は、仕事や趣味の中からご縁に繋がるので、
まずは仕事や趣味を楽しく頑張ることが、いい人に出会う近道ですよ。

長くお付き合いしている人には「結婚」という次のステップに進むタイミングが訪れています。
自然な流れの中で話が持ち上がってくることでしょう。

                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
2019年11月19日(火)〜 2020年3月29日(日)会期中無休 10:00〜22:00 森美術館
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

特別展 天空ノ鉄道物語
2019年12月3日(火)〜 2020年3月22日(日)10:00〜20:00 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/tentetsuten/index.html
https://tentetsuten.com/

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢
2020年1月11日(土) - 3月22日(日)10:00 - 18:00 水曜休 パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年1月21日(火)〜3月26日(木)9:30〜17:30 東京都美術館
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_hammershoi.html

◎その他
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

◆名古屋◆
特別展 やなせたかし生誕100周年記念 やなせたかしとアンパンマン展
2020年1月25日(土)〜3月29日(日) 9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191122.html
https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/

竹中大工道具館巡回展「木組」― 分解してみました ー
2020年1月11日(土)〜4月5日(日)9時30分〜17時 トヨタ産業技術記念館
http://www.tcmit.org/information/news/2019/11/34397

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

日々是良日

191119_top_b_600web.jpg2020.02.22 Saturday
このイラストは、昨日載せた愛知県の子育て冊子の表紙のラフ案3種のうちボツになったひとつが、自分では気に入っていて、色を入れてみたもの。あの冊子には、採用されたものの方が、家族みんなで家事をする感があって良かったと思う。
    
話は飛ぶけれど、来年度のNHK Eテレ「すイエんサー」の依頼が入り、無事来年度も続投が決まった。2014年秋から始まったので、もう5年半続いていることになる。2017年度までは年上の男性プロデューサーとのやり取りだったのが、その後私より若い女性プロデューサーに変わって1年半になる。
     
こうして長く良い関係を築けていられることはとてもありがたいし、幸せなことだ。私はどちらかというと、自分が納得いかないことは白黒つけたいタチだし、その傾向は年々激しくなってきているような気もする。それでも続く人との関係や仕事は続くんだよね。それこそ、新人の頃は気を使いまくって何でもかんでも引き受けたりしていたけれど、別にそれでいいこともなかったし。
    
自分がストレスをためないように仕事をする方が、結局はうまく行く。実は昨日もそういう出来事があったのだ(相手はNHKではない。念のため)。相手とわかり合おうという気持ちさえあれば、ちゃんと通じるものなのだなぁ。ホッとしてビールでも飲みたい気分。


                  


200224_IMG_7628.jpg2020.02.24 Monday
久々においしそうな朝ごはん写真が撮れた♡  
おととしくらいにこういう写真と一緒に「最近食べるもののことしか考えてない」って投稿をしたんだけど、そしたら、そこから1年くらい経った後に「食べるもののことしか考えてないんでしょ?気楽でいいわねぇ」的なことを言われ、驚いた。投稿をを1年覚えてるってことは、相当羨ましかったんだろうねー。わざわざ言ってくる人がいるってことは、そう思ってる人はその数倍いるってことか。
  
てか、そんなわけないじゃん。私の頭の中の9割は仕事のことしか考えてない。と書くと今度は「よっぽどお仕事忙しいのね、羨ましい」とくる。そうじゃなくて、フリーランスって、目の前の仕事だけこなしていればいいって訳じゃない。目の前の仕事のことを考えてるのって3割くらいで、7割は次の仕事のために営業を仕掛けなくてはやってけないのが、フリーランスってものだ。私の仕事は絵を描くだけじゃなく、ひとりで営業も経理もやらねばならんのだ。
       
だったら、食べることしか考えてないってウソじゃんって言われそうだけど。ウソじゃない。仕事以外の余暇に、他の人が温泉や海外旅行や飲み会のことを考えるように、私は自作の食べ物のことを考えてるって話を、大げさに書いてみただけのことだ。

