吉井和哉 Kazuya Yoshii Beginning & The End @Zepp Nagoya(12/25)

先日、取材を受けた記事が掲載された中日新聞さまの件、さっそくこんな反応がありました。


かなり重度のアトピーで、職場の上司に理解されず悩んでおられたそうなのですが
上司が中日新聞の記事を読んで、理解を示してくれるようになったそうで!
改めて、新聞の力を感じました。うれしい報告でした。
こんな風にアトピーに関して理解が深まる様、もっともっと頑張って行きたいです。


                  


さて、クリスマスの日の想い出について書きます!

うふふ。Zepp Nagoyaでの吉井和哉ライブに行っていました!!
もう最高です!

当日25日は、38年ぶりの満月だったそうで。満月パワー頂きました!
チケットの番号が1111番と1112番。
うっかりのんびり、道に迷って行ったら(チャリで行ったんです。。。)、到着時にはすでに1300番台でした!
でもまぁ、吉井さんの顔も表情まで、はっきり見られたので満足です。
スゴイ後ろの方だったけど、みんな押したりしないで、紳士的に見てるのに驚き。
若い子のライブとは違うからかなぁ。。。

会場では、最近出た二枚目のカバーアルバムが売っていて、今回もカバー歌うのかな、と思っていたら
去年、カバーいっぱい歌ったら、めっちゃクレーム?が来たそうで、何度もちーさまの「長い夜」をアカペラで歌いかけては
「歌わねーもんね」と言って楽しんでいました。

ライブの吉井さんの選曲に関しては、やっぱみんなファンも言いたいことあるのね。
今回は、ファンの選んだベストからと言うことでしたが、半分しか言うこと聞かなかったんだって。
絶対「馬」歌うよ?と言っていたら、やっぱり歌った。
何なんだろうね。馬は、皆勤賞だよ。毎回聴いてるよ。
あと「おにぎり」も歌った。

吉井さんの曲、タイトルが英語で短かったりすると、全然覚えられなくて
いつも「馬」「おにぎり」「アリスなんて勝手に呼んでるよ。
それぞれどの曲かわかるかな?

そして今回も、ビューティホーは歌ってくれなかったよ。ぐすん。
でも好きな曲もいっぱい歌ってくれて
「(Everybody is)Like a Starlight」「Blown Up Children」なんかもいいよねぇ。
最後の最後に期待した中で始まった「MY FOOLISH HEART」も、いい曲だと改めて再認識したし。

そして何より、名古屋だけのスペシャルゲストとして、エマちゃんが登場!
大好きな
「HEARTS」
「ロマンティックあげるよ」(吉井和哉 With 菊地英昭)
「FINAL COUNTDOWN」(吉井和哉 With 菊地英昭)
「血潮」
の流れは最高!
エマちゃんが参加した2曲は、何とギター3人と言う豪華さ!そしてギタリストみんな仲良くて(みんな同じ髪型で(笑))
楽しそうに弾いてて、見ててほっこりした。
「血潮」は原曲はフラメンコギターだけど、上手くアレンジしてて、すごくよかった。そして「HEARTS」全部歌える自分に驚き。

帰り道、行きに迷った末についたというのに、あっけなく帰路についてビックリと言うかがっかりというか。
でも、道に迷わなければ、通ることのなかった道を通れたし、いろいろ面白かったので良しとしよう。

あーそれにしても、クリスマスにZeppで吉井さん見られて、エマちゃんも来てくれるなんて、こんなことってあるのね!
吉井さんも言ってたけど、くじ運の悪い名古屋、というか、大都市の割に不遇な街と言うかね。。。
クリスマスにここを選んでくれてありがとうと吉井さんは言ってたけど、それはこちらのセリフ。
クリスマスに名古屋を選んでくれてありがとう!でしたわよー

最近ホント、名古屋に住んでてよかった、と思うこと増えたなぁ。。。


「馬」=「BLACK COCK'S HORSE」「おにぎり」=「I WANT YOU I NEED YOU」「アリス」=「You Can Believe」

ところで、今回改めて今までのライブのセトリ見てたら、今までで一番良く聴いたのって
「FINAL COUNTDOWN」のような気がする―。ま、年末が多いから仕方がないよね。
あと、メンバー紹介の定番っぽくなってきたからね。

セットリストは続きから。


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

やっとかめ文化祭「お座敷ライブ」

穏やかな天候に恵まれた11/1(日)
芸どころ名古屋のやっとかめ文化祭の演目
名古屋随一の繁華街・栄の歴史ある料亭「つたも」さんでの
華房流二代目家元・華房小真さんのお座敷ライブを見てきました。

すっごく楽しかった!
「美しすぎる家元」と呼ばれる彼女だけあって、美しく艶っぽい声は本当に素晴らしく
当然ですが、本当にこれは芸術だと感じました。

そして「しゃべらなければ、美しすぎる家元」とも言われる彼女・・・・
期待を裏切らず、お座敷ソングや都々逸の説明も楽しくて!
大盛り上がりとなりました!
151103_MG_9805web.jpg
(写真撮影:宮田雄平

途中、かっぽれも登場。
集合写真、小真さんの隣のお着物の男性は、司会の宮田大樹さん。
名古屋では大人気の「おもてなし武将隊」の初代秀吉をされていた方です。
(写真はオットの宮田雄平。そんなわけで、私の本名も宮田。ミヤタ繋がりです♪)
黄色い法被姿は、やっとかめ文化祭の縁の下の力持ち、やっとかめ大使のみなさん。
私も去年は、この法被姿で、大活躍!していたんですよ。何だか懐かしい!

