青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその6『宇野から名古屋姫路に寄り道』

130821IMG_1869.JPG忘れてたけど、今回の瀬戸内の旅は相変わらずの青春18きっぷの旅だったのでした。しかも、近過ぎてもったいないと、姫路に寄るビンボー症。。。

130821IMG_1436.jpg
うっかり3人分取ってきてしまい、トオイメをしながら食べきる二人。
130821IMG_1435.jpgIMG_1439.JPGIMG_1450.JPG
130821IMG_1444.jpg130821IMG_1443.jpg
遠く瀬戸大橋が見えます。眺めが最高でした。ずっと見ていたかった!が、レストラン最後の客になってしまった・・・・できれば10時のバスに乗りたかったが、それは時間的に厳しく10時半のバスに乗る。ホテルの真ん前まで来てくれて本当にありがたい!しかしバスの行き先を間違えていて、危うく乗り損ねるところだった。。。

んで、到着が10:50くらいで、11:16の茶屋町行きなので本当は楽勝なのだが、人気のUNA弁を買いたいと言うことで、二人で荷物かついで走るよりはと、私が駅で荷物番をして、彼がひとり走ってインフォメーションセンターに買いに行くことに。なんで駅で売ってくれないのぉ?建物がわかりにくかったようで迷ったけど、11:06くらいに彼がお弁当を手に無事戻ってきた!やったーーーー!!改札も電車の来る時間しか開かないみたいで、スタンプ押してもらってホームへ!トイレに行く時間もあったよー。

130821IMG_1470.jpgIMG_1486.JPG130821IMG_1477.jpg
そしてこれが宇野→茶屋町間を走るアラーキー電車。車内の広告がアラーキーまるけ。11時半には売り切れ必至のuna弁を手に乗り込む。といっても鈍行電車なので、地元の人がフツーに乗ってるんだけどね。

コレが宇野港にある芸術祭インフォメーションセンター限定で買えるuna弁。毎日11時半には売り切れてしまうそう!アラーキー電車で食べる予定が、朝食バイキング食べ過ぎて、なかなかお腹がすかず、姫路駅でやっと食す。
130821IMG_1514.jpg130821IMG_1561.jpg
姫路城。暑かった!!工事中の天守閣にたどりつくまでが長くて、途中ミストの出てくる巨大な扇風機みたいなのが設置してあって、みんなそれに当たってた。当たりすぎてぐっしょりしてる男子もいたw

IMG_1570.JPG130821IMG_1551.jpg【恋愛成就】旅の最後は姫路城。西の丸から見える男山は千姫ゆかりの山で恋愛成就にきくそうです。この画像を見た方にご利益がありますように!
IMG_1657.JPG130821IMG_1636.jpg
城には猫がよく似合う。姫路城にもたくさんの猫。その中でもひときわ目立つロシアンブルー(風?)。名古屋城には、猫だけでなく、餌をやるおっちゃんにも縄張りがあるが、姫路城にはそんなものはなく、えさ場はここと決まっていて、そこに餌をやりに来る人と食べにくる猫が集まる。餌をやりに来るおっちゃんと話すと、全部のネコの名前の由来を教えてくれた。どちらかというと、名古屋城で餌をやるおっちゃんは、シャイな人が多いが、姫路はやっぱり関西人。所変わっても、猫は変わらないが、人は変わる。

右のおっちゃんは、三つ子のネコに「チンチロリン」と名付けたと左のおっちゃんが教えてくれた。ギャンブラー。

これが、この旅の最後の想い出。さすがに疲れてたのか、大垣の乗り換えは3分後で、みんな別のホームに向かって、必死に走ってたんだけど、私はもう走るのももう無理!だったし、座れなさそうだったので、同じホームにいた次のに乗ってゆるゆる帰って来ました。だから本当は21時半に着くはずだったのかな。まぁ名古屋駅に着けば、ウチはすぐなので。無事帰れてよかったのでした。

それにしても、完璧な旅過ぎて、笑いが止まらないぜ!


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその5『家プロジェクトと宇野港de写真三昧』

130820IMG_1859.JPG130820IMG_1066.jpg130820IMG_1079.jpg
民宿が猫カフェも兼ねていたので、昼近くまで猫を触りながらオーナーさんと語らう。旅を通じて、できるだけ地元の人とお話するようにしていたので、これも正解。アートを見るのも大事だけど、これも大事かなと。

旅のメインのはずの直島はイマイチ満喫できなかったが、対岸の宇野港の展示がめっちゃよかったので、大満足。東京から二年前に移住して来たという夫妻の経営するカフェで語らい、美味しい店を教わって夕飯を食べて、渋川まで移動して宿泊。岡山最初で最後の夜。