でも軽く書いたことで知人中心のFBですらこんな風に妬まれるんだから、そりゃあ他人しかいないTwitterじゃ魑魅魍魎だらけにもなるわな。コロナの影響でも何でもなく貧乏暇なしのため、今日もどこにも行かない連休だけど、まぁまぁ楽しくやっている。お金も暇もないけど、好きなことしてるんだからやっぱり幸せだ。こういう幸せオーラが出ちゃってるのかもね。でも幸せって、すべてを手に入れることじゃないよ。


                  


2020.02.19 Wednesday
台割。構成に沿って本の内容をページに落とし込んだもの。イラストの仕事をしていても、本一冊丸ごと受けたりしないと出てこない言葉。本を書く時には最初に絶対出てくる。そして、めっちゃ大変。
    
混沌としたものをまず整理するところから。だけど、今回4C(カラー)のページがあるんだけど、1C(モノクロ)から4Cに変える場合のページの組みとか、一枚に8P印刷したものがどうなって本になるのか、さっぱりわからん。そういえば、前回はALL 1Cだったもんねぇ。
   
んでもま、わからないことを知るって楽しい。とりあえず、編集さんにヘルプ。こうして関係と本が同時にできあがって行く。素敵なことだ。


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
2020年1月9日(木)〜3月8日(日)10:00−18:00 Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saulleiter/

◎六本木
㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画
2019年11月22日(金)- 2020年3月8日(日)10:00 - 19:00 21_21 DESIGN SIGHT
http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
2019年11月19日(火)〜 2020年3月29日(日)会期中無休 10:00〜22:00 森美術館
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

特別展 天空ノ鉄道物語
2019年12月3日(火)〜 2020年3月22日(日)10:00〜20:00 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/tentetsuten/index.html
https://tentetsuten.com/

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢
2020年1月11日(土) - 3月22日(日)10:00 - 18:00 水曜休 パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/

企画展「絵本でめぐる生命の旅」
2019年12月17日(火)〜2020年3月1日(日)9:00〜17:00 国立科学博物館 日本館1階 企画展示室
https://www.kahaku.go.jp/event/2019/12picturebook/index.html

ハマスホイとデンマーク絵画
2020年1月21日(火)〜3月26日(木)9:30〜17:30 東京都美術館
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_hammershoi.html

◎その他
ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム
2020年4月11日(土)〜6月21日(日) 東京オペラシティ アートギャラリー 11:00〜19:00 
https://www.kci.or.jp/special/exhibitions2019/

◆名古屋◆
特別展 やなせたかし生誕100周年記念 やなせたかしとアンパンマン展
2020年1月25日(土)〜3月29日(日) 9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191122.html
https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/

竹中大工道具館巡回展「木組」― 分解してみました ー
2020年1月11日(土)〜4月5日(日)9時30分〜17時 トヨタ産業技術記念館
http://www.tcmit.org/information/news/2019/11/34397

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)9時30分〜17時 名古屋市博物館
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展
2020.2.7 FRI−3.2 MON http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2003.html
午前10時〜午後8時 美術館「えき」KYOTO

特別展 生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン
2020年1月25日(土)〜3月15日(日)午前9時〜午後5時 奈良県立美術館
http://www.pref.nara.jp/52796.htm



  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

自分の努力が報われるということは、その背中に報われなかった多くの人々がいるということ。

190417e-hon_comic_th,.jpg2019.04.18 Thursday
怒涛の締切ラッシュが終わった・・・半分は今作ってる仲間内の冊子で
お金にはならないけど(笑)、何か良いもんできたって感じで清々しい。

まだ修正が入る可能性は高いけど、ひとまず完成すると、ホッとする〜。
あとは週明けまでに、レギュラーのイラストを送るだけだ。
週末も仕事なので、明日は宮田の撮影につき合って、私は一日遊ぶ(笑)
(そして、一日遊んで、無事修正もできて、今は平常心(笑)→4/20)



                  


120402_IMG_6383web.jpg140421_2550_n.jpg120402_IMG_6377_s_web.jpg190412_IMG_2347.JPG2019.04.18 Thursday
FBなどのプロフ写真にしようかとも思ったけど
あまりに詐欺なのでここで(笑)
これ7年前の宮田のヴィジュアルアーツの入学式の日の写真。
私は家族として入学式に出席したんだけど
この日聞いた映画監督の河鹹照さんのスピーチには本当に感動した。
    
