本を書くこと。本を描くこと。vol.2 〜描く〜

2017.09.15 Friday
今度出す本の打合せの後、長い長い一日にはまだ続きがあります。
外苑前DAZZLEさんで毎年開催されている「実践装画塾」の講師で装幀家の宮川和夫先生をお招きして
「実践装画塾NAGOYA」第一回を開催。何と私めが発起人。

メンバーも揃い、友人のスペースも借りられて、満を持しての開催と言う感じで、感慨深い日でした。

写真撮影はオット・宮田雄平
前の日記ではそんなに感じませんでしたが、ここにいると一人メッチャ派手なのが私。
最近写真をあまり撮ってなかったせいか、服装のせいなのか、なんだかさらに丸くなっているのに驚きましたが
それをこうして載せることに、あまり抵抗がなくなっていることが不思議。
40にして惑わずという心境なのか?
170915_MG_9510.jpg

それはきっと、自分を認めることが、やっとできたからなんだと思うのです。
著者として、イラストレーターとして、オットからは妻として家族として、いろんなところで求められるということで
ようやく自分はこれでいいのだと認めることが出来るようになりました。

イラストレーターとしては、自分ではまだまだだと思っていましたが、あまりに周りから
「成功してると言って良いのでは」と言われるので、「そうか、私は成功してるんだ」と認めることにしました。
もちろん、実際のところはまだまだで、本当に成功してる、ものすごい方々からは笑われてしまいそうだし
自分自身も、もっともっと目標はあるんですけどね。

自分を認めるのは、自分の心次第だというけれど、上手く行かなかった経験を重ねながら
自分の心だけをポジティブに保つのは、難しい相談です。

大切なのは、成功体験を積み重ねること。
小さなことでいい、上手く行った、という経験は、重なれば大きな自信に繋がります。


                  


けれど、こと”イラスト”に関してはイマイチ自身の無い私なのですが
今回「私はイラストでやって行けるでしょうか」という問いに
「大丈夫」と太鼓判を頂いたのも、かなり自信に繋がりました。

こんな風に書くと、ものすごく自慢っぽいですし、いい気なもんだ、と思われるかもしれませんが
ここまで来るのは、決して短くも楽でもなかったのです。やはり、時間と手間と脚を惜しんではいけませんね。

版元社長やデザイナーさんに言われたのが「フットワークが軽い」と言うこと。
そして「人をまき込むタイプだね」とも言われました。
確かに、人を巻き込んで化学反応を起こすことこそ、私が一番やりたいことなのかもしれません。

だって、私が存在しなかったら、知り合うことのなかった人同士が繋がって、新しいことが始まるって
これ以上ないってくらい大コーフンな、楽しいことじゃありませんか?


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

本を書くこと。本を描くこと。vol.1 〜書く〜

170915_IMG_7619.jpg2017.09.15 Friday
初めに言っておくと、今日のは私の備忘録で、長いです。
好き勝手に書くので、自慢に聞こえるかもしれません。

待ちに待ったこの日が来たという感じ。
長い長い一日でもありました。
ひと仕事終えてから、夕方、円頓寺「西アサヒ」へ。

大阪から版元の社長が、東京からデザイナーさんが来名し
名古屋在住の編集者とカメラマンと著者(私)が待ち受け。
2冊目の本の初顔合わせでした。

場所が円頓寺「西アサヒ」になったのは、編集さんの地元であり、私自身もここから遠くない場所で生まれ育ったから。
社長も「ええなぁ、この商店街。めっちゃええなぁ」とすっかり気に入って下さり、編集さんも私も思わず笑みが。

今回は社長の依頼で私が本を書くことになり、編集さんとデザイナーさんを私自ら選んで依頼した経緯があり
私とカメラマンのオットは全員と面識があるのですが、他の方は皆さん初対面で、フツーは不安もあるのでしょうが
全く不安はありませんでした。

だって、自分が惚れ込んだ人同士が、上手く行かないはずないじゃありませんか。

170915_MG_8971s.jpg類書と比較して「売る」ためにはどう作っていくか、戦略が練られます。
みなさん、それぞれの立場で、それぞれの考えを述べていきます。
出版事情も交えながら、大人同士、相手の立場をおもんばかりながら
初対面とは思えぬ、イイ感じの雰囲気の中で、話は進んで行きます。

「なんか、ええなぁ」思わず俯瞰する私。

詳細は口述しますが、版元の社長とは、最初から相思相愛で
お互い口には出さずとも、「いつか一緒に仕事したい」
という気持ちを数年持ってきたのだと思のです。

ですが、デザイナーさんにどういう印象を持たれているか
正直未知数だったのですが、驚くようなことを次々に言われまして

あらためて、著者というのは素晴らしい!と思いました。
イラストの仕事も楽しいですが、イラストと言うのは作品の要素の一部分でしかなく
でも著者の書くものに、全ての期待がかかる訳で。
ここまで私にかけてくれてるんだという想いは、そりゃ何ごとにも代えがたいほどの喜びでありまする。
半端じゃないプレッシャーでもありますが。

