映画「アイリッシュマン」

iroshman-1.jpg話題沸騰の中で見た映画。名優たちが特殊メークではなく、画面上で若返ったり年取ったりする。
そんな先端技術を用いて撮られた映画は、古き良き時代の男たちの生き様と悲哀に満ちていた。
「普遍的な」人間について語るものだった。

アイルランド系の大男で、闇世界のドンとビートルズ並みに人気のある組合委員長の両方から愛されたヒットマン。
デ・ニーロの演技がすさまじかった。

どんなに栄華を極めても、悪人の最期は虚しい。
ちょっとしたほころびが元であっけなく殺されたり、刑務所で惨めに生涯を終えたりする。
生き残っても家族にすら見捨てられ、一人でクリスマスを過ごすことになる。

あっけなく殺されて、その死の真相どころか、死体の在処すら不明なのがパチーノ演じるジミー・ホッファ。
ホッファ殺害を命じ、別件で投獄されてそのまま刑務所で死亡したのが、闇世界に君臨したペシ演じるブファリーノ。
そして、ホッファをブファリーノの指示で殺害し、その後服役したデ・ニーロ演じるアイリッシュマン。

自分を兄弟とまで呼んだホッファを失い、娘には縁を切られ、施設で神父に懺悔を続ける姿はあまりにも惨めだ。

とはいえ、この映画はあくまでも、シーラン(アイリッシュマン)の「自分が殺害した」という告白を元にした
「フィクション」で、実際にはホッファ殺害の真相は解明されていない。

本編にたびたび登場したケネディ大統領の暗殺事件。一説にはその黒幕はホッファであるとも言われている。
しかし、皮肉なことにそのホッファ自身の死も、ケネディと同じくアメリカ最大の謎とされているのだそうだ。

「家でペンキを塗った」という言葉の真意はもちろん「ジミー・ホッファを殺したのは私だ」という自供。「家をペンキ塗りする」という隠語はマフィアの間で「殺害する」を意味する。つまり「お前は殺し屋なんだってな」ということ。ヒットマンが殺人をするとき、家の壁が血の海で赤いペンキを塗ったようになるということに由来。原作でジャーナリストのチャールズ・ブランドが2004年に刊行しベストセラーとなった実録犯罪レポ書『I Heard You Paint Houses』のタイトルでもある。

アイリッシュマン The Irishman
https://cinemaevery.com/the-irishman-introduction/
第二次大戦後のアメリカで、全米トラック運転組合の幹部でありながら裏社会の犯罪行為にもどっぷりと手を染めていた伝説の男フランク・シーランの半生を描く。

チャールズ・ブラントによるノンフィクション著作『I Heard You Paint Houses』を原作として、第二次大戦後のアメリカを舞台に、実在したフランク・シーランという人物を通して描かれる裏社会に生きる人間たちの悲哀・・・。

https://www.tadamonkugaiitakute.com/36553.html
マフィア同士の抗争をただ見せるのではなく、世界の歴史が動いた重要な出来事と絡めているのが功を奏している。JFケネディー大統領の暗殺事件の黒幕をはっきりとマフィアの仕業として描いている。ケネディー一家は禁酒法時代に酒の密売で財を築いた家族で、マフィアとのつながりが深かったにも関わらず、大統領になった途端マフィアを一掃するようなキャンペーンを打ち立て、反感を食らったことで知られる。
当時のアメリカの労働運動と、その裏に暗躍したマフィアとの結びつき、更には1975年に失踪した全米トラック運転組合委員長ジミー・ホッファ暗殺の真相にも迫ります。

マーティン・スコセッシ監督の悲願とも言われた映画化の実現だけでなく、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、そしてジョー・ペシという圧倒的な存在感を誇る俳優陣の共演は、多くの映画ファンの耳目を集めました。
第二次大戦後の混沌としたアメリカ。“The Irishman”ことフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)は、全米トラック運転手組合「チームスター」のリーダー、ジミー・ホッファ(アル・パチーノ)の右腕として働きます。ところがその裏の顔は、裏社会のドンとして君臨するラッセル・ブファリーノ(ジョー・ペシ)に仕える凄腕のヒットマンでもあったのです。

やがてホッファが失踪するという事件が起こり、シーランには事件の関与とホッファ殺害の容疑がかけられます。物語はシーランを通じて、当時の裏社会に生きる一癖も二癖もある面々の人間模様と、その壮絶な生きざまを描き出して行きます。
≪あらすじ≫
フランク・シーランは全米トラック運転組合(チームスター)の一員として長らく活動していたが、その傍らでブファリーノ・ファミリーと共に犯罪行為に手を染めていた。ファミリーの依頼で人殺しも行ってきたシーランだったが、彼が関与した事件の中には、(JFK暗殺の真相とともにアメリカ史上最大の謎・)ジミー・ホッファの暗殺も含まれていた。本作は最晩年のシーランの回想という形を取りながら、ホッファ暗殺の真実や労働運動とマフィアの結びつき、裏社会に生きた者の悲哀を描き出していく。

監督        マーティン・スコセッシ
脚本        スティーヴン・ザイリアン
原作        チャールズ・ブラント『I Heard You Paint Houses』
製作        マーティン・スコセッシ ジェーン・ローゼンタール 
          エマ・ティリンジャー・コスコフ ロバート・デ・ニーロ ガストン・パヴロヴィッチ
出演者       ◎フランク・シーラン(アイルランド系米国人・凄腕のヒットマン"The Irishman")
                                      : ロバート・デ・ニーロ

          ◎ジミー・ホッファ(全米トラック運転組合委員長・ビートルズ並みの絶大な人気・
          ケネディ大統領暗殺の黒幕説・フランクをボディガードとして雇う): アル・パチーノ

          ◎ラッセル・ブファリーノ("McGee" および "Old Man" 北東ペンシルバニアの
               イタリア系アメリカ人マフィア・ブファリーノ一家のボス): ジョー・ペシ

          ・フェリックス・ディトゥリオ: ボビー・カナヴェイル
          ・ビル(ウィリアム)・ブファリーノ(弁護士でラッセルのいとこ): レイ・ロマーノ
          ・アンジェロ・ブルーノ(フィラデルフィアを支配したマフィア組織のボス・
                                      :ハーヴェイ・カイテル

          ・トニー・プロ(Anthony Provenzano ニュージャージー州のマフィアのボス・
                           ジミーと一緒に服役): スティーヴン・グレアム
          ・アンソニー・サレルノ(”Fat Tonny” ニューヨーク・マフィアの五大一家の
                1つ・ジェノヴェーゼ一家のフロントボス): ドメニク・ランバルドッツィ
          ◎ペギー・シーラン(フランクの4人の娘のひとり): アンナ・パキン
          ・アイリーン・シーラン(フランクの二人目の妻): ステファニー・カーツバ
          ・トーマス・アンドレッタ(ジミー・ホッファ暗殺の容疑者): ジェレミー・ルーク
          ・スティーブン・アンドレッタ: ジョゼフ・ルッソ
          ・キャリー・ブファリーノ(ラッセルの妻): キャスリン・ナルドゥッチ
          ・ジミー・ニール: J・C・マッケンジー
          ・エド・パーティン: クレイグ・ヴィンセント
          ・フランク・フィッツシモンズ(全米トラック運転組合会長・組合の顔”フィッツ”
                              ・ジミーを裏切る): ゲイリー・バサラバ
          ◯ジョゼフィーヌ・ホッファ(ジミー・ホッファの妻): ウェルカー・ホワイト
          ・チャッキー・オブライエン(ジミーの義理の息子)
                      : ジェシー・プレモンス(マット・デイモンのそっくりさん)
          ・ロバート・ケネディ(第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実弟・
                            同政権の司法長官): ジャック・ヒューストン
          ・ドン・リックルズ: ジム・ノートン
音楽        ロビー・ロバートソン
撮影        ロドリゴ・プリエト
編集        セルマ・スクーンメイカー
製作会社      Netflix シケリア・プロダクションズ トライベッカ・プロダクションズ
配給        世界 Netflix
公開        世界 2019年11月7日
上映時間      210分
製作国       アメリカ合衆国
言語        英語
製作費       $159,000,000

キャスティング
2017年7月、ジョー・ペシの出演が正式に決定した。ペシの出演交渉は難航を極め、受諾までに50回ほど断られたと報じられている。

撮影・音楽
本作の主要撮影は2017年8月29日にマンハッタンで始まり、2018年3月5日に終了した。

なお、本作はフランク・シーランの半生を描いた作品ではあるが、若い頃のシーランもデ・ニーロが演じている。インダストリアル・ライト&マジックによる特殊効果によって、デニーロの風貌を若返らせることで、一人の俳優が演じきることが可能になった。
iroshman-1.jpg

評価
本作は批評家から絶賛されている。 Rotten Tomatoesでは221件の批評家レビューのうち96%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.9点となった。 サイトの批評家の総合的な見解は「『アイリッシュマン』は大胆で、壮大で、一生涯をたちまち駆け抜けるような映画。際立った技術と生々しい演技の数々、そしてダークなユーモアをそなえた、スコセッシによるジャンルの魅力の総決算であり、近年のキャリアの勝利だ。」である。