内容は、細かいところは覚えてないんだけど、今思うと
今回の東大入学式の祝辞で上野千鶴子さんがおっしゃったことを
別の方向から話されたんだなぁと。

幼くして両親を亡くした河瀬さんは、おばあちゃんに育てられて
そのおばあちゃんが、河瀬さんが映画監督になるのを
ずっと応援し続けて来てくれたというお話。
    
アート系の専門学校に進学することを許してくれる親って
今もそんなに多くはないのだろうと思う。
そんな中、この学校に入学することが出来たそのことに感謝して下さい。
あなたが進みたい道を後押ししてくれる人の存在に感謝して下さい。
河瀬さんは、そんな風におっしゃった。
    
昔、美大に行きたくて、でも親に反対されて諦めたことを思い出した。
それでも今こうして絵の仕事に就けていることは
決して私一人の力じゃない。いろんな人の支えでここにいるんだよね。
    
宮田は今の自分は私のおかげだというけれど
彼が33で写真の道に進むと決めた時、彼の両親は反対しなかった。
義母は体の心配をしたけれど、無理だとは言わなかったし
義父は「決めたことなら思い切ってやれ」と言ってくれた。

そういう両親の元だからこそ、思い切ってこの道に進むことが出来たのだと思う。
感謝です。

あの日聴いた河瀬さんの声を一生忘れないだろう。
色んな多くの人にありがとうと言いたい。

        


この10日間は怒涛の日々で、ずっと書きたくてうずうずしていたけれど
やっと書ける。それが上にも書いたけど、一週間近く前のことになるけど
東大の入学式で上野千鶴子さんが述べた祝辞が話題となっていて
物議も醸し出している。全文を読んで、私は泣いた。
「がんばっても報われない社会が待っている」東大の入学式で語られたこと【全文】

世の中が不公平に出来ているということに、長く生きる程に気づく。
学歴や頭の良さや男女の性差だけじゃない。
見た目での差別なんて学歴や性差以上に人生を左右すると思う。

それでも人は生きて行かねばならないのだ。
自分が持ってるものを甘んじて引き受けて。

成功しても失敗しても、認められても認められなくても
愛されても蔑まれても、お金があっても貧しくても。

そしてそれは、努力だけではいかんともしがたいものなのだ。
頑張れば報われるというのは幻想に過ぎない。

特に心打たれたのはこの部分。
がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく
環境のおかげだったこと、忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が
あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価して
ほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと
がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。
がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲を
くじかれるひとたちもいます。

私が美大に行きたいと言った時、母は「あんたなんか99%絵描きになるのは無理」だと言った。
父は静かに「無理だと言い切ることはない。この子には可能性があるかもしれない」と母をたしなめてから
「でもうちには、そんな経済的余裕がないのだ」と言った。
いろんな理由でスタート地点にすら立てない人がいるのがこの世の中なのだ。

#フリーランス #仕事の流儀


                  


ここに載せるのもお恥ずかしいですが、50になった記念にまとめてみた(笑)
左96枚は、宮田と知り合った翌年2008年からずっと一緒に見てきた桜。
右の9枚は、やはり2008年からずっと、私の誕生日(4/11)前後に過ごした写真。

この間ずっと画を辞めずに来られたのは彼のおかげだし、その前にもいろんな人のおかげで
私は絵を手放さずに来られたんだね。
190413_2482_n2_sakura.jpg 190413_2482_n2_days.jpg


                  


4/5(金)〜4/9(火)
カレー曜日楽しい♪♪♪
プリンアラモードの練習したり、エビフライサンドに挑戦したり、そんな細やかなチャレンジがい日を彩る。
そんな風に着々と50歳の誕生日へカウントダウンを続けて行く。
190405_190407_IMG_2107.JPG190407_190409_IMG_2363.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「マイノリティ・リポート」

190405_IMG_1946.JPG2019.04.06 Saturday
2月からイラストの二次使用を求めるメールが週イチくらいで5本程届き
請求書を書くだけでお金が入るというあぶく銭にウハウハ。と言いたいところだが
新規の仕事がもう少し入ってくれると言うことないのになぁ。。。
それにしても、改めて、過去の仕事は資産だなぁと。
だからやはり、著作権譲渡なんて絶対してはいけないのだ。