「求められている」ということで、人は実力以上の力を出せるモノなのは、前のアトピー本の時に実感したので
きっと今回も大丈夫でしょう。

170915_MG_8923.jpg


                  


話は逸れますが、私の本(アトピーの夫と暮らしています)を読まれた方はご存じですが
2013年の年末にオットがアトピーの二度目に重症化して倒れて、絶望の淵に突き落とされたので
2013年という年号を言われるだけで、ちょっと心に影が差すくらい、私にとって辛い一年なのでした。
でも、前半は本当に楽しくて、まさに「この世の春」と言う感じだったのです。

そんな中、4月にオットが北青山のDAZZLEさんで、二人展をした際にデザイナーさんと出会い
5月に行った出版メッツ関西で、版元社長と出会い
そして7月に、後にアトピー本のPHPの編集さんをご紹介くださったマルプ清水さんと出会いました。

2013年は、ターニングポイントでもあったようです。

そんな中、デザイナーさんの私に対する印象はわかってなかったのですが、今回お会いしてはじめて
そんな風に思ってらっしゃったのだ!ビックリと感激が同時にやってきました。

とにかく炎上してもいいから、ヒナヒヨコの言いたいことを書いた方がいい。
できればぴぴちゃんキャラではなく、ヒナヒヨコのキャラクターを確立して、そこから売って行った方がいい。

キミは自分のキャラを立ててやって行った方がいい。
いずれ、君が言ってることなら仕方がないと思われるくらいになるから。
キミはそれが出来る人だから。。。

ちょっと、ビックリして、感激しました。。。


版元の社長と私の共通点は「惚れっぽい」ところ。
異性にではなく、すぐに人に惚れてしまうんです。と言っても、誰にでも惚れると言う訳ではもちろんなく。
そして「惚れないと」いい作品は作れない。

この会社では、本の出版企画のほとんどが、社長と飲んでいて決まると言います。
(というか、出版企画と言うのは意外とそう言うものが多いようです)
その社長が「(この企画の大元のモノ)、おもろいなぁ」と改めて言ってくれたので、もう大丈夫。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

文章を書く。

170912_IMG_7543.jpg170912_IMG_7559a.jpg7月に次の本の企画が決まり、そこから構成案を練り始めて、週末にやっと完成。
取材したり調べ物したり、来る日も来る日も文章を書いています。

イラストは、割と、短時間で区切って描くことが出来て、よほど量が多くない限り
キリのいい所と言っても30分単位で終わらせられるのですが
文章やコミックの場合は、描き始めてノってくるのが数時間後だったりして
そこからキリのいい所となると、気付くと明るくなってたりして

でもどうしても昼間出掛ける用や、他の仕事に取り掛かったりしてると
どんどん疲れがたまって行って、今日はすごい顔していました。

あんまりしんどいので、禁断のエナジードリンクを飲んでみました。
大昔、薬の会社でOLをしていた時に、社販でエナジードリンクを買った時は
正直若すぎて、そこまで疲れていなかったせいか、あまり効果を感じませんで
半信半疑だったのですが、飲んでビックリ。

どんどん体調が良くなるのがわかるんです!!

すごいですね。
当時親には重宝がられていたエナジードリンク。
考えてみれば、すでに当時の親の年齢とほぼ同じなのでした。。。
(会社の先輩男子からは「おまえんとこの親、何頑張ってるんだ?」と
反応に困ることを言われたり。。。完全にセクハラだよ)

本日のエナジードリンク、あまりの効果にかえって怖くなり、本当にしんどい時以外禁じ手とすることに決めました。

最近はそれ以外にも仕事で文章を書くことが多く、1000文字くらいのは1時間くらいでサクッと気持ちよく終わらせたり
数日かけて5000文字くらいみっちり書きこんだりするのも楽しくて、自分の本とはまた違った新鮮な感じ。

そんなわけで、毎日毎日文章ばかり書いています。
まぁ、およそイラストレーターとは思えない生活です。

しかし、テレビを付けたら、今週はちゃんとイラストが登場してうれしい!
ややこしいのですが、冒頭がスタジオでハーフタレントさんが登場するときには、私ののイラストが登場するんですが
すイガールズが登場するロケから始まると、イラストは登場しないのです。
今回はロケから始まったのに、スタジオでイラストが登場し、????と言う感じでしたが、結果オーライですな。


                  


かつては、イラストと帽子とどっちが好きなんだろうと考えたりしましたが
今はイラストと漫画と文章とどれが一番好きなんだろうと考えます。
でもこれって実は愚問で、どれも好きなんだとわかってきました。
ただ昔から、何か一つに絞るってことが出来ない性格なだけなんだなーって。

あと、たまたまイラストレーターになったけど、最初から目指してたわけじゃないってのも大きいかも。
本を作りたいと思って企画を立てたりしてたら、イラストを依頼されたのがきっかけだったので。
だから、一番やりたいことは本を作ること。