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

◆名古屋◆
ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

ケネス・ブラナー監督でまとめてみた「オリエント急行殺人事件(2017)」と「シンデレラ(2015)」

orient2017.jpg
「オリエント急行殺人事件」(ネタバレあり)
そこそこ読書家であると自負しているものの、一人の作家の作品を全部読むというタイプではなく、その時その時に気になる本を乱読するタイプの私には珍しく、ほぼ全作品を読破しているのがアガサ・クリスティだ。そのクリスティの不朽の名作と言えば「そして誰もいなくなった」がいちばん有名かも知れない。けれど、私の中のナンバーワンは何と言っても本作「オリエント急行の殺人」である。

クリスティの醍醐味は、その謎ときもさることながら、それ以上にそこに隠された人の人生を浮き彫りにすること。名探偵ポアロもミス・マープルも、事件を状況証拠から判断はしない。その事件の起きた背景や人物の性格から事件を洗い出して行く。そこから見えてくる人生。それを知ることがクリスティを味わう最大の悦びと言えるだろう。

この作品の凄いところは、すべての謎を解いていながらポアロがあえて「この事件の犯人はこの人です」と誤った解釈を述べること。その上で、実際に何が起こったかを述べ、最後に「やはり、最初の解釈でよいでしょう」と締めくくる。

警察や司法の役目は「真実を追求すること」であるかもしれないけれど、時には「真実」より大切な物がある。基本的に人は誰も「殺されていい者」はいない。それでも、許される殺人もあるのではないか。最近も、罪もない人を殺した犯人が無期懲役になったことが問題となった。

(これを書いているのは2020年1月)その犯人は無期懲役になることを望んでおり、そうなるために一人だけ殺した。殺された人は、他の見知らぬ女性をかばったためにそんなことになってしまった。遺族の憤りや悲しみはいかばかりなものか。現在の法律では一人殺しても死刑にはならない。犯人は望み通り無期懲役となった。刑を告げられた時、犯人は万歳三唱したという。裁くこと、罰することの難しさ、限界を感じる。

話を本作に戻すと、この「オリエント急行の殺人」は、ある残酷な殺人事件に端を発する。それによって、人生を狂わされた多くの人々が犯人をこの列車におびき寄せて殺害した。それがこの事件の真相だ。つまり、列車に乗っていたポアロ(と鉄道会社の重役)と殺された人物以外、全員が共犯者だったのだ。

犯人はのうのうと生き延びて、今も悪事に手を染めている。この先も法で裁かれることはないだろう。だからと言って殺してよいものかと言えば、法律的にはNoである。法律では許されることはない。しかしこのポアロは許す。他の誰が許さなくても、この名探偵が許すと言っている。そんなポアロの想いが胸に迫るのだ。

そんな想いのある作品。しかも、ジョニデやペネロペ、ミシェル・ファイファーなどの有名俳優の豪華共演ということで話題になったこの作品。うーん、見ての感想は。。。思い入れが強いだけに、気になる点が。。。

観終わってすぐの感想は、あれ?ポアロってこんなに厳しかったっけ?というものだった。

事件の真相を暴いたポアロは、自分は不均衡を嫌う故に口止めできないから殺せと犯人たちに言い放つ。目の前には拳銃。ミシェル・ファイファー演じるハバート夫人がポワロに銃口を向け「私が1人で殺った」と言って自殺しようとするが、銃の弾倉に弾は込められおらず。

結果、他に犯人がいるという案は採用するが、ポアロは彼らに彼らの罪を突きつける。ポアロは不均衡を抱えて生きて、彼らの罪を許すという結果に。。。あれ?そんなだっけ?これでは何だか不本意なような。。。原作のポアロは、自らの意思でも現実とは違う案を選んでいなかったっけ?

この本を読んだのは20代の後半か30代始めで、もう20年も前のことなので裏覚えだけれど、確かポアロは二つの案を出して誰かに問いかけ、その人の了承を得て「私もその方がいいと思います。ではそういうことにしましょう」という結末だったように思う。

いろいろググって調べてみると、やはりその通りで、大抵の探偵小説に存在する「狂言回し的な存在」がこの小説にも登場する。ホームズにはワトソンが、ポアロにはヘイスティングという助手や素人の友人が傍にいて、いろいろ突っ込んでくれることで、読者はより物語に感情移入しやすいのだ。本作においては国際寝台車会社の重役・ブークがその役割を担う。

ポアロは全くの第三者である彼に尋ねる。「どちらの方が真相だと思われるか?」と。もちろん他に犯人がいる説を取るブーク。さらに医師も同意し、今までの診断を訂正するとまでいう。こうして平和的解決により大団円を迎える、というのが、原作の筋書きだったのだ。

しかしこれが、ブラナー流の解釈なのだろう。原作は「史上最悪の冤罪事件」と呼ばれるリンドバーグ事件を元に描かれていて、正義についてのクリスティの考えが前面に押し出されたものとなっている。時には「真実」より重い「正義」があるというのが根本にある考えだ。

そこに一石を投じているのが今回の映画。わざわざ最初に別の事件をポアロに解決させてからオリエント急行に乗り込ませるのもそこを狙ってのことだ。ここでこの映画は「この世界には善と悪の二者しか存在しない」とわざわざポアロに語らせている。

ラチェット殺害事件に関しても、原作の「時には真実より重い正義がある」というクリスティの主張に対して「それでも罪は罪だ」というさらなる解釈を与えているのが本作である。この名作の映画化は二度目だけれど、この先も何度もリメイクされて行くだろう。その中でこういう解釈の作品があってもよいと思う。

原作をそのまま忠実に描く映画もあれば、映画監督の新解釈によるものがあってもよいと思う。ただ好みは別れるだろう。ブラナ−氏のポアロはなかなかよかった。なんて言ったら失礼か。ジョニデを起用する辺りがミーハーとも言えるけど彼の悪役も悪くなかった。さすがだね!

ブラナ−氏はイギリスの俳優でシェイクスピア俳優として有名なお方であり「ローレンス・オリヴィエの再来」と呼ばれているのだそうだ。おお!そして映画監督、脚本家、プロデューサーも兼ねている。

マスターピースと名高い1974年版も改めて観たくなった。

オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express
監督     ケネス・ブラナー
脚本     マイケル・グリーン
原作     アガサ・クリスティ『オリエント急行の殺人』
製作     リドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、
       ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド、マイケル・シェイファー
出演者    エルキュール・ポアロ - ケネス・ブラナー: 世界一の名探偵。
       エドワード・ラチェット - ジョニー・デップ: アメリカ人のギャングで富豪(A事件の犯人)
       ピラール・エストラバドス - ペネロペ・クルス: 宣教師(デイジーの乳母)
       ゲアハルト・ハードマン - ウィレム・デフォー: 教授(自殺した子守娘の恋人)
       ドラゴミロフ公爵夫人 - ジュディ・デンチ:ロシア人の富豪(リンダ・アーデンの友人)
       ヘクター・マックイーン - ジョシュ・ギャッド: ラチェットの秘書(ソニアを昔から崇拝)
       エドワード・ヘンリー・マスターマン - デレク・ジャコビ: ラチェットの執事(A家の召使い)
       ドクター・アーバスノット - レスリー・オドム・Jr:イギリス人の大佐(A大佐の友人)
       キャロライン・ハバード夫人 - ミシェル・ファイファー: 未亡人(リンダ・アーデン本人)
       メアリ・デブナム - デイジー・リドリー: 家庭教師(アームストロング家の家庭教師)
       ヒルデガルデ・シュミット - オリヴィア・コールマン: 公爵夫人のメイド(A家の料理人)
       エレナ・アンドレニ伯爵夫人 - ルーシー・ボイントン(ソニア・アームストロングの妹)
       ピエール・ミシェル - マーワン・ケンザリ: オリエント急行の車掌(自殺した子守娘の父親)
       ビニアミノ・マルケス - マヌエル・ガルシア=ルルフォ: 自動車のセールスマン。
       ルドルフ・アンドレニ伯爵 - セルゲイ・ポルーニン(エレナの夫)

       ブーク - トム・ベイトマン: 国際寝台車会社の重役
       ソニア・アームストロング - ミランダ・レーゾン(A事件で殺害されたデイジーの母親)
音楽     パトリック・ドイル
撮影     ハリス・ザンバーラウコス
編集     ミック・オーズリー
製作会社   キングバーグ・ジャンル、ザ・マーク・ゴードン・カンパニー
       スコット・フリー・プロダクションズ
配給     アメリカ合衆国・日本 20世紀フォックス
公開     アメリカ合衆国 2017年11月10日
       日本 2017年12月8日
上映時間   114分
製作国    アメリカ合衆国
言語     英語
製作費    $55,000,000
興行収入   アメリカ合衆国 $102,826,543
       日本の旗 16.2億円
       世界の旗 $352,789,811
                  


cinderella_2015.jpg「シンデレラ」
ここまで「オリエント急行」について感想を書いて来てみて、改めてこの映画の良さも感じたけれど、正直観終わってすぐは「???」と言う感じだった。イマイチピンと来なかったのだ。原作のイメージが強く、名作と呼ばれるものほどそういったことは多いだろう。期待値が大きすぎるのだ。