お料理もとっても美味しかった!
お刺身一つとっても、普段食べているモノとは全然違う!鯛がプリップリで!
そしてワタクシ、珍しく帽子をかぶっていないショット。

最後に、貴重なスリーショット。
151101yattokame_MG_9883.jpg



  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

吉井和哉 YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015@フェスティバルホール(大阪)

150703_IMG_9305.jpg150703_IMG_9304.jpg150703_IMG_9309.jpgさて、翌7/3(金)は、体調不良のまま大阪へ移動。宣言通り、吉井さんのスターライトツアー二度目の参戦。(7/14(火)3枚写真追加。オットiPhoneで撮影分)

大阪に着くとすぐにホテルにチェックイン。オットは仕事の続きを始め、私は寝てました。食べ物も、どうしても受け付けないので、東京駅でおにぎり購入。初日のまさかの新幹線炎上事件で、東京で美味しいピッツァを食べる予定が、車内でおにぎりになり、ケチがついたのか、この旅行中に食べた米はすべておにぎりと言う。。。そしてお店できちんと食べたモノはすべて居酒屋メニューか麺類(あ、トルコ料理もか)。そんなわけで、東京駅で買ったおにぎりで朝昼兼用を済まし、新幹線では爆睡して、今度は何ごともなく大阪到着。

彼はここ3日くらいずっと睡眠2時間くらいで、疲労の極致にいたはずなので、私が色々動かなくてはならなかったのに、情けないことに、胃が燃えるように気持ち悪くて、もうこのままではライブも危ういのでは、と言う感じでした。

んなわけで、彼がコンビニや薬局に走って、あったかい豚汁や焼うどんや薬など調達して来てくれました。それにしても、よく頑張ってくれたのだわ。ありがたいわ。こういうときは、持つべきものは「若いオット」だわ、と思うのでした。せっかくの旅行中、ほとんど仕事ばかりしていた彼はかわいそうでしたが、仕事が集中してテンパった時にも、ここまで頑張れる、ここまで体力が続くということがわかったという意味で、実りある時間だったのではないでしょうか。

なかなかね、納期を自分でコントロールするのは難しいですけどね。よっぽど大物になればよいですけど、私ら、しがない下請けですから(笑)。私も今回、ひやひやでしたが、東京滞在中に、先週納品したイラストが、修正ナシで印刷に回ったとの連絡が届き、ホッと胸をなでおろしたのでした。私の場合は、そもそもの納品日が6月前半で、先方都合で大幅に遅れてしまったのもあり、東京では仕事は出来ないと伝えてありましたが、念のためデータは持って行っていました。ただ、スキャナもペンタブもないので、家でするのとはやっぱり精度が違ってくるんですよね。それに彼がずっとPC使っていたので、私まで仕事するのは、まぁ無理だったなぁ、ホントよかったよかった、でした。


       


夕方になって、落ち着いたので、ゆるゆると会場へ向かいました。ホテルは南森町で、何とか歩いていけそうだったので、外の風に当たりながら、ゆっくり歩いて到着。フェスティバルホールと言えば、東の武道館、西のフェスティバルホールと並び称される殿堂で、その音響の素晴らしさから、特にここを愛するミュージシャンが多いというのを知り、ぜひ行ってみたいと思ったので、行けてとっても嬉しかったです。まだ新しいので建物も美しく、それでいて、以前の建物の重厚さを受け継いだエントランスのシャンデリアや豪華な階段ホールなど、素晴らしい。会場まで長い長いエスカレーターを登るのも初めてで大コーフン。年配の方にも優しい配慮ですね。

会場内の赤いシートも素敵。浮かぶようなカップルシート(桟敷席?)はどんな時に使用されるんでしょうか。あそこに座ってみたい〜。体調の方は、どちらかと言うと腰が痛くて、ライブの間は、たまに座ったりもしていましたが、二階席の二列目で、前の人も割と座っていたので、座りやすく、何とか最後まで乗り切れました。すっごくよく見えたし!顔の表情まで見えるって、最高!いいわ、フェスティバルホール!先行の最後の予約だったのに、よくこんないい席取れました!オットよ、ありがとう!!(今回いつの間にかオットが取っていた)


              


吉井和哉 YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015 セットリスト
15/7/3 (金) 19:00 フェスティバルホール (大阪府)