画像は、10数年前に見開き口絵を描いた本。
今度別の本にその絵が使われるという連絡が入ったのだ。
さり気なく(笑)見本誌をまだいただいてないと伝えると
すでに絶版になってるそうで、在庫の一冊を慌てて送ってくださった。
久しぶり(10数年ぶり)に見たら、やっぱり下手で、また使っていただけるのは、ありがたいような恥ずかしいような。
なんとこの本、5,800円もするのだ!!それを宮田の恩師のM先生がお持ちと聞いた時は、卒倒しそうになった。


#フリーランス #仕事の流儀 #イラストレーターの仕事


                  


2019.03.31 Sunday 映画「マイノリティ・リポート」(2002年・米) →映画鑑賞メモ

あまりにも有名だけど見たことなかったこの映画。
性的少数派(マイノリティ)の調書をもとに作られた映画なのだと何故か頑なに思っていた。
(トムはゲイの役なんだと。。。なんでだろ?元嫁と共演した「アイズ ワイド シャット」と混じってるのか?)
まさかこういう話だとは!原作があの「ブレードランナー」の原作と同じフィリップ・K・ディックなんですねぇ。
それをスピルバーグが映画化。面白くない訳がないよね。

何故この映画を見ようと思ったかと言えば、きっかけはウォーキングデッド。
最新のボスキャラ・アルファ役のサマンサ・モートンが今までにない大物で、さすがの存在感。特に目がイイ!
以前に彼女の出ている映画も見ていて(ジョニー・デップの「リバティーン」)他も見てみようよってことで
オットのススメで見たのだった。素晴らしいわ、アガサ。
アル中患者から生まれた者特有の特異体質として予知ができるという、神秘能力者にピッタリ。
美しい顔立ちと色素の薄い感じとか。

最初に味方をしてくれてるおじーちゃん(バージェス局長)が悪ものなのかな、と思ったらやっぱりそうだった。
最初に嫌な奴だと思っていたコリン・ファレル(ダニー・ウィットワー)が、トムが犯人に仕立てられた事件が
仕組まれたものだと気づいて(さすが!)トムの味方になってくれるようになったと思ったら
あっけなく殺されちゃって、お口あんぐり。

話の内容としては、3人の予知能力者のアタマの中のイメージを利用して殺人を予知して未然に防ぐようになり
ワシントン州の殺人が驚異的に減った?ほぼなくなった?というような状況。
あるとき、サマンサ(アガサ)がトム(ジョン・アンダートン)にある女性が殺されるイメージを見せる。
しかし、保管データを調べると、アガサのデータだけが削除されていた。
3人のデータの中で、重複してる物や、一人だけイメージが異なるモノは「少数報告(マイノリティ・リポート)」として
削除されることになってるのだ。
実は、殺された女性はアガサの母で、アル中から立ち直ってアガサの引き取りを望んでいたが
この計画に不可欠なアガサを返すことが出来ないため、殺したのだった。
しかし、そのまま殺したのでは予知されてしまうので、システムの盲点を利用して、殺害。

最後は全部バレて、バージェス局長は自殺し、システムは中止され、アガサ達プリコグ(予言者)や
まだ犯罪を犯してないのに予言のみで逮捕されてしまった囚人たちは自由の身となった。