それに対して、見た時から結構良かったと感じたのがこの「シンデレラ」。ブラナ―監督がシェイクスピア俳優として天才の名を欲しいままにしたにもかかわらず、ハリウッドの商業的映画(ディズニーやアメコミなど)の監督ばかりをやっていることを苦々しく思う向きもある様だ。確かになぜディズニー?とは思う。

でも意外とこの映画、悪くなかった。元の童話では王子とシンデレラはたった数時間一緒に踊っただけで、相手の容姿に惹かれる恋物語だ。でもそれってどうよ?確かに顔だけで始まる恋はあるだろう。一目ぼれが恋ではないなんて言う気はない。けれど「それだけ」の映画ではあまりに浅すぎるというモノ。実写で撮る意味はない。

でもこの映画では、シンデレラと王子は森の中で出会い、お互いの心を通わせる場面が登場する。シンデレラはしっかりとした意思を持ち、ただ男性に幸せにして貰おうという他力本願な女性ではないのだ。そこに王子も心惹かれる。

また、童話では勧善懲悪な描かれ方をする意地悪継母もそんなに単純な存在ではない。シンデレラにつらく当たるのは、彼女なりに理由があったのだ。登場人物のそんな堀下げのおかげで、意外と見ごたえある作品になっている。
ストーリー
遠い昔、ある裕福な家に一人の女の赤ちゃんが生まれた。エラと名付けられたその赤ちゃんは、両親の愛情を一身に受けて美しく聡明で優しい娘に成長する。しかし病により母親が亡くなった後、エラ(リリー・ジェームズ)の将来を案じた父親は二度目の結婚相手としてトレメイン夫人(ケイト・ブランシェット)と、その連れ子であるアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)とドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)を迎え入れる。新しい家族が出来たことに喜ぶエラだったが、今度は父親が旅先で病によって亡くなってしまった。すると継母は本性を表し、美しい義理の娘のエラには辛くあたり、自分に似て心の醜い意地悪な二人の娘だけを可愛がるようになった。そして継母や義姉たちが財産を浪費し、長らく家に仕えていた使用人達も次々に辞めさせてしまったため、瞬く間に屋敷は落ちぶれてしまった。

エラも召使いとして扱われるようになり、朝から晩まで洗濯や掃除、雑巾がけ、皿洗い、食事の支度などみんな押しつけられ、屋敷の屋根裏部屋に住むようになった。しかし彼女は亡き母から繰り返し教えられた、いつかは希望の虹が見えてくる、いつかは夢が叶うという言葉を信じて希望を失わなかった。そんな彼女の味方は鼠や小鳥達だった。冬になると、屋根裏部屋はとても寒くなり、エラは暖炉のそばで寝ていた。目覚めるとエラは灰まみれになっていた。

わがままな上に意地っ張りで意地悪な三人は、エラが灰で汚れた姿を見てエラをシンデレラ(シンダーエラ/灰かぶりのエラ)と呼んで笑い者にした。そんな仕打ちにとうとう耐えられなくなったエラは、泣きながら馬に乗って屋敷を飛び出してしまう。そして森の中を彷徨い回っていると、一人の若者が声をかけてくる。キットというその若者は、実は従者と鹿狩りに来ていた王子だったのだが、エラには身分を隠し城付きの猟師だと名乗る。 鹿が可哀想だから狩りを止めるよう訴えるエラを慰めているうちに二人はお互いに惹かれあっていき、キットは城に戻ってもなお彼女が忘れられなくなる。その後病床につく国王から早く結婚相手を探すよう急かされたキットは、エラを探すために身分問わず国中の若い娘達を招待した盛大な舞踏会を催した。
シンデレラ Cinderella
監督      ケネス・ブラナー
脚本      クリス・ワイツ
製作      サイモン・キンバーグ
        アリソン・シェアマー
        デヴィッド・バロン
出演者     ◎エラ/シンデレラ(リリー・ジェームズ、エロイーズ・ウェブ)
         :主人公。母を早くに亡くし、彼女の将来を案じて再婚した父も間もなく亡くす。
        ◎トレメイン夫人(ケイト・ブランシェット):エラ/シンデレラの継母。 
        ◎キット王子:(リチャード・マッデン):エラ達が住んでいる王国の王子。
        ◎フェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム=カーター)
          :エラの亡き母がよく話していたおとぎ話に出てくる妖精。
        ◎大佐(ノンソー・アノジー):キット王子の護衛隊長。キットの一番の理解者。
        ◎大公(ステラン・スカルスガルド):キットの父王時代から仕えている臣下
        ◎ドリゼラ・トレメイン(ソフィー・マクシェラ):エラの上の義姉。黄色のドレス
        ◎アナスタシア・トレメイン(ホリデイ・グレインジャー):エラの下の義姉。橙色のドレス
        ◎国王(デレク・ジャコビ):王子の父。かなりの老齢で、本作では病床にいる。
        ◎廷臣(アレックス・マックイーン):舞踏会の開催とエラ捜索伝達の役割を務めた男性
        ◎エラの父(ベン・チャップリン):商人。優しい父親。
        ◎エラの母(ヘイリー・アトウェル):フェアリーゴッドマザーの存在をエラに語る
        ◎農夫のジョン(ポール・ハンター)
        ◎フィネアス(ロブ・ブライドン):エラ達の屋敷に仕えている肖像画家。
        ◎料理人(ケイティ・ウェスト):エラ達の屋敷に仕えている料理人。
        ◎トカゲの従者(トム・エデン):フェアリー・ゴッドマザーの魔法で従者になったトカゲ。
        ◎ガチョウの御者(ギャレス・メイソン):魔法で御者になった、エラの屋敷のガチョウ。
        ◎シェリーナ(ジャナ・ペレス):サラゴサの王女でラテン系の美女。王子の政略結婚相手。
        ◎男爵(リチャード・マッケーブ)
        ◎国王の医者(マイケル・ジェン)
音楽      パトリック・ドイル
主題歌     ソナ・リーレ『Strong』
撮影      ハリス・ザンバーラウコス
編集      マーティン・ウォルシュ
製作会社    ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給      ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開      アメリカ合衆国 2015年3月13日
        日本 2015年4月25日
上映時間    105分
製作国     アメリカ合衆国
言語      英語
製作費     $95,000,000
興行収入    世界 $543,514,353
        日本 57.3億円
                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

◆名古屋◆
ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「トゥルーマン・ショー」&「パシフィック・リム」

2019.09.13 Friday
「トゥルーマン・ショー」
何かもう古典みたいに思っていたけど、1998年の映画と、意外と新しかった。
自分の人生のすべてが、実は他人の手で作り上げられたものだった。
そして、世界中で「娯楽」として楽しまれていたとしたら。。。ホラーでしかない。

ある日そのことに気づいた主人公が、どうにかして自由を得るまでの葛藤と苦悩を描いた物語。
本人にとっては、それこそ人生を左右する(当たり前だけど)問題であるわけで
それと同時に、番組の全権を握っている悪徳プロデューサーにとっても、すべてと言ってもいいもので
トゥルーマンがこの島から出てしまったらおしまいだと見苦しく騒ぐ割に、いざ終わってしまったら
視聴者はすぐにしれっとチャンネル変えちゃって。所詮そんなものだった、というのが悲しい。

主人公がこの後幸多い人生であったことを願いたい。
トゥルーマン・ショー The Truman Show

監督    ピーター・ウィアー
脚本    アンドリュー・ニコル
原案    トラヴィス・ビーチャム
製作    エドワード・S・フェルドマン アンドリュー・ニコル スコット・ルーディン 
      アダム・シュローダー
製作総指揮 リン・プレシェット
出演者   ジム・キャリー エド・ハリス ローラ・リニー
音楽    フィリップ・グラス ブルクハルト・ダルウィッツ
撮影    ピーター・ビジウ
編集    ウィリアム・M・アンダーソン リー・スミス
製作会社  パラマウント映画 スコット・ルーディン・プロダクションズ
配給    パラマウント映画
公開    アメリカ合衆国 1998年6月5日 日本 1998年11月14日
上映時間  103分
製作国   アメリカ合衆国
言語    英語 日本語
製作費   $60,000,000
興行収入  世界 $264,118,201  アメリカ合衆国&カナダ $101,802,906  日本 15.5億円
次作    パシフィック・リム: アップライジング

                  


2019.10.03 Thursday
「パシフィック・リム」
ハリウッド映画なんだけど、半分日本映画みたいな作品。
太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、兵士2人がペアとなって操縦する巨大ロボットで立ち向かう姿を描く。タイトルのパシフィック・リムとは環太平洋地域のことであり、これらの地域に該当する国の人々が協力して世界的脅威に立ち向かう。

英語の作品であるが、作中に登場する怪獣は日本語で「KAIJU(カイジュー)」と呼称される。ラストには「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」と献辞が表示される。デル・トロは、「日本の怪獣モノの単なるパスティーシュやオマージュではなく、新しいことができると感じた」と語ったうえで、「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している」とも答えている。また、今作は「巨大怪物への美しい詩である」と語っている。
ペアになってお互いの脳の中身を共有しながら戦うという戦闘方法は、なかなかにハードルが高い。
そのため親子や兄弟、夫婦などがペアを組むことが多いそうだけど、どんなに仲が良くたって
心の中身まで人と共有なんかしたくないと思う。オットとだってそれは嫌だ。
中には自分の知らない相手の行動が脳を通じて流れてきて、喧嘩になるというけど、当たり前だよね。
知らなくていいことまで知ってしまうと危険を考えると、あんまり近すぎない相手の方がいいんじゃないのかなと思う。