130820IMG_1119.jpg130820IMG_1127.jpgIMG_1140.JPG
家プロジェクトを見るが、中の一つ南寺が、11時半過ぎで配られた整理券が15時半なのを見て、ベネッセや地中美術館がどれだけ混んでるかを想像して、バス停の難民みたいな人の群れを見て、直島はまた改めて来るコトに決め、近くの小さな港から脱出をはかる。しかし、絵日記の通り、あえなく失敗。カフェに気を取られ、小さな港を通り過ぎて、慌てて戻ったものの、目の前で船が行ってしまうと言う、漫画のような展開。次の船は4時間半後、、、。

難民に混じって、昨日到着した大きな港に行き、うどんを食べながら、1時間後の船を待つ。直島の想い出って、宮浦港とうどんだけか!たも屋のうどんを使ってると書いてるけど、そこは有名なのか?昨日と同じぶっかけと、これは食べるラー油。今さらだがうまかった。
IMG_1151.JPGIMG_1167.JPG
やっと乗れた船で。じーちゃんの元気の秘訣を見た!

130820IMG_1185.jpg130820IMG_1178.jpg130820IMG_1180.jpg
宇野港の展示は、商店街の空き店舗を利用した写真家の個展。アラーキーとデヴィッド・シルヴィアンの展示会場は味のある酒屋さん。すごく素敵でさ、空き店舗なんてもったいない!シルヴィアンの写真が意外とよかった。音楽があるせいか?と思って、聴きながらアラーキーの写真を見たらやっぱよかったw

女性写真家のステキなピンナップ写真は、過去何に使われてたかよくわからない店舗の奥の家屋にて。手前でカフェを経営してるご夫婦。スタイリッシュ。コーヒー美味しかった!コスタリカがあったのですかさず頼んだ。コスタリカの話をしたら、奥さんが熱心に聞いてくれた。

IMG_1257.JPGIMG_1355.JPGアラーキーとか佐内正史さんとか、懐かしいディヴィッド・シルヴィアン(あのJAPANの!)とかの展示を見る。激混みの直島が嘘みたいな静けさ。結局地中美術館もベネッセミュージアムもすっ飛ばして来たのだが、正解だった。この車は、アラーキーの写真が塗装されたアート作品。でもなぜか、ディヴィッド・シルヴィアンの作品という、よくわからない作品(笑)
IMG_1359.JPGIMG_1358.JPG
宇野港の夕景、よかったー。のんびり海を二人で見てた。あと、芸術祭とは無関係なアートイベントの写真展を見たりした。その店にすごい渋いかき氷器(40年前のだっけ?)があって、むっちゃ食べたかった!でも駅に預けた荷物を取りに行かねばならなかったのだー
IMG_1334.JPGIMG_1340.JPGIMG_1357.JPG
カフェの奥さんに教わった大阪屋さんで食べたかつ丼とチキンカツ丼。チキンカツ丼はソースかつ丼なのだか、好みで生卵をかける。どっちもおいしかった!!月を見ながらのんびりとバス停へ。この日の宿は、渋川の瀬戸内ダイヤモンドホテル。ゆっくり温泉に入って極楽♪


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその4『豊島ドライブと直島行き』

IMG_1852.JPG豊島は本当に楽しかった!でも本当なら日程的に次の直島が旅のメインになるはずだったんですが、船の出る30分以上前に港に行ったのに、直島への最終がまさかの満席に!一時間後の臨時便でどうにかたどり着けましたが、バスが2時間くらいなくて、この日行くはずだったベネッセミュージアムはあきらめました。これで完全に直島の予定は狂いますた。周りの若者はレンタサイクル借りてガンガン行ってたけど。お昼もまともに食べてなかったし、宿にも夕飯がないので、港でうどんやカレー食べる。宿に着いたのが8時くらいで、すぐにお風呂に入って、そのあとの記憶がまったくない。たぶん9時半前に寝てしまった模様。
IMG_0796.JPG130819IMG_0792.jpg
民泊@豊島。名古屋コーチンの卵を収穫して、産みたて卵でタマゴかけご飯。

130819IMG_0805.jpg130819IMG_0809.jpgIMG_0818.JPG
豊島横尾館は面白かった!建物にこんな風に映るのだよ。真ん中はイルヴェント。イルヴェントでプリン。

130819IMG_0858.jpgいよいよ、初めてのドライブ開始!10年ぶりの運転となるオット、大丈夫か?
130819IMG_0876.jpg
一つ目の展望台。ココは暑かった。こんなとこ車じゃないとこれないと思うのだが、謎の人物が、展望台にぶら下がっていた。付近には車も自転車もなし。どうやってきたかは全く不明!
IMG_0942.JPG130819IMG_0927.jpg130819IMG_0948.jpg壇山から豊島、瀬戸内を見渡す。涼しい♡こっちは二人きり。ココでお菓子を食べたのが本日のお昼ごはん。朝たくさん食べたからよかったけどねぇ。島で食事にありつくのはなかなかに大変。
130819IMG_0890.jpg
道はこれよりどんどん危険になって行くのでした。もっとがけだったのだが、怖くて怖くて写真どころじゃなかったよ。