怖かったのは、網膜スキャナ。あちこちにある監視カメラで網膜に光を当てられて、どこにも逃げられない。
逃げるには眼球を変えるしかない。。。こわ〜〜〜〜〜っっっ

それにしても子供を失った夫婦って、やっぱりうまく行かなくなるものなのかなぁ。
ラストでトムと奥さん(ララ)が幸せそうでよかった。

ここからなぜか、ウィーキングデッド。
TWDの王様とキャロルもどうなるのかなー。このままどちらかが死んじゃうなんてことないよね?
今回、原作と全く違う人が死んじゃったので、この先どうなるかさっぱり見当もつかない。
やっぱりニーガンがジュディスを補佐して盛り上げるしかないよね。
他に強くてリーダーシップある人がいないんだもん。それにしてもシーズン10の秋まで長いなぁ〜〜〜〜
マイノリティ・リポート Minority Report
監督      スティーヴン・スピルバーグ
脚本      ジョン・コーエン、スコット・フランク
原作      フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』(旧題:『少数報告』)
製作      ボニー・カーティス、ジェラルド・R・モーレン、ヤン・デ・ボン、ウォルター・F・パークス
製作総指揮   ゲイリー・ゴールドマン、ロナルド・シャセット
出演者     トム・クルーズ
        コリン・ファレル
        サマンサ・モートン
音楽      ジョン・ウィリアムズ
撮影      ヤヌス・カミンスキー
編集      マイケル・カーン
製作会社    ドリームワークス、20世紀フォックス、クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
配給      20世紀フォックス
公開      アメリカ合衆国 2002年6月17日
        日本 2002年12月7日
上映時間    145分
製作国     アメリカ合衆国 
言語      英語
製作費     $102,000,000
興行収入    $358,372,926 世界 
        $132,072,926[1] アメリカ合衆国・カナダ
        52.4億円 日本

                  


3/25(月)〜3/31(日)
うまく行かないことも多くて落ち込むこともあるけど、いろいろ上向きな気がしてきた頃。
190325_190327_IMG_2103.JPG190328_190331_IMG_2104.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

インプットから一か月半〜浅井忠展〜

世の中は、平成が終わるということで、元号がどうなるか
平成を代表するニュースは?なんて話で持ちきりですが。。。。
元号については、まったく予想などもしておりませんで

何て書いていたら「令和」に決定ですか。。。
(UPし損ねている間に10日近く経ってしまった)毎日早すぎまするー。

平成を代表するニュースは、来月の自分の誕生日頃に書いてみたいと思います。
その前に2月の日記を書いて、観た映画のレビューなども描き残しておかねば。
そしていいんだか悪いんだか、こんなものになりました。しかもライターとして


              


190213_asai_chu01.jpg190213_asai_chu04.jpg2019.02.13 Wednesday
浅井忠展、すごくよかった。
以前東京に住んでいた頃、好きな美術館の一つに「ブリヂストン美術館」があって
そこでよく見た画家のひとり。近代日本の洋画史を語る上では絶対に欠かせない存在。
工芸デザイナーとしてのセンスも抜群で、漆器などの展示でもよく見かけて
そのマルチな才能に敬服していたものだった。その浅井忠の作品が一堂に見られて
見ごたえある展示だった。特に浅井忠の水彩は、やっぱりホント、いい!
昔水彩画をの先生が「水彩と言えば浅井忠」とおっしゃっていたわけがわかった。

ああ、こんな風に描けたらいいだろうなーと思う絵が本当にたくさんで、うっとり。
とても癒される、気持ちの良い展示だった。

会場のヤマザキマザック美術館もとても良い美術館だった。
実は初めて行ったのだけど、とってもゴージャスで、他にはないような雰囲気。
インテリアのように、美しい家具を配した中に絵画や工芸作品が並んでいて
往時の雰囲気が感じられるのもとてもよかった。
もっと行く機会を作ろうと思った。
190213_asai_chu02-03s.jpg



              


数年前から、著作権の譲渡という問題で、イラストレーター同志たちと共に、戦いに挑んでおるのですが
戦ってきてよかったと思う出来事が、最近バタバタとありました。

簡単に言えば、もう5〜10年も前に描いたイラストを使わせてほしい、という話
が2〜3月だけで3回も来たんであります。

イラストの料金というのは、皆さん誤解があるかもしれませんが、「描いた手間にかかった金額」ではなく
「イラストを使うことによって得られる利益を想定しての使用料」という考え方をします。

そして、イラストを納品しても、イラストレーターの著作権はそのまま保持され、使用可能な範囲も限定されます。
一度使用した会社が、そのイラストをまた違った目的(雑誌から書籍とか、書籍からWeb、Webから広告など)で
使用する場合は、勝手に使っていいわけではありません。

その場合、二次使用料というものが発生するのです。
二次使用料はもちろん、全額ではなく、多くて半額くらいなので、そんなに大きな額ではありませんが
それでも過去の自分の仕事がお金を生み出すという意味では、印税と同じ不労所得。
一点一点チマチマ描いて納品するイラストレーターに唯一与えられた「ボーナス」みたいなものなんです。