1 MUDDY WATER
2 人それぞれのマイウェイ
3 I Love you Baby
4 ビルマニア
5 紅くて咲こうとした恋の
6 TOKYO NORTH SIDE
7 Hattrick'n
8 迷信トゥゲザー
9 STRONGER
10 審美眼ブギ
11 Route69
12 MUSIC
13 点描のしくみ
14 Step Up Rock
15 クリア
16 You Can Believe
17 パール
18 (Everybody is)Like a Starlight

アンコール
19 WINNER
20 VS
21 LOVE COMMUNICATION
22 FINAL COUNTDOWN
23 ボンボヤージ


              


はてさて、この時期の吉井ライブと言えば、気になるのは、真鍋との結婚について、吉井さんがどう話すのか、でした。私ももうそれが聞きたくて、もう這いつくばるように行ったようなもんですが(大げさ)、序盤から「おめでとう」コールで湧き上がる場内にはものともせず、まったくの平常心の吉井さん。結婚のけの字も言うことなく、でも最後に、ピースマークだけして、颯爽と去って行きました。やっぱさ、ロックスターは人前でデレデレしちゃいかんだろって言う、吉井さんの美学なんすかね?ま、とにかく、カッコよすぎるぜ!


              


クリスマスのzepp!!超行きたいっっ!!
150703_IMG_9177.jpg150710blogram1.jpg150710blogram2.jpg
blogramというブログ分析から、定期的にメールが届くのですが、久しぶりに見てみたら(このブログではなく、コチラですが)、戸田恵子さんで1位になっていました!戸田さんネタをガリガリ描いていたのも、もう一年くらい前ですけどね。ずっと以前は吉井和哉で結構上位になることが多かったのに、今は吉井のよの字もありません。たまには書かないとね。


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

hideさんがもし生きていたら。。。

0.jpg20080925_379732.jpgB4qdpsZCAAEC2T8.jpg
長いことブログを書いてきているけど、hideさんのことを描くのは初めて。ファンの方々からすれば、何を今更って感じですが、2015年今現在も、彼の音楽が新たなファンを獲得しているという事実に敬意を払いつつ書きます。

1998年に33歳でhideさんが亡くなって17年になる。バンドブームの頃、高校生だった私は、BOOWYの解散と共に自分もバンドブームを卒業して、ドリカムなどの保守的な音楽を好むようになって、生活全ても保守方向へと進んで行った。なので、ポストBOOWYの音楽はほとんど聴いていない。ただ、BOOWY解散後、布袋さんの1st『GUITARHYTHM』を初めて聴いた時の衝撃は忘れられない。ありきたりな表現だけど、魂が震えるような高揚感を感じた。そんな気持ちは、初めてBOOWYを聴いた時すら感じなかった。次にそう感じた、いや年取って感覚鈍くなったのにそれ以上の衝撃を受けたのは、イエローモンキーの音楽に本格的に触れた時なんだけど。

90年代は私的に、とっても保守的に生きた時代だったので、きっとこの音楽好きになるな、はまるな、と思う楽曲からは、逆にあえて離れようとしていたところがあった。そうでないと、自分の生活が根底から崩れそうな恐怖感があったのかもしれない。イエローモンキーは、「BURN」や「LOVE LOVE SHOW」を聴きながら「ああ絶対好きだわ、この人たち」って思っていたし、ユニコーンや黒夢ももう少し若かったら、はまっていただろうなーと思いながら暮らしていた。音楽的には決して詳しくないので、偉そうには語れないけど、自分の好みに一定の方向性があるのはよくわかる。

そんなわけで、こう言った音楽からは距離を置いていたので、実はhideさんのことも、亡くなった報道まで、存在を知らなかったのだった。けれど、あの頃「ピンクスパイダー」のPVが繰り返し繰り返し流れて、29歳だった私は「ああ絶対好きな世界観だ」と思った。だからこそ、近づけずにいた。(周りに同じ音楽を聴く人が居なかったせいもあると思う。30代になってタガが外れたのは、会社の同僚にロックファンの子がいたり、ネットの仲間が出来たことが大きかった)

昨日、仕事をしながら吉井さんの動画をYoutubeで流していたら、今って類似の動画をどんどん流してくれるんだけど、それがなぜかいつのまにかhideさんの動画に切り替わっていて、あれ?と思いながら見ていたら、やっぱりすごくよくて。隣で聴いていたオットもいいよねって。オットとは音楽とファッションの感覚が9割がた合うので、彼がいいと勧めてくれるものは大抵はまる。とにかくカッコイイ!!今聴いても全然古くないもんね。私は音楽的に詳しくないので、見当違いなことを言ってるのかもしれないけど、布袋さんの音楽聴いてる時に近い感じがした(そっくりとかパクリと言うことではなく、方向性が近い感じ)。確信した。私は絶対はまってた。生きてる頃に出会ってたら、ビジュアル的には華のある分、hideさんに魂持って行かれてたと思う。