秋からは、私が主催する装画のワークショップが始まるので、これでイラストレーターとしても
一つステップアップできますように。新たな形で本づくりに関われたら最高。

それが金曜日から始まるのですが、同じ日に本の制作メンバーの初顔合わせ。
今度の本は、フリーランスが集まって制作することになり、編集さんもデザイナーさんも私が決めて依頼したのです。
西と東から名古屋にメンバーが集結。私以外お互いに初対面なのでドキドキですが、どんな化学変化が起きるか楽しみ。

前の本は、編集さんの決めるタイムスケジュールのままにただ動くだけでしたが
今回は著者自ら主体的にいろいろ決めたりして、それも結構楽しい。

いろいろなことに挑戦すると、大変なことも多いし、面倒なことに巻き込まれたりもするけど、でもそれも経験。
経験は人を裏切らないものです。

本づくりもライティングのお仕事もワークショップもみんな、今周りにいてくれる人たちがいい方ばかりで
それがすごくありがたい。体はしんどいですが、今はすごくいい時間を過ごしていると感じます。


                  


今年は桃を食べられてよかった。そしていろいろうれしいことがあり、お祝いにお寿司。
この調子で頑張ろう。
170910_IMG_7514.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

新しいペンタブレット UGEE M708。

170830_IMG_7015.jpg170830pentablet2.jpg170830pentablet5.jpg170830pentablet4.jpg気付くと8月ももう終わりですね。
毎日変化のない日々なので、あまり書くこともないのですが
最近の一番大きな出来事は、ペンタブを買ったことくらい。

ペンタブと言えば、今までは迷うことなくWacomのIntuosのプロ仕様の
シリーズを選択してきていたんだけど
何だか最新モデルの評判がすこぶる悪く、すぐ壊れるかもというのだ。
4万円出して壊れたら、泣くというか、気を失うレベル。
(私だけじゃないですよね???)

そもそも、アナログイラストをスキャンしてもペンタブの出番はなく
デジタルで色を入れる時に、線をトレースして選択する程度のために
こんなプロ仕様のものが必要なんだろうか。

実際、2015年に漫画の原稿を作った時は絶対必要だったし
去年の夏も大量のカットをデジタルで作ったので、あってよかった。
んでも、もっと下のランクでも良くね?と言う感じ。

調べてみると、Wacom以外の国産メーカーの選択肢はほぼなくて
あっても、用途が全く違い、イラストを描くようなレベルのものは
ほぼないようだ。

しかしながら、中国製のペンタブがすこぶる評判がいいのだ。
5000〜6000円程度でA4サイズの大きなものが買えるのが魅力。
人によっては、WacomのIntuosシリーズから乗り換えたという人もいる。
書き味も悪くないらしい。

書き味を試してみようと、大型電気店へ行ってみたら
なんと、Wacomしかおいてない!なんじゃこりゃ。
そりゃあ、殿様経営になるのも仕方がないよね。
世にネットがなければ、Wacom以外にないと思っちゃうよね。

昔はBambooなどの廉価版もあったんだけど、今はなくなって
Intuosシリーズの中にプロ仕様とカジュアルな感じのがあるみたい。
てことで、7000円くらいのペンタブの描き味を試してみたら
何かもう全然前のと違って、筆圧がずんって沈む感じがなく
固いマーカーで描いてるみたいで、何かダメだ。

しかも、Wacomの場合、この価格帯だとA6サイズになってしまう。

とはいえ、トレースだけならそれでも良かったんであるが
状況が一転して、仕事でペンタブで絵を描かねばならなくなったんである。

それがこれ。
090923_pipi_smile.gif puff_profile2.jpg
そう、二冊目の本にはこのひよこたちが登場するのだ。

何と言ってもこの仕事で描いたのを最後に燃え尽きてしまい
2年半くらいまったく描いていないのだ。

これはコソ練が必要かも。。。

と言うわけでペンタブである。
こうなったら、仕事で使う訳だし、しかも、悲願のひよこ本だし
やはり初志一徹(?)でWacomのIntuos Proを買うべきか。
しかしながら、お金が惜しいんではないのである。

買ってすぐに壊れるという事態が恐ろしいのだ。

そんなわけで、練習も兼ねてブログの更新を再開すべく諸々準備。
そして再開するも、肝心のペンタブがないので、新規の更新ができない!
そこで、エイッとダメ元で買ってみたのが
初めて聞いたメーカーのUGEE M708
お値段Wacomの1/10(タイムセール利用)。

まだ今日届いて、今日使い始めたので、この先どうなるかは分からないけど
この3点はひとまず評価できる。
・インストールが簡単で、筆圧も自動で感知する
・読取可能範囲の広さに比べて小さく、使いやすい
・筆圧が非常によく感知して描きやすい。