著作権を譲渡してしまうと、その二次使用料を受け取れなくなるだけでなく
例えば、一度納品したイラストを、何年も経って、別のクライアントが使用したいと言ってきた場合
その納品の使用期限が切れていれば、本来はお金をいただいて使用してもらえます。

しかし、著作権がイラストレーターから最初のクライアントに移っていたら
お金を受け取るのは最初のクライアントになってしまいます。
そんなバカな話はありませんが、そういうことなんです。

だから断固として戦わねば!なのですよ。


#フリーランス #仕事の流儀 #イラストレーターの仕事


              


3/3(日)〜3/7(木)カレー週間。
このときは、うどんもヤキソバもパスタも食べた。フルコースだわ。
それにしても、カレーとピッツアとフレンチトーストしか食べてない!!( ゚Д゚)
190303_190305_IMG_1216.jpg190306_190307_IMG_1217.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

私のPCの歴史・2

190318_IMG_1379s.jpg2回にわたってお送りしております、私のPCの歴史。
1996 IBM(Win95)・・・めちゃ高額。家計簿とCDに入ったゲームと年賀状作りくらい。
2000 NEC(Win98)・・・激安なせいかよく壊れた。無事ネットデビュー&Websiteデビュー♡
2002 日立(WinXP)・・・液晶めっちゃキレイ。Blogを始め、画像処理の腕が上がった♡
2005 iMac G5(OS X10.3)・・・ついにMacデビュー。一人暮らしはMacと共に♡
2006 東芝(WinXP)・・・ゴツイビジネスモデル。アメブロ始めなければ使わなかったかも。
2010 東芝(Win7)・・・バランスいい機種。イラストレーターとして飛躍。戸田さん本作成。
2014 SONY(Win8)・・・憧れのVaioはオシャレ気分だが不安定。アトピー本執筆。
2017 DELL(Win8)・・・丈夫で安定感がある。ライター業が増えてキーが壊れる。

◆◯代目PC 機種名(購入日◯年◯月〜故障日◯年◯月・×年(使用年数))OS
過去の記事(ない場合は省略)
という順にお送りしております。


                  


◆6代目PC 東芝ノートDynabook(2010年3月〜2014年5月・4年(未壊))Win7

東京で買った最後のPC。
このPCの時代にイラストの仕事がどんどん来るようになり、戸田さん本の仕事を最後に、このPCは終了。
自分としてはすごく愛着のあるPCだったので、寂しかったなー。
私は宮田が下のHPの後に使っていたSONY VAIOを受け継ぐことに。
dynabookは壊れてはいなかったので、しばらくちょこちょこ宮田が仕事で使っていた模様。


◆宮田メインPC HP(2011年8月〜2013年8月(2年))Win7

結婚した当時はSEだった宮田は、オリジナルのPCを使ってたんだけど
(そんな人初めて見てビックリした)
名古屋に来た頃に壊れたので、いろいろな手法でめっちゃ安くHPのノートを入手。
しかし、このPCは、たった2年で壊れてしまう。。。
120815hakodate27_n.jpg2012.08.15 Wednesday
「函館十五日目・青春18きっぷの旅・函館〜酒田。」

そして酒田のホテルへ。予約したのはセミダブルだったはずなんだけど、ツインにグレードアップされてた上、そのことを何も言わないフロント・・・深夜に着いたのにあったかく迎えてくれて、いいホテルだ。 
場所: ホテルイン酒田駅前(写っているのが私のdynabook)

120816hakodate20_n.jpg
2012.08.16 Thursday 「函館十六日目その1・青春18きっぷの旅・酒田〜直江津。」

私のiPhoneの充電が20%を切ってしまったので、奥の手でPCを取り出して充電。それをいいことに使いまくっているので、全然充電が増えない(笑)オットは膝にPCとカメラを乗せたまま寝てる。器用だ。(クリックすると、寝てるところが見られます)  場所: くびき野2号(写っているのが短命だったHP)

                  