それにしても、こんなにPVが魅力的な人、こんなにジャージ姿がチャーミングな人っているだろうか。骨格が華奢で、何とも言えない魅力がある。オット曰く「決してオカマちゃんじゃない、中世的な魅力」うん、そうだね。50歳になったhideさんは、どんなイカしたおじさんロッカーになっていただろう。それを想像することしか出来ないのは、本当に本当に残念なことだ。。。

bk_a88f05b6c963e145a45b58c47cd42a41_d0hNS3.jpghide.jpeghide.jpghide_09.jpghide6.jpghide109.jpghide-green.jpg
彼の死について、ファンでもない私が無責任には言えないけれど、創作って本当に孤独なもので、人と言うのは他者の承認なしには生きられないものであるということは、確かなことだと思う。吉井さんもバンド解散後、ソロ活動の最初の数年は「派手な格好をしたロッカーであることを放棄した」時期があった。バンドで話し合いながら「これいいよね」って承認し合いながら、音楽を作っていた人が、たった一人ですべてを作り上げなくてはならないとなった時、その重圧に負けそうになるのは、わからないでもない。

「これでいいんだ」って自分で思えるところまで、自分を持って行くのが、本当に大変なのだ。受けた仕事をこなす商業イラストでも、自分が何をしたいのかを明確に打ち出さねば、自分の欲しい仕事をとりに行くことは難しいから、女性向けなら女性に向けた、子供向けなら子供用のタッチで、まずは見せることは必要だけれども、音楽ってその比じゃない。まずは作り上げた音楽が全てだから。そして、絵や写真と違って、音楽や小説って、どこか「天から降りてくるもの」ってところがあるから、できない時の辛さって半端ないと思う。だからこそ、薬に依存するのは、圧倒的に音楽やる人なんだろうな、と推測する。思わず現実逃避したくなるほど、音楽で食べていくってのは、過酷なことなんだろう。

まさにロック!10年前に解散したバンド THE YELLOW MONKEY が今見てもかっこいい
150627lovin9449.jpg
そうか、吉井さんも女子的なルックスだったのか。でかいけどね。


       


最近、あまり帽子をかぶらなくなったり、鳥より猫が好きになったり、自分の中の変化が少し怖くなって、久しぶりに「バラ色の帽子」のサイトを見たら、やっぱり気分が上がった。ああやっぱり好きだ。好きなものってそんなには変わらない。それにしても思うのは、好きなものを好きと言える環境で生きるのが幸せってことだね。

86679430_a1.jpg

k-img_pailled'or_01.jpg"Paille d'or" (パイユドール)
150-0001 渋谷区神宮前6-6-5 和光ビル1F
TEL・FAX : 03-3498-8005 / Open12:00 Close20:00
pailled'or_map.gif


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

吉井和哉 YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015@NHKホール

そんなわけで、上京しておりましたが、ちょうどよい塩梅に、日程が吉井ライブと重なったので、参戦してきました@NHKホール。吉井さんが、ムリなく自然な感じで楽しそうに歌っていたのが印象的で。もう50近くになって「これからも新しい吉井和哉の顔を楽しみにしていてください」と言えるってすごいなーと。本人もきっと幸せだろうなって思ったのでした。それって、自分で築き上げてきた実績が言わせてるんだよね。『クリア』久々にシングルで名曲だって思った。『Beautiful』以来のね。こう言う曲をまだ作れる、それって自信につながってるんだろうね。

ph_goods_images_hunger_funk.png→これちょっと欲しかったかも。
8. ハンガーB 【ヨシー・ファンクJr. ver.】 1,200円(税込) 
“あ・な・た”の洋服を『ヨシー・ファンクJr.』が着ちゃいます♥色んな洋服を着せてあげてください!! →ちょっとキモイ。。。

続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

クリア/吉井和哉

150518clear.jpgこのクリアって曲はスルメ式に味わいのある曲である。聴けば聴くほど、どんどん心に沁みて行く。特に好きなフレーズは「愛が終わりのない青空に吸い込まれた」というところ。終わりのない青空に吸い込まれた愛には、やっぱり終わりがない。

若いころイエローモンキーではドロドロした恋愛模様や「恋」を歌ってきた吉井さんもやがて五十路を目前にして、大きな愛を歌うようになったのだよね。「イエローモンキー」を卒業する時に歌った「プライマル。」と世界観は同じ「卒業」だけれど、スケールの大きさが全然違うし、洗練度も違う。プライマル。では「愛とか強調すると顔が変になるよ では内緒あなたよりも好きな人が他にいるから」何て歌ってるわけで。若い。2001年だもんね。

カップリングの「ボンボヤージ」はご存知フランス語で「よい旅を!」とかそんな意味の言葉。フォークソングっぽい曲調と切ない歌詞がグッとくるこれもまた名曲。今回吉井さんは、長く在籍した東芝EMIを卒業して、古巣・コロムビアTriadレーベルに戻り、新たな旅立ちをする。たぶんもうレコード会社がどこでも、自分は関係ないって思ってるから、そしてビッグになって、最初に世話になった会社に恩返しをしたいって、そんな感じなのかなぁなんて勝手に想像している。