インストールの様子はこちらに描いております。→コチラ■

こんな日に限って、オットは撮影で留守(写真真ん中)だったので
ひとりで頑張りました!
手抜きご飯だけど、ぴぴちゃん醤油があればシアワセ♡

一番左:UGEE M708 / 中左:HUION H610 PRO  / 中右:Wacom Intuos Pro L / 一番右:Intuos Draw
      
ちなみにAmazonでは、一番右のIntuos Drawが一番売れているようですが(ペンタブ部門で1位)
私は上記に書いたように、書き味の点でダメでした。やっぱプロ仕様使っちゃうと戻れませんね。


                  


今までのペンタブの経緯を調べてみたら
Intuos4を購入した2010年3月、当時は前Intuos2より格段に良くなったけど、やっぱり練習が必要だった模様。
2010/03/29 Mon
100329tablet01.jpg    100329tablet02.jpg    100329tablet03.jpg 

そして、約3年半後、事件が起きた。引っ越しもあったし、扱い雑だったかもねぇ。
(とはいえ、先代のIntuos2はもっと雑に扱ってたかも。3回引っ越したし)
2013/09/23 Mon
130923pen_tablet.jpg
このときに筆圧感知してくれなくて、えらいことになったのだ。んで、こんなに下手くそに!

140828_3028_n.jpgそしてそれから一年後、またもや筆圧感知がおかしくなり。。。
2014.08.28 Thu

でもここから今年初めまで2年半は、問題なく動作してくれたんだからよしとしよう。
どちらにしても、Win10マシンになれば買い替えだしね。
そういえば、Win10といえば、Adobeソフト問題もあるのだった。。。あ〜頭痛い。。。


                  


170829img_6902_gebara.jpg2017.08.28 Monday
この夏は結構地味にイラストのお仕事をしたので、コツコツ請求書も発行。
数年前に初めてお会いした時に、オットがゲバラに似ていると話したら
みょうにうけて、ぜひ会いたいとおっしゃっていたのに未だ実現せず。
今回めでたく初のお仕事となり、懐かしくなってこんなイラストを。
ゲバラコスプレの猫。気付いて下さるかなぁ?


                  


AIにとってかわられない仕事をするには?何てことを日々ツラツラ考えて思ったのは
AIにとってかわられない仕事って、結局あってもなくてもいいような仕事がほとんどじゃないのかってこと。

レジ打ちとか会計とか、世間的な評価とは関係なく消えると言われる仕事の中で残る仕事って
クリエイティブな仕事なんじゃないの。

ゴッホと同じタッチの絵をAIに描かせることは出来ても
AIに誰も見たことないような独創的なものを描かせることは出来るだろうか。
クリエイティブはそこにひとならではの「はずし」を持たせることで
完成すると思うのだけど、正確さが得意のAIにそれができるだろうか。

AIに笑いを取ることが出来るだろうか。

AIに将棋の棋士が負けたって言っても、AIが棋士の存在に取って代わる訳じゃない。
機械同士の試合なんて誰も見たくないよね。

シンギラリティ、2045年にはやってくると言われる今と全く違う世界。
そこへ向けて、世界はどう変わっていくのか。

今までの人類が見たことのない、未知の世界がやってくるに違いない。

この先、俯瞰する能力や、どんな出来事も柔軟に受け容れて、楽しんでしまうような能力は、本当に大事だと思う。

090622_1245564056732.gif


                  


ご飯を炊き忘れるという失態を数日やらかし、毎日焼きそばかパスタという日々。。。
(外でも丸亀製麺で食べてるし!)
ていうか、米食べてる写真が二枚しかないって!!
170825_IMG_6804.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

歩いて帰ろう。

20526088_1440240106070165_4466867630416464335_n.jpg取材は始まるまでもすごく大事。
何を聞きたいのか、それを一番伝えてくれる人に
いちばんベストな形でお会いして
いちばんベストな形で聞きだすにはどうしたらいいか。
まだまだ勉強だらけです。
それがピタッとあったと思われる瞬間。至福の時間です。

170806_7678_n.jpg
瀬戸で焼き物を焼く際に、使用していた棚や柱などの
廃材を埋め込んだ窯垣の小径、をモチーフにしたクッキー。

原材料にもこだわっていて、アトピーの人のいる我が家でも
安心して食べられます。
米粉と小麦粉を使用して、食感の違いも楽しめます!

お皿は瀬戸焼の伝統的な陶器。うふふ。素敵なコーヒーブレイクでした。


                  


瀬戸の商店街にて。
その名もズバリ「瀬戸の花嫁」という写真展をやっていました。
「あはは。"瀬戸"違いね。ここの瀬戸のことね」
と言いながら。。。

でもそういえば、子供の頃は、この歌のことを
ここ、愛知県の焼き物のである「”瀬戸市”の花嫁」だと思っていましたっけ。

「”瀬戸内”の花嫁」と言う意味だと知ったのは、だいぶ大人になってからのこと。

この界隈の方はみんなそうなんじゃないかなぁ?
「夕波小波〜」って、海もないのに、変ですけどね!