そして、HP壊れる。
130804IMG_9805.JPG2013.08.04 Sunday 「PC逝く・・・けど立ち直る。」

今朝起きたら、オットのPCに電源が入らなくなっていた。ええーーーーーっっまだ買って二年なのに!!ダメじゃん、HP!!買って3年の私のdynabookはまだまだ全然頑張ってる。私は先代もTOSHIBAだったのだけど(オフィス用のじみーな奴だったけど!)5年使って、液晶がイカレてパーになったけど、HDはまだまだ平気だったので、TOSHIBAは悪くないのだが、重い!ので、次は高くても軽くて丈夫なLet's noteにしたいなーと思ったり。まぁできればmacが欲しいんだけどね。macならnoteじゃないほうがいいなぁ。

オットは下見に行ったのだけど、平行してHPからHDをはずして(ややこしいなw)バックアップを取っていた。そんなことができること自体すごい話なのだが、彼曰く、もしかしたら、これで刺激になって、復活するかもと言う。そうなるとよいなぁ・・・(切なる願い)

2013.08.04 Sunday
先日の件、本当にPCが立ち直ったのだった!!実際には私は寝てはいませんでしたが(ホントのホント!)、データのバックアップを取るだけかと思ってたのに、気づいたら壊れたPCまで治っていてびっくり!どんな魔法?

                  


◆7代目PC SONY Vaioノート(2013年8月(2014年5月)〜2018年1月・4年半(未壊))Win8

190318_IMG_1402.jpgしかしやはりHPは壊れ、Win8が嫌で嫌でジタバタし、しばらく1台で
だましだましすごしたのち、購入。
買ったのは2013年8月だけど、2014年の5月までは宮田が使用。
2014年5月に、私の6代目dynabookが超不安定になり、DELLのWin8を購入。
そこで、Win8をイチから使いこなす自信の無い私に代わり
宮田がDELLを使用して、カスタマイズ済のVaioを譲り受ける。

このVaio、デザイン的には気に入っていたけど、安定感はなく、よく固まっていた。
Photoshopやペンタブとの連携も悪く、よくブラシの先が丸くなって焦って直したりしていた。しかしすでにVaioもSONYを離れ、貴重なSONY時代のVaioなんだなーと思うとなかなか感慨深い。「アトピー本」はこのPCの時代に書き上げたのもあって、やっぱ大きい仕事やり終えると、そのPCへの愛着ってすごいものがあるね。
IMG_1822.JPG190318_IMG_1401.jpg2013.08.31 Saturday

New PC。ネットで調べてもほぼ底値だったのに、値引きしてくれた上、何故かオマケにUSBハブまでつけてくれた!名札は日本名だったけど、日本語の怪しい不思議なサトウさん(仮)デキルオトコだったのか?( ̄▽ ̄)

2013.09.25 Wednesday 「PCの時代の終焉。」

新しく二人でやってる仕事のために、もう一台デスクトップのPCが欲しいねーという話になっていたのだけど、いろいろ意識が変わった出来事があった。

先月ノートPCを買いに行ったときに感じたのだけど、「もう今ノート買う人っていないのかも?タブレット買っちゃうのかもね」ってな話になったのですが、ノート買う人が少ないのではなくて、そもそもPC自体もう買わない人が増えてるんだね。ちょっとネットするだけなら、スマホで十分だもんね。だって、デスクトップなんて、もう壁際に一列陳列してあるだけで、しかも、一流メーカーのなんてほとんどなくて、絶対買わない○○(先日二年物のPCがぶっ壊れたとこ)とかレノボとか。

PCに終わりの時代が来るなんて、想像もしなかったけど、何だって、終わりってやってくるんだなぁ。バブルの頃には、金融関係や不動産に優秀な学生が殺到したし、昔は石炭や繊維業界がもてはやされた時代だってあった。さらには、武士の時代だってあったわけで。その頃の人たちは、まさか武士の時代が終わるなんて、想像もしてなかったのだろうから。

                  


◆8代目PC DELLノート(2014年5月(2017年1月)〜2019年3月現在・もうじき5年継続中)Win8
190318_IMG_1379.jpg190318_IMG_1379ss.jpg190318_IMG_1403.jpg上記にも書いた通り、2014年5月に、私の6代目東芝dynabookの代わりに購入したDELLのWin8。店員さんが結構なヲタさんで、彼曰く、98とXPは神で、MeとVistaはクソです。ときっぱり言い切っておられた。