無事たどり着いた豊島美術館の整理券が15時半だったので、心臓音のアーカイブへ。ここ、気持ち悪かった。好きじゃない〜〜〜。けど、海はきれい!絶景な景色が車窓から見られてご機嫌だった。宿のお母さんが車を勧めてくれなかったら、自転車借りてたんだろうけど、この坂とこの暑さでし死んでたなぁ。

ようやく入れた豊島美術館。え、こんだけ?って感じだった。のちに聞いたところによると、雨の日に行くといいんだとか。なんだそりゃ。胎内にいるような気持ちになるとか・・・なんか宗教みたいだ。水が流れて一緒になったりするのは面白かったけどね。

そこまで環境に支配されるアートってそもそもダメだろ〜。そんなに作り手におもねっちゃダメだよ。ありがたがっちゃダメだよ。アートなんて別にそんな高尚なもんじゃないんだからさ。1500円とって、これだけ?ってのはないでしょう。って正直思ったよ。

あとの島キッチンとか、見つけられなかったのだよ。んで、もういいや、とあきらめて、どうしても行きたかった「いちご家」さんへ。ここ、あとで知ったけど、めっちゃ有名らしいね!直島の民宿のオーナーさんも一度行ってみたいって言ってた。(てか、行ったことないんかい。そか、夏は忙しいんだろうなぁ)

IMG_0959.JPG豊島で採れたいちごのカキ氷。いちごといちごミルク。ふわふわ♡

家浦港にて。
豊島から直島行きの船に乗るのに、30分前に並んだのに、まさかの満席で一時間後に臨時便が出ることに。そのために奔走し、叫びながら一人走り回っていたのが、真ん中のオヤジさん。乗客みんなに、お疲れ様と言われていた。さて、到着した直島では、宇野行きの出航ギリギリで、乗る人はいませんか?と叫びながら走って来たオヤジさんが、若いカップルを連れて灼熱の中、走ってフェリーへと送り届けていた。どの島の港も、熱いオヤジさんが動かしてるのだねぇ。

無事直島には着いたものの、バスが7時過ぎまでなくて、豊島のお母さんからもらった、ままかりのお寿司とまたまたうどんを食べる。うどん、意外に行ける!しかし何と言っても、このママカリ寿司のおかげで、この日は何とか持ったよ!

IMG_1008.JPGIMG_1005.JPG


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその3『うどんツアー&豊島滞在』

130818IMG_1843.JPGIMG_0707.JPGIMG_0781.JPGいよいよ、楽しみにしていたうどんツアー。西日本出版社の内山社長とウエストプランの松田さんとご一緒させていただきました。楽しかった!他にお茶席を楽しんだり(裏と表について、初めて学んだ)盛りだくさん過ぎて描き切れません。本当にありがとうございました♡
IMG_0732.JPG
大根をおろす人たち。

IMG_0738.JPG
本日のヒット、うどんキャラメル。讃岐まんのう公園にて。ここは四国唯一の国立公園だそうで、300円くらいでいろんな体験ができて、私たちもお茶席を体験。表千家はそんなに泡立てないそうで、緑が濃いまんま。さっぱりして飲みやすかったのだが、裏に慣れてる人からは、立てるのが少ないと文句を言われることが多く、そういうときは黙ってたっぷり泡立てるんだって。大人だなぁ〜

豊島で民泊(一般の御宅に泊まること)。近所の人が今日釣って来たというママカリとアジとキスの刺身に鯛の煮付け(尾頭付き)に煮海老。このあと煮穴子と洗いの味噌汁とキスとエビと野菜の天ぷらが出てきた!もうシアワセ過ぎて泣きそう!


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその2『男木島&怒れるおっさん会議トークライブ』

130817IMG_1704.JPGIMG_0423.JPG朝8時の船に乗るには、朝5時半起きしないと無理だったのですが、当然寝坊して、次の10時の船に。お陰で会田誠さんに会えたし、男木島も全部見られたし、トークライブは楽しかったし、三ヶ月ぶりに西日本出版社の内山社長と再会して、翌日のうどんツアーの約束したし、いい日だった。
IMG_0405.JPG
ドーミーインの朝ごはん。期待値が高すぎたせいか、ちょっと不満足。

男木島行の船で、会田誠さんに会った♡

IMG_0617.JPG
男木島は本当に小さな島だけど、坂道だらけで迷路のようだ。たまたま知り合って、一緒に廻ってくださった、ガイドのおじさんが、とんでもない裏道を通ってくれなかったら、2時間足らずで全部回るのは無理だったと思う!いつも何か助けてくれる人が現れるなぁ。。。無事2時までに高松に戻り、トークライブも見られてよかった!