                  


170807_IMG_6303.jpg2017.08.07 Monday
特別散歩したりしてる訳では無いのですが、たまたま
人と会う用事で出かけたら、結構歩いていたなーと言う感じ。

日曜はイラストの仕事に追われながら、家事も頑張ったせいか
二日連続歩いたのは金・土なのに、今日まだ疲れが取れなくて
。。。ヤバイっす。
170805IMG_6307.jpg
しかもよく見れば、金曜日一万歩越えてないし!

昨夜咳まで出てきて、これは風邪か?と思うが、寝たら治った。
台風も来てて、すごい雨風で、引きこもりでもあったので、お昼寝したりしながらボチボチ。
明日からは、来週までのお仕事のピッチ上げてかからねば!

ただ、出かけないと、本当に歩かなくなるので、ホント書く仕事はヤバイのだ。
二年前に脚のむくみで病院行きになり、利尿剤のお世話になってからは、気を付けて歩くようにしてるのだー。
といっても、明後日はまたお出かけなので、また一万歩越えるかも。
こういう積み重ねで、その内疲れにくくなるかな、と期待しよう。。。

(業界の大先輩・脚本家のAnegoより
「動けるうちに動いておかないと! 十年先がもう全然違うので(T-T) from動かなかった人」
という教訓を頂く。はい、肝に銘じます〜〜〜)


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

取材して書く。

170806_IMG_6255.jpg2017.08.05 Saturday
本を書くに当たって大切なことは、読者にとって価値のあることかどうか、が、まず大切で、次に、本の趣旨に沿っているかどうか。
その二つに外れていたら、たとえ自分がどんなに伝えたいことでも、それは本に書くべきことではない。一冊目の本で、そこは編集さんにトコトンたたき込まれた。
今日の取材は、その三つ(読者にとって価値がある・本のテーマに沿ってる・私が描きたい!)がピッタリ合った、素晴らしい時間だった。
特に私が大好きなものがテーマだったので、すごく前のめりになり、1時間の予定が気付けば2時間滞在。。。すごく楽しくて、大コーフンしてしまった。。。
お話して下さったMさんファミリーはもちろん、アテンドして下さったTさん、本当に感謝。。。


                  


2017.08.04 Friday
いわゆるお盆進行(印刷所がお休みの連休前に入稿ラッシュになるために起こる出版業界の繁忙期)で大変だったのって2014年以来?
2015年はお盆までにアトピー本の原稿を入稿しなくてはいけなくて、あれはあれでお盆進行だったとも言えるけど。(それに大げさじゃなく死ぬほど大変だったけど)
    
去年は全然忙しくなくて、ヤバいんじゃないかと思った。。。
そして今年は、お盆とは全然関係ないはずなのに、とりあえず忙しくてホッとする。
     
簡単に言うと、二冊目の本を書いていて、ネタ出しと構成と取材に追われる中、本当にお盆までの仕事とお盆過ぎまでの仕事とレギュラーで、いっぱいいっぱい。
   
描くだけでなく、取材や打合せで人と会う約束が詰まってきているので、なんかすごく忙しい感じがする。この先はSNSもブログもなかなか出来なくなるような気がする。


                  


2017.08.05 Saturday
世界コスプレサミット。こんなに人がいる県美見たのはじめて。
170805cos_play_IMG_6269.jpg


                  


簡単でいいから家で食べよう!をテーマに、意外と真面目に作っているかも。。。?
170805_IMG_6302.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

キャンバスは大事。

170605_1786_n.jpg170606-herrend1.jpg2017.06.05 Monday
水彩でこのタイプの人や雑貨類を描くのは、久しぶりで、描いてみて
あれ?こんなに上手かった?私???と、しばし悦に入っていた。

よく考えたら、普段食べ物描いてるのより、いい紙使ったからだと気付いた。。。やっぱり紙大事だわ。私の場合、筆はホントひどくても何とか描けるんだけど、優先順位は、紙 → 絵の具 → 筆、の順だな。

今回実は絵の具の発色も普段よりいいものを使っている。悪い紙の上で発色が良すぎると、うまくぼかせないのだが、よい紙の上だと、濃い色が載ってしまっても、キレイにぼかせて感動的ですらある。

完成したものが以前よりうまくなったかどうかは別として(笑)、格段に描くのが早くなっていて驚いた。透明水彩は塗り重ねるので、どうしても時間がかかりがちなので、早く描けるようになるのはありがたい。

いい紙や絵の具のおかげで上手になった気がするのは錯覚かも知れないけど、それおこれも悪条件でコツコツ描いてるおかげよね。もっとがんばろ。

2017.06.06 Tuesday
先日書いた昔やっていた磁器絵付けと言うのはこれ。1996〜2005年ごろまで習っていて、窯まで持っていたのだ。紙の上に描くなら何てことなく描けるんだけど、磁器の上って本当に描きづらいのだー。ボカシがなっかなか上手く行かなくて。