50近くになっての新たな旅立ち、いつまでも応援したい。

続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

着々と〜マイベスト・吉井和哉〜

130123sweets.jpg2013.01.23 Wednesday 着々と。
今日もいよいよ描くことがなくて、これだ(笑)
んで、ついに申込書が届くー。ドキドキ。

2月には、彼のほうも平日フリーになるというので
Tさん主宰のパーティーに合わせて上京しようと思っていたが
結局、試験が2/24にあるというので(正確には22日とか)
私が一人で上京することになりそうだ。

ていうか、そうこうするうちに、お一人の方と21日に
お会いする予定が決まったー。早くチケット取らにゃあ。

昨日、22日にK氏と会うことに決まったので最終日が土曜日に。
ってことは、展示とか見て楽しむしかないよねー。むふ(喜)。
それと、今回は誰かとランチとかもしようかな―。

Takさんのblog見てイロイロ悩む。

森と湖の国 フィンランド・デザイン サントリー美術館(1/20まで)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2012_06/index.html
コレ行きたかった―とか思って、評判をググってたら

全然別のイベントで、こんなのがあった!こっちのほうが行きたいっ。神戸―。
フィンランドのくらしとデザイン -ムーミンが住む森の生活展 公式サイト
http://www.finland-design.com/
兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1301/index.html
東京の方はコレ行こうかな。
会田誠展:天才でごめんなさい 森美術館
http://www.mori.art.museum/contents/aidamakoto_main/
チョコレート展 国立科学博物館
http://event.yomiuri.co.jp/chocolate/
新井淳一の布 伝統と創生|東京オペラシティアートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/exh148/

「着物でお帽子」のブログデザインを変えた。
なんかもう全然「着物でお帽子」じゃないんだけど、でも別にイラストブログで
こういうタイトルでもいいじゃんね?ってことで、そのまま行くことに。
130123blog_skin_kimono01.jpg130123blog_skin_kimono02.jpg
"Le chapeau pour (un) kimono"というのは「着物のための帽子」という意味。
でも下の「kimono de oboushi(着物でお帽子)」というのが
すでにおフランス語っぽいw

あと、FBのほうも、メインの画像が真ん中に来るように変更。
130123fb_cover01.jpg130123fb_cover02.jpg

IMG_2484.JPG130123acsess_log1.jpg
今朝は母が美容院に行っていたので、二人ともシャキーンと起きて、フレンチトースト作って食べちゃった。うまうま♡

ところで、このブログ、簡単なアクセスログがついてる。
どうせ全然誰も見てないと思って、お気軽にいろいろ書いてたら、本日、おっそろしい結果に!がーん。
すみません、何の役にも立たないブログなのでしたー。(最終的に104まで行った)

それから、HPのGalleryを、最初Wordpressにしようかと思ったのだけど、やっぱり慣れたsbがいいかな―と思いなおし
テンプレを探してみたら、ちょうどいいのが見つかった。試しにこのブログに仕込んでみたらこんな感じ。
130123new_gallery_templete1.jpg


                  


130124tomato.jpgIMG_2558.JPGIMG_2559.JPGIMG_2560.JPG2013.01.24 Thursday トマト王国の王女様。

いつもの用紙を切らしてしまい、今日からはこの段ボールみたいな色の紙なのだ。
せっかくなので、いろんな条件でいろんな絵を描けるようにしたいと思います♪
私がトマトに似てると言う話はこれね。→コレ!■ →もしくはコレ!■

そんなわけで、水彩ではなく、色鉛筆でガシガシ塗ってみたんだけど
水彩に比べると色があんまりなくて、なんかイマイチかしらー
そこで、別に水彩でも色鉛筆として使えばいいことに気づく。
「いいところに気がつきましたね」
とオットに褒められてんのか、バカにされてんのか?w

昨日のアクセスの話は、今日は収まったけど、こんなに伸びるなんて
何か検索ワードでひっかかってるのかしらん?と思い、専用プラグインを
探して入れてみたが、何と、一個も出てこない。
このブログ、全く検索に引っかかってないらしい・・・
ほぼ全部、HPのメニューからか、前のブログからという動線だけー
なんかそれもビックリだなぁ。よっぽどキャッチーなこと書いてないんだな!
それもどーかと思うが。

ついでに前のブログにも入れてみたら(昔のsbにはプラグインがあったのだが
Serene bach用に開発されていたと知らなかった)案の定やっぱり一位は
元DEAD OR ALIVEのピートバーンズ様だった。
ピートバーンズの整形写真が画像検索のかなり上の方に出るようで
長年そのページだけアクセスがものすごいのだ。
ちなみについでに貼ってるだけで、本文は全然関係ない食べた鍋の話なんだけどね。

来月の状況まで一ヶ月を切ったので、新幹線とホテルのチケットの手配をした。
今度は先日より、遅く行って早く帰ってくる。
昼ごはんは下手に着いてから食べるより、新幹線で食べたほうが効率的だと
気づいたからであった。「いいところに気がつき・・・」まーえーわ!w


今日から3日間、市場に通うことになり、今朝は頑張って起きたけど、明日も起きれんのかしら。
オットは燃えていて、先日私の留守中にもめっちゃ早朝に出かけて、帰って着替えてたら
母がノックもなく部屋に入ってきて(それはいつものこと)
「心配してたんだよー」と怒られたらしい・・・

・・・・・
・・・
・・

心配って、何を?