クソの一覧。
発売年 バージョン 製品名
1995年 4.0 Windows 95 
1998年 4.1 Windows 98 
2000年 NT 5.0 Windows 2000

2000年 4.9 Windows Millennium Edition
2001年 NT 5.1 Windows XP 
2007年 NT 6.0 Windows Vista
2009年 NT 6.1 Windows 7 
2012年 NT 6.2 Windows 8 
2015年 NT 10.0 Windows 10

は私が使ったことあるモノ。
95→98→XP→7しか使ってないのはめちゃくちゃラッキーだと言われる。
Meは買った人のほとんどが後悔してたのを記憶してたけど、忘れてたVista。

この店員さん曰く、7はまぁまぁだそうですが、この当時めちゃくちゃ評判の悪かった8は、悪くないOSだそう。んでも、持ち帰って、たくさんのカラフルな四角が並ぶ画面を見た途端、Win8を使いこなす自信が、改めてないと悟った私。
元SEの宮田がカスタマイズしたWin8のVaioをひとまず使うことに。

その後、Vaioがあまりに不安定で、ついに、2017年1月にWin10のDELLを購入。
不安だったのは、出来ればもう少し使いたいAdobe CS6が入るかどうか。
それも無事入り、宮田が新しいDELL Win10を使うことになり、私がこのDELLを引き継いで今に至ります。それにしても、ホントDELLって丈夫!ここ半年くらい固まることが増えてきたけど、少し前まではホントトラブル知らずでした。買ってからすでに4年半が経過。春が来たら5年だもんねー。

2017年春でペンタブ(intious 4)が壊れてしまい、次はWin10になるのも見据えてNewペンタブも購入。しかしこのPCもいつ壊れてもおかしくないので、ドキドキしながら使用中。。。あと一年くらい持ってほしいものです。
140504my365_n.jpg2014.05.04 Sunday「神よ!」

そこそこ高スペックなPCを買ったせいか、めちゃヲタ臭のする(しかしよい人)店員さんに語られまくる。それにしても、店員さん曰く「神」だという98とXPと7しか使ったことない私のこの強運さはどうよ?

そして、黙って聞いていたが、実は店員さんより詳しい元SEのオットこそ、わたしには神かもしんない。彼のカスタマイズ無しでは、私には8を使いこなせないもんね。

140505my365_n.jpg2014.05.05 Monday 「リンゴ愛。」

なぜ私がMacユーザーでなくなったのか。2009年まではバリバリに使っていたのですが、その年の春にうっかりアメブロを始めたのが、すべてのはじまり。

アメブロってMacとは相性の悪いツールで、仕方なく、予備のXP取り出して来て、今に至るのです。(あくまでも当時のアメブロと、当時の私のiMacのOS X(10.3)のことで、今のアメブロとMacのことは知らない)

で、当時の携帯からアメブロが見られなかったせいで、ガラケーからiPhoneに変えたんだから、面白いよね。たかがアメブロ、と笑われそうだけれど、あの頃の私の生活は、アメブロ中心に回っていたのですよ。一日に4コマ漫画3つ書いたりしてたんだから!

それにしても、名前をつけたくなるくらいの愛着とか、使う喜びとか、何台買い換えても、Winには決して持つことのない感情を、iMacには持っていたので、6年も使ったのに、引越しの時に、捨てるのは悲しかったなぁ。リサイクルでメーカーに返送したのだけど、その仕組みも素晴らしかった記憶が。

ちなみに、アメブロってこれね。http://ameblo.jp/hiyoko-dagane/

#フリーランス #仕事の流儀 #イラストレーターの仕事 #ライターの仕事


                  


2/26(火)〜3/3(日)
冬場に函館から送られてきた魚を食べきるべく、せっせと料理の日々。
しかし、そろそろ尽きてきて、次はカレー週間(予言)。
この辺りは結構締め切りもタイトでしんどかったなぁ。。。確定申告も始めないとアカンのに〜と焦り始めていた頃。
こうして終わってみると、なんて平和なんだろう。。。空が青いぜ、花粉はかゆいけど。
190226_190301_IMG_1214.jpg190301_190303_IMG_1215.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/4 >>