それで当時は、筆はラファエルのコリンスキーとか数千円する面相とか、結構いいのを使ってた。紙と違って器は変えようがないから、筆くらいしか変えようがないからね。でも友人が名古屋に戻ってから習っていた教室では、ボーンチャイナばかりで、勝手が違って戸惑ったと聞き、そんなこともあるんだーと。

今はここぞというときには、紙にはこだわるけど、筆は数百円のをボッサボサになるまで使い倒してる♡今使ってるのも、いい加減買い換えようと思いながら、描けちゃってるので、描いてる。

筆に関しては、絵付けの流れで、植物画も最初はいい筆を使ってたんだけど、東京の教室に移ったら、すごく安くて描きやすい筆を教わり、そのときに、価格じゃないなーと思った記憶がある。その時に気づいたのが、自分はコシのある筆が好きかな、くらいで、それを満たされていれば、安くてもOKなのだ。

普段使ってる紙には「色がにじむ」絵の具には「色が乗りにくい」という不満はあるけど、筆には不満がなく、たぶん、新品になったら細かいところ描くのがちょっと楽になる程度かな。あ、でも今の筆は若干コシが弱いのを思い出した。もう描き慣れちゃったけど、これの前の筆に戻したら、さらに描きやすくなるかもしれない。

でもね、イラストレーションの場合は、キレイに描くことが全てではなく、負荷がかかることで面白いものが描けることもあるので、描きやすいことが全てではないのだよ。

画材征服の道のりは遠い。。。


                  


170609instagram_ns.jpg2017.06.09 Friday
東京新聞のキュートなキャラクター、チョウカンヌさんになってみた。
昔、少女漫画家にあこがれていた頃は、こういう目とか口とか描いてたなぁ、と、懐かしくなった。。。ほっこり。
170609tokyo_shinbun_insta1.jpg
東京新聞のハッシュタグで人気に入れてなんかうれしい♡

食べ物のinstagramを始めてしばらくたったころ、チョウカンヌさんから「ステキです」とコメントが付くようになって
どうやら、他の方もチョウカンヌさんを絵に描いたりしてコラボしてるようで。

そのうちお団子ちゃんと茶トラがチョウカンヌさんのインスタに載るみたいです。ワクワク。


                  


記念日でもないのに、ふらっと入ってしまったお寿司屋さん。安いので我慢するか、と決めるが、これがどーしてどーして
イワシなんてなんでこんなにおいしいの?と言う感じで。
安いネタでせっかくの寿司なのに不満足に終わったらどうしようなんて杞憂で、ホント大満足。これだけ食べて二人で4000円いかないって安いよね。(三点盛のみ2個オーダー)

真あじ・生ホタルイカ・ハマチ・活すずき・真イワシ・ふくらぎ・ぶり三点盛・生サーモン
やりイカ生げそ・赤いか生げそ・江戸前こはだ・〆さば・縁側・ぶり鉄火巻
170607_IMG_4881.jpg
しばらく経ってふと思ったのは、引っ越し一周年だったってこと!
早いような長かった様な一年。でも最近いろんなイベントに行けてるのもすべて独立できたからだよね。
ホントよかった。。。。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

自分の絵と向き合う。

170530walkers ショートブレッド 英国 イギリス クッキー ティータイム イングリッシュローズ オールドローズ2017.05.30 Tuesday
このショートブレッドを食べるたびに、亡き父親のことを思い出す。
もうかれこれ20年近く前、千葉に住んでいた頃。両親と一緒に行ったTDR。
お腹がすいたと父がもぐもぐしているので、何食べてるのと聞いたら
このショートブレッド(2個入りのが売店で売ってた)の袋を差し出す。
「これうみゃあな」と名古屋弁丸出しで言いながら美味しそうに食べていた。
バターたっぷりなクッキーやカステラが大好きだった父。
3人でのTDRが、最初で最後になるなんて、あのときは思いもしなかった。
一緒に食べたわけでもないのに、walkersのクッキーを食べるたびに
父のことを思い出す。想い出の味になった。

instagramに載せたら、walkersの公式がCute!とコメントをくれて、ハッシュタグを貼ってくれてるんだけど
ハッシュタグのリンク先に飛んでみたら、なぜか、リックやダリルやグレンなど、ウォーキングデッドの顔ぶれが。
あれ?としばらく考えて、そか、納得。リンク先のハッシュタグってこれだもん。
#walkerslove


                  


タイトルにもあるように、この一年は、自分の絵とじっくり向き合う年にしたいと、半分過ぎて改めて思う。
それには、スタイルを決めずに、いろいろ描いてみようと思っている。
実際、実は最近、漫画チックな絵なども描いてみたりしている。萌え絵までは描けないけど。

いろんな売り方があるし、いろんな作り方がある。
時流や時世やいろんなことにもやもやすることはあるけれど、それでも自分が「本物」だったら恐れることはない。
続けていけてるということが何よりの証拠。
そういえば、ベンチャーが1年以内に倒産する確率って90%なんだってね。

ただタイミングとか時流に乗っただけだったら、絶対に消えていく。
そうじゃない、本物になれるよう。ひたすら鍛錬するしかない。


                  