本日の戦利品(魚勝さんのマグロと辻喜さんの甘エビ)(シアワセ)

藤田屋さんのトマト王国。
IMG_2562.JPGIMG_2563.JPGIMG_2566.JPGIMG_2565.JPGIMG_2561.JPG


                  


130125mayuge2.jpg2013.01.25 Friday ううう。
先日、付き合い始めた頃の写真が出て来て、ビックリした。
ヤンキーだったのか?遅咲き過ぎるデビュー。

新幹線のチケットは無事、第一希望が取れた!やったね♪

今朝はやっぱり起きられず、10時ぎりぎりに市場に着いて
社長のインタビューと写真撮影。
って言っても、私は特にすることないんだけどね!

帰りはめっちゃ風が強くて、自転車ごと吹き飛ばされそうな勢いだった!


イラストブログのカテゴリを軽くいじったら、大変なことに!何だかよくわからんが、cgiが壊れたっぽい。
どういう現象かというと、表からはフツーに見えてるし、記事を更新する時にもカテゴリはちゃんと出てくるのだが
管理画面のカテゴリの画面でだけ、カテゴリ名が出てこないっ(イラストタイプだけなんだけどさ)

んで、見えてないだけで中身はちゃんとあるから、新規で増やすこともできない。
再構築したりバージョンアップしたりしても治らなくて、いろいろない頭を絞って考えるが、簡単になおせる方法はなく
地道に別でカテゴリを作って、ごっそり移すしかないということがわかった・・・

ま、どっちにしろ、無計画で作ってきて、ぐちゃぐちゃになってきてたので
きちんと再構成し直すには、ちょうどよいのかもしれない、と、前向きに考えようーーー

どーでもいいけど、このパンの絵が気に入らなくなってきたよー。


全然話は違うけど、その人の社会的地位によって金額は変わるけど、その人にとって何でもない金額(数千円程度)のことで
ケチだって思われるのって、どーなんだろうなぁ?って思う。
それって、長期的には、数千円どころか、数万円、数十万円、いやもしかしたら、数百万円の損失になる可能性もあるんじゃないのかなぁ。

その場はみんな黙ってニコニコしててもさ、そういうのって覚えてて、その人が困った時に駆け付けようって気には
絶対ならないだろうって思うの。
特に今の自分にとって、その数千円が大きかったら余計によ。

あなたに言ってるんですよー、Iさん。


                  


130126ichiba.jpg2013.01.26 Saturday 市場女子的ファッション?!
市場はホント寒いので、ぴよこ巻きは必須!
それでも震えてたら、お花屋さん(花扇さん)の美人おねーさんが
カイロをくれましたー。
「若い子は冷やしちゃだめよー」
って。。。若くはないんですけど(笑)
腰がずっとポカポカでおねーさんの愛を感じました。ありがとう〜

撮影のあとは、ずっと前から気になってたら、ぐっさん家(ぐっさんが
名古屋の隠れ名所を紹介するローカル番組)で紹介された、くろちゃん
という喫茶店でモーニング。

カウンターの奥から客席に来るには一度外に出ないといけないという
ビックリするほど狭い店なのだが、珈琲もおいしく、何よりこの異常な居心地の良さは何なんだ。
うっかり寝てしまいそうな危険を感じたので、程々に切り上げて帰って来て寝ましたー。

そういえば、くろちゃんの店主に
「名古屋の人じゃありませんね、イントネーションが」
と言われてしまったぁ。一年半たってだいぶなじんできたつもりだったが、ネイティブ(笑)にはばれるのねー。

130127fb_party_coments1.jpg130127fb_profile1.jpgあらひよこってば、人気者?といい気になる。
しかしみなさん、今回は残念ながら着物は着ないのだ―。
(たぶんコスプレした珍獣だと思われているw)

私は名古屋出身の名古屋在住と入れてるのに、最近ずーっとしつこく
こう聞いてくる。本当に大きなお世話だ。なんで、なんもかもFBに
さらけ出さにゃーならんのか?

FB、すでに利用者数アタマ打ちで減ってきてるらしい。予想以上の短さ。
mixiだって、2005〜2010年くらいまでは結構頑張ってたよねー?