ここから余談:(2019年11月)
ヒロインの菊地凛子の本名って菊地百合子っていうらしいんだけど、昔まったく同じ名前の知人がいて
自分は全然花が似合わないのに名前に花が二つも入ってるのがすごく嫌だって言ってた。
この映画の二年後に菊地凛子は染谷翔太と結婚してたのね。
「聖☆おにいさん」昨年のドラマだけど、深夜の再放送で今更はまってる。
マンガも面白いけど、このドラマはかなり成功してるでしょ。
マツケンのイエスは想定内だけど、染谷君のブッダは想定外にはまり役。

菊地凛子はイエス役のマツケンと結構共演してるのね。
2010年「ノルウェイの森」で菊地凛子が直子で、マツケンがワタナベかぁ。
んでモテモテの先輩が玉鉄でサバサバの緑が水原希子。うーむ。
見てないからわかんないけど、何かイメージ違うなぁ。。。
2009年の『カムイ外伝』では、アクションシーンで菊地がけがをして降板したため、小雪が代打として出演。
もしかしてそれがマツケンと小雪の結婚のきっかけ?

深夜の再放送と言えば「今日から俺は」にもめちゃくちゃはまっている。
ちょうど自分の青春時代とかぶりまくるから余計に。

と、話しそれまくりでした。

パシフィック・リム Pacific Rim

監督    ギレルモ・デル・トロ
脚本    トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
原案    トラヴィス・ビーチャム
製作    ジョン・ジャッシニ、メアリー・ペアレント、トーマス・タル
製作総指揮 カラム・グリーン
出演者   チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン
      クリフトン・コリンズ・Jr、ロバート・カジンスキー、マックス・マーティーニ
      ロン・パールマン、芦田愛菜
音楽    ラミン・ジャヴァディ
撮影    ギレルモ・ナヴァロ
編集    ピーター・アムンドソン
製作会社  レジェンダリー・ピクチャーズ
配給    ワーナー・ブラザース
公開    オーストラリア 2013年7月11日 ロシア 2013年7月11日 アメリカ合衆国 2013年7月12日 香港 2013年7月18日 中華人民共和国 2013年7月31日 日本 2013年8月9日
上映時間  132分
製作国   アメリカ合衆国
言語    英語 日本語
製作費   $190,000,000
興行収入  世界 $411,002,906  アメリカ合衆国&カナダ $101,802,906  日本 15.5億円
次作    パシフィック・リム: アップライジング


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
フィリップ・パレーノ展
2019年11月2日(土)→ 2020年3月22日(日)ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1910pareno/index.html

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー
https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/basquiat/index.html
https://www.basquiat.tokyo/

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/minagawa-akira-tsuzuku/
https://mina-tsuzuku.jp/

◆名古屋◆
ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

母親の陰から少しだけ脱却

190927_koushin.jpg本日、↓下画像・右側のnoteを更新した。
190926_koushin.jpg
余談だけれど、左のプロフを固定にしておくと、すごい勢いでフォロワーが増えて行く。←翌日は左画像のように、ついに100超えた♡ 私の書くものより私の実績の方が興味深いのかもしれない?(笑)

このテーマで1ヶ月前にせっせと書きためていたものは、ほぼ全ボツとした。1ヶ月前はすべての事象を母親や元夫に結びつけて書きがちだったけれど、ようやくそこから脱却できた。母親マンガを手放したこともよかったのだろう。


世間が狭い人ほど物事を断定しがち

2019/08/23/05:43

またまた母親ネタになるのだけど。。。
(私はnoteに週1で毒母親に関する漫画を連載中→ひよこマンガ序章→終了)

母との生活がとてもきつかった理由の一つは、母がとても世間が狭いということでした。あまりにも世間の常識が通じないのです。

※今日のお題は解決はしておりません。
 ただ私が母親との関係性において感じたことを述べております。


母の繰り出す無理難題

母は常に上から目線で「ああしろ」「こうしろ」と命令を繰り出して来ます。大抵は「17時には帰宅しろ」「21時には寝ろ」など、およそ成人の子供に言うようなことではないので、「無理だ」となるわけです。

そこで、私たちにとっては「正当な理由」で異議申し立てをするのですが、ほとんどの場合「そんなことあるわけがない」と言われて会話が終わってしまいます。

たとえば、「17時は帰宅しろ」「21時には寝ろ」には、「仕事があるから無理だ」と返すと「仕事でそんなに遅くなるわけがない」と即答されます。一体それって、いつの時代のどこの国の話?


あなたの常識は世間の常識ではない

母がそういう考えになったひとつには、我が家の父親の勤務形態が大いに関係しています。

私の父親は、毎日定時に帰ってきました。残業は年に数回ある程度で、会社も近所にあったため、終業時間の15分後には家にいるような感じ。これって、大抵の人はびっくりしますよね。

最近では、大手を中心に残業を減らす方向に向かっているとはいえ、まだまだ深夜までサービス残業をするような労働環境の人は少なくありません。

しかも、都内に勤める人の多くは、通勤に1時間以上かける人がほとんどです。

父のような労働環境は、非常に恵まれていたもので、決して日本においてはスタンダードではありません。当の父自身ですら、それが「普通」だなんて思ってはいなかったでしょう。

でも母にとっては、「普通」で「当たり前」のことでした。


世間の狭い人ってどんな人?

人にはそれぞれに属性があります。

そこからはみ出さず、自分と同じ感覚や価値観で生きている人とだけ付き合っていると、「世の中には別の価値観を持つ人がいる」という想像力が欠如しがちです。

母は一度も働くことなく結婚して、子育てする間はずっと専業主婦でした。働いたのは、子供の手が離れた40代半ばから10年程パートをしていただけ。

パートをしていた小さなスーパーマーケットだけが、母の知る社会。趣味もなく、友達もほとんどいない母にとって、実家と家庭とお店だけが狭い狭い大切な世界なのです。

そんな母の口癖には、「そんな人いるわけない」「そんなことあるわけない」のふたつがあります。何でも「断定」するのです。


母や周りの人の人生に、それに近いできごとがなかったから、「そんなこと、今まで聞いたことがないから、あるわけがない」と思うのでしょう。


世間が広くなるほどに変化する考え方

さて、私自身のことを言えば、イラストレーターも、イラストレーター同士でつるんでばかりいれば、おのずと視野は狭くなりがちです。

でも幸いなことに、私の活動が、イラストを描くこと以外に多岐にわたっているお陰で、いろんな属性の人と知り合うことが多いのです。

本を書くことで「著者」と呼ばれる人とも知り合います。文芸の作家さんもいれば、ライターさん、研究者の方、ビジネスマンなど。ブログを書いていた頃は、やはりビジネスマンやアフィリエイター、クラフト作家、そしてなぜか占い師の方とよく知り合いました。

正直、ブログをやっていて一番驚いたことは「世の中ってこんなにたくさんの占い師がいて、生計を立てていけてるんだ」ってことかもしれません。

人と知り合い、話を聞くたびに驚く、ということを繰り返していくうちに実感したのは「世の中には本当にいろんな人がいる」ということです。数多くの人と知り合えば知り合う程「世の中には、自分の信じられないような人や物事があるものだ」と思うようになるのです。

だからこそ、自分の狭い世界の中で生きている人ほど、断定しがちだということにも、納得できます。


「世間の狭い人」は主婦や女性だけではない

とはいえ、「世間の狭い人」は何も、「専業主婦」や「女性」に限った話ではありませんし、「年齢」も関係ありません。

問題は、周りに「自分と同じような人」としかいないような人。

学生時代も自分と似た属性の人とつるんだまま社会人になり、ずっと同じ会社に勤めて、社内の人間関係だけで日々が回っているような人は、男性でも女性でも若くても、世間が狭くなりがちです。

周りが皆自分と似た生活レベルで、似た価値観の人ばかりなので、それ以外と触れ合う機会が絶望的に少ないからなんですね。

そういう人は、自分の周りに見えているものが、世界のすべてだと断定しがちです。

というのも、私の元夫がそういうタイプ。彼の口癖も「そんなことあるわけないだろ」でした。

彼は地方の国立大を卒業後、大手企業に就職し、結婚するまでは会社の寮に住んでいました。ほとんどいつも社内の決まった人とだけ話し、取引先やお客さんも、彼と同じような「いい大学を出ていい会社に勤めてる」似た属性の人ばかりでした。


対処法?