IMG_0578.JPGIMG_0640.JPGIMG_0657.JPG高松に戻るフェリーで。和三盆のもとになると言う白下糖のプリン、最高に美味しかった!それから島のお母さん方が炊いたあさりご飯やタコご飯を食べるが、お腹はすいてるのに暑すぎて食べられない、という事態を久しぶりに経験。

IMG_0607.JPG
トークライブの後、バングラデッシュなんとかいうアートイベント会場で飲んだ小豆島特産のサイダー。両方250円なんだけど、結構おいしかった。特にしょうゆ味はけっこういける。

夜は高松城を見た。屋内に地元のアート作家さんの作品が展示されてて、いろいろ見られて楽しかった。駅前のホテルのパティシエが作るケーキセットが一人1500円だったので、食べたかったが、めっちゃ並んでたのと、お腹がすいたのであきらめた。

高松で徳島ラーメン。手前のは徳島冷麺。お客さんが途切れない!隣に座った親子連れのお母さんが、ラー油をこぼしてしまい、オットにかかったが、奇跡的に服は全く汚れなくて、パンツ一本しか持ってきてなかったので、ホント、なんて奇跡!と喜んでいたら、クリーニング代にと千円下さった。ええ、全然汚れてないんで!と断ろうとしたが、くださった。怒らなかったのがよかったのかなぁ?それであのおかあさんの気がすむならとありがたく頂戴しておいた。

そんな一日。明日はいよいようどんツアー&島滞在が始まる。
130826ogishima.jpg
密集して建つ家々の重なる屋根の向こうに海と島。素晴らしいとしか言いようのない景色でした。今これを書いている8/26(月)は涼しいけど、ほんの10日ほど前、なのに、iPhoneのカメラが何度も使えなくなるほど暑い日。


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

青春18きっぷの旅*2013夏〜瀬戸内芸術祭&高松うどんツアーその1『名古屋→高松&女木島』

130816IMG_1661.JPG130816megijima_ice.jpgIMG_0370.JPG青春18きっぷで高松まで6時間半。東北で丸一日乗ってたコトもある身には全然楽勝。このあと、鬼ヶ島で鬼の洞窟探検して、展望台から瀬戸内の絶景を見て、高松に戻って絶品寿司。盛り沢山過ぎて、描き切れません。これは習作的な感じで、改めてちゃんとまとめようと思ってます♡
IMG_0268.JPG
昨夜は、怒濤の絵日記更新して、部屋の片づけして、旅支度して、珍しく早く眠れてよかったー。今朝早起きできないと、旅の日程が全部狂う!ってことで。行きの青春18、姫路行き、めっちゃ混んでた!途中大阪では空くのかなぁ。まだ40分くらいあんねんけど!オットは立ちっぱだよー。などと思いながら乗っていた。。。

これから、めおん号で鬼ヶ島(女木島)へ!@高松。 年間平均気温15度だと言う洞窟は気持ちよかったー!行きはバスで行ったけど、帰りは歩いて帰ったら、蜂に追いかけられて、あんなにおびえるオットを見たのは初めてで面白かった〜〜〜(→ひどい)

あと、島で食べたスモモのアイスがおいしかった!疲れちゃったのと時間がなくて、島のアート作品はそんなにたくさん見られなかったけど、外国人の作品で不在の何とかってのはおもしろかった!

瀬戸内の魚で寿司。最高♡ めっちゃ混んでて、支店に電話してくれたけど、そこもいっぱいで、たまたま出口近くに座ってた常連さんが、もう帰るからと譲ってくれて入れた。ラッキー。んで、寿司ね、こんなうまい寿司に巡り合ったのは、久しぶり!

私は寿司屋の大将にほれ込んでしまった!自分自身で沖縄やボストンに仕入れに行くこだわりや、うまいものを高く売るなら、誰にでもできるけど、自分たちはうまいものを安く売るために日々努力してるんだ、という言葉に、しびれたよー。

名古屋に住んでるけど、高松のこの店に寿司食べに来たいとかいろいろ言ったせいか、最後の方にトロが出てきたよー。同じように名古屋方来たと言う女の子たちは同じメニュー頼んだのに、最後煮海老や赤身マグロが出て来てて、あんなんでてこなかったよねーと話す。わかる客だと思われたのかな??うれしい!

しかも、そこそこ食べて、ビール二杯、お酒三杯飲んで二人で8000円ちょっと。ちょっとちょっと、安すぎない?なんか間違ってない???そしてこの店で食べたことが翌日ある波紋を呼ぶのだった・・・


  •   このエントリーをはてなブックマークに追加  

1/1