私たち夫婦は、mixiがなければ結婚どころかつき合うこともなかったので
(別にmixiで出会った訳ではないが、知り合ってマイミクになったのは
大きかったと思うー)mixiはやっぱり大切な場所だったな。
なんかfbにはそういうあったかいものが感じられないんだよねぇ。単に年を取ったからかぁ?

苦労の甲斐あって、イラストブログのカテゴリは復旧。
ついでにきっちりと総記事数(646)と「イラスト*タイプ」「画材」「年別」が合うようにキッチリ全記事調べた・・・(アホ)A型だわ、私ー。
めっちゃスッキリ!!


                  


IMG_2618.JPG130127kras_shop_photo.jpg130127Kras_shop_photo02.jpgIMG_2619.JPG2013.01.27 Sunday マイベスト・吉井和哉
元ネタはコレ。オットが拾ってきた。
ネコに嫌われる人には「ある行動」が共通していた

最近ペンで描く練習をしているのだが、これはいまいちだなー。
色はPCで入れてるんだけど、入れる前の方が全然よかった。
(と思ったが、FBに載せたら、反応は悪くなかったぜよ)
130126pen_sweets.jpg
このチョコレート、クロアチアというのがだんだん自信が無くなってきたのだけど
字が細かすぎる上に、英語じゃないらしくて、どれが国名かわからん。
メーカー名も微妙だったのだが、金色の文字「KRAS」に「chocolate」で
検索してみたら出てきたよっ

「アドリアの真珠」
KRAS社 バヤデラへーゼルナッツチョコレート200グラム16粒入り 
1,490円(税込) ・・・この半分だけど、結構いいお値段!
http://www.adria-shinju.com/SHOP/MF01A.html
KRAS社ホームページ
http://www.kras.hr/index.php

.hrはクロアチア(クロアチア語: Hrvatska)向けの国別コードトップレベルドメイン
なので、クロアチアであってるのねー。
クロアチアってホントはクロアチアじゃないんだー。
正式名称はクロアチア語でRepublika Hrvatska。通称 Hrvatska(フルヴァツカ)。
それにしても、すっごく素敵なお店!

今朝、吉井さんのベストアルバム『18』が届いた。

まるでおかーさん(母いすゞ?(笑))が内職で作ったみたいなジャケット。
吉井さんが、まだCDがあるうちにベストアルバムを出しときたかった
と言うのに共感。書籍の電子化より、音楽はシビアだもんね。
ベストが配信のみって、確かに悲しい。
私も、紙媒体のウチに、やっておきたいなーと思うことはたくさんある。頑張る!

買い物に行くのもそっちのけで、聴き入る。
まぁベストなんでね、自分にとって好きじゃない曲もはいってる訳で。

さっき、すっごい吉井ファン(ていうかイエローモンキーファン)の人の
ブログを見つけたら、はいらなかったけど私のベスト10書いてたので、私も選んでみましょうかね。トータルで24曲+13曲で37曲。

どーでもいいけど、この記事のためにカテゴリ「読書&映画&音楽鑑賞」というのを新しく作ってみて、映画はもちろん
本も全然読んでないなーと思う・・・


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

2011/12/23/晴れ「大阪城ホールLIVE」

IMG_9795.JPGIMG_9805.JPGIMG_9819isg.JPG
人生二度目のグリーンで大阪へ。フットレスト楽ちん。 http://t.co/5dWRh0aM
車窓から。流れゆく景色。岐阜通過中。 http://t.co/GmqIkgv3
お昼は大阪らしい店でラーメンライス。 http://t.co/OeAxbAHe

IMG_9930.JPGIMG_9998.JPGIMG_9839isg.JPG
新梅田シティのドイツクリスマスマーケットにて。
アンティークのメリーゴーランドに、なぜか、ツルがいた!
ブタやにわとりもいて、かわいかった。しかし、なぜ、ツル?
http://t.co/sSit9veS
ドイツ・クリスマスマーケット。新梅田シティ。 http://t.co/IL8XoHIY
ケーキ第一弾は、23日の午後。イチゴショートが食べたくなって入ったのに、
イチゴショートだけ売り切れ。自分たちがいかに、標準的な感覚かが、わかった。
手前のはフルーツとイチゴのムースののったシフォン。
これで、イチゴショートを食べた気分に、ちょっとだけなれたけど、
チョコのケーキのほうが、おいしかったし、大きくて、得した気分。
http://t.co/okH3iyqz

IMG_9999.JPGIMG_0001.JPGIMG_9984.JPG
大阪城公園駅で見た掲示板。催し物ってのが、なんかデパートの屋上とか、催事みたいで、ちょっと笑えた。
http://t.co/vur1zEFW
大阪城。名古屋城に比べると、ずいぶん派手だなぁと思ったけど
金鯱がある分、名古屋のが派手なのか? http://t.co/TyqERZxk
Merry Christmas!! At Osaka-Jo Hall,23.Dec.2011 http://t.co/1FQ76K4L