長々と書いてきましたが、「世間が狭く、断定しがちな人」と出会ってしまったら、説得は困難だと覚悟した方がよいでしょう。私も二度とも逃げ出したくらいなので、解決方法はわかりません。

もしかすると、少しずついろんな話をして、外堀を埋めて行くことで、自分の世間が狭いことを理解してくれるということはありえます。でも、私の母のように、そもそも人の話をほとんど聞いてない人もいます。

母だって、実生活で出会わなくても、テレビのニュースなどで、東京の通勤ラッシュの映像や、ブラック企業などの実態は見ているはずです。遅く帰宅する夫が登場するドラマなんていくらでもありますし。

でもたぶん、母にとってはそれは遠い世界の出来事で、フィクションなのです。「実際にはそんなことがあるわけない」のでしょう。

他の解決方法を試みるなら、視野を広げるのに一番いいのは読書。それもビジネス書などではなく、できれば文芸作品がいいと思います。

そういえば、母が本を読んでるのなんて、見たことがありません。母の場合は、本を読んだところで「自分とは違う世界のこと」で終わってしまいそうですが。。。


私のマンガなども「母親とは愛情深いモノ」という価値観で凝り固まった人からは「こんなことあるわけない」で終わるのかもしれませんね。

haha_momoe_cover2.jpg


                  



食べたものの記録:8/26(月)〜8/29(木)
今は遠い神戸ライブ。夏の終わりのできごとだったはずなのに、まだ暑い。。。
190826_190827_IMG_8778.JPG190827_190829_IMG_8768.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
塩田千春展:魂がふるえる
2019.6.20(木)〜 10.27(日)会期中無休 森美術館

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/

萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

直木賞に京アニ事件に吉本

2019.07.17 Wednesday 宮田伯父の葬儀で函館へ。
母方の従姉妹とは、普段から交流があり、何度も会っているのだが、父方の従兄姉とは全員始初めて。
190718_IMG_5322.jpg
結婚11年でやっと年賀状の人たちの名前と顔が一致した。
宮田のカメラに興味津々の従姉妹たちと、従姉の孫(超絶かわいい)、義母の朝ごはんなど。
190719_IMG_5396.jpg
回転すしでもうまい。銀鱈の握りって初めて食べた。最高♡

函館滞在中のことは、noteに詳しく書いた。


                  


190719oshima_san1.jpg2019.07.19 Friday
大島さん、直木賞受賞、おめでとうございます!!
私も地元作家として、この本文中にあるNSKに参加している。
おこがましくも、大島さんとも仲良くお話させていただいているのだ。
――大島さんの地元である名古屋の書店さんも盛り上がっていたようですね。
大島 そうそう、大盛り上がり。NSKって呼んでいる集まりがあるんですよ。名古屋書店員懇親会っていって、作家の人たちもたくさん参加していて。そこにも一瞬だけ電話して話せました。
12月のNSKで「今度の新作、なんかすごいの書けちゃったの」とおっしゃってた大島さん。やっぱり、ホントにすごいの書いちゃったんですね♡

                  


noteは相変わらず励ましてくれる。
ついにフォロワーが100人越え。そして、函館滞在中に更新した記事に多くのスキが付いた。ありがたや。
190720_100folower.jpg190722_tug_no1_suki01.jpg
それにしても、本当にいろいろな事件が起こる。
京アニの事件は痛ましすぎる。思わずこんな記事を書いた。
吉本の闇営業の件、社長と副社長の会見はひどく、もう「笑ってはいけない」を見ても笑えない。


                  


190720creator_expo1.jpgコメントが90近くついて、いいねより、コメントの数の方が断然多い!懐かしのクリEXPO。

来て下さった方ほぼ全員の似顔絵を描いて描いて描きまくったのだ。
しかし、残念ながら、ここに描いた方々のほとんどとは未だお仕事に結びついてはいない。。。(笑)もちろんそれがすべてではないけれど、営業というものについて、改めて考えてみる。

ホント私頑張ってたよね。そろそろ、もうこういう頑張り方は、辞めてもいいかな、と思う。
やっぱり作品を描く(書く)ことが営業。もうそういう方向に行っていいころだと思う。


                  


食べたものの記録:6/28(金)〜6/29(土)
すっかり毎日ホットサンドで、久しぶりにフレンチトースト作った。
ゆで卵のホットサンドのド迫力を見よ!
190628_190629_IMG_4928.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/

萩尾望都 ポーの一族展
2019年12月4日(水)〜12月16日(月) 阪急うめだ本店
https://www.asahi.com/event/poeten/




  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

11回目の結婚記念日

190706_6dayssss.jpg結婚して11年経った。

11年というのは一見中途半端なのだが、私にとっては大きな意味を持つ。というのも、前の夫との結婚生活がほぼ11年だったからだ。元夫とは、11年2か月経った頃に、約4か月の話し合いを経て離婚した。つまり11年経つ頃にはすでに離婚話が出ていたのだ。

現状、離婚したいという話は、私からも今のオットからも出ていない。なので恐らく2か月後に離婚することはなさそうだ。つまり私は、いや私とオットは勝ったのだ、以前の結婚生活に。こう書くとひどく無意味なことに勝ち負けを持ち込んでいるように見えるかもしれない。

でも私は特にこの数年は呪いのようにつぶやいていた。あと○年、あと○ヶ月で過去に勝てる、と。今のオットとどれだけ仲良しでも、元夫と過ごした年月の長さにかなわないのが悔しかったけれど、これで大手を振って生きていけるのだ。

今月からnoteをはじめて、いろいろ赤裸々に書いている。数字を知らせてくれるのが結構励みになる。
今までいろいろ綴ってきたこのブログは、今後出来事だけを書く備忘録になると思う。


                  


食べたものの記録:6/18(火)〜6/20(木)
最後の一枚だけ東京。
その前の写真なんてしばらく留守にするのに、生野菜が余ってしまったのでこんなことに(笑)。
190618_190620_IMG_4725.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


                  


◇見に行きたい展覧会メモ◇ →展覧会記録■

◆東京◆
The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project
2019年4月13日[土]〜2019年7月28日[日] 原美術館

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−
2019年6月6日(木)〜2019年8月24日(土) 
特別展 宮内省御用達 川島織物と明治宮殿
2019年4月20日(土)〜2019年6月25日(火)
LIXILギャラリー

ショーン・タンの世界展
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)ちひろ美術館東京
http://www.artkarte.art/shauntan/

原田治 展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝) 世田谷文学館

バスキア展
2019年9月21日(土)〜11月17日(日)森アーツセンターギャラリー

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)東京都現代美術館

みんなのレオ・レオーニ展
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

◆名古屋◆
クリムト展 ウィーンと日本1900
2019年7月23日(火)〜10月14日(月・祝)豊田市美術館
https://klimt2019.jp/

ムーミン展
2019年12月7日〜2020年1月末 松坂屋美術館

サラ・ベルナールの世界展
2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月3日(日)堺 アルフォンス・ミュシャ館
2020年1月頃まで、全国巡回予定。
https://www.sunm.co.jp/sarah/

木梨憲武展 Timing‐瞬間の光り‐
2019年9月13日(金)〜10月20日(日)松坂屋美術館

不思議の国のアリス展
2020年4月18日(土)−6月14日(日)名古屋市内の美術館(未定)
http://www.alice2019-20.jp/

◆大阪◆
ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)
2019年6月15日(土)〜9月1日(日) 神戸ゆかりの美術館

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
2019年9月7日(土)〜10月20日(日)伊丹市立美術館
https://rutbryk.jp/

ショーン・タンの世界展
2019年9月21日(土)〜10月14日(月・祝)美術館「えき」KYOTO
http://www.artkarte.art/shauntan/


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

高岳散歩

190515_IMG_3643.jpg190519_IMG_3671.jpg先日、所用で出かけた際に、高岳で宮田と落ち合い
老舗の喫茶ボンボンでお茶。
ボンボンにはケーキセットなんて無いんだけど、
そもそものケーキがものすごく安い。
手前のミルクレープなんて270円よ。信じられる?
(奥のベリーのチーズケーキも300円くらい)

小ぶりのケーキは優しい甘さで、最近甘いものが
あんまり食べられなくなった私にはちょうどいい。

恥ずかしながら、最近までこの店を知らず
初めてここに来た時は、レディシロウたちと一緒で
ケーキ一個じゃ足りないって、みんな2個ずつ頼んで
6人くらいいて、ずらっとケーキ並べたよなぁ。

まだ私の実家に住んでて、本が出る直前で
懐かしがりつつも、今の仕事の話をする。

宮田はこの近くで物件撮影で、もう一度現場に戻って
暗くなってからの外観を撮りたいというのだが、
18時30分を回っていてもまだまだ明るく
近くの小さなスーパーで買い物して時間をつぶすことに。
これが正解。

めっちゃ安いし、おっちゃんフレンドリーだし。
トマトとパプリカとピーマンとメロンを買ってきた。
パプリカなんて4つくらい入って200円。安っ!!
この辺りは栄から直ぐで都心なんだけど、こんな風に
下町っぽい雰囲気もあるんだなぁ。
よく見ると商店街の名残。ヤバイ。住みたくなった高岳。

宮田はこの日、別件の打合せからの撮影で
忙しいけど、充実した良い顔。
数日後(って今日だけど)には、覚王山スタジオの
新規クラスが始まり、いそいそ出掛けて行った。

私の方は、ちょっとがっくりした出来事が。

3月に、10数年前に描いたイラストの二次使用を求めるメールが届き、請求書を送るだけで数万円だ!やった!!
と喜んでいたら、最近、その業界にとんでもないスキャンダルが起こり、出版自体がペンディングになってしまった。