170528_150528-1.jpg2017.05.28 Sunday「過去の絵日記に励まされるパターン。」
2015年5月28日 17:06
(絵日記内本文)
オットに写真撮りたくなくなるコトある?と聞いたら「あるよ」という。すごい大家の先生ですら、そういうときはあって、そんなときには、ひたすらinput(映画や読書)して、あとで「あのときもっと撮っておけばよかった」というのを何十年もくり返してるんだってさ。
基本好きなことができてシアワセですが、ずーっとこればっかだし、好きなものを描けるわけでもないので、そういう時もありますわな。ところで、彼は写真撮りたくないときに、私に撮って撮って攻撃受けると困る?と聞くと、それは大丈夫なんだって。仕事(作品作り)と妻の変顔撮るのは別なのね。私は落書きすら描きたくなくなるわぁ。何とか描きますけどね!
過去の絵日記に励まされるパターン。絵を描きたくないと思うのにも波があるみたいで、それで行くと、最近は絵を描きたい欲が結構続いているので、よしとしよう。ここのところ、仕事の合間にコンペの絵や新しいポートフォリオ用の絵まで描いているのに、絵日記まで更新して、これだけ描けば、多少は上達するかな?と期待しているところw(2017.05.28 Sunday)


                  


170528_6815_n.jpg2017.05.29 Monday
植物や動物をせっせとデッサン。
昔、植物画(ボタニカルアート)をやっていたので、植物の依頼は気分が上がる。
恩師や仲間に恥ずかしくないモノ描かないと!

いろいろ落ち込むこともあったのだけど、高校時代の友人に思いがけず絵を褒められたり
ラフを提出したら「素晴らしい出来」だと、ノー修正で本番にGOがかかり、うれしい!
日々はこうした「小さな幸せ」が積み重なってできているね。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

着々とお仕事。

170516_IMG_4158.jpg今月に入って、気づいたら4つ締め切りを抱えていて、やっと2つ目が終わって、すごい達成感で昼間から飲みたい気分。先日お会いした素敵な方とも若干コラボしてるらしい今回のお仕事。すごくやりたかった媒体だったのもあって、力入りました。すでにレイアウトに入ってるそうなので、すごく楽しみ。担当編集さんもすごくできた人で、楽しいお仕事でよかった。
    
私はどうやら、仕事でないと100%力を発揮できないタイプみたいで、仕事は成長させてくれるな、などと、意識高い系風のことを言ってみる。
とりあえず、残り二つも全力で頑張る。そして月末は絶対ゴンドラに乗るんだもん、とここで宣言してみる。その代り、絵日記さぼりがちになるかもです。楽しみにしてくださってる方がいたらすみません。生存確認にしてる方、生きてますので安心してください。


                  


170514_MG_6093_s.jpg2017.05.14 Sunday
晴天の日曜は、鶴舞公園(バラが満開♡)で開催されたヴィーガングルメフェスティバルへ。ヴィーガンとは、簡単に言うとベジタリアンのこと。我が家はベジタリアンではないですが、6年前にオットの病で食事制限を始めてから、食の嗜好が変わって、とにかく野菜が食べたくて、野菜LOVEが高まっているのです。キラジェンヌさんのヴィーガンのためのステキ雑誌veggyで野菜レシピいっぱい楽しみます♡そして話題の茂木さんが!!(左下)w
170514_IMG_4154ps1.jpg
珍しく花を撮る夫。


                  


あれは忘れもしない、2014年年末、ある編集プロダクションの方から、妙な感じでお誘いを受けて、金山へ。
170509_9292_n.jpg
これぞチビタのおでん!!と恵那(景勝地・恵那峡と栗きんとんで有名)のお酒。先日ちらりと書いた「私に会いたい」という奇特な方との密会(?)は無事終了。下の美女はお店のお母さんの若かりし頃。本当に小さなお店ですが、もうここで50年やってるそうで、来るお客さん来るお客さんが、只者ではない感じ!二谷英明みたいな紳士が会社の忘年会の帰りに一人でふらっと来たり、大きな会社の部長さんが、いつの間にか足の悪いお母さんを手伝ってカウンターの中にいたりして。こういう店を行きつけと言えるような人に、私もなりたいもんです。
これを受けて、またこの店に行きたい、とFBに書いたら、それが意外な顛末に。私のFB友で素敵な紳士が、3年前に左の写真を撮影。その足で現況を確認して下さったところ、なんとビルに!!
170509_9126_n.jpg170509_7786_n.jpg
170509チビ太のおでん 居酒屋 名古屋 金山 恵那なんと約1年前の2016年6月、惜しまれつつ閉店されていた模様。。。
https://blogs.yahoo.co.jp/cat3moko3/14054245.html
170509_7789_n.jpg