IMG_0002.JPGIMG_0003.JPGIMG_0004.JPG
昨年の武道館以来、約一年ぶりのライブ。初の大阪城ホール。
まさか、大阪にライブで来ることになるとは。人生って、本当に面白い。
あのまま東京にいたら、ジョンレノンスーパーライブにも、28日の武道館にも
5年ぶりの幕張のフェスにも行って、すごく楽しかっただろうけど、
それはそれで、これはこれ。
それに負けないくらい、価値あるライブだったと思う。
パワフルな大阪に力をもらった気がした。ありがとう、大阪。
http://t.co/U5LRVx0z
ライブ終了後、梅田に戻って。空中庭園からの夜景。 http://t.co/FuCwMmtI
この一階下で、星のかけらに願い事を書いてつるしたんだけど
二人ともまったく同じことを書いていて、びっくり!!

世界一のクリスマスツリー。大きすぎて、iPhoneでは、はいりきらんかった。
http://t.co/WaylnyFL

IMG_9884isg.JPGホテル近くのお好み焼き屋さんにて。初の牛スジ入お好み焼き。
だいぶ食べちゃった焼きそばは、ミックス。
適当に入った店だったけど、星野仙一の写真が飾ってあって
名古屋人としては、テンション上がった!テレビにも出てる店らしい。
http://t.co/0dc40WAd

待ちに待った大阪ライブ!!
もう今日は、完璧な一日でしたよ〜

あまりの寒さに大阪城は断念したけど、ケーキは食べたし
お好み焼き食べたし、夜景も見られたし(→ほとんど、食べることばっか)

ライブで吉井さんが
「辛いことや困難なことに負けないで」
と何度も言っていたのが印象的でした。
今までこんなこと言わなかったもんなー。

でも大阪は東京とちょっと温度差があって
東京にいないとわからない、なんとも言えないきつい感じ
あれを体感してないと、なんかこう実感わかないかもなーとも思った。

両方味わってると、ホントね、ココロに来て
何度も何度も涙が出てきた。

けれど、なんだかそんな大阪にすごく癒された。
安心していられるってすごい貴重なこと。


ありがとう、吉井さん、ありがとう、大阪。


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

吉井和哉「The Apples」

110418e539c2f7_7.jpg今週末はものすごく切羽詰まっているので、映画すら借りて来ず、ひたすら吉井さんのThe Applesを聴きながら、帽子と格闘する2日間になっております。帽子の期限が木曜と迫っているのに、どうしてもデザインが浮かばなくて、なんかもう私すっかすか〜枯れてるわ〜〜〜と思って落ち込んだのだけど、買いためてた装苑をどっさりと、サイゼリアに持ち込んで、ドリンクバー片手に見ていると、なんだか浮かんできた。浮かばないときは、インプットに限るねっ!!

吉井さんのNewアルバムの話。新しいアルバムって、最初なじめなくて、5回くらい聴いてると、ちょこっとずつ耳になじんできて、10回聴くと、この曲好きって曲が出てくる。ちょっとずつアルバムとの距離感が縮まって行くのが楽しい。前のアルバムVOLTのできがよすぎたので、今回はどうかなーと思ってた。発売まで2年かかったのも、プレッシャーがあったのかと。最初2回くらい聴いた時点ではイマイチかと思ったけど、10回聴いた今は、かなり気に入ってる。そういえば、今回のアルバムはソロ6枚目。イエローモンキーの最高傑作Sicksも6枚目。そういうこと考えてひとりでプレッシャー感じてそうだもんなー。

流行の断捨離に乗って、写真に撮って捨てるということをしてる。断斜離の悩みモノ。かわいくて、ちょっとシアワセをくれるけど、役には立たないモノ。私の持ち物の過半数を占めるモノ。

オットが、10年着たコートを手放すと言うので、自分の服を買った時期を思い出してたら、黒いダウンはもう10年着てることが判明。まだまだ着るつもりだった自分って・・・結婚した年、20年以上着たブラウスを、泣く泣く捨てたくらいだからなぁ。


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

【ライブ】吉井和哉 YOSHII BUDOKAN 2010

101228IMG_4129.jpg悲願の吉井武道館2010。
最高!!すっごくよかった!!

東京ブギウギをこの耳で聴くことができる日が来るとはっっ。本当に感激。

しかし、一個不満を漏らすなら、新曲多すぎ。だってさ、次のアルバムに入るんでしょ?次のアルバムツアーで聴けるんでしょ?
せっかくの吉井武道館、せっかくの「メカラウロコ」古い曲聴けないなんて、さびしーじゃん???

て言うか去年の吉井武道館では、びゅーてぃふる歌ったのねー。しかしいいのだ。全部望みが一気にかなるなんてつまんないモノ。
いつかはオットと二人で、生ビューティフルを聴く!!それが目標さ。小さいかしら??んでもなぜかそれが果たせてないのよ〜〜〜〜


セットリストに続きますっ


続きを読む>>


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/5 >>