おそらく割とみんなが知ってる事件で、普通に傍観していたのだけど、まさかこんな風に火の粉がかかるとは。
スキャンダル自体は、本の著者さんには直接関係がないので、出版中止と言う訳ではなく、あくまでも様子見。
早くほとぼりが冷めるとよいなあ。。。。しかし、あぶく銭って身につかないねぇ。


                  


私と宮田は9歳の年の差があるのだけど、ふと「私がもっと年上でも結婚できた?」と聞いてみると
速攻で「もちろん」と返答が返ってきた。

しかし、いろいろ考えてみると、現実はそんなに簡単ではないということを感じる。

38歳の私が29歳の宮田に会ったから、39歳と30歳で結婚できた。これが、38歳と24歳だったら、結婚できただろうか。
宮田はまだ社会人になったばかりで、結婚なんてとても考えられなかっただろう。
私に甲斐性があれば、可能性はなくはなかったかもしれないけどね。

44歳と30歳だったら、もっと相当厳しかったと思う。言うても、彼は大事な一人息子。
もう子供を産める可能性の低い私に、彼の輝かしい未来を奪うことはできないと、さすがに身を引いたと思うわ。
(ううう、なんて可哀想で健気な私(号泣(笑)))

結果として子供は出来なかったけど、まだ可能性のある年齢に結婚するのはやっぱり違うのだ。

やはり物事にはタイミングと言うものがあって、私たちはベストの時期にベストの年齢で出会ったのだと思う。

かといって、子供を産むことありきで、婚活をすることはオススメしない。
矛盾してるようだけど、子供がいなくてもこの人となら一生楽しく過ごせると言う人としか
本当には幸せにはなれないと思うからだ。

#恋愛 #婚活 #結婚


                  


食べたものの記録:5/5(日)〜5/8(水)
GW開けてもまだまだカレー週間。今回は朝食にカレーを食べない日もあったせいか、長持ちしました。
ナン、パスタ、うどんも食べられて満足。
190505_190508_IMG_3470.JPG


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

パワースポット・豊川稲荷のキツネの森〜御朱印一考

190512_IMG_3469.JPG2019.05.12 Sunday
長篠をそこそこに、豊川へ向かう。
豊川稲荷の奥に、知る人ぞ知る
パワースポットがあるというのだ。

途中、なでると願いが叶うという大黒様を
呪文を唱えながらナデナデして、
いざ、「霊狐塚」へ。
(こう書くとちょっとおどろおどろしい)

「ひよこさん、こういうの感じる方?」
と聞かれて、どうなんだっけ?と
自分でもよく分からず。

幽霊などを見たことはないのだけど
何か気がこもった場所に行くと
体調が悪くなったりはする、気がする。

東京在住時、友人で元某局ディレクターの
K氏主催・エスパー小林と巡る
「都内パワースポット巡り」では
踏むと感じる人は何かを感じるという石で、何か感じたんだったよね、確か。
と、数年ぶりに読み返すと、エスパー小林ツアーでは体調がよくなったのね。
でもこの日一番の収穫は、やっぱりKさん(文中のリース作家さん)と出会えたこと。
オットのアトピーの治療のはじめの一番辛かった時に、彼女には本当に救われた。

さて、豊川稲荷のパワースポットでは、急に手の節々が痛くなって、ドキリとした。
気のせい?
でも気持ちは何だか涼やかで、新緑が美しいせいもあってか、クリアで澄み切ったような気持ちになった。

狐塚の後は奥の院へ向かい、願い事がかなうという木の間を抜けて、一瞬だけど願い事を唱える。
一瞬すぎて簡単なことしか唱えられなかったけど、結局それさえ叶えばあとはすべてよし的なことなのだ。

おみくじを引くと、今年一番いい運勢だったので、ますますよいよい。
金色の鯉を見て、何だかありがたい気持ちになり、出口に向かうと、大勢の人が御朱印を受け取っていた。
そこで、まったく御朱印長を持ち歩く習慣がないことに苦笑い。

小腹がすいたので、沿道でお稲荷さんを食す。夕方から用があり、名古屋に戻る。

ここで「御朱印一考」

GW、場所によっては御朱印に10時間の列なんてところもあったそうで(特に令和記念だし)
浅草神社では問題が起きて、三社祭りでの特別御朱印を取りやめたというニュースを帰ってから知り
悲しい気持ちになった。

一億総自慢大会みたいなものなんだろうね。もらった限定御朱印、インスタで自慢するためって人多そう。
メルカリやヤフオクで転売して1万円近くになったり。ホント罰が当たるよ。
事情でどうしても行けない人のために、お土産で描いてきてもらうならアリだけれども
基本的には参拝した記念だから、行ってない人が御朱印だけ入手したってご利益なんてないよ。

それにしても、もう今は、御朱印を並んで集めるような、時間も体力もない。
どう考えても20代の頃の方がたくさん神社仏閣に行っていたのに、惜しいことをしたなと思う。
こんなに流行る前に、集めておけば良かったな、とちょっとだけ後悔。

オットが言うには、敬愛する伊集院氏が御朱印が流行る前に集めてて、もう飽きたので、今は御朱印帳は
スタンプ集め帳になってるそうだ。それもいいよね。ということで、今後スタンプを集めることにした。
ちゃんとノートにしておかないと、チラシとか半券に押すと失くしたり、二度と見なかったりするんだよね。


                  


190508instagram_ns.jpg190509instagram_ns.jpg2019.05.08 Wednesday
GW最大の大事件。って、他に事件ないんかい!
    
結局オットがドライバーでこじ開けて、買ったばかりのフライパンも重宝してる蓋も、この日の夕飯も無事でした。


      


2019.05.09 Thursday
少し前まではひんやりして肌寒かったので、猫が恋しかったですが、
そろそろお互いにあっち行け〜という季節になって参りましたねぇ。


      


人と過ごすときにしみじみ感じるのは、何に重きを置くかということ。
私が一番大切なのは、今日の日を楽しい想い出として残すこと。

大切なのは、会話で相手をやり込めたり、相手より優位に立つ事より、
ただその場を楽しむこと。

本人はマウンティングしてるなんてよもや思ってないけど
結果的にマウンティングしてしまっていることって案外多い。

そして、割とどんな人でも、ついやってしまうもの。(自分自身もね、自戒を込めて)
            
少し前までは、マウンティングって、普段人に褒められたり認められることの少ないような人が、
どうにか認められたくて、自分の知ってることを人に教えたくて、ついやってしまうものだと思ってた。
普段あまり褒められたり、認められたりすることの少ない専業主婦の人って、マウンティングしがちなんだよね。

でもどうやら、そうとばかりも言えないようなのだ。

周りには「先生」と呼ばれる人が多いのだけど、そういう人は自分の専門外のことまで「教えてあげなくては」
と、無駄な使命感に燃えるあまりに、他人の領分にまで踏み込んで「見当違いな助言」をしてしまうことが多々ある。

これすごくタチが悪い。相手は良かれと思って言ってるから、その助言を聞き入れないと怒り出したりする。
いかんせん「見当違い」なのだ。コチラはコチラでその道に精通しているわけで、そういう人間に助言するって、
普通はすごく失礼な話なのだが、「先生」はそのことに気づいていない。

前述の主婦の人みたいに、自分の得意分野について語りたい気持ちはわかるので、それはいいのだよね。
ただ、誰しも専門分野ってあるから、そこに踏み込んではいかんのだと思う。

何がしかの先生であっても、全てをカバーできる訳ではないし、あなたは私の人生の師匠ではない。
むしろ、何かに精通している人ほど、他のことには疎かったりするものなのだ。

最終的には、自分が優位に立って優越感を満たすのが目的、と言うところにマウンティングの罪がある。
何でもかんでも自分が上に立って、相手を言い負かして、それで楽しいか?
そんなことより大事なことってあるはずだよね。


                  


豊川稲荷で引いたおみくじ。
これ私。
このおみくじをひいた人は、自分の必要とする項目をよくお読みください。吉なれば更に幸を増し、たとえ凶なりとも日々努力することによりその身に吉が訪れます。
第三十番 おみくじ 吉

◎運勢 パッと明るく目先が開けて、これから先の見通しが立つ時です。思い残しがないように存分に活躍しましょう。
しかしこういう時は勢いにまかせて行動する傾向が強くでるので、勇み足をしないよう気をつけること。できるだけ柔軟な姿勢をとりましょう。「派手に見えても内容伴わず」とならぬように。

【仕事・交渉・取引】
表面的には好調だが内実はちょっと辛い事情があるのでは。文書、印鑑、契約事のミスのないように。
【愛情・縁談・恋愛】
今は燃え上がってあつい状態だが、「熱しやすく冷めやすい」暗示があるので自戒せよ。見栄をはらぬこと。
【健康・病気・療養】
変化が激しい時なので、いつもの調子を保つよう心がけること。重病の場合は要注意。
【学業・技芸・試験】
一瞬のヒラメキを大切にせよ。肚をすえて当たれば何事も上手く行く。迷うことなく前進すること。

●貝・・・≪良縁成就・夫婦円満≫
貝は気の流れを良くすると言われております。特に二枚貝は他の貝とは合わない事から幸福な結婚の象徴とされております。
こっちが宮田。
第廿四番 おみくじ 吉