さて、話を最初に戻すと、そもそも編集プロダクションの方からの
妙なお誘いとは何かというと、とある版元の人から私に会いたいと
依頼があったそうで。

そもそもは、大阪の私の知人のフリーの編集さんに
「名古屋で元気な人って誰でしょうか?」
と問い合わせがあったのが発端。

名古屋で元気な人をなぜ大阪人に聞く?のかがまず謎ですが、その方は
「名古屋と言えば陽菜ヒヨコがいるではないですか」
と答えたらしく、そこからなぜか1〜2回お会いしただけの名古屋の編プロの編集さんを仲介に、初対面の版元さんと
普段はほとんど行かない金山で飲んだのです。

その日は楽しい夜で、陽菜先生と持ち上げられて私もいい気分になり、このおでんやには二次会で行き
翌日は編プロさんと一緒に版元さんを訪問して、いろいろ細かい打合せまでして
もう明日にも仕事を依頼されそうな感じで、ガッツポーズと共に帰宅して、早3年半。。。。

その後、「また飲みましょう」と数回メールのやり取りをしたのですが、いつの間にかメールが途絶えたまま
未だにこの会社からは、何の依頼もなく、メールを送ってみても返事がなく、頭に浮かぶのは「???」の文字だけ。

もしかして何か落ち込んでいて、ただ本当に元気のいい人と飲んで、元気になりたかっただけだったのでしょうか。
だとしたら、そういうのは、利害関係のない相手にしていただきたい。

楽しかったから、まぁ、いいんですけどね。。。
それでもやっぱり、特に師走の忙しい時に、気分で下請け(フリーランスと編プロ両方)を振り回すのは
辞めていただきたい、と切に思うのです。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

GWも絶賛お仕事・2。

2017.05.06 Saturday
NHK Eテレ「すイエんサー」(火19:25〜・土10:00〜)。
今までは冒頭のイラストで登場するのみでしたが、今週から、私のイラストが登場した日は、エンディングに名前が載ることに!
     
苦節2年?(笑)
周りにあまりに聞かれるので、試しに聞いてみたら「じゃ、次年度から出しましょう」とあっさり決まり。。。
言ってみるものですねー。
名前が出ると、番組の歴史に自分自身が刻まれるようで、より感慨深いです。

実は5/2の本放送は出かけていて見られず、今日やっと見られました。
いきなり最初に登場してビックリ!今週は総集編で、いつものハーフタレントではなく
総集編にしか登場しない伊吹吾郎さん(普段はナレーションのみ)と一緒に絵や名前が出て、大感激!!
170506_IMG_3854a.jpg
エンディング、こんな感じでした!
いきなり最初に登場して動揺し、手ブレしちゃってます。。。

名前だけアップで!あの伊吹五郎さんと並んで私の名前がっ
170506_IMG_3854d.jpg
伊吹五郎さんより前に名前が登場するなんて、格さんより前!ってことは、私、黄門サマ????(ちげーよ!)


                  


170501_7960_n.jpgこの日の後日談。
仕事である映画を見なくてはならないのだけど、VHSしか出ておらず
レンタルにないことが連休前日夜に判明。
連休中に編集さんから連絡が入り、編集さんも例の映画は借りられなかった
とのことで、他の映画に変更することに。
しかし、候補の映画はことごとく近所のレンタルTには在庫がなく
取り寄せになるので、編集さんからのスクリーンショット待つと返答。
どんだけマニアックな映画ばっかなんじゃ(笑)
    
連休明けて、早速動画やスクリーンショットが送られてきた。今って便利だねぇ。
しかし、私的に一番テーマにしっくり来ていたのが、最初に上がった映画だったので、それが描けないのは結構残念。
(画像は、その映画のポスターを基にアレンジして描いたサンプルイラストの一部)

さらに続き。
他の映画のイラスト化するシーンも決定してから、なんと、編集長が、最初の映画のデータを探しだしてこられたそうで!
やはり、この映画が一番テーマに沿ってるので使いたいとのことで、それも後に決まったのも描くことになり
点数が増え、イラスト料も上乗せされるといううれしい結果になったのでした。
編集長!!ありがとうございます〜〜〜!!


                  


かっこよく仕事のことばっか書いておりますが、実際この連休のほとんどは、部屋の大掃除に追われておりました!

でも大掃除の間に、ずっと探してたものが次々見つかったので、ものすごく充実感あふれる毎日でした!

私のHDが数週間当たらず、大事なデータの保存ができず困っていたのだが、掃除中見つかりました!!
ラックと床の隙間にスポッとはいり込んでた!!!

そういえば、ホント写真と言うのは機材がイロイロ必要で、データの重さも半端ないので
HDも私が1台使う間に4台くらい増殖していく。。。

あと、長年使ってる切手セットのファイルとか。
切手全然なくて、ここ一年毎回買いに行ってたので、超不便だったのでした。

2人していらないもの捨ててスッキリしたので、清々しい気持ちで迎えた連休最終日だけ、一日お出かけしました。
大好きな美術展のハシゴ。楽しかったです。それはまた改めて。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています

新品価格
¥1,296から




←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター
クチコミ.jp
ブクレコ


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/3 >>