◎運勢 ようやく冬が去って春の暖かさと明るさが出てくる運気です。これから徐々に明るい展望が開けてくるでしょう。これまで手控えていた問題はこれから出直してやるとよい。目上の人の助けがあり、全てに新しい可能性がみられます。また一度こわれた話が復活するとか、再挑戦する問題などが出てきそう。

【仕事・交渉・取引】
このあたりで状況は好転してきます。若干時間はかかるが事は有利に運ぶ。短気を起こしては損。
【愛情・縁談・恋愛】
感情が通じ合い良い関係に進展する。以前からあった話が復活したり、昔のよりが戻る場合もある。
【健康・病気・療養】
健康状態は次第に回復していく。病気は治るが逆に古い病が再発する暗示があるので注意すること。
【学業・技芸・試験】
一度つまづいても再挑戦する勇気をもってあたれば希望はかなう。「柳にとびつく蛙」を見習え。

●鳩・・・≪幸福到来・交通安全≫
平和のシンボルとして親しまれております。又、その帰巣本能により無事帰ることから交通安全の御利益があると言われております。
                  


今までのおみくじ
2003年(大吉)2004年(大吉)(船橋大神宮)
2005年・なし(浅草寺)→大吉?
2006年(吉)(船橋大神宮)
2007年(小吉)(浅草寺)
2008年(ひ・大凶→凶→凶→大吉/ゆ・凶→大吉)(1月4日(金)千代保稲荷神社)(1月6日(日)浅草寺)おちょぼさんの大凶
2009年1月4日(日)(ひ・凶→中吉/ゆ・大吉)(深川不動尊)(富岡八幡宮)
2010年(ひ・大吉/ゆ・?)(1月1日(金)函館護国神社)(1月4日(月)深川不動尊・おみくじなし)
2011年1月9日(日)(ひ・大吉)(高尾山薬王院)
2012年1月4日(水)・なし(大須観音)
2013年(ひ・末吉→吉/ゆ・末吉→末小吉→末吉)(1月2日(水)熱田神宮)(1月3日(木)大須観音)
2014年1月1日(水)(ひ・中吉/ゆ・?)(浅間神社)
2014年8月21日(木)(ひ・大吉/ゆ・?)(熊野大社)
2015年・初詣に行っていない→(ひ・大吉?)
2016年1月3日(日)(ひ・中吉/ゆ・大吉)(浅間神社)→2014年とまったく同じ
2017年1月2日(月)(ひ・大吉/ゆ・末吉)(大須観音)
2018年1月2日(火)(ひ・末吉/ゆ・凶)(大須観音)
2018年1月14日(日)(ひ・吉/ゆ・半吉)(熱田神宮)
2019年1月9日(木)(ひ・末吉/ゆ・小吉)(大須観音)
2019年2月16日(土)(ひ・末吉/ゆ・小吉)(浅間神社)
2019年5月12日(日)(ひ&ゆ・吉)(豊川稲荷)


                  


食べたものの記録:4/30(火)〜5/3(金)
外食はしませんが、令和祝いに、美味しいものを家で食しました。なんか肉っぽいよね。幸せ。
190430_190503_OIWV3915.jpg


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

令和になって思うこと。

2019.05.01 Wednesday 「平成最後の日と令和最初の日」
何かこう令和になったからめでたいと言う感じにイマイチピンと来なくて
まったくお祭りごとには乗り切れてないんですが、便乗して今日は昨日安く入手したいい肉をたらふく食べる。
→単に美味しいものを食べる口実が欲しいだけw

昭和生まれだとついつい自分はドップリ昭和な人間だと思いがちだけど、生きて来た年数で言えば
昭和で20年、平成で30年で、平成の方が長いんだよね!
そして、わりと長く生きたなぁと思う私でも、81歳になった時点で、令和が一番長く(31年)なるのねー。
令和が長く続きますように!
まだまだ未来は長い。元気で健康でいようってことで、最近スクワット始めました。

昨夜は牛乳だけ買いにスーパーに行ったら、めちゃくちゃ安くて、ついつい1万2千円(平成最後で大記録)も
買い物してしまった。。。。そんな平成最後の日でした。

平成最後の食事は、前日炊き込みご飯を作り、おかずも多めに作ったのが残っていて、残り物だけで終わった(笑)
見事に「平成最後の〜」を何もしていない。あ、してるんだけど、いちいち気にしないだけか(笑)

令和に変わる瞬間は、23時ごろまでうとうと寝てた私と入れ替わりに宮田はうたた寝。
私は起きて仕事してる間に年を超えてて、慌てて宮田に「明けたよ」と起こして、それから宴会。
そんな令和の始まり。テレビ見て、みんな元気だなぁ、と言いながらビール飲みました。


                  


先月、書店で人文の神様・Sさんと話していて「そういえば、天皇陛下は退位後何て呼ばれるんだろう?」と疑問になり、二人して「院とか呼ばれるんでしょうか」「なんか藤原氏の時代みたい。あのドロドロの(ここハモる)」「院政ですね」などと盛り上がったんですが、「上皇陛下」なんですね。
(このあと実は、摂政の話などでも盛り上がったのだが自粛)
Sさん、お仕事の邪魔してゴメンナサイ。


                  


190501_IMG_3004.jpg平成30年間のうち22年間は結婚していた。ちょうど半分ずつ11年ずつなのに気づく。この先は今の結婚生活の方が長くなるのか、という不思議な感慨。なんか、「勝ったぞ!」と言う感じ(誰に?)
 
    
昔の結婚相手は北関東の農家の三男坊で、家の裏にある山が全部自分ちだった。シイタケの原木もあったし、もちろんタケノコも生えていて、当時皮ごとタケノコを大量にもらって初めて作ったタケノコご飯の美味しさが忘れられず、でも何となく気が引けて作れずにいたのだが、20年ぶりに作ってみた。(ちなみに最近は炊き込みご飯がマイブーム)
    
すっかり忘れていた。皮を剥いていくと、どんどん無くなって行く。。。あれ?あれれ??本当は皮ごとゆでないとあかんかったんだね。しかし、野生のカンでなんとか食べられるところは残し、薄味でゆでる。
    
そうそう「薄く切って、薄味でゆでて冷凍しておけば、いろいろ使えていいんだよ」と義母に教わったのはちゃんと覚えているのだ。義母はとても優しい人だった。
   
狭い日本でも、北関東と名古屋では食文化が違っているのか?家庭の違いか?食べたことない野菜をいろいろ食べさせてもらったり、それまで食べられなかったものが食べられるようになったりした。
   
今の相手は、ご存じ(笑)道産子で、これまた初めて食べるような魚が大量に送られてきて「これどうやって食べるの〜?」と義母に聞きながら格闘する。こうやって嫁はたくましくなって行くのだ。ちなみにこの義母は世界一面白い人だ。
  
遠いところの人と家族になるというのは、新しい世界が開けるということだ。私はいくつになっても、そこにとどまっていたくない、新しい世界を見たいタイプなので、きっとちょうどよかったんだねぇ。


                  


4/18(木)〜4/20(土)
この冬最後のワタリガニのパスタ。作ろうと思うと、白ワインを(飲んでしまって)切らしていたり
食べるの面倒だな、なんて思ったりしたけど、最後に作ったら、やっぱりおいしかった。
シュークリームの気になるひよこは「ヨッシースタンプ」というらしい。
飲む果実のメロンミックス(新商品)がうますぎて感動。そして黒ヱビスもうんまい。
190418_190420_IMG_2661.JPG190418_IMG_2433.jpg
イエローモンキーはヘビロテの成果があって、ようやく覚えてきた。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

映画「TIME」

peonies-3468740_960_720.jpgpeonies-3468739_960_720.jpgpeonies-3468738_960_720.jpgnature-3333232_960_720.jpgnoel-online-gift-shop-3294764_960_720.jpgpeonies-3454364_960_720.jpgrhododendron-1189157_960_720.jpgrhododendrons-3433342_960_720.jpgrhododendron-3415305_960_720.jpgnature-3416194_960_720.jpgrhododendron-3393787_960_720.jpgrhododendron-3864578_960_720.jpgazalea-1436344_960_720.jpgrhododendron-3347525_960_720.jpgrhododendron-3375100_960_720.jpgrhododendron-3413992_960_720.jpgazalea-3397406_960_720.jpgrhododendron-3388797_960_720.jpgpeony-3419225_960_720.jpgpeonies-2044874_960_720.jpgpeonies-3455751_960_720.jpg世の中はすっかりGWなのですが、天気はイマイチだし
停電で上越新幹線止まったり、未来の天皇になるかもしれない少年の
学校の席に刃物が置かれていたり、なかなか波乱含み。

天皇さまと皇后さまの最後のご公務に涙し、女子陸上の小出監督の死に
涙する私たちは、ホント庶民だわぁと思う。

さて、平成も終わろうとしている訳ですが、超個人的な感慨は、
私ってば、平成の間に、2回結婚したなぁ、ということ。

平成の30年間のうち22年間は結婚していた。
7月に11年経って、前の結婚生活とほぼ同じになる。

二度の結婚生活と通じて思うのは、たびたび書いてるけど
「楽なことと幸せは違う」ということ。
それを実感する映画を見た。

GWと言っても全く平常通りの私たち。休むなら平日の方がいいしね。
唯一のレジャーが映画なのだ。
アンドリュー・ニコル監督の「TIME」(2011年米)
この監督の作品は、まだ東京に住んでた頃に「ガタカ」を見たことがある。
「ガタカ」(1997)ってデビュー作だったのに驚き。

(ここから先はネタバレあり)

「ガタカ」は「SF映画の中で、科学者が実際にありえそうだと思う未来」
と絶賛したらしいディストピアもの。
子供を作る時に、遺伝子操作で優秀な遺伝子のみを受け継いだ
「適正者」だけがエリート街道を生き、自然受精で生まれた
「不適正者」は社会の落ちこぼれとして職業すら選べない。

本来、遺伝子操作をすることで、重篤な遺伝的疾患を排除できるなど、
良い面で活用されるべきなのに、
いちばんいけない方向に、人類はひた走ってしまうのだ。

でも、優生保護の行きつく先って、結局ここなんじゃないかって思う。

「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」
−−病気や障害をもつ子どもが生まれてこないようにする

それ自体も人権上はグレーなんだろうけれど
でも、できれば障害はない方が良いし、重病をもって生まれてくる子を、
少しでも減らしたいという想いは、誰しもあると思う。

最初は本当に、明らかな障害や重い病を防ごうとしていたとしても、
もっともっとってなってしまうんだと思う。

最初は五体満足で元気な子でさえあればよいと思っていても、
叶えられるとなれば、欲が出てしまう。もっと優秀な子を、
もっと美しく能力の高い子をと、望み始めたらキリがない。

とここまでは「ガタカ」の話。

「TIME」はといえば、やはり、人間の英知が間違った方向へ
行ってしまったディストピアもので変わりはない。
ブレない、さすが。

「TIME」の世界では、不老不死が実現した社会が描かれる。
人は25歳で成長が止まり、年をとらない。
けれど、そこから先は、腕に表示された時計が人生の残り時間となる。

富裕層は腕に1000年もの時が刻まれ、スラムに住む貧困層民は、
毎日本当に「その日暮らし」を強いられる。
働いても明日生きる時間を得られるのがやっと。
もし物価が急に上がったり、働けなくなり、腕の時計が0になれば、
どんなに健康でも元気でも死んでしまう。

スラムに住む主人公はある日、腕に100年の時間を持つ資産家を、
時間を奪うギャングの手から救う。
腕に全財産見せびらかして移動してるようなもんだから、
簡単に狙われてしまうのだ。
ちなみに、腕を組んだ時に上になった方の手に時間は流れ、
簡単に盗んだり与えたりすることが出来る。

25歳で成長が止まってしまうため、映画に老人が登場しない。
子供か若者だけなのだ。
資産家も青年にしか見えないが、実際は150歳だという。

主人公は彼からこの世の仕組みを聞く。
寿命のコントロールは一部の富裕層のために行われ、
彼らを生かすために貧困層は搾取されるのだ。

主人公は、死にたがっていた資産家から、寝ている間に時間を譲られ、
資産家は目の前で死んでしまう。
大金(時間)を手に入れた主人公は母親をバス停で待つが、
その日、母はバス代が払えず、バスに乗れなかった。

前日までバス代は「1時間」だったのが、倍の「2時間」になり、
母は朝、主人公に30分譲っていたので
残り時間が「1時間半」しかなかったのだ。
家の最寄りまで歩いて2時間かかるのに!

母は必死に走って何とか主人公の待つバス停近くまでたどり着く。
走ってきた主人公とお互い呼び合いながら駆け寄る。
けれど、あと一歩のところで母の時計は0になってしまう。
息子の手には100年あるというのに!

母は50歳という設定だけど、主人公の恋人にしか見えないほど若々しい。
それでもあっけなく死んでしまう。
こんな理不尽な世界ってあるだろうか。。。

復讐を誓った主人公は、今いるスラムを抜けて、富裕層の住むエリアへと
移動する。移動するだけで半年とか1年くらいの時間を要求されるので、
貧民は絶対に移動なんてできないのだ。

エリア12からエリア4へ移動。そこで知り合った世界的な大富豪の令嬢と
良い感じになる。

富裕層の街では、誰も走ったり焦ったりしていない。
貧困層の街では、命がかかってるからみんな走ってる。
だからつい急いで行動してしまう主人公は、
富裕層の街でも目立ってしまう。
いつも二人のSPに守られてる令嬢は、そんな彼に、何かを感じ取るのだ。

カジノで大富豪に勝ち、1000時間を手に入れる主人公。
彼は令嬢の父であることがわかり、気に入られ、パーティーに呼ばれる。
そこで三人の美女を紹介されるが、ひとりは令嬢で、残りはその母と祖母。
当たり前だよね、みんな25歳で止まってるんだから!
しかしややこしい。。。

エリア12から、タイムキーパーと呼ばれる警察組織が、
主人公を時間をくれた資産家の殺害容疑で追いかけてくる。

主人公は令嬢を連れて逃げる。
最初は自分も殺されると思って警戒する令嬢とも、やがて打ち解け、
愛し合うようになる。

2人はタイムキーパーから逃げながら、エリア12に戻り、
令嬢の父の銀行の金庫を破って街の人に富を分配する。
指名手配され、タイムキーパーと彼らの大金(時間)を狙うギャングから
逃げながら、彼らはさらに闘う。

最後は令嬢の父の金庫から「1000万年」(?)という
天文学的な時間を盗み出す。
令嬢は父親に、以前の生活は死んでるようなものだった、と言い放つ。
常にSPに護衛と言う名の監視されてるだけの生活、
生きてるとは言えないよね。

本当にそう。
絶対死なないとわかってる生活の一体何が楽しい?

死ぬかもしれないと思うから、上手くいかないかもしれないと思うから
だから無事がうれしいし、うまく行った時にうれしいのだ。

ラストはエリアの大移動が始まり、エリア12から順に
消滅して行っていることが描かれ、システムの崩壊が示唆される。
しかしまだ、主人公たちはさらに強盗を続ける。

まさに「Time is Money」そして、まるで近未来の「ボニー&クライド」。
タイトルバックのオシャレさもガタカと彷彿とさせて、カッコイイ。
車なんかは先端な感じなんだけど、未来なのか何なのか分からない
不思議な世界観。
もう少し深く突っ込んで歩光った部分があるのは否めないけど、
でも面白かった。

評価は分かれる映画かも。


それにしても、この監督の作品は要チェックだ。
現代社会に潜む危険を暴き出してくれる。
最新作「ANON」(2018年)も
「ドローン・オブ・ウォー」(2015年)も見なくては。

そうそう、主人公のウィル・サラスを演じるジャスティン・
ティンバーレイクが、カミナリのまなぶに見えて仕方がなかった。
髪型のせいだろうけど!



        


このところ、仕事で花のことを調べていて、前回のアヤメもそうだけど
一番最後に調べたのが「シャクナゲ」について。
「シャクナゲ」ってツツジの仲間なんだけど、区別つく?
んでもこれって、日本独自の主に園芸上の分類で、学術的には、ツツジも
サツキもシャクナゲもみんなツツジ属(Rhododendron)なんだって。

そして驚いたのは、世の中の人って「シャクナゲ」と「シャクヤク」の
区別がつかないらしい。名前が似てるだけで混同してるよね、絶対(笑)
信じられないのは、八重のツバキもシャクナゲと間違うんだー。。。。
まぁ、興味ない人はそんなもんだ。

シャクヤクは前回書いたけど、ボタンの仲間で、茎頂に一輪だけ大きな
花を咲かせる。ツツジに似た花を複数固まって咲かせるのがシャクナゲ。

左の写真、シャクヤク(ボタン)とシャクナゲが混じってるんだけど、どれがどっちってわかるかしら?

正解は、上から三枚がシャクヤクかボタン(葉がないから不明)。次三枚と一番下(縦位置)がシャクヤク。
横位置の下二枚は、シャクヤクかボタン(葉がないからやっぱり不明(笑))。


                  


4/13(土)〜4/17(水)
記録のためには、写真だけじゃなくてメニューも文字で残した方がいいかも、と思ったが
数週間も経ってみれば「頑張って作ったねー」と思うだけで、もはや何を作ったのか覚えてない。
大体ほぼほぼ「名もなき料理」だしねぇ。
190413_190416_IMG_2659.JPG190416_190417_IMG_2660.JPG
4年くらい前にプレモルを飲んでからビール好きになったんだけど、そこから加速度的にビールラブになって行き
そうなると、だんだんプレモルや一番搾りが物足りなくなって来る。
やっぱアサヒうまいよね、とか。今回の黒ビールも、プレモルよりヱビスの方が好きかも。


                  


2015年10月発売の実話エッセイ。アトピーって痒いだけの病気じゃないんです。

アトピーの夫と暮らしています



←感想・お問い合わせ・執筆やイベントなどのご依頼はこちらからどうぞ

151027fbpage_atopi.jpg『アトピーの夫と暮らしています』FBページです。



#「アトピーの夫と暮らしています」の感想


リンク「アトピーの夫と暮らしています」
読書メーター


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/8 >>